Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

Pearl V4

今月のセールが始まるちょいと前にレンダロでPearl V4と言うキャラを買った。

この作者であるShahara 氏は結構好きで、Diva V4 とかはかなり当たりだと思っている。

フィギアとの性格の不一致で(笑)全く使っていないMiki用の Linda4も買ったし、
Sydney用じゃなければDiana4も買っていただろう。

とにかくテクスチャの相性が私にぴったりなのである(笑)

このPearlV4もプロモ画像を見る限りでは悪くないし、
そうでなくてもテクスチャを買うつもりで購入したのだった。

が、実際にレンダリングしてみると、、、
【“Pearl V4”の続きを読む】
スポンサーサイト

DAZセール継続中(^^;;

長丁場だったセールもいよいよ最終週に突入したようだ。
早朝チェックをする必要がなくなると思うとちょっと寂しいが、そのまま続くと財布が寂しくなるので
まあトントンと言った所だろうか。

今日はこれ。
WS000169.jpg
Mollie
Breast Cancer Research Russian Egg
Baking Set

これは凄い婆さんだ(^^)。

きっと辛い事が一杯あって心が歪んでしまったのだろう(と勝手にイメージ(笑))
絵になるかどうか別にして、意地悪なお年寄りな味があってステキ

RussianEggはなんだかわからんが無料だったのでカートに追加してみた。

bakingSetは別に意地悪婆さんに焼いてもらおうとかは思っていない。
これも無料だったのでカートに追加してみただけ(^^;


冒頭にも触れたがセールも大詰めになってきた。
私が狙っているアイテムは未だにセール対象になってこない。
早くセール対象にならないかな~?
ただ、(まさかとは思うが)最終日に「こうなったら全品50%offだ!」とかやらん事を願うばかりである(笑)。

DAZセール継続中(^^;

なんだかストレス解消に買っているだけな気がする。

でもこうやって書いておくと、いつ何を買ったのか分かるので自戒の意味もあっていいかも(笑)
で今日はこれ。

WS000168.jpg
Shadow Dancer Bundle for A3, V3, V4 and A4

胸元辺りが何となくキャッツアイを思い出させてくれたのが勝因(^^;

マテリアルを触れば、普段着としても利用できるかもと言う思惑もあり。

でも、何故かV3用は外せなかった(^^;

DAZセールその3

DAZの陽動作戦にまんまとひっかかり、ちょびちょびと購入を続けてしまっている訳だが、、、

今日はこれ。

Sassy #9 for A4 $7.48
Shipping Container $3.98

Shipping Containerは、先日買った「廃工場」の中にあったら楽しいんじゃないか?と思ってつい購入(^^;

Sassy #9 for A4 は絶対的に供給が足りないと思われる普段靴として購入。

が、買ってから Sassy #9 for A4 の記述に気がついた(^^;

Aiko4持ってないし(^^;

と、ガッカリしていたが、やってみたらV4で使えそうなので一安心。

と思いきや、そういやV4の普段着を持ってない事に改めて気づく。

V4に服を着せる時はV4toV3でやっているので、靴だけV4にしてしまうと服がないのだった。

まあ水着に普段靴ってのもアリだとは思うが、そう毎回使える手でもなさそう(^^;

暫くHDDコレクションとして保存と言う事か~(^^;) 無念。。。

日本語表記変換マクロ

....前回の話の続き(^^;

そこで私は、秀丸のマクロを自作して使用している。
既に4か月ほど使用しているが、不具合もなさそうなのでここに掲載してみる。

ただし、勿論このマクロを積極的にお勧めしている訳ではない
何か問題が発生しても責任とれないので、
ご自分の環境に組み込む場合はロジックを十分理解したうえで是非を判断して頂きたい

【“日本語表記変換マクロ”の続きを読む】

interPoserPRO 入門(5)

iPPでPoserデータをLOADした時、たまにこんなエラーが表示されて
うまく取り込めない事がある。

WS000109.jpg

これ、Poser日本語版の影響である。

Poser日本語版って、GUIだけ日本語化してくれればいいのに、何故か
吐き出すファイルの内部にまで日本語文字を出力する厄介な問題がある。

iPPでのLOAD時に発生する上記のエラーは、基本的にこれが原因だと思ってよい。
従って、この日本語表記を英語に直してしまえば問題は解決だ。

この問題はCR2・PZ3ファイルに発生する。

解決するには、該当ファイルを秀丸などのテキストエディタで開いて
下記の対応表に従って該当箇所を置換してしまえばよい。

移動 <==> Tran
z原点 <==> originZ
y原点 <==> originY
x原点 <==> originX
原点 <==> origin
軸回転 <==> Rotate
拡大縮小 <==> Scale

※原点だけはXYZの記述部分が前後違うため、手数が多い。

以上である。
これ位の事はテキストエディタがあればチョイチョイと置換出来てしまう簡単な修正だ。

しかし、例えこんな簡単な作業でも頻繁に(しかも手作業で)やらなければならないとなると、
それはそれで辟易としてしまうのは間違いない。

そしてそのまま手を打たずにいると、この変換が億劫で段々と連携作業を敬遠しがちになり
ついには3DCGそのものをやらなくなってしまう事になりかねない(笑)

それではいけない。

いけないのだが、、、ここで次回に続くのであった....

GeForceとPoserの相性

GeForce9800GTへの切り替え作業をやっていく中で、

Poserがまともに動かなくなる現象が出た。(ワトソン連発)

これに関して「Poser7はNVIDIAのGPUとの相性が良くない」との情報を見たことがあったので、
その対策情報を参考に試してみた所、正常に動くようになった。

埋もれる情報としては少々勿体無いので備忘録としてここに記載しておく。

【“GeForceとPoserの相性”の続きを読む】

GeForce9800GT 動作確認

さて、気を取り直して動作確認をしてみた(^^;。


【“GeForce9800GT 動作確認”の続きを読む】

電源ユニット逝く ヽ(´Д`)ノ

えぇ逝きましたとも(T-T)

生半可な電源ユニットなど一撃で吹き飛ばすGeForce9800GT恐るべし


【“電源ユニット逝く ヽ(´Д`)ノ”の続きを読む】

ハードウェア出費スパイラルは始まっていた

3か月ほど前にモニタをDual化した。

メインモニタは24inchワイドなのだが購入当時には広大に感じたその大きさも、
今ではすっかり慣れてしまいC4DやPoserはフルスクリーンじゃないと我慢できない感覚になってきていた。

ここまでなら「だからフルスクリーンでやってます」で終わる話なのだが(笑)。

Poserをやる分にはマニュアルなんてみないから問題ないのだが、C4Dはそうはいかない。

と言うのもC4DはマニュアルがPDFのみの提供だからだ。(しかもR11は現在オンラインヘルプのみ(^^;)

マニュアルを見ながらC4D画面を操作するには、
タスクを切り替えるか、C4Dの画面を小さくして並べなければならない。

或いは、NoteパソコンにPDF入れてそちらで参照する方法もある。が、
これはすでに実施済みで、視点を大幅にずらすのとマウスを持ち変えるのがとても煩わしくてならなかった。

そこで、「ビデオカード(GeForce8600GT)の出力口も2つある事だし、最近はモニタの値段も手頃だし、
PDFさえ読めればいいので安いモニタでも設置しちゃおう。」

と、言うのがモニタDual化の動機だった。

しかし、Dualモニタ化したら次のような問題が発生するようになった。
・C4Dの特定の動作(ビューの切り替え)だけが極端に遅くなる。(その度に1~2秒待たされる)
・C4DとPoserのタスク切り替え時に20秒~40秒位ハングした状態になる事がある。
・3Dビューをグリグリ動かしていると一瞬真っ暗になる事がある。


CINEBENCH R10の数値が落ちる訳でもないので、単にDualモニタ化による影響なのだと思っている。
ビデオドライバの設定をあれこれ弄ってみてもどうも改善しない。

作業中のテストレンダが数秒で終わる世界なのにこの挙動はなんぞや??

暫く我慢して使っていたが、堪忍袋の耐久性にも限界がある。

【“ハードウェア出費スパイラルは始まっていた”の続きを読む】

DAZセールその2

毎朝毎朝DAZのニュースページをチェックしているが、どうもDAZの陥穽に陥っている
気がしてならない。

昨日の特売品ベンダーはFaveral氏だった。

帆船も魅力的だったが、またまた建築物をチョイスした。
建物の周囲には生垣も必要だよねと言う訳で植物も追加。
Le Village Tree Pack Sale Price: $7.48(50% OFF)


Medieval Village Sale Price: $22.48(50% OFF)


合計 $29.96

......すでにセールで$60使っている事になる。

何故そんな心理になってしまうか考えてみる。

「その日(実際には2日間)のうちに決めないとセール品ではなくなってしまう」
「日替わりセールの特徴として、日にちを空けて少しずつ買うので購入の抵抗感が薄れ結果的に多くの金額をつぎ込みやすい」
「また、それに気が付いていてもその時の支払金額はさほど多くないので「ま、いいか」と思考停止しやすい。」

概ねこんなカンジだろう。
恐るべしDAZ商法。

販売推進部長はきっとかなりのやり手に違いない。

Photoshop CS4

12月中旬にPhotoshopCS4が発売されるらしい。

私はCS2を使っているのでバージョンアップ料26,250円(税込)だそうだ。


私の使い方だと今のバージョンでもほとんど困ってない(て言うかやり方がわからなくて
困ってる程度か(^^;)のだが、どうやらCS4では64bitOS版に対応するらしい。

てか、CS3で64Bit版に対応してなかったのね(^^;

やっぱ64bit版にするだけで処理速度とか向上したりするのだろうか。

SpaceNavigator その3

この3Dマウス、当初の印象と反してけっこう有効に使えていると思う。

近頃よく使っているのは、絵作りの為の構図設定に3Dマウスを使う方法である。
つまり最終レンダリングのカメラアングルを決める為に使っている。

3Dマウスを使うとカメラアングルとしては普段あまり使う事がない「バンク角」(Z軸の回転)
が平然と使えるので、カメラを手持ちしているようなアングルを取りやすい。

つまり、よりアグレッシブな構図が手軽にしかも感覚的に操作出来てしまう訳だ。
これは非常に良い。(^-^)

この使い方を知ってしまうと、その為に3Dマウスを買ってもいいかな~って気にさえなる(^^)

当初はモデリング時のカメラワークに3Dマウスを使うのがウリだと思っていたが、
こっちの使い方が王道なんじゃなかろうか?Google Earthとかで好評(?)のようだし。。。


折角なので、今の私の構図決定手順を大まかに書いてみる。

1.出力サイズ(縦横比)の決定。
構図が決まった後から出力サイズを変えると折角決まった構図が変わってしまう事があるので、
なるべく早い段階で出力サイズを決めてしまう。

2.カメラオブジェクトを読み込み、そのカメラビューを3Dマウスで操作する。
3Dマウスダイアログの動作設定はXYZ・HPBすべてONの状態で

3.画角を変更しながら構図を決めていく。
 画角のデフォルトは36mm位なので適宜に変更する。

4.項番1~3を上手く組み合わせてベストな構図が決まったら、ロックタグでカメラを固定してしまう。
もちろんこれは作業中に間違って動かしてしまわないようにするためだ。

5.カメラの名称は「カメラ1」じゃワケ判んないので「勝負用カメラ」と書き換える(笑)


こんなカンジかな。


DAZセール

昨日買ったアイテムをまだ使ってもいないのに、懸念していた年末DAZセールが始まったらしい(^^;

今回のセールはちと変則的で、毎日50%引きするアイテムが変わるそうだ。
それが11月一杯続くらしい。

だから毎日チェックしろよおまいら!と宣伝されていた(^^;
(ただし、直近60日以内に発売されたものは対象外とか。。。)


今日(11/5)のセール品はなんとあのStonemason氏だ。

わたし的にはこれを見逃す手はない。


【“DAZセール”の続きを読む】

レンダロセール

レンダロ商店から「$50以上買ったら20%OFFするよクーポン」が送られてきた。


たまに送られてくるが、何時もなら$35以上で10%OFFだったハズだ。
値段が$50と高額だが、20%OFFはちとデカい(^^


早速、調達を試みる。


【“レンダロセール”の続きを読む】