Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

龍が如く6 プラチナ獲得(龍が如く6 PS4)

このシリーズに手を出すのは3年ぶり。
ナンバリングタイトルとしては「龍が如く4」以来。
IMG_5029-2.jpg
龍が如くといえば、これまで鬼畜トロフィー条件で名を馳せているわけで、
トロフィー獲得を「タイトルを満喫した」目安にしている私としては、だんだんと敬遠しがちになっていた(^^;

しかし、レビューなどを見ていると今回はプラチナ獲得が簡単と言うことで俄然興味がわいていた。
そしてヨドバシカメラでプロモーションムービーを見てついその場で購入の運びとなったのだった(^^;

で、本日プラチナ獲得。
20170112223839.jpg

プレイ時間は65時間程度。
IMG_5049.jpg
ずっとEASYでプレイし、クリア後にラスボス前のセーブデータを読み直して難易度レジェンドに変更して
もう一度ラスボスに挑んでクリアしてトロフィーコンプ。

アイマスプラチナスターズの200時間超えの無間地獄を体験した直後なせいか、
こちらは実に有意義な時間に感じた。(^^;
いや、そうでなくても多分楽しいんだが(^^;

ストーリーについては賛否両論あるみたいだが、
私は初期の頃からメインストーリー進行に違和感を覚えていたので、
今回の作品についてもそれに習っていつもどおりなんじゃないか?と感じている(^^;

それよりも、このゲームの魅力は現代の社会問題をテーマにしたサブストーリーにあると思っている(^^;
今回もその点で満喫させてもらった。

プレイ内容については特筆すべき点はない。
強いて言えば、PS4標準のスクリーンショットが撮れないのでBLOGの投稿が面倒だと言う点か?(苦笑)
まあ、ゲーム中のスマホで撮影すればゲーム中の町並みは撮影できるのだが、
上記のようなスクリーンショットは無理。
久々に画面をリアルカメラで撮影してしまった(^^;

あ、そういえば、ゲーム中にはどうやらコントローラーからも音が出ているらしい。
電話の着信とかカーソルの操作音なんかがコントローラーのスピーカーから出るようで、
PS4の設定でコントローラーの音量をゼロにしていた私は最終章の最後くらいまで知らなかった(^^;
クリア前に偶然読んだBLOGレビュー記事に書いてあってそこで初めて知る事に(苦笑)

どうりで、着信音がないのに「電話に出る」と言う表示が出たわけだ(^^;

話はもどり、
主人公の桐生一馬はこのタイトルで終わりのようなので、
次回策以降が出ても購入するかどうかは未定。
PS4で前作までのリメイクがもし出たらそちらは買おうかな?と思っている。
特に龍が如く5は未プレイなので気にはなる(^^;

と言う訳でこのタイトルは終了。
スポンサーサイト

龍が如く3 再プレイ進行中

現在第4章終盤。
全く根詰めず、テキトーなプレイ生活実施中。
新たに獲得出来たトロフィーは以下の通り。

・エステ・マニア (2つのエステモードをプレイした)
・カラオケ・キング (カラオケで全曲プレイした)
・不動の棋士 (将棋で「王」の駒を一度も動かさずに勝利した)
・パワフル・ドライバー (ゴルフのコンペモードで350ヤード飛ばした)
・マグロ大将 (釣りでマグロを釣り上げた)
・暴走機関車 (100人転ばせた)
・人間ウォッチャー (主観モード導入のエンカウントバトルを10回行った)
・エコ・マスター (アサガオの砂浜でゴミを30個拾った)


この中で一番面倒だったのが、「エコ・マスター」。
浜辺のゴミの確率が意外と低いのがイタい。
拾ったのが箱だった場合、中身がカラじゃなければならないので、
頻繁に行き来する必要がある。
どうやら釣り竿を持てば、漂流物がリセットするらしいので、
釣りコンプと平行して取り組んだ。
それでも、期間的に1周間くらいかかった気がする。(^^;

あと、今回のトロフィーには関係ないが、
ゴルフコンペでアンダースコアを出さないと発生しないイベントとかあって苦戦した(^^;
途中まで「ハーフパワーで打てる」事を忘れていたせいもあるのだが(^^;

ここまでのサブストーリーは制覇したので、
悠々と神室町に向かうのであった。

龍が如く3 やり直しプレイ開始

初回プレイは2009年5月頃。
当時はトロフィーとかどーでも良かったので結構取りこぼしがあるタイトルだった。
トロフィー獲得率は驚きの41%(^^;

このシリーズ内で唯一50%を切っているこのタイトリがどうにも目障りだったため、
更には1&2HD版の勢いに乗って、この3をやり直す事にした。

未取得のトロフィーは以下のとおり。

・オール・サブストーリー (サブストーリーを全てクリアした)
・凄腕ハンター (ヒットマンを全員捕まえた)
・太っ腹 (キャバクラで一回の入店で30万円使った)
・鍵の放浪者 (神室町と琉球街、両方のコインロッカーの一番上の列を全て開けた)
・グルメマスター (全ての飲食店で一番高いメニューを注文した)
・伝説のチャンピオン (闘技場の全てのトーナメントに優勝した)
・エステ・マニア (2つのエステモードをプレイした)
・カラオケ・キング (カラオケで全曲プレイした)
・稀代の博徒 (チンチロリン、丁半、こいこい、おいちょかぶで累計10000点獲得した)
・グレイト・ギャンブラー (ルーレット、ポーカー、ブラックジャックで累計10000枚獲得した)
・プロゲーマー (ゲームセンター内の3種類のゲームでトロフィー条件を満たした。UFOキャッチャーでぬいぐるみを10個取った。 Answer×Answerで10ラウンド勝利した。シューティングでハイスコアを出した。)
・不動の棋士 (将棋で「王」の駒を一度も動かさずに勝利した)
・晒しの龍 (麻雀で鳴きまくって裸単騎待ちであがった)
・パワフル・ドライバー (ゴルフのコンペモードで350ヤード飛ばした)
・マグロ大将 (釣りでマグロを釣り上げた)
・ミニゲームマスター (ミニゲームを全てコンプリートした)
・究極のチャレンジャー (クリア後モードの究極闘技を全てプレイした)
・最強の証 (クリア後モードの難易度「EX-HARD」をクリアした)
・暴走機関車 (100人転ばせた)
・人間ウォッチャー (主観モード導入のエンカウントバトルを10回行った)
・歩く銀行 (所持金が1000万円を超えた)
・エコ・マスター (アサガオの砂浜でゴミを30個拾った)


結構一杯あるね(^^;
このうち精神衛生上、最初から諦めるものは、
・ミニゲームマスター (ミニゲームを全てコンプリートした)


当面の目標は
・オール・サブストーリー (サブストーリーを全てクリアした)
なので、また1ヶ月以上の長丁場なプレイになる見込み。


コンプリート対象は「食事」「ロッカー」「ヒートアクション」「サブストーリー」
なので、マメに消化する作業が始まるのだった(^^;

龍が如く2HD プラチナ獲得

勢いでプラチナまで行けた(^^

IMG_8575.jpg


残っていたトロフィーの獲得については以下のとおり。

・プロゲーマー (YF6のTOURNAMENTで優勝し、UFOキャッチャーで獲得数20個を達成した)
UFOキャッチャーはアマアマな仕様なので淡々とこなす作業だった。
が、思っていたよりは連続ゲット出来ずに多少イライラした(^^;

・亜門一族撃破 (亜門一族を撃破した )
相変わらずイヤらしい強さで、初見じゃ絶対に勝てないと思った(^^;
でもEASYモードでかつWikiを参考にプレイすれば再戦するほど強いわけではない。
回復アイテムは必須だったけど(^^;

・免許皆伝 (古牧の技を全て会得した)
闘技場で小牧師範を倒した後に、大阪で整体を受けないといけないという。(^^;
闘技場制覇は攻略サイトみながらエントリーを繰り返せばさほど労力をかけずにコンプ出来ると思う。
もちろん、EASYモードだから簡単なんだけど(^^;
もし、これをNORMALとかでやらなければならないとしたら早々に見切りをつけていただろうな(^^;


・ボス07撃破 (第16章のボス1を倒した )
・ボス08撃破 (第16章のボス2を倒した )
・ボス09撃破 (第16章のボス3を倒した )
・感謝 -スタッフ一同 (最終章をクリアした)

これらは順調にとれた。


2周目はHARDモードで開始。
なんせEX-HARDをプレイするためには、HARDでクリアしなければならない。
ただし、ステータスやアイテムを引き継げるし、
コンプリート特典でチートアイテムとか手に入るので、ちゃんとこなせばある程度ラクになる。

今回のコンプリート特典としては「闘技場コンプ」で”応龍のトンファー”がもらえた。
これは武器耐久力が∞でかつ、ヒートゲージが続く限りヒートアクションで殴り続ける事が出来る優れもの。
おかげでかなりサクサクと進める事が出来た。

が、一部武器が使えないステージ(イベント格闘場)でちょっと苦労するハメに(^^;
シナリオ進行時はアルコールが有効だったので、
限界まで飲酒してヒートゲージを保つ事でようやくクリア出来た。

でも、ヒートモードを維持するためイチイチ飲酒するのがだんだんと面倒になってきた(^^;
そこで、ヒートアクションがいつでも使えるようになると言う「ヒートアクションコンプリート」を目指す事にした。

てこずったヒートアクションは

「究極の極み」(立ちくらみの相手に発動)
これは”立ちくらみ”を作り出す状況がイマイチ理解できずに
最後まで残った。まあ、獲得タイミング自体が最終段階だんだけどね(^^;
ちなみに、立ちくらみを発生させるには第三公園に落ちている角材を使って殴ればいいようだ。

「投げ潰しの極み・裏」(敵を背後から掴んで、倒れている敵の近くで△ )
”敵が倒れている状況”と”敵の背後に回り込める状況”を作り出すのがとても難しかった。
が、□□△でボディブローを叩き込むと、敵がゆっくりと倒れていくのに気がついてからは
わりとすんなりと取れた。つまり、
1.一人の敵に□□△
2.直後、別の敵に □□△
3.直後、スウェイをに2回して、2人目に□□△を叩き込んだヤツの背後に回りこむ。
4.上記で2人目はまだヒザ立ちの状態で倒れきってないハズなのでそこで○押して掴む。
5.倒れている敵の近くで△ボタンで発動!
でいけた。


・ボス05撃破 (第9章のボスを倒した)
HARDモードで獲得することが出来た。


・真の終わりへ (EX-HARDモードでゲームをクリアした)
3周目に獲得。
コンプリート得点、いつでもヒートアクションと、武器”応龍のトンファー”があれば終始余裕(^^
若干飽きが来ていたのが最大の難関だったが、なんとかクリアできた。

と言うわけで、シリーズ初プラチナ獲得。
とはいえ他のバージョンは面倒すぎて挑戦しようとは思わないケド(^^;

龍が如く2HD 進行中

流石に1ヶ月以上コツコツとプレイしていたお陰で、
終盤になってトロフィーラッシュを体験できた(^^

新たに獲得出来たのは以下のとおり。

・伝説のチャンピオン (闘技場の全てのトーナメントで優勝した)
EASYモード様サマ。「伝説の龍」の強さを堪能出来てとても楽しい(^^
でも、まだ亜門にたどり着くまでにはもう少し時間がかかりそう。
なんせ、闘技場に登場する全キャラに勝たなければならないらしいので(^^;


・最強の男 (心技体を全てLV.10にした)
「伝説のチャンピオン」トロフィーをゲトした時にはまだ経験値が足りなかったが、
その後のキャバ攻略中に達成することが出来た。

・ホールインワン! (ゴルフセンターでホールインワンを出した)
蒼天堀のゴルフセンターに行ったら、なんと地面にピンがあった(^^;
全然気が付かなかった(^^;
で、早速初級でチャレンジ。
なんだか時間がかかりそうな予感がしていたのだが、
意外とあっけなく達成。
てか、方向を合わせれば、後は力加減と真っ直ぐ打つだけで入るらしい。
なんせ4打目で達成し、その後3連続でホールインワンだった(^^
※ビギナーズラックの可能性が高いケド(^^;

・ジゴロマスター (全てのキャバ嬢へのラストアタックに成功した)
地道に進めていたお陰で順調にクリア出来た。
ちなみに1000万円の用立てはカジノのルーレット。


・グッドコーディネート (モテ度をMAXにした)
贈り物のスーツ(マリエッタ経営の報酬)
モテモテ腕輪(えびすや)
モテモテ腕輪(えびすや)
の3つを装備するともらえるらしい。


残すはこれ。

・ボス05撃破 (第9章のボスを倒した)
・ボス07撃破 (第16章のボス1を倒した )
・ボス08撃破 (第16章のボス2を倒した )
・ボス09撃破 (第16章のボス3を倒した )
・感謝 -スタッフ一同 (最終章をクリアした)
・真の終わりへ (EX-HARDモードでゲームをクリアした)
・亜門一族撃破 (亜門一族を撃破した )
・免許皆伝 (古牧の技を全て会得した)
・プロゲーマー (YF6のTOURNAMENTで優勝し、UFOキャッチャーで獲得数20個を達成した)



次に目指すは「免許皆伝 」。
やっぱり難所は闘技場らしい

龍が如く1&2HD進行中

BLOGのネタにしてなかったけど、こちらもプレイ中。
しかも既に2ヶ月近くダラダラとやっている(^^;

HDエディションという事で、PS2の時に出たときよりも高画質になっているそうだ。
が、古今のPS3版を見慣れているせいか、何がHDがイマイチ判らない(^^;
モチロン、PS2版と比べれば一目瞭然なんだろうけど(^^;

もう一度プレイする価値があると思ったのは、トロフィーに対応したため。
でも、プラチナを目指すつもりはサラサラない。
勢い余ってもしかしたら?と言う可能性もなくはないが、
とにかく龍が如くでトロフィーコンプを目指した場合、
面倒で面白くなく時間がかかるものが多いので気持ちが萎える。

てな訳でムリはせず、
取れそうなもののみこなす従来の方式で進めることにする。


龍が如く1HDはとりあえず終わらせた。
トロフィーの取りこぼしは次の3つ。

・伝説のチャンピオン(闘技場の全てのトーナメントで優勝した)
本編をNORMALモードでプレイしたので、闘技場は挑戦していない(^^;
なんせ、闘技場は面倒なことこの上ないので、やるならEASYモードでと決めている(^^;
龍が如く1HDは引継ぎモードというのがないので、EASYモードでやる場合はまた最初から
やり直しと言う事になる。ゆえに当分の間は再挑戦する事はないだろう(^^;

・プロスロッター(パチスロでメダルを累計1000枚獲得した)
頑張って500枚くらいまで貯めたが、これほど時間のムダを感じさせる作業もないので挫折。
気持ちに超ゆとりがあるときに、思い立ったらやるかもしれない。

・遥に首ったけ・上級(遥の信頼度SSSを獲得した)
これがなければ、闘技場攻略にも気合が入ったかもしれない。(^^;
某所のレビューを見れば判るとおり「メジャー級で全打席ホームランを打て」が鬼門だそうだ。
その前にもパチスロに2回も挑戦させられたり、賭博をやらされたりと面倒感が漲っている。
これに時間をかけるのなら、その時間を使って別のタイトルを楽しみたい(^^

-*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*-

龍が如く2HDはEASYモードでプレイし現在16章の最初。
この先に進むと一気にエンディングまで行ってしまう直前で、
取りこぼしをゲットしている最中。



・ボス05撃破 (第9章のボスを倒した)
ストーリーを進めると自然ととれるハズなのに取れていない。(^^;
どうやらバグらしい。今回はEX-HARD行けるんじゃ?と思っているので、
とりあえずHARDでもう一周はするつもり。その周回で獲得出来ればいいや。

・ボス07撃破 (第16章のボス1を倒した )
・ボス08撃破 (第16章のボス2を倒した )
・ボス09撃破 (第16章のボス3を倒した )
・感謝 -スタッフ一同 (最終章をクリアした)

ストーリーを進めればもらえるので特筆なし。
強いて言えば、最後の三角ボタンの押し忘れには気をつけよう(^^;


・真の終わりへ (EX-HARDモードでゲームをクリアした)
今回はミニゲームコンプトロフィーがないので、ちょっとだけやる気が出ている。
とは言え、こちらは亜門撃破の余勢次第。

・亜門一族撃破 (亜門一族を撃破した )
このゲームでは、全シリーズで亜門は撃破しなければならない掟がある(ウソ)
が、この亜門を出すのがとても大変らしく、
とりあえず他のトロフィーの取りこぼしの回収が先のようだ。

・伝説のチャンピオン (闘技場の全てのトーナメントで優勝した)
現時点での攻略対象。
EASYモードなのでごり押しでいけている気がする。
でもまだ中盤といったところなので、この先どうなることやら。

・最強の男 (心技体を全てLV.10にした)
残り1つのステータスを残すのみ。
恐らく闘技場攻略中に達成できるのでは?と期待している。


・免許皆伝 (古牧の技を全て会得した)
個別レッスンは終わっていて、あと闘技場をクリアすればもらえるらしいので
闘技場クリア待ち。

・プロゲーマー (YF6のTOURNAMENTで優勝し、UFOキャッチャーで獲得数20個を達成した)
YF6は優勝済。後はUFOキャッチャーで15個ゲットすれば終わり。。。意外と多いな(^^;

・ホールインワン! (ゴルフセンターでホールインワンを出した)
まるっきりノーマークだったトロフィー(^^;
大阪のゴルフセンターにピンなんてあったっけ?(^^;

・ジゴロマスター (全てのキャバ嬢へのラストアタックに成功した)
残り2人。所持金は1200万円くらいあるので、後は攻略するだけの状態になっている。
とりあえず闘技場のクリアが先。

・グッドコーディネート (モテ度をMAXにした)
何のことやら判らなかったが、モテ装備にすればいいらしい。


ま、何とかなるかな?

龍が如く5仕様PS3

『龍が如く5 夢、叶えし者』を同梱したオリジナル仕様のプレイステーション3本体、発売決定


もしかしてこれって仏壇ですか?

先祖代々のPS3として仏壇の隣においても全く違和感がないのでは?とか思う(苦笑)
いえ、このPS3自体には違和感アリアリですが(笑)(^^;

亜門撃破完了(龍が如く OF THE END)

少し前になるが、アングラに潜りまくってようやっと亜門一族を撃破して、
ついでにエンドレスアングラ50階も達成した(^^;。

郷田龍司の25階と桐生の30階とエンドレスアングラ50階を
日曜日の一日で片付けたので流石に疲れた(苦笑)

でも、エンドレスアングラは思ってたよりもしんどくなかった。
というのも1階から10階くらいまでは本当に短く「え?もう次の階段?」
と思えるほどだった。

それに加え、5階10階15階20階25階...と5階ごとにボスが登場し、
この階の構造はとても単純なので迷うこともない。

それでも3時間弱かかったが(^^;


「怒りの三種」を装備出来ていたので
トライバルのとび蹴りもさほど怖くなく、
各キャラ毎のアングラほど複雑な構造でもなく、
まあ順調にかつ淡々を進められた(笑)

もちろんもう一回エンドレスアングラに挑戦するつもりは全く無い(^^;


龍が如く3、龍が如く4で憧れていた「黄金銃」も今回初めて手に入れることが出来た。

この黄金銃は弾数無制限・装填数無制限でリロード不要、
しかも連射もそれなりと言うハイパー性能を誇る武器。

郷田と桐生のアングラでは結構お世話になった。
しかし、射撃のリズムとしてはちょっと物足りない。
やっぱり一定のリズムでリロードをしたくなってしまうのだった(^^;

と言う訳で、トロフィー獲得は
「亜門撃破」
「エンドレスアンダーグラウンドで50階までクリアした」
「所持金が1000万円を超えた」
「全ての相棒と出会った」

を達成。
残りの目標は

「キャラのLVをMAXにした」
「EX-HARDモードをクリア」

の二つ。
キャラのレベルは現在86でまだまだ遠い(^^;

まあ、サテライトレーザーとか言うチート武器も手に入ったし
ちょっと間をおいてからEX-HARDに挑戦してみようかと思う(^^。


真島編の1周目アングラ完了(龍が如く OF THE END)

黄金銃を手に入れるための相棒の育成は、
あと残り、伊達さん一人になった。

その伊達さんも既にLv12なので、
後1~2回アングラに連れ込めば達成しそうな雰囲気。
(相棒の最高レベルは20)

ただ、各キャラのアングラ制覇の為にまずは「黄金銃を!」と思っていたけど、
実は「虎撃ち銃」で十分な事が判明(^^;。

秋山編で主に使った武器は、
・秋山固有二丁拳銃エリーゼ
・虎撃ち銃
・狙撃銃
・HANABIガン

で、実はほとんど虎撃ち銃で片付けた。
遠くに火炎瓶を持ったゾンビがいた場合は狙撃銃で倒し、
大勢ゾンビがいた場合はHANABIガンで仕留めるような使い分けで進めていたのだった。

虎撃ち銃はエリーゼと同じく残弾数が無限なので、
この戦法は秋山以外でも余裕で使える事を理解した(笑)

黄金銃は装弾が不要なのと連射が効くので、
まあ、あるに越した事はない程度に考えるとしよう。


アングラに入るとアイテムボックスがない。
そのため、持ち物を吟味しなければならない。

既に高性能LEDライトを手に入れているので、
予備の乾電池は2~3本くらいあれば余裕っぽい。
かなり慎重に進めても、電池一本で15階は潜れるような気がする。

弾は、HANABIガン用に3パック用意。
狙撃銃用に2パック用意。

回復アイテムはお守り程度の2つ。
通常の回復は「パワーストーンブレス」で賄う。
このアイテムはゾンビを倒す毎にちょっとづつ回復すると言う優れもの。(^^

装備品で1つ、装飾品で5つをフル装備する。
・極道養成ギプス(獲得経験値20%増加/攻撃力20%低下)
・ア/タ/レの御守り(照準の移動速度低下/狙わずに撃った時に敵の頭に当たりやすくなる)
・ポイントマンのレンズ(ヘッドスナップの持続時間が少し延びる)
・パワーストーンブレス(敵を1体倒すごとに体力が回復)
・金運の数珠(銃を1発撃つごとに10円増える)
・虎革のベルト



アングラは基本的に全く同じ事の繰り返しなんだけど、
意外と楽しいと思う今日この頃であった(^^;

プレイ再開(龍が如く OF THE END)

約2ヶ月半ぶりに神室町に戻ってきた。
当時、パラレルワールドで一緒に活動していたネコテ先生の姿は既になく(笑)
どうやら、またもや未クリアのまま、今度は異世界へモンスターを狩りに行ってしまったらしい(^^



まあ最初からやるワケではなく、いつもどおり取り損ねたトロフィーを可能な限り回収して
一定のメドにしようかと思っている。

やり残したトロフィーは以下の通り。

1.EX-HARDモードをクリア
2.OF THE ENDモードをクリア
3.亜門撃破
4.キャラのLVをMAXにした
5.エンドレスアンダーグラウンドで50階までクリアした
6.所持金が1000万円を超えた
7.全ての相棒と出会った
8.カラオケで全曲プレイした
9.パチンコ・パチスロの景品「トロフィー」を手に入れた

この中で、「8.カラオケ」と「9.パチンコ」は昨日達成した。
パチンコはイカサマアイテム無しで取り組んだため、
5時間くらいかかってしまった(苦笑)(^^;

1回は、35番台で340回転で大当たりして、6000発まで増えたんだけど、
どうせなら7777発でクリアフラグを立てようと思ったのが運のツキ(苦笑)
そのまま打ち続けたら無しのツブテで6000発を全弾撃ちつくす(涙)

パチンコの愚かさを再確認しつつ、気を取り直してとなりの33番台へ。
今度は320回転で大当たり(^^。5800発まで増やすことが出来た。
やはりここでは先ほどの経験を活かし、通常モードに移った時点で即終了。
景品交換所に行って、3000発でトロフィーと交換して完了とした(^^)。


「7.全ての相棒と出会った」は、全てのキャバ嬢を攻略済みで
残すはボブ宇都宮だけ。
彼はクリア後の世界であればゲイリーの所にいるらしいので、
そのうち行ってみようかと思っている(^^)。


「6.所持金が1000万円を超えた」についてはギャンブル頼みかな?
現在120万円くらい現金がある。
ついでに女王長谷川様のポイントが50000くらい貯まっているので(笑)
全部現金化すれば500万くらいになる。
後はイカサマアイテム使ったカジノプレイで補填すれば終了かな?と。(^^


後のトロフィーはモチベーション次第かな~(^^;

「2.OF THE ENDモードをクリア」は直ぐにやるつもりはない(^^;

当面の目標としては以下の順番で。

「3.亜門撃破」
「5.エンドレスアンダーグラウンドで50階までクリアした」
「1.EX-HARDモードをクリア」
「4.キャラのLVをMAXにした」

亜門撃破するにはまず、各キャラのアンダーグラウンドをクリアしなければならない。
アンダーグラウンドをクリアするためには、弾薬が節約できる武器が必要。
秋山はエリーゼと呼ばれる強力な拳銃があるので、他のメンバー用に黄金銃が欲しい。
黄金銃を手に入れるには主要相棒のレベルを20にする必要がある。
秋山でアンダーグラウンドに潜りつつ各相棒のレベル上げを実施。
黄金銃が手に入るあたりで武器改造のコンプリートを目指し、「怒りの三種」を手に入れる
亜門撃破を目指す

の順番で取り組もうと思う。(^^

まずはそこまでかな?

神室町駅発 アールズ行きの特急電車が発車します(^^

と言う訳でひとまずクリアした。
後半は急ぎ足でと言っていた割には、
桐生のキャバイベントとサブストーリは制覇した(^^

終盤の対物ライフルの威力がとってもステキでクセになりそうだった(^^


クリア時点の戦果は以下の通り
IMG_7825.jpg
IMG_7826.jpg

トロフィー獲得率は68%。
今回も90%弱くらいはいけるかな?とは思っている(^^


個人的な感想はと言えば、
これまでの龍シリーズの中で一番アツい戦闘だったと思う(^^
なんせ、止めを刺さずに味方を殺されると言うお約束が無いのが素晴らしい(^^

細かい操作性に言及すればそりゃ不満点もあるが、
まあそれは慣れるしかない(^^;

クリア後の世界は、徐々にこなして行こうと考えている。
「EX-HARD」の上に「OF THE END」モードなるものがあるようで
これをやるかどうかはまあ気力次第かな?(^^;

桐生一馬 第2章(龍が如く OF THE END)

桐生ちゃん大丈夫か?と心配したくなる出だしだった(^^;
ウワサによると手加減しているようだけど、
それでも煮え切らないあの態度は如何なものか、と(^^;

さして時間もかからず半自動的に2章まで進んでしまった(^^;


急いでいると言いつつも、サブストーリーくらいは完了しておきたいので
そちらを攻略中(^^

一番笑ったのは「キャバクラ無法地帯」と言うサブストーリー(^^
2件目の女の子は冗談抜きにかなり可愛かった(笑)
なんだか龍が如く1のマイちゃんを彷彿とさせるノリに拍手(^^
何が「非常事態価格」じゃゴラーっ!(^^;


あと、「ゾンビの人権」なるサブストーリーは
明らかにあの自然保護を名目に過激な行動を繰り広げるあの団体を風刺していた(^^
顔とか明らかに!?というノリがかなり良かった(^^
龍が如くのサブストーリーはこうでなくては(笑)

郷田龍司クリア(龍が如く OF THE END)

メルルのアトリエの発売が直近なので少しだけ急いでみた。(^^;
が、到底間に合わないので土曜日までにはメインだけでもクリアしたいなと(^^


郷田の章をやってたらムショウにたこ焼きが食べたくなった(笑)
我が家ではたこ焼きは家で作って食べるので週末にでもたこ焼きパーティしようかなと(^^;

あと、またまた遥ちゃんがセーラー服の状態で縛られてた(^^;
しかもオープニング時とは違う状態で。。。まったくけしからん!(^0^)
そのうち遥ちゃん本人がクセになっちゃうのではないだろうか(苦笑)

郷田龍司攻略中(龍が如く OF THE END)

龍司ご用達のガトリングガンがイマイチ使えない(^^;
それ用にゾンビが密集している場合が多いので、
折角だからとガトリングを乱れうちしても
倒れたゾンビの2割~3割は致命的ダメージを与えられずに再び立ち上がってしまう(^^;

弾丸パックも120発と微妙に少ないし、
ガトリングなのに連射速度がサブマシンガンとかアサルトライフルと大して変わらないとか
悪いことづくし(^^;

あと三倍は連射速度がはやくてもバチはあたらないと思う。
もちろん装弾数も3倍で(笑)

と言う訳で、自由に武器が選べるようになってからはガトリング砲はさっぱり使っていない(^^;

それよりも重要なのはショットガン(^^)
あと、HANABIガン(笑)

HANABIガンは、ショットガンの改造銃で
威力はショットガンの半分以下になってしまう。

しかし、この銃はその名の通り、当たると花火のように破裂する。
優れているのはこの破裂時に拡散する火花で、
ゾンビがそれに当たるとたちまち延焼する。

この辺りで登場するイワダルマなる敵も、
HANABIガンがないとちょっと攻略にてこずる(^^;

欠点は至近距離で発砲すると爆風に自分も巻き込まれてしまうこと(^^;
ただ、これも発砲と同時に×ボタンで回避出来るらしいが(^^;


まあそういう訳で常に所持するタマはショットガンの弾5パック(300発)(^^
ガトリングの弾はお守り代わりに1パックのみ。
後はライフルの弾を1パック。

ライフルはたまにいる遠くの変異体ゾンビをスナイプするため(^^
(余談だが、トライバルはどんなに遠くからスナイプしても当たれば全速力で仕返しに来るのでコワい(笑))
後は自衛隊が置いていったコンテナから適宜借用の流れで(^^



一応、龍司のサブストーリは終わったので
先に進もうかと思う(^^



ミニゲームだが、
龍シリーズを通じて、初めてラブインハートを全クリできた(笑)
「超VIP限定世界最高峰コース」は最初の3回目くらいのゲージの移動量が凄いので
ここを乗り越えられるかどうかがカギかな?と思った(^^

なので、そこまではゲージの上を狙わずに真ん中をキープしておくとよい。
あとは赤い煙が出たら×ボタンをチョンチョンと押して調整し
青い煙が出たら○ボタンをチョンチョンと押していけば乗り切れた(^^

最後のフィニッシュゲージは、
アナログスティックを右手の手のひらで両方押さえてグルグルまわせばOK。
両手の親指でまわしても絶対に疲れちゃうのでお勧め出来ない(笑)


あと、釣りをやったらシーラカンスが釣れた(^^
近くのオジサンに声をかけたら15万円で引き取ってもらえたのでかなりうれしかった(^^

ちなみに、エサは幕の内弁当で、釣り糸の距離は一番遠く(^^

真島編終盤(龍が如く OF THE END)

現在第4章攻略中。

攻略と言っても、ストーリー進めずにサブイベントをやっている状態だけど(^^;

一応、真島のサブイベントはクリアした(^^

秋山編の時にスルーした伝説のマンホールにも入ってみた(^^;
どうやら「トルネコの大冒険」をマネしたシステムのようだった。

とりあえず地下と言う訳で、懐中電灯が必要らしい。
懐中電灯が必要という事は電池が必要で、
のんびりしていると結構早く電池切れになってしまう(^^;

敵自体は大した事は無く、じっくり片付けていけば
十分に攻略可能。しかし、懐中電灯の電池の消耗があるので
そんなにじっくりと攻略も出来ないジレンマがある(^^;

今回は3本の予備電池を持って中へ潜ってみた(^^
結果、地下7階辺りで3本目の半分くらいまで使ってしまった。

そこであえなく断念(^^;

まあ7本くらい持っていけば
じっくりと進めていても15階くらいは潜れるということか。

現時点では粗悪なライトしか持って無いのでこの位の消耗なのだろうと
思っているので、とりあえず先に進もうと思う。


あと進めたのは、ラブインハート攻略(笑)

残すところ「超VIP限定世界最高峰コース」のみ。
2回挑戦してみたけど、5秒くらいで終了(自爆)
あのゲージ移動スピードを制御できる日がくるのだろうか?(^^;

また挑戦してみよう(^^;

隔離エリアが遂にネット世界まで(笑)

ゾンビ狩りに勤しむ勇者ネコテ先生のサイトが昨夜から隔離(ダウン)されている(笑)
やっぱり隔離エリアでゾンビに噛まれまくっていると感染するよね?と戦慄している(^^;


こちらの戦況はと言えば、ストーリ進行は停滞している。
昨夜はキャバクラ「ジュエル」でキャバ嬢の攻略に専念していた(^^;

資金が厳しいのをムシして攻略したお陰で残金が10万円ちょいに(^^;
ちょいと隔離エリアに行ってプリティフィギアを拾ってこなければ(笑)

あと、ハート20個貯まった際のホテルデートのシーンがちょっと不満。
画面切り替え時は以前のように「バッティングセンター」にしておいて欲しかった(^^;

お陰でメンドクサく苦しい説明を子供たちにする手間が増えた(爆)


ゲームには直接関係無いけど、オマケのカラオケCDを通勤中に聴いている。
平野綾さんの歌唱力が他のメンバーを圧倒していてちょいと感動してしまった。
彼女の唄を聴けるだけでも大満足と言えるような気がしてきた(^^

でもキャラとしてはあの花ちゃんなんだけど(^^;

真島編第3章 (龍が如く OF THE END)

気がつけば、フリーバトルで闘いまくり(^^;

なんかバシバシ倒せて面白い(笑)
怖いけど(^^;

短気なチーマーゾンビにはアサルトライフルの集中掃射だよね!と言うのが現在の感想だろうか(^^;
もうひとつ、チーマーゾンビは給水口のヒートスナイプが有効と言うのもありそう(^^

サブミッションの攻略も開始しているが、
サブミッションはその場所がハテナマークで示される様になったのでかなりやりやすくなった(^^
そして、サブミッションには遂に声優がセリフを当てているのがかなり嬉しい(^^

戦闘はと言えば、今回はパンチやキックがなくなってしまったので、
武器を使うしかないんだけど、
それ故に武器を強化する事が結構楽しく感じられている(^^

そのため、今日はずっとゾンビからの部品集めに奔走してしまった(^^

要するに武器を強化しないと怖くて先に進めないということかもしれないけど(^^;

秋山編第4章進行中(龍が如く OF THE END)

いやはや、しんどいです(^^;
対チンピラだと余裕で闘えるのに、相手がゾンビだと
怖くて仕方がない(苦笑)

幸いナイスおっさんである秋山さんのお陰で
なんとか切り抜けられている雰囲気(^^;

射撃の照準合わせ(以下AIM)が厳しいと言っていたけど
どうやらFPSと同じだと思ってやっていてはダメだという事
に気がついた(^^;

二丁拳銃とかは走りながら□ボタン連打するだけで
バシバシ敵を倒していける(^^;

FPSのように精密なAIMは殆ど無用らしい(^^
もちろんAIMしなければヘッドショット(一撃必殺)が決まらないので
必要なのだけど、それもR2押下でバシっと照準があうので
結構いい加減な操作でも進むことが出来るらしい(^^;

でも、ゾンビの動きがイヤ(^^;
こちらを見つけると全力疾走で向かってくるので怖いのなんのって(^^;
それまでフラフラさ迷っている仕草はウソですか?(笑)


封鎖エリアは徐々に広がっているようで
危険な状況はさっぱり改善しない(^^;


ミニゲームは相変わらず健在で、
ちょっとづつ攻略している。

特筆すべき点は、ラブインハートの「ジュン」がヤバめと言うこと(^^;
とりあえずスタンダードコースをクリアしたけど、
ちょっと通いたくないかも(^^;


遥ちゃんがコワれちゃう日(龍が如くOTE)

IMG_7806.jpg
と言うわけで、我が家にも到着。

カラオケは思ったとおりの出来で特に不満なし(^^
日本応援ステッカーは、、、、イマイチ(笑)
シールを貼る文化を持たない私としては、
もっと実用性のあるものにして欲しいかなと。

本編はといえば、わたし的にはかなりコワい(^^;
走ってくるゾンビは、バイオ3のタイラントでトラウマになっているので
半べそになってしまう(笑)

と言うワケでちびちび進めていたせいか
まだDVD屋にすらたどり着いていない(^^;

変なS女に会ったところで一旦終了(^^;

話題の操作性はやっぱりカスタマイズ可能にすべきだと思う(^^;
あと、狙いをつけると歩けなくなってしまう仕様はストレスがたまって仕方がない(^^;

それゆえに、序盤は拳銃よりも周辺に落ちているモノで殴ったほうが安心できたりしている(^^;

神室町にゾンビが沸く日まで後2日 (龍が如く OF THE END)

メルルのアトリエに気を取られていて
こちらの事を忘れかかっていたんだけど、
気が付けば明後日発売だった(^^;

発売が延期されて、日の目を見ないのではないか?と
思われつつも無事に発売されるようでなにより(^^。

予約特典(カラオケCD)がようやく聴けるかと思うと
ワクテカになりそう。

本編については体験版も結局やらず終い。
体験版とは購入の参考にするためにやるものだと思っているので、
購入を決めた以上はやる必要がないと判断。

ただし、体験版経験者の話によると、
コントローラーの操作方法がイマイチらしいのが気になるところ。

どうやら一般的なFPSの操作方法とは異なるキー配置らしい。(^^;
しかも体験版ではキーコンフィグが出来ないとの事。

もしこれが本当なら、これだけは本編発売までにパッチ修正して欲しいところ。
操作方法が独自仕様だとそれだけでやる気が殺がれる可能性が高い。

龍が如く OF THE ENDが発売日決定

延期になっていた龍が如く OF THE ENDの発売日が 2011/6/9に決定したようだ。

6月だとメルルとかぶるのでイヤだなと思いつつ、
カラオケCDも欲しいので予約を取り消す気にもなれず(笑)

発売延期 (龍が如く OF THE END)

明日発売予定だったのだが、延期になった模様。

まあ仕方が無い。
私自身、いまだにショックから立ち直れていないと思うので
直接的な影響を受けた人々は更に深刻な状況と思われる。
今回の神室町のシチュエーションはどうしてもアレを連想してしまって憂鬱になってしまうに違いない。

せめて6月くらいには落ち着いて欲しいかな・・・

予約してしまった (龍が如く OF THE END PS3)

3/17に発売予定の龍が如くOF THE END。

ロロナのトロフィーもまだプラチナになってないし、
トロフィー獲得率43%の龍が如く3も再プレイしたいし、

なにより、wikiでサブイベント情報が一通り出揃ってから効率的に楽しみたいので、
発売日に買う予定はなかったんだけど。。。


昨日ネコテ師匠の板に遊びに行ったら、
予約特典で「カラオケCD」がもらえるらしいとの情報を得た。

しかし、この時点では「カラオケCDって言っても神室雪月花とか2曲くらい入っているだけでは?」と
あまり積極的な気持ちにまではならなかった。

ところが、調べてみると意外と曲数が多いことが判った。

楽曲名 歌唱キャラ(声優名)
1 乙女色my life [Full Spec Edition] 澤村遥(釘宮理恵)
2 MachineGun Kiss [Full Spec Edition] 桐生一馬(黒田崇矢)
3 rain drops [Full Spec Edition] 花(平野綾)
4 GET TO THE TOP! [Full Spec Edition] 澤村遥(釘宮理恵)
5 神室純恋歌 [Full Spec Edition] 秋山駿(山寺宏一)花(平野綾)
6 rain drops (Remix OF THE END) 花(平野綾)
7 GET TO THE TOP! (Remix OF THE END) 真島吾朗(宇垣秀成)
8 神室純恋歌 [関西の龍 Special Edition] 郷田龍司(岩崎征実)花(平野綾)
9 GET TO THE TOP! -情熱的だよ全員集合mix- 澤村遥(釘宮理恵)feat.情熱オールスターズ
10 神室雪月花 (Original mix) 桐生一馬(黒田崇矢)
11 乙女色my life (Karaoke) -
12 MachineGun Kiss (Karaoke) -
13 rain drops (Karaoke) -
14 GET TO THE TOP! (Karaoke) -
15 神室純恋歌 (Karaoke) -
16 神室雪月花 (Karaoke) -



カラオケとか言いつつ、
ちゃんと声優が歌っている模様。

これだけのボリュームなら、単独で売られるとなると
2千円くらいはするのではないか?と思われる。(特殊なジャンルだし(^^;)

今現在、予約価格が6.3千円なので、
CDの別途購入を想定するとかなりお得感がある。

という事で予定を変更して私も予約した(^^;


とは言え、
前述の通り、またロロナのアトリエが終了していないので、
それが終わってからかな?と思っている。


てゆーか、体験版やらなかったなあ(^^;
買う事が確定しているのなら、体験版やっても仕方が無いので
アンインストールしようかなと(^^;

龍が如く最新作情報

次回作5の話が出てきているようだ。

龍が如く OF THE END


、、、つまり、何ですか?
極道キャラでバイオ5って事ですか?(^^;
一体どうなる事やら(^^;


ちょっと今週末(土曜日)に、東京(てゆうか千葉)は幕張まで行って、
ゲームショウとやらを見てこようと思っている。(^^

これまで一度も行った事が無いのでちょっと楽しみ(^^

究極闘技 挑戦中(龍が如く4 PS3)

本編クリア後に登場する「究極闘技」。
これをクリアするとトロフィーと同時に、ヒートゲージ常にMAXアイテムがもらえる。

このアイテムを使ってエキストラハードに挑戦してやろうかと思っているのだが、
究極と言うだけあってとても難しい。

もうこのままでエキストラハードに挑戦しようかな?
とも思ったのだが、

そもそもエキストラハードに挑戦するのは
トロフィー制覇してプラチナトロフィーをもらう事が目的だったハズで、
究極闘技がクリア出来なければトロフィー制覇も無理。

故に究極闘技をクリアしなければ、
エキストラハードに挑戦する意味が無い事になる。

まあその前にハードモードをクリアしなければならないのだが、、、、
でもそうすると各コンプリート情報がクリアされてしまうので、
こちらも気軽に挑戦出来ない(苦笑)

つまり、ハードモードに挑戦するためには
少なくとも「ヒートアクションコンプ」と「IF7コンプ」を終わらせておく必要がある(^^
ミニゲームもチマチマやっていけばもしかしたら達成出来るかもしれないと考えると
そちらも初期化されるのが惜しい(^^;

と言う訳で、プラチナトロフィー獲得挑戦の優先度を落とし、
究極闘技と本編コンプリートをのんびり繰り返してみようかなと(^^

祝!クリア (龍が如く4 PS3)

終わった。

なんだかラスボス達よりも亜門一族の方が強かったな~(^^;
でもまあ、本編に関わる敵が強すぎるのは刑務官斎藤だけで十分かなと(笑)

(以下超ネタバレ)
【“祝!クリア (龍が如く4 PS3)”の続きを読む】

亜門撃破!(龍が如く4 PS3)

いやはや、なんとかクリアしてゴールドトロフィーをゲトした(^^
注意しなければならないのは、自分が武器をもっている時に
攻撃されるとその武器は一瞬で破壊されてしまうと言う事(^^;
これは耐久力∞の銃などでも同じなので要注意だった。


一人目と二人目は前回書いたとおりの方法で撃破。

三人目は銃使いなので、
「神樹の3種アイテム」を装備して敵の銃弾をオートガードしたところ
比較的安心して倒す事が出来た。

そして四人目はこれまでの集大成だった(^^;
一回敵の体力を全て減らすと、体力がもとにもどり、
そこからは一人目~3人目までのスタイルのおさらいに(笑)
スタイルの変更は時間で決まっているのか、
1→2→3→1みたいなカンジで15秒単位で切り替わっていくようだった。

ちなみに用意した麻酔銃は全然効かなかった(^^;
いい作戦だと思ったんだけどね(^^;

さて、とりあえずこのままの装備でエンディングを目指そうかな。

亜門 許せん!(龍が如く4 PS3)

シリーズを通じて初めて亜門と闘ったが、、、、
これってムッチャ強いんだけど?(^^;

一人目の秋山と闘うヤツは、まあなんとかなった。
回避とカウンター攻撃が痛いけど、
こちらもキャンセルスウェイを駆使しつつヒートアクションを織り交ぜれば
何とかなった。

基本的にヒートを溜めれば倒せる。
なので、闘いの最初にお酒をガブ飲みしよう(笑)
そしてヒートアクションごり押し戦法のためにタウリナー++辺りを5本くらい常備する。
それで行けた(^^;

問題は二人目。
でっかいトンカチを振り回し、防御不可能。もちろんあたると大ダメージ!!
そしてなによりやっかいなのは攻撃しないと回復すると言う鬼畜仕様(^^;

相手の攻撃の合間を見計らっているとあっという間に体力が全開してしまい、
やってもやっても撃破出来なかった(^^;
2回敗北した時点でwikiを真剣に読み直す(^^;

それによると、まず飲酒をし、
R1を押さずに近づき○ボタンで掴み
△ボタン長押しで溜め攻撃をして倒れたと同時に△ボタンで極み攻撃

の繰り返しでいけると書いてある。

が、その方法で3連敗(^^;
確かにその方法でいい所までいけるのだが、詰めの段階で逆撃を食らいまくって
気が付けば敵の体力はすっかり回復していた(^^;

いい加減頭にきたので、
ショットガンで撃ち殺す事に(^^;
ま、金なら1000万円あるし~(^^;
と言う事でショットガン10丁(480万円)を買ってきて
冴島に持たす(苦笑)

その結果、7丁の途中でようやく撃破する事に成功した(^^;



3人目はマシンガンを撃ってくるヤツが相手(^^;
こいつもなかなか厄介(^^;
て言うか昨日はここでやられて止めた(^^;

銃弾と言えば、神樹の3種アイテムが超有効なので
次回はそれを装備していく予定
後はタフネス系をごっそり持って行こう(^^;

ついでに4人目の準備もしておこう。

桐生なので、
・ショットガン1丁
・マシンガン1丁
・タウリナー系ドリンク7本
・酷練会アイテム3種
・麻酔銃1丁

をとりあえず用意する。
これで勝てないようならまた対策を考えよう(^^;

そろそろ先に進もうかな?(龍が如く4 PS3)

コンプリート作業(笑)ばかりやっていてそろそろメインストーリの記憶があやふやになってきた(^^;

今はコンプリートメニュー「全てのヒートアクションを1回以上発動させる」と言うものに挑戦している。
これを達成すると、ヒートゲージが溜まって無くてもヒートアクションが可能になるアイテムが入手出来る。

ヒートアクションが素早く発動出来れば、
ハードモード以降での冴島VS斎藤、及び冴島VS桐生 が断然有利になると思われるので是非入手したい。

が、これが意外と手こずっている(^^;
まずは秋山でやっているんだけど、
「逆境の極み」が出せない。
何故ならば、ガードを崩してくるザコキャラに出会わないから(^^;
ハンマー男ならガードを崩してくるかと思ったらバッチリ耐えてるし(^^;
なので、今度はすもう男で試してみるつもり。

後は「背後から掴み」と言うのが出来ない(^^;
とにかく背後に回り込めない。
秋山では出来ないのだろうか(^^;

敵を混乱させれば背後に回り込めそうなので、
次回は改造武器を使ってみようと思っている。

とりあえず、防具は「気付け成分配合シャツ」でアクセサリは「スパイクシューズ」を装備している。
蹴り技が多い秋山の場合、スパイクシューズは非常に効果的な模様。


と言ったところだが、実はクリアした後の「プレミアムアドベンチャーモード」なる所では、
引き続きコンプリート作業が継続できるらしい(^^
であれば、とりあえず「亜門」を撃破したら先に進んでしまおうと考え始めている。

トロフィー制覇は後少し (龍が如く4 PS3)

狙わなければ獲得出来ないものは残すところあと3つ。
「EX-HARDクリア」
「究極闘技クリア」
「亜門撃破」

もともと「EX-HARDクリア」してプラチナトロフィー獲得を目指していて、
その為に強力なアイテムを入手するべく各種コンプリートを狙っていた訳だけど、
そろそろ飽きてきた(^^;

やっぱりミニゲームコンプリートはムリ(^^;
私が上手くないのもあるけど、単調だったり運任せで考えてもムダだったりと
時間ばかりかかってしまって気力が続かない(^^;

ミニゲームコンプが出来ないと究極の武器「黄金銃」が手に入らない。
まあ逆に言えばそれだけなんだけどね(^^;

で、黄金銃を諦める場合は、「究極闘技クリア」か「ヒートアクション発動コンプ」を
達成してもらえるアイテムがお勧めのようだ(^^;
でも、「究極闘技」をクリア出来るほどの実力なら、そんなアイテムいらんでしょ?
と思えなくもない(^^;
まあ、これは負け犬のなんちゃらってやつだろう(^^;

以下ネタバレ
【“トロフィー制覇は後少し (龍が如く4 PS3)”の続きを読む】
次のページ