Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

バレンタイン焼きそば

IMG_5078.jpg
知らない人向けに書いておくと、これはチョコレートのパッケージではない。
本当にペヤング焼きそばである。

バレンタイン用のネタアイテムには間違いないが、ペヤングの新商品はどうも斜め上を走っているものが多い。
でもだからこそこの会社には親しみを感じるのだと思うが(苦笑)

とりあえず食べた感想はと言えば、2度は食べないかな?と(^^;
食べられなくはないが、基本的にソース焼きそばをイメージして食べているのに、
一向に塩気を感じない味覚。フラストレーションたまりまくり。
これ食べた後に定番のソース焼きそばを食べたくなる。
そんなかんじ。

あと、後遺症としてしばらくチョコはいらない、、、となった(^^;

ペヤングにはこれに懲りずに是非、ホワイトデー向け焼きそばを出してもらいたい。
タブン1個は買う、、に違いない(^^;
スポンサーサイト

戦国無双 真田丸 プラチナ獲得 (PS4)

プレイ時間は42時間ほど。
うわさどおり、無双シリーズとして異例の早さだった。
20170208223907.jpg
システムそのものは面白かったが、シナリオが。。。。

終盤の展開がアレ過ぎて、幸村が戦う動機にイマ3歩共感できず、
あまり気持ちが盛り上がらずエンディングへ(^^;

でもそういうモチベーション的な要因で評価を下げる前に、プラチナ獲得できるので
まあ無難な作品なんじゃないかと思う。

でも無双シリーズ以外でこのシナリオだったら。。。などと思えるのは気にし過ぎなんだろうきっと(^^

不満な点は、PS4なのに画質がイマイチに感じるところ。
やはりPS3やVITAの同時開発のせいかそこにひっぱられてしまうということか。


戦国無双真田丸 プレイ中 (PS4)

2016年大河ドラマの便乗商品(?)に使われる「真田丸」と言う名前を冠したゲーム。

2016年3月に買った「信長の野望・創造(戦国立志伝)」が同じく真田丸を題材にしたゲームだったわけだが、敢え無く企画ミスで黒歴史状態。
発売ギリギリまで攻め抜いた”ハッタリの手腕”は真田信繁に通じるものはある気もするが(^~^;

てな理由で「今年の大河ドラマ真田丸の便乗商品はヤバい」と言う先入観があり、
このタイトルも購入を見送っていたわけだが、
いざ発売されてみると、意外と好評な模様。

トロフィー関連もシリーズでは異色の簡単さらしい。
最近はカジュアルなプレイが好みなのでちょいと手を出すことにした。
IMG_5050.jpg

現時点でプレイ時間は30時間ほど。
内容は基本的に戦国無双なので特筆すべき点はないくらい安定な仕上がり。

違う点は町をウロウロすることが多いのと、真田家視点で時代が進んでいくこと。
戦国無双 ~真田丸~_20170119211708

違和感を感じる点は、シナリオが多少捻じ曲がっていること(苦笑)。
そうでなくても大河ドラマコラボ作品として認識しているので、基本的には大河ドラマのシナリオをなぞってプレイすることになり
そうすると「あれっ?この人間模様はどうよ?」とか「この人物の性格が。。。」と思う点が多々ある。

まあそうは言っても極めつけのシナリオ改変があるので多少の違いはどーでもよくなるのだが(^^;
戦国無双 ~真田丸~_20170127105833

余談だが、全国マップが大河ドラマとほぼ同じ、つまりは信長の野望・創造と同じなので、
ムショウに信長の野望がやりたくなってしまう(^^;
(戦国立志伝じゃないよ、創造PKだよ(^^;)

ゲーム進捗具合は、30時間を使ってようやく関が原の合戦が始まろうとしているところ。
シナリオムービーが長いので中だるみを感じているが、これは個人の感じ方レベルのことなので
さほど問題じゃないと思われる。

このシナリオでは西軍は勝てるかな?とかアホな事を考えながらプレイ継続(笑)

龍が如く6 プラチナ獲得(龍が如く6 PS4)

このシリーズに手を出すのは3年ぶり。
ナンバリングタイトルとしては「龍が如く4」以来。
IMG_5029-2.jpg
龍が如くといえば、これまで鬼畜トロフィー条件で名を馳せているわけで、
トロフィー獲得を「タイトルを満喫した」目安にしている私としては、だんだんと敬遠しがちになっていた(^^;

しかし、レビューなどを見ていると今回はプラチナ獲得が簡単と言うことで俄然興味がわいていた。
そしてヨドバシカメラでプロモーションムービーを見てついその場で購入の運びとなったのだった(^^;

で、本日プラチナ獲得。
20170112223839.jpg

プレイ時間は65時間程度。
IMG_5049.jpg
ずっとEASYでプレイし、クリア後にラスボス前のセーブデータを読み直して難易度レジェンドに変更して
もう一度ラスボスに挑んでクリアしてトロフィーコンプ。

アイマスプラチナスターズの200時間超えの無間地獄を体験した直後なせいか、
こちらは実に有意義な時間に感じた。(^^;
いや、そうでなくても多分楽しいんだが(^^;

ストーリーについては賛否両論あるみたいだが、
私は初期の頃からメインストーリー進行に違和感を覚えていたので、
今回の作品についてもそれに習っていつもどおりなんじゃないか?と感じている(^^;

それよりも、このゲームの魅力は現代の社会問題をテーマにしたサブストーリーにあると思っている(^^;
今回もその点で満喫させてもらった。

プレイ内容については特筆すべき点はない。
強いて言えば、PS4標準のスクリーンショットが撮れないのでBLOGの投稿が面倒だと言う点か?(苦笑)
まあ、ゲーム中のスマホで撮影すればゲーム中の町並みは撮影できるのだが、
上記のようなスクリーンショットは無理。
久々に画面をリアルカメラで撮影してしまった(^^;

あ、そういえば、ゲーム中にはどうやらコントローラーからも音が出ているらしい。
電話の着信とかカーソルの操作音なんかがコントローラーのスピーカーから出るようで、
PS4の設定でコントローラーの音量をゼロにしていた私は最終章の最後くらいまで知らなかった(^^;
クリア前に偶然読んだBLOGレビュー記事に書いてあってそこで初めて知る事に(苦笑)

どうりで、着信音がないのに「電話に出る」と言う表示が出たわけだ(^^;

話はもどり、
主人公の桐生一馬はこのタイトルで終わりのようなので、
次回策以降が出ても購入するかどうかは未定。
PS4で前作までのリメイクがもし出たらそちらは買おうかな?と思っている。
特に龍が如く5は未プレイなので気にはなる(^^;

と言う訳でこのタイトルは終了。

大神絶景版 プラチナ獲得 (PS3)

9月くらいから少しずつ攻略していたが、本日ようやく終了。
20161224160726-1.jpg
攻略サイト見ながらのトレースプレイだったので、シナリオ的なつまずきは一切なかった。
が、序盤はそんなに面白くなかった(^^;
特に最近はフルボイスに慣れているので、
「アヘアヘアヘ~」と言う間関平トークのようなセリフがどうにもなじめず(苦笑)

が、中盤くらいからだんだんと世界観に慣れてきて、
なおかつ戦闘で使えるコマンドが増えてくると俄然楽しくなってくる。
そして終盤に向けて大いに盛り上がっていく、と言ったところかな。

なので、巷で言われるような「のめりこむような楽しさ」、と言うのは序盤では味わえないのではないか?と思えた。
物語を読み進めてちゃんとクリアすれば、なるほど名作であると言えるのもうなずけるのだが。

戦闘はヌルゲーとかも言われているようだが、
終盤になるとそれなりに体力とかも減らされるので、
居眠りしていても勝てると言う事ではない。

それに、相手の弱点を見極めなければそれなりに苦戦する事もあった。

プレイ時間は70時間弱。
マメにセーブしていったのでセーブ回数は多い。
一応、フリーズを警戒していたのだが、
ゲーム中のフリーズと言うのは1回もなかった。
IMG_5027.jpg
IMG_5028.jpg

全体をとおして特に難しかったと言う箇所はないが、
魚釣りはなれないうちはちょっと面倒に感じることがあった。

でも、個人的にはアイマスプラチナスターズで10時間に1回のレアアイテム地獄を体験した直後
と言うこともあって、慣れてくると狙った獲物がバンバン釣れる印象すらあった(^^;

いやはや、同じ時間をゲームに使うのであれば、こういう心動かされる作品をやりたいものである。

13人目のS級アイドル 菊地真 誕生 そして無料アメ100個突っ込んでプラチナ獲得(THEiDOLM@STER プラチナスターズ PS4)

最後の菊地真でSランクへの挑戦中に獲得出来た金箱は2つ。
内容はこれだった。
アイドルマスター プラチナスターズ_20161213212306
アイドルマスター プラチナスターズ_20161214232200
全員をSランクに到達させるまでには、DLC以外の衣装はコンプしているものと思っていたが、
結果はそうではなかった(^^;。

仕方がないので、貯めておいた無料アメ130個を使うことに(苦笑)
まずは50個を投入。
仕様では一度に50個使うと金箱2個は確定する。
アイドルマスター プラチナスターズ_20161216223923

いざ勝負!
アイドルマスター プラチナスターズ_20161216224233
金箱は3つあるが、この箱の時点でハピネスステップがないことが確定(^^;
なぜならば、ハピネスステップはオレンジ色のリボンで包まれた金箱に入っているからだ。

テンションは一気に下がるが、とりあえず結果をみる。
アイドルマスター プラチナスターズ_20161216224247
アイドルマスター プラチナスターズ_20161216224250
アイドルマスター プラチナスターズ_20161216224405
オーロラディーヴァとか結構レアなんだけど、
今はぜんぜんうれしくない(^^;


もし次の50個がダメだと精神的ダメージは結構デカい。。
ゲン担ぎでもいいから可能性を高めたいところ。

そこで「ハピネスステップ プラチナスターズ」でググッたところ、
三浦あずさでハピネスステップが出たような記事を発見!!。
よし、次はオールスターライブを三浦あずさリーダーで起用して
そこで無料アメ50個投入だ。

これでダメならいったんあきらめて、無料アメ50個溜まるまで保留にしようと決める。
お願い!銀水晶!!
アイドルマスター プラチナスターズ_20161216232903
箱が落ちてくる画面を最初に見たときは金箱が3つ。
しかしオレンジのリボンではないことに絶望(^^;

途方に暮れてしばらくぼんやり眺めていると回転映像の後ろにもう一個金箱がある事に気がつく!
しかもオレンジリボン!!

これは来たか!!て言うか来てくれ!!
でもオレンジリボンの金箱からはジャージとアクセサリしか出てないので不安でいっぱいだ。
アイドルマスター プラチナスターズ_20161216233606
アイドルマスター プラチナスターズ_20161216233737
アイドルマスター プラチナスターズ_20161216233743
アイドルマスター プラチナスターズ_20161216233811



来た!来た来た来た来たーーっ!!
アイドルマスター プラチナスターズ_20161216233722

アイテムの出現場所を見ると、50個使ったことによる確定金箱の2つから出たわけではない気がする(^^;
まさに薄氷の獲得と言えると思う。
ありがとうあずささん!!あなたのジンスクはホンモノだったよ!!
(似合ってないケドね(^^;)
アイドルマスター プラチナスターズ_20161216233904

アイドルマスター プラチナスターズ_20161216233927
ついにプラチナトロフィー獲得。
20161217085734-1.jpg

7/28日あたりからほぼ毎日プレイして4ヶ月を費やしたことになった。
最初のトキメキ状態のままトロコンまでやれれば最高だったのに、
なぜこんな薄いゲームを10000円近い値をつけて世に出したのか疑問は尽きない。
しかも搾取機能つきで(^^;

アイドルマスター プラチナスターズ_20161217085430
プレイ時間は238時間。
ライブ回数は2300回くらい。
純粋にライブをやるとトロコンまでに4000回はライブが必要なので、
半分くらいはお助けアイテムの恩恵にあずかっていると言うことか。
(それでも238時間かかってるけど)

最後にアイドルたちのレベルを掲載。
アイドルマスター プラチナスターズ_20161217085128

以上、全くお勧め出来ないタイトルの体験記でした~(^^;

8~12人目のS級アイドル 貴音・やよい・律子・亜美・響 誕生(THEiDOLM@STER プラチナスターズ PS4)

あと一人。
アイドルマスター プラチナスターズ_20161213202918
もはやS級アイドル誕生都度報告記事を書くのもダルいと言う心境がこのゲームに対する苛立ちをあらわしているといっていい。

トココンに必要なS級衣装「ハピネスステップ」は依然出ず。
ここ40時間で獲得した金箱は以下の3つ。
アイドルマスター プラチナスターズ_20161211145545
アイドルマスター プラチナスターズ_20161211134846
アイドルマスター プラチナスターズ_20161211115743
平均13時間で金箱1つとか本当にアホかと思う。
前向きに購買意欲を掻き立てるんじゃなくて、プレイヤーの足元を見るようなこの商法。
絶対絶対絶対絶対絶対有料アメなんか買ってやらん!と怒り心頭。

アイドルマスター プラチナスターズ_20161213202728
実は無料アメが100個以上溜まっているので
この後使ってやろうかと思っている。
1回に使う数は50個。

現時点では50個まとめて使うと金箱が2個確定する。
ただし中身はランダムという最悪な仕様な訳で、
結果によってはこのタイトルのプラチナトロフィーはかなり先のことになってしまう。

。。まったくイライラするぜ(^^;

7人目のS級アイドル 三浦あずさ 誕生(THEiDOLM@STER プラチナスターズ PS4)

190時間経過。
なんとか7人目のSランクアイドルの誕生に成功した。
アイドルマスター プラチナスターズ_20161113101601
でも気分はもはや拷問状態。
「ただ地面に穴を掘って埋める作業を繰り返すあの拷問」だ。
マンガの続きを作ろうという気すら起きない状態。

それでも新たな標準S衣装が出たのは有難かった。
念願のレボリューションクイーンだ。
アイドルマスター プラチナスターズ_20161113095540
アイドルマスター プラチナスターズ_20161113095615

残りの衣装はハピネスステップのみ。
アイドルマスター プラチナスターズ_20161113095740
アイドルマスター プラチナスターズ_20161125160205
無料アメは100個以上溜まったので、12月下旬までにハピネスステップが出なければ、
そちらを使うつもり。

はぁ~、、、もしアイマス次回作が出るとしても絶対に発売日には買わないぞと(^^;


アイマスドール新作予約をどうしようか?

左から、菊地真、如月千早、星井美希。
IMG_5012.jpg
画像の右側には天海春香がいるけどコスチュームの種類が違うので今回は遠慮してもらった。(^^;

それはそうと、すっかりアイマスっぽくないコスでパソコンの隣に佇んでいる彼女たち。
久しぶりに標準コスにしてみようかと思ってみたりしているがどうなることやら。

実は現在、新たなメンバーの販売予約を受け付けている。
水瀬伊織と高槻やよい。

http://www.volks.co.jp/imas/

予約販売なので注文すれば基本的に購入できる。
こういうドールでは「似てるか似てないか」ではなく「かわいいかどうか」が購入ポイント。
どちらも捨てがたいが、そろそろDDドールも7体を超えていて、
これ以上は面倒見切れないという気持ちが強い。

すでにリリースされているアイマスドールも「四条貴音」の購入を見送っている。
これはセミホワイトスキンモデルだったからというのも理由のひとつだが。

しかし今回はどちらもノーマルスキンモデルなわけで、どちらか1体くらいは欲しいかなと思っている。
とりあえず見た目で水瀬伊織をチョイスする予定。

締め切りまであと1ヶ月あるので、もう少し悩んでみよう。


6人目のS級アイドル 双海真美 誕生(THEiDOLM@STER プラチナスターズ PS4)

プレイ時間は173時間ほど経過。
アイドルマスター プラチナスターズ_20161030125721
営業活動やレッスンはほぼやらずにひたすらライブ活動を繰り返す日々は続く。

そして6人目のSランクアイドルが誕生した。
アイドルマスター プラチナスターズ_20161030122248
もはや感慨深い気持ちはなく、ひたすら衣装コンプに気を取られている状態。
とは言えSランクアイドル一人づつにブロンズトロフィーが設定されているので、
こちらも淡々とこなす必要があるわけで。。。
次なる重点アイドルは三浦あずさだ。

双海真美がSランクになった事で、アイドル個別衣装が手に入り、
無事にクールカテゴリの衣装がコンプリートとなった。
アイドルマスター プラチナスターズ_20161030125647
そしたらコンプリート特典としてクールカテゴリのSランク衣装が来たわけだが、
これってなんだかおかしくない?Sランク以外の衣装をコンプリートしたら
その特典としてSランク衣装が来るってのが普通の流れじゃないだろうか?

て言うか持ってない衣装をプレゼントしやがれってカンジである。

最後にまたまたマンガを少々。
20161031.png
今回は2時間ほどで完成とした。
まあ、前回の構成の流用なのでその分が短縮されただけだが。。。(^^;


目当てのSランク衣装が出ない~(THEiDOLM@STER プラチナスターズ PS4)

またゴールドプレンゼントをゲットした。
思いのほか間隔が短かったのでこれはきたか?などとぬか喜びしたがそのとおりだった。
アイドルマスター プラチナスターズ_20161022082249
ジャージとかもういらないし。てか、3着目だし(^^;
Sランク衣装の入手確率は1%以下といううわさなので、
100回ライブやって1回金箱がくるかどうか?という低確率。
なにゆえアイマスという着せ替えライブを楽しむゲームで、
こうも衣装に苦しまねばならないのか甚だ疑問だ。

あまりにも単調な作業に嫌気がさしたので、
これをネタに何か別のことをやろうと思い立ち、
思わずマンガを作ってしまった。(^^;
20161029-3.png
これはCLIP STUDIO PAINTの機能および無料素材だけで作ったもの。
(もちろんゲーム画面は除く)

ありものだけで1時間程度で仕上げたかったのだが、構成やらなにやらで
結局4時間ほどかかってしまった(^^;

慣れればもう少し時間短縮できるかな?

ちなみに2コマ目のキャプチャー画像の七色の背景が金箱出現の合図。
気持ちが高ぶる瞬間だ。

結果はごらんのとおりだったが。。。


WiMAXから格安スマホに移行した

ウチの携帯環境は基本はガラケー。
スマホなんぞの通信料に月額6千円とか払ってられるか!
と言うのが基本思想。

ゆえにガラケーを使っている訳だが、通話料こみで月々1500円程度の出費になっている。
とまあ、これだけなら硬派なイメージで主張できるのだが、実はモバイルWiFiも契約していた。

つい2年前にふと魔がさしてしまい、タブレット込みで月々4500円のWiMAX2年契約をしてしまったのだ。

端末代込みなので、通信料だけだと月3000円程度なんだと思うが、
それでもガラケー通信込みで5000円弱と結構な月額料がかかっている計算になる。

確かに外でネットに繋がるとそれなりに便利な面が多い。
それゆえ、そのままWiMAXを使い続けてもよかったのだが、
どうしても譲れない問題があって今回の買い替えと相成った。

その問題とは、職場のあるビル内ではほとんど圏外になってしまうと言うこと。
別に使っていない仕事中なら圏外でもさほど問題がないのだが、
生活圏内で使えない場所がある回線だと思うと許せないと言う原則にひっかかるわけで、、

他にも買い替えの理由はある。

*違約金付き2年契約がうざいゞ(`□´")
*ガラケーとモバイルWiFiの通信料総計がスマホに肉薄している気がする
*WiMAXの契約コースがオーバースペックでこのまま継続すると割高
*WiFi端末の買い替えも考えいている
*ガラケーの契約はあと1年くらいあるので、次の更新時に格安スマホに統合した方が安いのでは?

などなど。

いろいろ考えた結果、Nifmoと言う格安スマホサービスを使う事にした。
このNifmoはかつてパソコン通信で断トツだったNIFTYが運営しているサービス。
で、通信回線はDocomoだと言うことで、通信圏と通信速度にいまの所は問題がない。

ただ、Nifmoが割引キャンペーンを打ち出すとユーザが増えるせいか
しばらく回線が遅くなるらしいので、油断はできないそうだ(笑)

あと、2年縛りの違約金システムが存在しないので気持ちがほっこりする。
いや別にすぐに解約する気はないのだが、
できるけどやらないと言う精神的健康状態になれるのが嬉しい。

通信料は1G、3G、5G、10Gが主力コースと思われる。
わたしのこれまでのWiMAXの使用状況を観察してみると、概ね2G以内に納まっていた。

であれば、3Gコースが鉄板と言える。
3Gコースは税抜き900円!

実際にはこれに消費税とユニバーサル使用料なるものが加算されるので、
月額1000円程度と言うことになる。

いやはや格安スマホの名に偽りはない価格。

次にWiFi端末をどうするか?
WiMAX契約時に買ったASUSタブレットはそのまま使いたいので
デザリング機能は必須。
デザリングとは、スマホ回線をWiFi端末のように使う機能ね。

そのままWiFi専用端末も考えたが、
来年には電話回線もこちらの格安スマホ統合しようと考えているので却下。

検討の結果、ASUSのZE520KLと言う最新型のスマホ機を買う事にした。
この端末なら、デザリングもOKだしNifmoも対応確認済み。

値段はメモり64GByte版が4万円弱だったのでそれを選択。
ただし、Amazonの並行輸入版だったが。。。

Android端末はiPhoneと違って、外部メモりを増設できるのが強み。
ということで、128GのMicroSDを購入。
こちらもAmazonnでお値段4500円程度。

実はこのスマホで実現したいもう一つの野望が、
PC内のiTunesの音楽データ10000曲を全部入れたいこと。

つまりiPodTouchの変わりもお願いしたい。

調査の結果、iTunesのAndroide版と言うものは存在しないらしい。
しかし、世の中似たような境遇の人は多いようで、
ちゃんと対応ツールが出回っているらしい。

PCからスマホ端末へのiTunesファイルの転送ツールにiSyncr有料版を採用。
iSyncrには無料版もあるのだが、無料版は100曲程度しか連携してくれないそうなので、
テスト運用で使えることがわかった時点でさっさと購入した。

音楽プレイヤーはiSyncrと同じ会社のRockt Playerと言うソフト。
こちらは無料版で十分そうだったのでとりあえず無料版で運用。

一番重要だったのは、ITunesで作ったプレイリストがそのまま使える事。
Rocket Playerはそこは全く問題無いのでいまのところ満足。


で、移行してみてどうよ?と言う事だが、
使い勝手はこれまでと全く変わらない。
いや、職場でも問題なく繋がるようになったと言う意味で通信可能エリアが広まった分、
使い勝手はよくなっていると言える。

それでいて通信料は4500円から1000円程度に下げられたので
かなり満足している。

まあ、実際には端末代に40000円かかっているわけで、
そこは新しいオモチャを買えたと言う意味で黙認。
とはいえ、それでも2年使えば完全にお得な買い替えになる。

よしよし。

5人目のS級アイドル誕生(THEiDOLM@STER プラチナスターズ PS4)

5人目のSランクアイドルは萩原雪歩。
前回のダウンロードライブから100万人ファンライブなるものが登場し、
前回今回と2回とも参加した雪歩はあっというまにSランク達成。
アイドルマスター プラチナスターズ_20161021212631
しかしその影響で思い出ランクとバーストランクがまだ16という中途半端な状態に(^^;

プレイ時間は163時間。
まだまだかかりそうではあるが、今後のダウンロードライブ次第では全員をSランクにするのは
意外と早いのかもしれない。
アイドルマスター プラチナスターズ_20161021211321

最大の懸念である全衣装を入手するトロフィーは、少しずつではあるが進展している。
またまた金箱プレゼントが届き、新たなS衣装を入手することができた。
アイドルマスター プラチナスターズ_20161019200202
先日アイマス本体にパッチがあたって金箱が出やすくなったというアナウンスがあったので、
その影響かもしれない。
でも、実際には有料ドロップアイテムを使った場合の話だという専らのうわさなので
ぬか喜びの可能性はかなり高い(^^;
プレゼントでしか手に入らない衣装は残り2着。。。。これが遠い。

次のSランクは双海真美の予定。(^^


4人目のS級アイドル誕生(THEiDOLM@STER プラチナスターズ PS4)

4人目は水瀬伊織。
アイドルマスター プラチナスターズ_20161016114311
ファンのドーピングライブが追加されたのでちょっと早くSランクに達成した。
が、すでにライブゲームそのものに飽き飽きしているのでやっててかなり面倒。
もはや気持ちはノルマ感覚で、1日1ライブ以上を日課として取り組んでいる状態(^^;

ゴールドプレゼント衣装については全く増えていない。
2週間ぶりくらいに昨日、金箱を手にいれたのでワクワクしてあけてみたらジャージだった(^^;
アイドルマスター プラチナスターズ_20161015141725
もう持っている衣装を渡されると本当に怒り心頭。

なんか本気でプラチナトロフィーを目指すと本当に時間の無駄、あるいはお金の無駄になる気がする。
アイドルマスター プラチナスターズ_20161016111654
次の作品は発売日買いはしないという気持ちが固まりつつある今日この頃。

とりあえず、全員Sランクを目指して引き続き取り組むことにしようか。。。


ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った!? Vol12

最新刊が出たということで、早速購入。
IMG_4817.jpg
この小説に触発されて始めた「Tree of Savior」のおかげで、
小説の中に出てくるゲームそのものの雰囲気もなんとなく想像できるようになった。

普段使い道のない素材を集めてイベントアイテムを作り出すというノリは確かにありそうだ。
なんせ私もMMOをプレイしていて「こんなアイテムなんに使うの?」と思いつつ捨てるに捨てられないアイテムで持ち物はあふれている。(^^;

小説の物語展開も相変わらず安心して読み進められる雰囲気で、今回も楽しませてもらった。
作者には引き続きがんばってもらいたいなと思う次第(^^。




PCでMMORPG開始(Tree of Savior JP)

「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」に触発されて、ついにMMORPGに手を出すことにした。

選んだタイトルは先月末に正式リリースされたTree of Saviorというタイトル。
tree-of-savior-logo.jpg
こういう作品がPS4にもあればいいんだけど、残念ながら見当たらなかったのでPC版を選択。

プレイヤーの人物はこんな感じ。
20161009_01.jpg
絵柄がかわいくてヴィオラートのアトリエを思い出させてくれる。
BGMもなかなか悪くない。

唯一不満点があるとすると、作った会社があの反日国で有名なかの国の会社だということ。
ただいろいろ調べているとこういうかわいい絵柄のMMORPGというのはかの国のメーカーが抜きん出いているらしく、
そこをえり好みしていると手を出せないというジレンマが発生する。

まあ、日本法人もあるしここは妥協しようと相成った(^^;

課金についてはこのゲームを維持するためという名目で課金することにした。
なぜなら基本無料というスタイルは「面白かったら投資してください」という究極の後払いシステムだと思うから。
つまり結構面白いと思っている(^^

ここで重要なのは「アイテムが欲しいから課金する」のではなく「会社の存続のために課金し、ついでに便利アイテムをもらう」
という意識を忘れないようにすることだと思う。

でないと、日本のソーシャルゲームのような「ゲーム文化の未来につながらない」ただの集金システムに飲み込まれてしまいかねない。

とりあえず、30日毎に3~6千円を限度にチャレンジしてみるつもり。


公式サイト
http://tos.nexon.co.jp/players/

攻略Wiki
http://wikiwiki.jp/tosjp/



安西先生・・・ネトゲがしたいです・・・「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った!?」

ロウきゅーぶの感動と作品の終焉による感傷から脱却するために、別の作品に触れようとしてこのシリーズを読破。
IMG_4812.jpg
もともと4月のアニメ放映を観ていて続きが気になっていたのでいいきっかけだった。

アニメでちゃんとキャラ認識が出来ていたので、脳内セリフがアニメ声優とリンクでき
とても楽しく読むことが出来た。アニメも2期をぜひやってほしい。
そして作者はネタ切れとか言っているが小説自体はまだ終わっていないようで、小説についても続きを期待したいところ。

CDについてはエンディングテーマを買った。
IMG_4813.jpg
オープニングよりもこちらの方がカッコイイし繰り返し聞いていたいと思う。

ウワサによるとアニメの2期にの制作実現についてはDVDの売り上げ次第らしいので、
ちょっと貢献してみようかと思ったりして(^^;

あと、MMORPGもちょっとやってみようかと思っている。
残念ながらPS4版ではPC版にくらべ本格的なものがないようなので、
PC版でお試ししてみようかな、と。幸いPCスペックはほぼ満たしているらしい。

唯一きわどいのがビデオカードなのだが、いざとなったらそちらも増強するか??
するのか????


春香Sランク達成(THEiDOLM@STER プラチナスターズ PS4)

3人目は4時間ほどでSランク達成。
まあ想定どおり。
アイドルマスター プラチナスターズ_20160918165543

春香にはフラれたし。。。
アイドルマスター プラチナスターズ_20160918164424
ってちがうちがう(^^;そういう告白シーンじゃないし(^^;

次なるSランクを目指すのは伊織なんだけど、600万人の長い道のりが待ち構えているわけで。。。
アイドルマスター プラチナスターズ_20160918164521
まあ別のゲームにも手を出しつつのんびり進めていこうかと。

そういえば、(DLCではない)Sランク衣装を入手した。
アイドルマスター プラチナスターズ_20160918162115
Sランク衣装は残り3着未入手なのだが、これは完全にランダムでかつ超レア扱いらしく、全部獲得するには相当難儀するらしい。
それがイヤなら課金してアイテムドロップを買えという文脈。
ただ課金しても絶対に入手できるわけではないという消費者を見下したアホ仕様。全くおことわりだ。( `д´)ケッ


ようやく2人目 美希Sランク達成(THEiDOLM@STER プラチナスターズ PS4)

あれから10時間を経て、2人目のSランクアイドルが誕生した。
1人目からさほど時間が経っていないのは最重点強化対象3人のうちの二人目だから。
アイドルマスター プラチナスターズ_20160917172246

下の画像を見てもらえればわかるが、三人目の春香も残り数時間くらいでSランクに到達する。
問題はそのあと。4人目を狙うのは伊織ちゃんなのだが、まだ300万人弱しかファンがいない。
アイドルマスター プラチナスターズ_20160917163851

そういうメンバーが残り11人。。。。
まあ後のメンバーにいけばいくほど多少は楽になるハズなんだけどね。

とりあえず美希と月夜の砂浜で踊って気分を落ち着かせることにしよう。
アイドルマスター プラチナスターズ_20160917163818

美希の個別衣装(?)も手に入れたし。
アイドルマスター プラチナスターズ_20160917164738

次は春香のSランクなんだけど、待たせすぎてしまって縁側で呆けてしまったようだ。
アイドルマスター プラチナスターズ_20160917160945


あれから30時間 千早のSランク達成(THEiDOLM@STER プラチナスターズ PS4)

なげーよ(^^;
アイドルマスター プラチナスターズ_20160911234140

それでもまだLV99に到達しないというしぶとさ(^^;
アイドルマスター プラチナスターズ_20160911234253
引き続き、美希のSランクを目指すことにする。
しかし、そろそろペース落とそうかと(^^;
そもそも、カタログ配信が1年間くらいあるハズなので、製作者側としてもそのくらい長い間やってもらおうという思惑があるに違いないし(^^

アイドルマスター プラチナスターズ_20160911112605

Sランクアップライブの際に、無料アメを5個ほど使ってみたのが下の画像。
アイドルマスター プラチナスターズ_20160911222018
本当にどうでもよいゴミアイテム揃いだった(^^;
強いて言えばブロンズカードくらいか。。。
こんなアメが1個100円するとか本当にアホらしいと思う。

うわさによるとアイドル13人全員がSランクに達するとご褒美としてアメ200個を一気に使える枠が増えるそうだ。
そう、枠ねワク。。アメは別に買わないといけない(怒)
誰がこんなウンコシステムのアメ200個に20000円とか使わにゃならんのじゃ(^^;

あからさまな集金システムに心底ウンザリする。。。

ロウきゅーぶ! それは籠球部が休部になった話

ある日、我が家のトイレに入ったらこんなマンガ本が1冊置いてあった。
IMG_4329.jpg
どうやら、うちの小僧(中学生♂)が買った本らしい。
いきなりこの表紙を見たので、ちょっとどころかかなりビックリした(^^;

いや確かに私自身、部屋に堂々とドールを飾ったりしてオタク色全開な訳だが、
まさかわが子(♂)がロリに走ってしまうとはなんたる不覚!

「3歩譲ってヲタクはまあいいとしてもロリはどうかと思うぞ?」などと忠告してみたところ、
「は?俺はバスケ部だしバスケのマンガとして読んでいるだけですしおすし!」と全く反省の色なし(苦笑)
。。。まあそもそも私自身もアイマスとかやっている訳だから説得力が無いことこの上ない。

やれやれどうしたものかと思いながらもしばらくこの話題からは遠のく。

後日、ふと「それでも読んでもないのに頭ごなしに批判というのもどうよ?」などと思いとりあえず読んでみる事にした。

やっぱり絵がロリロリしていて若干引き気味な気持ちになってしまう。
しかし、ちょっと読み進めたところで不覚にも笑いのツボにハマる(^^
話の展開や描写のバカらしさに思わず「そんなわけねー!」と口に出さずにいられない(^^;
さらに読み進めても随所に笑えたり共感出来る描写がある。

う!これはちょっと面白いかも!?

1巻読み終わったところで続きが気になってしまい、もう夢中(笑)
笑いあり、しっとりするシーンあり、バスケシーンはスピード感ありとなかなかどうして良作じゃないか。

聞けばまだ6巻までしか買ってないらしい。
まあ、まだ中学生なので中古で108円にならないと買えないとの事。

いやいや、それじゃ続きを読むのがかなり先になってしまうじゃないか!
てな訳で私が独断で買い進めてこうなった。(^^;
IMG_4330.jpg
コミックはまだ完結していないので、何冊かは新品で買っている。

結果、「自分で集めようとしていたのに勝手に買い揃えるな!」というクレームをいただき、
交渉の結果1冊100円の合計800円で譲り渡す事になったのはナイショだ(^^;

それはそうと、コミックはまだ完結していない。
コミックはまだ完結していない。

つまり、原作は完結しているということ。
続きが気になっている身としては原作に手を出さざるを得ない訳で。。。
IMG_4331.jpg
全巻(15冊)買いましたとも。ええ。

そして昨日読み終わった。

12巻目を読み終えたあと、最後の巻になればなるほど物語が終わってしまうのが名残惜しくて名残惜しくて、いたる所で目頭が熱くなるという没入ぶりを体感して完結を迎えた。

久々だな、この物語から強制的に現実に連れ戻された感。
そして、主人公の長谷川昴(♂)達の世界はここで時間が止まってしまった事に。。。。
(※時間が止まったというのは物語が完結し、作者が続きを書くのを止めたという意味ね(^^;)

願わくば、いつか数年後の彼達の物語を書いて欲しいな~というのが今の素直な気持ちだ。(^^;

ひさびさによい作品にめぐり合った。
うちの中学生(♂)にはもちろん「ロリって言ってゴメン」と謝ったのは言うまでも無い(苦笑)
ただ「たとえよい作品でも伝わり方によっては誤解されるリスクが高いので本の所有者である事をあからさまに公言するのは気をつけろ」とも言っておいたが(^^;


ちなみに、アニメ版も1期のみ見てみた。
しかしこちらはあまりお勧め出来ない気がした。
如何せんロリが全面に出すぎていて、私が感じたこの作品の魅力が殆ど表現できていない。
とにかく登場人物達の心理描写が下手なので良キャラであるハズの主人公長谷川昴のセリフをウザいと感じてしまう始末。
もし最初にアニメ見ていたらコミックや小説に手を出すことはなかっただろう。
(1点、袴田ひなたの口癖「おー」の言い方はだけは好きだった(苦笑))

もしこれから作品に触れるのであれば、コミックでキャライメージを固めてから小説を読むのがお勧め(^^

※個人の感想です


千早のSランク達成まであと510万人(THEiDOLM@STER プラチナスターズ PS4)

93時間ほど経過。
しかしあまり進展があるようには見えない。
アイドルマスター プラチナスターズ_20160903201627

一応、エースの千早のファン数は480万人超えになり、Sランクまであと半分というところまで来た。
アイドルマスター プラチナスターズ_20160903201732

しかし流石に単調に感じてきた(^^;
やっていることは代わり映えのないライブの繰り返し。
しかも時間経過もないため気持ち的には涼宮ハルヒの「エンドレスエイト」と感覚がダブる(苦笑)
アイドルマスター プラチナスターズ_20160822223810

いや、もしかしたらシュタインズゲートの「電話レンジ(仮)」かもしれない。(^^;
アイドルマスター プラチナスターズ_20160824234211

一説によるとこの世界は志半ばにして倒れたプロデューサが見ている夢の中である!という説もささやかれているそうだ。
そう考えると、プレイ開始直後の最低ランクのアイドル達しかいない「765プロALL STARSライブ」にもかかわらず
数万人アリーナを満席にさせているのも説明がつく(苦笑)
アイドルマスター プラチナスターズ_20160903164917

合宿所という設定も、こう年がら年中篭っているのであれば、もはや女子寮というべきだろう(^^;
果たして全員をSランクにし、この夢から脱出することができるのだろうか?


千早のSランク達成まであと800万人(THEiDOLM@STER プラチナスターズ PS4)

現在63時間経過。
プロデューサーランク20に必要なファン獲得数まで残りだいたい7000万人(苦笑)
アイドルマスター プラチナスターズ_20160821092938

うちのエースアイドルである千早は、ようやくファン200万人を突破したところ。
アイドルマスター プラチナスターズ_20160821093058
Sランクまで残り800万人とちょっと前進。
だけど先は長い。

主要メンバーは、千早、美希、春香なんだけど、
最近は貴音もかわいいな~などとにへら顔でプレイしている(^^;
アイドルマスター プラチナスターズ_20160820211241
アイドルマスター プラチナスターズ_20160820175046

この成長状況だとやっぱり1年掛りでプラチナトロフィーを目指すことになりそうなのだが、
そうなるとやっぱり1曲あたり200回のライブを必須としたのは失敗なんじゃないか?と思えてならない。
そのせいで、収録済みの曲をこなすのが精一杯で、
新たにDLCで曲を購入する気が全くおきなくなってしまっている。
アイドルマスター プラチナスターズ_20160820195427
おそらく、ライブ会場ごとに必須回数を設定するなどして、曲はある程度自由に選べるようにしていれば
新たな曲を欲しがる思考にもなったんじゃないか?という気がしている。

て言うか「目と目があう瞬間」を買ってもいいと思っているのに、
現時点でDLCの楽曲をプレイするのはあまり意味がないことになってしまっているのがかなりイタい(^^;


プラチナ獲得は1年越しだね(THEiDOLM@STER プラチナスターズ PS4)

アイドルたちのモデリングについては、流石というべきハイクオリティ。
かなりかわいくなっているのがとてもうれしい。

アイドルマスター プラチナスターズ_20160806214546
プロデュースは順調に進んで星井美希と如月千早の2人のエンディングまで到達した。
この調子で進めれば13人全員のエンディングはそんなに時間がかからずに済む気がしている。

アイドルマスター プラチナスターズ_20160813180926
というのはワナで、実際には300時間以上かかることが約束されている(苦笑)
なんせ、各曲には使用すると成長する曲ランクなるものがあり、
これを全曲MAXにしなければトロフィー解除されない、というものがある。
1曲あたり200回のライブ使用が必要で、全部で20曲あるのだ。

つまりトータル4000回という膨大な回数をこなさねばならない。


アイドルマスター プラチナスターズ_20160808230207
もうひとつ、全アイドルのアイドルランクSというトロフィーもあり、こちらは各1000万人のファンが必要。
1回のライブで5000人程度なので、2000回のライブが必要という計算になる。

ちなみに1曲をプレイするのに2分30秒くらいかかるので、最低200時間。
トータルで。。。となる計算。

アイドルマスター プラチナスターズ_20160812224438
今のところ、モチベーションも高いのであまり気になっていないが、先は長い。

ただ、1曲200回プレイすることを求められると、そちらに注力せざるを得ず
ダウンロードコンテンツの曲をやろうという気がおきにくいのが今回最大の失敗なんじゃないか?と思えなくもない。


とりあえずプラチナ獲得(信長の野望 創造 戦国立志伝 PS4)

真田幸隆によるトロフィー獲得作戦は無事に完了

やはり最後に残ったのは家宝収集トロフィー。

最後のひとつは南蛮持ちの「カルバリン砲」。
年代が南蛮貿易開始前で、なおかつ真田家は「保守系」ということもあって
なかなか南蛮商人アルメイダがやってこなかった。
そのため、ほぼ天下平定になってきた状態で、主義を一気に「保守」から「創造」へシフトチェンジ(^^;
政策「南蛮保護」を実施しアルメイダ来訪の確率をあげることで対応。
それでも目当てのブツを持ってくるのに7年近くを費やした。
信長の野望・創造 戦国立志伝_20160801192632

そしてめでたくプラチナ獲得。
20160801202158.jpg
獲得率が4.7%ってめちゃくちゃ高いんだけど(^^;
前作、「創造」が1.4%くらいだったので今回がいかに簡単な部類に入るのかがわかる。
ただし、ゲームシステムを理解している(前作をプレイ済み)なら簡単だというだけで、
システムを理解していない人だと慣れるまではそれなりの苦労があると思われる。


全体を通しての感想は、
「創造」としてはやっぱり面白い。
が、やっぱり戦国立志伝としてはかなり未完成の空気が漂ってならない(^^;
ウリである「乱世の生き様」を体験できるのは大阪の陣シナリオの真田雪村だけ。しかもその戦いが終わると
祭りの後の物悲しさを彷彿とさせるゲーム展開になり、虚無感に襲われ一気にプレイする気力が失せるというオチ。
こんなシナリオじゃあ「大阪の陣で雪村は生き残るべきではない」と言っているようなもの。

まあ、ほかにもいろいろ言いたいことはあるが、結局「創造PK」を超えられなかったということだと思う。
プレイ再開をするのなら恐らく「創造PK」になるだろう。


プロデューサーさん!合宿ですよ!合・宿!!(THEiDOLM@STER プラチナスターズ PS4)

来た!
IMG_4131.jpg

しかしまだやらない(^^;
とりあえず信長の野望 戦国立志伝で北条家とガチ殴り合いをしているのでそれのめどが立ったらはじめるつもり。

誰からプロデュースしようかな~


大型アップデート三段撃ち不発!(信長の野望 創造 戦国立志伝 PS4)

前回の最終プレイから3カ月半が経過し予定通りアップデートが完了した。
が、結論から言えば起死回生の三連射(?)にはならなかったようだ。

それでも大まかなバグフィックスが行われ小規模の機能改善が施されたお陰で
いくぶん遊びやすくはなっているようだ。

一番良いと思ったのが、大名からの攻撃命令の目標を変更出来る事。
このお陰でかなりストレスなくプレイする事が可能になったと思う。


現在、残されたトロフィー回収のためにプレイ再開しているのだが、
それなりに没頭している。
しかし、それが「戦国立志伝の新機能を楽しんでいるか?」と言われれば”違う”ハズ。
あくまでも「信長の野望 創造」の基本ルールのレベルで楽しんでいると思う。

ただし、今プレイしていて一番の悩みは「どのタイミングで主家から独立しようか?」
なので無意識に「戦国立志伝」も楽しんでいると言えるのかもしれない(^^;


現在プレイ中の武将は「真田幸隆」。戦国SLGで武田家を選択すれば、
その能力の高さに一目置かずにはいられない名将だ。

でもゲーム開始時は海野家に仕えている。

まあ仕方がないと海野家でのんびりと内政を行っていたら、
武田家からスカウトされ高遠城に転勤。

城主に昇格しこれで暫くは安泰と思っていたら、
武田家と扇谷上杉家との箕輪城攻防戦の隙を北条家に突かれ富士吉田を奪われる。
その後、小田原城からの波状攻撃にさらされ徐々にジリ貧に。

「あ~これはダメかもわからんね」と他人毎のように静観していたら、
その北条家からオファーを受けたので高遠城ごと離反。北条方に寝返る。

。。。ひどい話だ(^^;

戦力的に脅威だった高遠城が北条方についた事で、
北条家本隊による本格的な甲斐攻めが発生し、
さらに高遠城に対し「武田家を滅ぼせ」命令が下る。

ジリ貧だった武田家は滅亡。

その後、今川家を滅ぼしてしまった松平家に標的が移り、
駿河遠江三河の大半を直属拠点にし、
尾張まで攻め込んでいた朝倉家を押し返し尾張を手中にしたところまできた。

ここで冒頭の話になり、「いつ独立する?」問題にぶち当たる。

東海地方の大半を配下に治めた状態であれば、十分に北条家とも渡り合える
と思うのだが、このまま西に向かうためには北条家との和睦は必須と言える。

であれば近畿を制圧するまでは同盟変わりに北条家配下のままでいてもいいのではないか?
とも思う。


そんな状況でトロフィー獲得の戦いに出ている訳だが、
残すところこれだけ残っている。

(白金)野望成就
いわゆるプラチナ。

(銅)お輿入れ(自身が縁組によって婚姻した証)
前回は井伊直虎でプレイしたので縁談はなかった。
ウワサによると女性武将は縁談が来ない仕様だとか(^^;
今回は真田幸隆なのでそのうち良い縁談が来るのでは?と期待している。
。。だけどこの前昌幸と信伊が生まれたって報告があったな~(^^;
もしかして既に婚姻済かも(^^;

(銅)夢幻の如く(初めて人生をまっとうした証)
真田幸隆は長寿らしいので、これは次回プレイに持ち越しかな。

(銀)天下への道(自身の名声が最大に達した証)
大名になって天下統一をする頃には達成出来るらしいので、それ狙い。

(銀)数寄者(一等級の家宝を全て手に入れた証)
前回の鬼門再び(^^;。まあ1等級だけなのが救いか。

(金)百戦錬磨(累計で合戦に100回処理した証)
現在80回まで来ている。勢力が大きくなると会戦を行う機会が減るので
最悪次回プレイに持ち越しか?

(金)戦国立志伝(大名として天下平定した証)
これを達成するためにも幸隆の独立は必須となる。



EASYチャレンジ ようやく半分(汗)(Project DIVA Future Tone PS4)

1日1曲程度のペースでやり続けてようやくEASYモードの折り返し地点。
初音ミク Project DIVA Future Tone_3
EASYとはいえパーフェクト狙いだと時間がかかるしプレッシャーもそれなりにある。
こんなんじゃ、NORMALでパーフェクトとか夢物語なんじゃないか?と思えてきたりしている(苦笑)

パーフェクト取ったら次の曲に進む、という方式だと
まず一発クリアできないので、同じ曲を何回か繰り返しチャレンジすることになる。
するとゲーム内でのアイテム購入ポイントがガンガン溜まっていくので、
基本的に次の曲に進む時点でおすすめコスチュームに着替えることができるので、それは嬉しい(^^)。

来週にはアイマスプラチナスターズが発売されるので、
ペースはまたまた落ちることになるだろう。

って、この先の難易度はどんどんあがっていくので気持ちが逸れていくのは仕方がないかも(^^;


PSNアカウントに居たエアフレンドの整理を行った

気がつけば結構増えているのがPSNフレンド。
主に相手からの申請に応える形が基本で、
よほど楽しくなっちゃわない限りこちらから申請する事はほとんどない。

特にバトルフィールドをやっていると、
訳のわからない外国籍のアカウントからの申請が増える。

もちろん、申請がくれば無条件にOKしているのではなく、
「フレンド申請される謂れがあるか?」を考慮している。
でも、それは単に「同じタイトルをプレイした事があるか?」だけ。

共通するタイトルがないのに申請してくるのは地雷臭がするので基本的に拒否。


そんなだから月日がたつとどういった経緯でフレンドになったのか
分からないメンバーで溢れてくる。
メッセージを交わす事もなく、オンラインで合流するわけでもなく、
ましてや合流しても一言もメッセージを交わす事もない微妙なフレンドだらけになり
「そもそもフレンドって何?」という疑問が芽生えたりする(^^;


いい加減そういうメンバーが溢れてきたので、
思い切って整理する事にした。

基準は以下の感じで。

・1年以上アクセスがなさそう
最終ログイン日付は分からないので、トロフィー獲得日付でチェック。
トロフィーリストすら増えないような人は既にゲーム自体に飽きている可能性もあるので、
とりあえずフレンドからは削除する事にした。

中には「みんGOL」のオンライン対戦時に知り合ったかなり古い
メンバーも含まれていたが、ゲームをやってないんじゃ仕方がない。

・アクティビティを公開していない(フレンドのみ公開ですらしていない)
アクティビティとはその人のプレイ活動履歴のようなもの。
誰がどんなタイトルを始めたか?とかなんのトロフィーをとったか?
などを開示する機能。

わたしの場合、基本的にチャットとかをやるフレンドはいないため、
フレンドである意義と言えば、表示されるアクティビティをみて新たなタイトル
に興味が出たりそこから参考にさせてもらう事が出来る点にある。
しかし、それすら拒否しているフレンドだと、もはやなんでフレンドで
ある必要があるの?的な感情になってしまう。

というわけで、こちらも基本的にはフレンド削除させてもらった。


・共通タイトルのプレイ実績がほとんどない
ガイジンのフレンドがこれにあたる。
共通のプレイ実績がほぼ無いという事はアクティビティ自体も興味が
ないタイトルだらけなので、あまり意味のあるフレンドとは言えない気がした。

それに、例えばバトルフィールドのプレイで申請されたフレンドであっても、
野良プレイで再度戦場で合流する事はほぼない。(^^;


とまあ、偉そうな事を書いているけど、上記3つの条件なぞは相当ユルイし、
それくらいやらせてよ、と思う次第。


余談だが、
ドラクエヒーローズ2のオンライン(時空の書)をあれだけやったのに
そのつてでは一回もフレンド申請を受けなかった(^^;

これ書きながら思い至ったのだが、「時空の書」は参加するキャラに着目していて、
いわゆる”中の人”はほとんど意識していなかったと思う。
そういう意味で、わたしのようなオンラインライトプレイヤー(?)にはお気楽で
良いシステムだったと感じている。



真・三國無双 英傑伝 体験版をやってみた

真・三國無双 英傑伝 体験版_20160716100334

どんな作品かと思ってやってみたところ、どうやらシミュレーションボードゲームらしい。
真・三國無双 英傑伝 体験版_20160716101925
むかし似たような作品出していなかったっけ?
これと同じような三国志をテーマにしたボードゲームがあった気がするのだが。。。(^^;
そのゲームは「孔明」もただのコマに過ぎず、
ザコキャラの計略に簡単にひっかかるという興ざめな仕様でかなり萎えた記憶がある。

今回もそんな臭いがプンプンして仕方がない。

真・三國無双 英傑伝 体験版_20160716115151
コマの意味とか動きがよく分かっていないからかもしれないが、
これを本腰入れてやろうとは現時点では思えなかった(^^;
ターン制のゲームをフルプライスでやろうとも思えないしね(^^;

と、言うわけでこの作品は様子見となった。



次のページ