FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デフォーマのワナ(初級)

暫く悩んでいた事が今日解決した。

それは「デフォーマ」と呼ばれるオブジェクトの使用方法である。
ここ数日ず~っと「デフォーマ」機能を試していたのだが、何故かマニュアルのような動作をさせる事が出来なかった。いや、全く機能として反応させられなかったと言う表現が適切であろう。

 最近になってようやく他のオブジェクト(NURBSやNULLオブジェクトやブーリアン演算)の使用方法はな~んとなく使えるようになったので、
(回転NURBS使用時の設定)
マニュアルなんか流し読みしながら「デフォーマ」も同じ要領でやっていたのだが......。


 一般的な感覚だと、親オブジェクトが子オブジェクトを制御するような動きをするし、実際殆どの制御系オブジェクトはそんな動きをするのだが、なんと「デフォーマ」は子オブジェクトとして設定すると親オブジェクトを制御出来るのだそうだ(^^;。

(デフォーマの間違った設定と、正しい設定)

 「デフォーマ」オブジェクトの下に制御したいプリミティブとか設定して「動かな~い(T-T)」と悩みまくっていたこの時間をどうしてくれよう(^^;。

 マニュアルの「デフォーマ」の章の冒頭部分を真剣に読み直してみたら以上のような結果だった。

疑問が解決したので嬉しいのだが、ちょっと悔しい(笑)。
スポンサーサイト

ここ数日暑くてパソコン部屋に入れない状態が続いている。
昨年、パソコン部屋に低予算冷風機を導入したのだが、焼け石に水で全く効果無しだった。安物買いの銭失いとはこの事である。
で、悔しいので今年直ぐに買い換えてやろうかと思いつつ、でも去年払った金額が惜しいと思いつつ、廃棄代もタダじゃないよな~と優柔不断にウダウダとしていたら、もう8月も中旬になってしまっていた。
ここまでくればあと1ヶ月もすれば夜も涼しくなってくるだろうから、まあいいやと自分に言い聞かせている今日この頃であった。

おわり

塊魂サントラ

塊フォルテッシモ魂」と言うCDを買ってみた。
これはNAMCO塊魂と言うゲームのサントラなのだが。

このゲーム、ただ単純にボールを転がして色々と落ちているモノをくっつけていくだけのゲームなんだけど、何故かハマってしまった(^^;。
そしてハマって何度もプレイを繰り返していくウチに自然とBGMも口づさんでしまうようになり、ついにはCDが欲しくと言うなんとも戦略性の高い仕組みになっているようだ。

にしても、現在ゲーム本体はBest版で定価2800円なのにCDサントラが定価2940円とは一体どういう事じゃ??(^o^;

まあいいや(^^;

で、サントラの歌詞カードを見ていて気がついたのだが、ずっと歌詞を勘違いしていた事が判明した。

それは「キックだ!パンチだ!そらみんなオレに付いて来い!」と言う歌詞が実際には「Check it up,Funk it up、そらみんな....」と言っているようなのだ(^^;。
わかんね~(^^;新沼○二さん発音良すぎ(^^

でもまあ、全体的に気に入る事が出来る内容のCDだったと言う事は間違いので買って良かったんだけど(^^。(つまりゲーム中のBGMそのまんま(^^;)


HP復活(^^

私の管理しているHPが復活した。
消滅したのは別に私の意思ではなくレンタルサーバの長期メンテナンスによる停止だったのだが....。
それにしても、唐突なメンテナンスだったので「これは夜逃げに違いない」と引越しの段取りまで目論んでいたので、正直拍子抜けと言うか嬉しい誤算と言うか........(^^;

折角復活したので、このBlogを私のサイトに登録してみた(^^;

Poser主体のサイトなので、現在このBlogとはちょっと趣が違うカンジ(&あえて敬語調を止めてみている(^^;)けど、Poserに関するネタも色々と考えているので、それを思いつくままに書いて見たいかなと(^^)。なので不定期に見てくれたら嬉しいかなと♪(^^

でも”月記”表記はまだ外せないのであった(^^;

レンダリング先生

レンダリングのマニュアルを読んで見た。
マニュアルの「レンダリング設定」の章まで来た所で、レンダリング作業の進め方についての記述があった。そうそう、マニュアルに必要なのは機能説明だけではなくてこう言うちょっとしたコツが書いてあるとあり難いんだよね~(^o^)
 ふむふむ、それによるとどうやら2つのやり方があるようだ。

1つは、「マニュアルなんて読まずにテキトーに設定してレンダリング速度が遅いまま何枚も誤解だらけの画を作り、どうにも立ち行かなくなってマニュアルを見直す方法」

..........ぐはっ!!(__;説教だ!まさかC4Dの神は全てをお見通しだったとは....(T-T)。

そしてもう1つは「まずマニュアルを読んで少しずつでも理解していく方法」だそうな(^^;

えーえー、そうでしょうとも( ̄□ ̄;)
お陰さまですでに、要らんレンダリングオプションの設定のまま、長時間レンダ画像を数枚作りましたよ(__;

ちぇっ(-_-;

回転NURBS入門

Cinema4D(以下C4D)でのモデリング学習計画は遅々としながらも進んでいる状況で、ポリゴンプリミテイブやスプラインプリミティブなどな~んとなく操作出来るようになって来た。(全体を100とすると2くらいかな?)
なんと言っても基本機能のマニュアルだけでなんと1129ページもあるのでまだまだ先は長いのであった。

ま、ま、気を取り直していきまひょ。

一般的に語られる事ではあるが
「このプリミティブを使えばきっとあんなアイテムが作れるだろうな~」と妄想する事と、
実際にそれを活用してあんなアイテムを3D化してみるのとは、実はかなりの開きがある
どのくらい開きがあると言うと...........まあいいや(^^;。

とにかく、自分で実際にやってみる事が習得の近道だとマニュアルに指南されていた。勿論私もそう思う(^^)。

てな訳で今回は回転NURBSである。
詳しい事は良くわからないのだが、マニュアルによるとこの機能を使えば、ただのスプライン線が始点のY軸を中心にぐるりと回って、簡単に円柱っぽいモデリングが出来てしまうのだそうだ。

「簡単」って言葉がとても魅力的なので早速試してみる。
【“回転NURBS入門”の続きを読む】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。