FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

Core2 Quad Q9550 最終回(笑)

ふと思った事。

今回のCPU購入物語の発端となった記事を書いた時、

kakaku.comの投稿で
「Q9450 2.66GHz → 3.3Ghz オーバークロック 12935 CB-CPU だった」
と言った投稿があった事を紹介したんだけど、

Q9550を手にした今、改めてその数値をみると「それって遅くないか?」と疑問に感じる。

昨日の実験では、Q9550 2.9GHzの段階で既に"12879"辺りをマークしていたのがその理由だ。

Q9000番台なら同じ設計じゃないんだろうか?(Q9450 とQ9550はキャッシュサイズも同じ)
だとすると標準クロックが違う(クロック耐性が違う)だけだと思うので、
クロックを同じにしたら似た様な性能を示すような気がするんだが。

Q9450でその数値に留まった要因で考えられる事は、、
1. BIOSが最新ではなかった(?)。
2. CPUのリビジョン(ステッピング)が古いため(?)。
3.OSが32Bit版だから(?)。
4.実はQ9450とはそういう性能(?)。

こんな所か。

まあ既にそれを知ったところで何かが変わるわけでもなく、
私にとっては不要な情報になってしまったんだけど(^^;。


一応考えてみる。

【“Core2 Quad Q9550 最終回(笑)”の続きを読む】
スポンサーサイト

Core2 Quad Q9550 ちょっとだけ検証

前回先送りしていた、速度アップの要因なんだけど
もっとも判断しやすいと思われる、マザーボード周りのクロック状態をモニタリングしてみた。

CPU周りの情報を表示するCPU-Zと言うツールがあったのを思い出した
のでそれを使ってチェックしてみた。


【“Core2 Quad Q9550 ちょっとだけ検証”の続きを読む】

Quad Core Q9550

「Q9550が3万円切る位になったら具体的に考えよう」と先日書いたのだが。。。

先日、某大手オークションサイトでQ9550の動向を観察したら、
概ね33,000円前後で落札されていた。

33,000円だと送料手数料込みにして、店舗で買ってもたいして変わらない金額になる。
大して値段が変わらないんなら、買えるかどうか不確実でかつ「ノークレームノーリターン」
なオークションをあえて選ぶ必要もない訳で「何故その金額で落札する??」と冷静に傍観していた。

で、見ているうちにちょっと参加してみたくなり「この金額なら」と30,500円で入札してみた。
もちろんその金額なら買ってもいいと思ったのだが、他の落札状況をみる限り
当然抜かれるものと思っていた。

が、なんとその金額で落札してしまった。

慌てて込み込みの金額を再計算してみる。

マイオークション
落札価格   : 30,500円
送料      : 500円
決済代行手数料: 1,627円
=========================
32,627円

kakaku.comの最安値
本体価格 : 34,850円
送料 : 0円
代引き手数料 : 1,050円
=========================
35,900円

差額 -3,273円

うん、これなら納得出来る金額だ。

落札後の出品者とのやり取りもとてもスムーズにすすみ、あっと言う間にモノが届く。

ついにウチもQuadの世界に突入だ。
200810029gecky.gif
※画像はCinema4D セルシェーダを使ってみた。

そそくさと取り付け作業を行い、いざ起動!

お?.....BIOS起動時にワーニングが。。

なになに?「このCPUをフルパワーで使うにはBIOSのアップデートが必要です。」だと?

BIOSのアップデートって、あのCMOSを書き換えるってヤツだ。
あれってフロッピーディスクが必要なんじゃなかったっけ?

今さらフロッピーなんか持ってないし(^^;

CD起動でなんとかならんかな?

そう思ってASUSTekのホームページで調査したが、どうも要領を得ない説明に暫く悩む(苦笑)。

もしかしたらマニュアルに書いてあるかもしれないと思いつき、マザーボード(P5K)の
マニュアルを引っ張り出してみる。

ふむふむ、、、、どうやら最近はWindows上からBIOSアップデートが出来るらしい。
しかもWEB上から最新のファイルを自動的に落として来てくれるようだ。
便利な世の中になったものだ。


BIOSアップデートは専用ツールでやるようで、P5Kに付属のCDから起動する。

画面に従って進めたが、最後に「ZIPファイルを作成する?」と聞かれ、言われるままに
ZIPファイル名を指定したが、そのまま動きなし(^^;。

「全然自動じゃないじゃないか!?」とボヤきつつ、そのZIPファイルを開いてみる。

そしたら最新版のアップデートツールがそこにあった(^^;

「そういう事か....」

落したZIPファイルの中のツールを改めて実行。

今度こそBIOSアップデートが始まった。
一応たどり着きはしたが、画面も不親切だしちょっと分かりにくいなあ(^^;

でもまあ無事、正常終了したので再起動だ!。

ふむ、特にエラーも出ないし順調のようである。


これでようやく、恒例(?)のベンチマークに入れるわけだ。


【“Quad Core Q9550”の続きを読む】

interPoserPRO 入門(4)

Poserで衣装やPoseをセッティングしていざiPPで取り込んでみると
「ややっ!?位置がずれてる(>_<;」てな事が発生する事がある。

これは特定のアイテムで必ず発生するようなので、Poserの挙動を
iPPがエミュレートし切れていない箇所だと思われる。

そこで今回はConformの座標ズレの対処方法の話。

まずは髪アイテムを例に、私のやっている座標の修正手順を書いてみる。

【“interPoserPRO 入門(4)”の続きを読む】

interPoserPRO 入門(3)

今回は衣装の着用(conform)のやり方。

これは間違いなくiPPの主要機能であろう。
よって調整機能も色々あるようだ。

が、正直な所、深い部分は私にはさっぱり分からない

ここに書ける事も「どうやって設定するか?」だけだ。

がっかりされた所を申し訳ないが早速本題に入ろう(^^;。


【“interPoserPRO 入門(3)”の続きを読む】

interPoserPRO 入門(2)

前回は、パラメタダイヤルを使ってPose付けが可能である話をした。

でも実際には、いちからPose付けるのは面倒なので、
おおまかなポーズ付け用にまずPoseファイル(PZ2)を使いたい所だろう。

と言う訳で今回はPoseファイルによるPose適用の話。


【“interPoserPRO 入門(2)”の続きを読む】

interPoserPRO 入門(1)

私がInterPoserPRO(以下 iPP)を買おうと思い立ったのは、
以前このBLOGにも書いたが

「ポーザのシーンファイルPZ3を快適にCinema4Dに取り込みたい」
って事だけだった。

ようするにVueとかの連携機能と同じように、1つのオブジェクトとして簡単に取り込めればよかった。

PoserデータをVueで使っている時は、その仕様には別段不満がなかったし、
そもそも異なるソフトウェア上でPoseとかを変える事など考えも付かなかった。
(Vueではもっと次元の低い「反射マップの適用など」に不満があってそっち
の方が気になっていた)


が、そろそろiPPの取り込み手順にも慣れてきたし、基本機能は使えるようになってきた気がする。
(慣れるのに1年かかってるように見えるが、それは単に私がサボッていたから(^^;)

そこで 私が普段使っているiPPの基本操作を思いつくまま書いてみたいと思う。

とりあえずの目標は、これを読めば「iPPの操作についてなんとなく”使える”気がする」所かな(笑)。

まあ内容が内容なので、Poserについて多少なりとも経験があった方が内容を理解しやすいと思われる。

でも、そんな深くやらない(やれない)が...苦笑

今回はフィギア読み込みからPoseダイヤル操作まで。


【“interPoserPRO 入門(1)”の続きを読む】

画像認証機能

このBLOGはコメントを受け付けているんだけど、ここ暫くは商用スパムばかりだった。
そのため、対策として禁止ワードがどんどん厳しくなっていたんだ
けど、やっぱり弊害がある(苦笑)。

禁止ワードで行き過ぎかな?と感じる代表的なところだと、
「娘・女・妻」のNGあたりか。。(笑)

でも、Poserで遊んでいる以上、人物画は避けて通れない訳で、そう
するとこれらの漢字をNGにするのはイマイチだと思われる。

でも、これらの漢字をNGから外すとまたスパムが増える。。

どうしようか?とジレンマに悩んでいたら、どうやら今のFC2には
「画像認証」なる機能が追加されている事に気がついた。

画像認証とは、スパムロボ撃退用のアレである。

これならスパムロボや、人の単純作業による突破はなかなか出来る
ものではないだろう。
まあ、ロボなんぞに付き合わされるのはイヤだが、これを突破して
くるのがヒューマンならちっとは付きあっても仕方がない(^^;

そんな訳で、画像認証を採用しその代わり禁止ワードをゆるくした。


トラックバックの機能は引き続きやらない方向で行くつもり。

トラックバックって、こちらから相手にLINKを貼るだけの形式から
相手のページに「この記事について書いているからこっちも見に来
てよ!」と自分の所へのLINKを貼れる「双方向性」が目的だと思う
んだけど、このBLOGの経験からすると、それはほとんど機能してい
ない。
来るのは怪しげな商用トラックバックばかりである。

ときたまここの記事に関連して「ここも読んどけ」的なトラックバック
を貼ってくれている事もあるが、まあこれは許容範囲だろう。

なんとなく人の記事に自分のサイトへのトラックバックだけ貼るの
も気がひけるし、
よほど相手と仲がいいか、自分の記事に自信があるかでないと貼れ
ないんじゃないかなぁ。
でももしかすると、トラックバックが一般化していないのでそんな
気負いをしてしまうだけなのかもしれないが。。。

iTunesStoreで無料3曲ダウンロード

3曲無料お試し券の使用期限が今日までだった(^^;

慌ててリストアップしていたものから選曲。

以下の3曲に決定。


1. 王のための第3エスタンピー
2. パッフェルベルのカノン
3. 神のみこは

30秒の視聴だけなら無料なので、一度聞いて見てもいいかもしれない(笑)

1の曲がずっと欲しかったんだけど、NHK-FMで偶然耳にしてメモした程度の覚えしかなかったので、
こんな曲だっけっか?とちと思ってしまった(^^; が、好きな曲調なのは間違いないんだけどね。

2のカノンは、既に3つくらい持っているんだけど、どれもテンポが速くて浸りきれない部分があったんだよね。なのでなるべくゆっくりとしたテンポだったこれを買ってみた。

3の曲は、学生の頃、Euphでいつも吹いていた曲。とっても懐かしくて購入(^^;

いろいろサーチしていたら他にも欲しい作品がチラホラみつかった。ここはやはりミュージックカード購入だろうか(笑)

Core2 Quadへの模索

MAXONのR11製品紹介ページの中にレンダリングスピードを自慢しているムービーがある。

これみてると「おいおいこんな早いワケないだろう?」って疑問に感じるほど早い(笑)
レンダリング時に出る線は、CPUのコア数出るのだが、処理が早すぎて何本出ているか判らない(^^;
ぱっとみて6本~8本位出ているように見える。
が、現在主流になっているのがQuadコアなのを考えると4本と見るのが現実的なところだろう。

4本、、4本かぁ、いいなぁ(^^;
ウチのはCore2Duoなので2本なんだよね。

確かウチのマザーボード(ASUS P5K)はQuadも積めるんだよね~。

kakaku.comで調べると現状で
Core 2 Quad Q9550 BOX 2.8GHz 35千円前後
Core 2 Quad Q9650 BOX 3.0GHz 60千円前後

となっている。
なんで 0.2GHzの差 でこんなに価格に違いが出るのだろうか(^^;

もし買うとすると、今使っているのがCore2Duo3.0GHzなので、
Quadも3.0GHzじゃなきゃイヤだなぁ(^^;

でも2.8GHzならぼちぼち手が届きそうな価格帯である。
この辺りの値段でもうひとつCPUを追加(コア的には2つ)出来るようなものだと考えれば
安くなったものである。

う~ん、でもやっぱりクロック2.8GHzイマイチだなぁ(^^;

そうだ!2.8GHz買ってクロックアップしちゃえばいいじゃん(^^
3GHzくらいまでなら安全マージンもバッチリでしょう♪。

うんうん、そうしようそうしよう(^^。

そうと決まったら、とりあえずCore 2 Quad Q9550 BOXが30千円切るくらいになってから
具体的に考えるとしよう(^^。

でも、今使っているマシンの性能はどのくらいなんだろう?
確かMAXONにレンダリングまわりをベンチマークするツールがあったような気がする。

それでちょいと調べてみる。


【“Core2 Quadへの模索”の続きを読む】

R11クイックスタート再び

R11のクリックスタートが改訂された。
アナウンスは先週水曜日くらいにあったのだが、

今日になってようやくダウンロードできた(^^。

アナウンス直後に落とせないのは、混んでいるからなのだろうか(^^;

違う気がするなぁ(^^;なんとなく。

SpaceNavigatorその2

昨日ネタにした、SpaceNavigatorSEだが、早速使ってみている。

ただ、「入力が便利になる」って言っても、私の今の使い方では
標準マウスとキーボードだけでも、特に不便さを感じていないので、
新たなデバイスってどうなんだろう?って気持ちでやってみた。


【“SpaceNavigatorその2”の続きを読む】

SpaceNavigator

今朝気が付いたのだが、昨日私宛に荷物が届いていた。

全然心当たりがなかったので、開封せずに返送してやろうかと思ったけど、
とりあえず開封だけはしてみようかと思いとどまった。

以前(と言っても○○年近く前)、星空シミュレーションソフト「ステラナビゲータ」なるソフトを買った事があるので
SpaceNavigatorってのも名前からして星空ソフトなのかしらん?などと思いながら開封。

.....どうやらC4Dのアップグレードのプレゼントキャンペーンらしかった。

3dmausu.jpg

3Dまうす? なんだそりゃ!?
WACOMのタブレットにも3Dマウスてな付属品が付いていたけど、これはまたそれとは全然違う
構造をしている。(WACOMタブレット付属の3Dマウスは全く使っていない(^^;)

でもなんだか面白そうなので、とりあえず使ってみる事にしよう。

iTunes Store

iPodを買ったらミュージックカードとやらをもらった。
これはどうやらiTunes Storeで無料で3曲ダウンロード出来るチケットらしい。

あまり興味がなかったのだが、まあ無料ならちょっと覘いてみようかと
Appleの策略に乗ってみる事にする。

【“iTunes Store”の続きを読む】

ビデオチュート2

引き続き SunnyBoy氏のビデオチュートリアルの実践中。
今回はこれ。「#005 簡単なExpressoを使った歯車のアニメーション


【“ビデオチュート2”の続きを読む】

R11 クイックスタートマニュアル

先日、「落とせないじゃ意味ない」ってぼやいていたんだけど、その翌日にゲトできた。

いじょう(^^;

ビデオチュート

Sunnyboy氏のビデオチュートを引き続きやっている。

「#0003 簡単なExpresso を使った観覧車のアニメーション
なんだけど、何を隠そう私はこれまでExpressoと言うものはあまり興味がなく、
もちろん手を出した事がなかったので、実のところこのチュートをみるのもそんなに
意欲的ではなかった。

が、これみたらアニメーションに興味が沸いてきた(笑)(ただの食わず嫌いだったと言うわけだ(--;)

今回のチュートリアルは、Cinema4D R9のインターフェイスでかつ英語表記
なので、実際にやってみようとした場合、若干戸惑う所があるかもしれない。
というか私は戸惑った(^^;

実際に見てもらうと判るのだが、XPressoの所での設定順序は日本語(R11)
ではこんなカンジ。

Cageの入力:座標→絶対角度→絶対角度H
限定(Clamp)の選び方:新規ノード→XPresso→計算→限定
WS000042.jpg


あと、注意が必要な事は、観覧車作る際、縦方向をY軸にしていない所だ。
本体を回転させる作業は「前面ビュー」ではなく「上面ビュー」でやっている。
しっかり画面を見ていれば直ぐに気が付く点だが、私はこれで15分くらい
は悩んだ(笑)。

さて、氏のチュートは判りやすく面白いので引き続きをみていこうかと思う(^^。

R11 日本語クイックスタートマニュアル

2日位まえから、ダウンロード開始になったみたいなんだけど、
未だにダウンロード出来ず(^^メ

落とせないんじゃアナウンスの意味ないじゃん....

オンラインアップデータ

今日C4D立ち上げたら早速、自動アップデータが動き出した。リビジョンが11.012になるらしい。

前回日本語言語ファイルをインストールしたときに、「ダウンロードファイルを削除する」ってチェックボックスが邪魔っぽく思っていたが、
自動オンラインアップデータによるアップデートの場合はファイルを勝手にダウンロードしてくるので、この場合は削除してもらった方がいい。

と言うワケでチェックし直す。

今回も含め2回アップデート画面を使ったが、これって3つのチェックボックスの一番上にある
「Automatically restart application during installation」をチェックしておかないと
上手く動かないんじゃないか?と思うんだけどどうなんだろう(^^;

かと言って外した状態でテストしてみる気力もなし。(^^;