FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

13章突入 (龍が如く1st PlayStation2)

遥ちゃんとの食い倒れツアーを再開するものの、
なんだか遥ちゃんの食が細くなってイマイチ盛り上がらない(笑)
ギャンブルとかはすべてスルーしているせいか、信頼度Aで終わりそうな予感(^^;

物語はいよいよ大詰めの雰囲気。
話の核心に触れる出来事が頻発するのはいいんだけど、
なんだか主要脇役(と思われる人)達がバタバタと死んで行くのが寂しい(^^;
この時点では続編について、あまり考えられていなかったのだろうか(^^;

戦闘については、カウンターやスウェイ・受け身などが意図的に出せるようになってきたので大分ラクになった。
ファントム回避を得意とする真島親分とかは流石に手こずったが、
対嶋野親分戦は自分のペースで倒す事が出来た。

ここまでで一番驚いた事は、遥ちゃんが道で転んだ事(爆)
「はやいよ~(>_<)」と言いながら懸命に付いてくる来る姿にすっかり慣れてしまって、
後半はあまりペースを落とす事はしなかったんだけど、
コインロッカー前の歩道の段差につまづいてころんでしまった(^^;。

「あわわわわわ(^^;。ごっごめん。。(^^;」

憮然と立ち上がり服に付いた汚れをパンパンと払う姿に思わず駆け寄ってしまう(^^;

まさかこんな事が起ろうとは(^^;....これから街中を走る時は段差には気をつけよう(^^
(ってもう終わりかな?(^^;)
スポンサーサイト



第9章クリア (龍が如く1st PlayStation2)

激戦だ(^^;
マフィアを敵によくもまあここまで生き延びてこれたものだ(^^;

って思ってたら銃撃戦でやられた(^^;

て言うか銃撃戦ムチャクチャ大雑把なんだけど(^^;

視点移動や、照準合わせがなんともやりにくい。
大昔のクソゲーを彷彿とさせる印象だ(苦笑)

ある意味罰ゲームだなこれは.....(^^;

第9章 (龍が如く1st PlayStation2)

物語は恐らく終盤に突入していると思われる。

遥ちゃんとの食い倒れツアーも一旦終了してしまったので、
なんとなく街を徘徊する魅力が半減してしまった(笑)

なので8章からは少し攻略ペースが速くなった(笑)。

ようやく防具の装備方法も判ったし(笑)
武器の威力も実感できるようになってきた感じだ。(^^;

ひとつ、ムービーにエグいシーンがあってかなり萎えた。
大陸系のマフィアに捕まった時のシーンは思わずムービーを飛ばしたくなったし(^^;
この作品に限らず、大陸系マフィアのやり口は見てられないシーンが多いが、
それが彼らの普通のやり方なのだろうか......

第7章まで来た (龍が如く 1st PlayStation2)

神室町徘徊は、7章に突入した。
【“第7章まで来た (龍が如く 1st PlayStation2)”の続きを読む】

キャラの好み(アイマス@XBOX360)

とりあえず、11人全員のプロデュースは終わった。

途中からソロ止めてデュオとかトリオでプロデュースしたので、
メインキャラとしては次のメンバーのエンディングは見れていない。

「高槻やよい」
「三浦あずさ」
「秋月律子」
「萩原雪歩」

現在、次のプロデュースを開始すべく高槻やよいメインでトリオ結成した段階だが、
とりあえずひと段落した感がある。

ここらで何となく気になったキャラの話でも(^^;
【“キャラの好み(アイマス@XBOX360)”の続きを読む】

久しぶりに

C4D起動したら、大型アップデータのダウンロードが始まった(^^;

R11.026になるようだ。


でも、67Mってどうよ?(^^;

あ~、、、あと、15分かかるとか言っているし、、、今日はアップデートして終了だな(^^;

龍が如く1st (PlayStation2)

神室(かむろ)町に行ってみた。

IMG_5364.jpg


龍が如く3がとても評判がいいので気になっているのだが、
ヤクザモノってのがなんとなくイヤだし、
街中でケンカって言う反社会的な行為がウリってのもどうかと思っていた二の足を踏んでいた作品だ。

店頭デモ見てても、暴力的なシーンばかりで見てて気が滅入りがち(^^;

が、amazon.comレビューを読んでいると
主人公はヤクザだが、決して一般市民を苦しめるようなストーリではない
ってのと「舞台が現代ってだけで三国無双みたいなもの」ってのが書いてあり
何故かこれに説得力を感じた(^^;

それに某覆面キャットさんもお勧めしているし、

まずは1作目をやって、それから続けるかどうか決めよう。


って事で、いつもの中古屋へ(^^

3が出たばかりって事で龍が如くのコーナが出来ていた。
その中に1stが2本だけあった。。。が、状態が非常に悪い。

1つはケースが欠けてディスクにもキズがある状態で1200円
もう1つは説明書が欠落した状態で1600円

なんか納得出来ないな~(^^;

これなら新品買った方がいいな、、、って事で近くの電気屋へ、、。
でも結構古いゲームだし、そんな都合良くあるかな~。


まあ無かったら通販で買うとしよう。


って思ってたらあった。(^^;
この電気屋、ゲームコーナはそんな広くないしアイテムも少ないのだが、
アイマスの時と言い百発百中の在庫率(笑)

値段は、新品で1650円。。。もはや検討の必要はない。

というわけでプレイ開始。
【“龍が如く1st (PlayStation2)”の続きを読む】

Primal Image Vol.1 (PlayStation2)

最近どうもバーチャルアイドルに縁があるようで、
今日中古屋でこんなソフトを買ってきた(^^;

Primal Image Vol.1

わお♪ユキぴょんだ♪♪。
IMG_5360.jpg

価格は380円(^^;
メディアやパッケージの状態も悪くないし、これは買ってもいいんじゃないか?
と思いそそくさと購入。

Poserでリリースされてから、かなりイジメられている彼女だが(笑)
寺井有紀の名前は当時の私でも知っていた(^^

実はかなり好きだった(爆)(Shade持ってなかったけど(^^;)
余談だが、当時その勢いでShade買わなかった理由は、
制限がきつくて遊べないと言う仲間内からの情報があったから(^^;


CMにも出てたし、キャラクターとして1つのゲームソフトになったのだから
さすが元アイドルランクA(当社調べ)と言うべきだろう※今のアイドルランクは不明(^^;

そんなユキぴょんは、現在私のPoser内でも出番を待っている。
彼女の全盛期のアイテムが手元にあれば、
きっとユキぴょんに対する愛着と敬意も倍増するに違いないのである。(^^

本当は別のソフト探してたんだけど(^^;;;

裏面見ると「中古販売禁止」とか書いてあって、
「そういやソフトの中古販売について騒動もあったな~」なんて時代を感じてしまう。(^^;

で、やってみたんだけど。。。。
【“Primal Image Vol.1 (PlayStation2)”の続きを読む】

解散コンサート(アイマス@XBOX360)

プロデュース1年が経過すると受け入れざるを得ない「解散コンサート

解散コンサートを行うにあたり、特に重要なのが会場選びだ。
これはアイドルランク(A~F)に応じた2つ会場が候補として挙げられ、
その中から1つを選択する事になる。

2つの会場の違いは主にファン収容人数であり、
収容人数が多い会場の方が成功率が低く設定されている。

ちなみにアイドルランクB以上の場合は、
武道館(収容人数5万人)」か「ドーム(収容人数10万人)」の2つが選択肢となる。

そして各会場の成功率はアイドル達のその時点のステータスによって変化する。
ステータスはIL(イメージレベル)ってパラメタで表されていて1~16まである。

私がプロデュースすると最終的には大体IL11~14くらいで落ち着くわけだが、、、、


※この先、多少のパラメタ説明がありネタバレにつながる危険があるのでそのつもりで。
【“解散コンサート(アイマス@XBOX360)”の続きを読む】

朝の挨拶(アイマス)

アイマスではゲーム中に毎朝必ず挨拶をするイベントがある。
3択から選択した挨拶に対し、アイドルがどう反応するかでその日のテンションが上がったり下がったりする。
(もちろんテンションが変化しない事もある)

この挨拶イベントの選択肢には特定の正解はなく、毎回ランダムで反応が変わるようだ。

ただし、ランダムと言いながら必ずどこかに正解が隠れている訳ではなく、
アイドルの信頼度が低い(?)と「正解がない」事もあり得るようだ(苦笑)。
(これは同じ朝を9回リセットしていろんな選択肢を繰り返し検証してみた(^^;)

勝手に推測しているのだが、
実は、選択肢A・選択肢B・選択肢Cとそれぞれ正解率ってのがあって
どれかを選択するとその時点で当たりハズレを乱数計算しているのではないか?ってところで納得している(^^;。
正解率=((アイドル毎に設定された選択肢に対する基礎値)+ アイドルのプロデューサに対する信頼度) × 乱数((^^;
後半になるとハズレを引きにくくなるのはこの辺が影響しているのでは?(^^;

もちろん本当の所は知らない(^^;


なので結局、おみくじみたいな感覚でテキトーに押すのが正解(笑)


とかいってこんだけ書いてなんだが、
それはどうでもよくて(爆)(正解不正解の確率については特に気にしていない(^^;)

実は、とある2つの選択肢に対するアイドル達のリアクションがどうも腑に落ちないのだ。


設問
アイドルに朝の挨拶をしたらハズレだったらしく次の反応が返ってきたが、
選んだ選択肢は「選択肢1」「選択肢2」のどちらか?

ハズレだったときのアイドルの反応
・事務所で大きな声を出さない方が...(千早)
・朝からあり得ないくらい元気だよね、、、ちょっとウルサイってカンジ(美希)

回答群
選択肢1:「おっはよっ 美希っ」or 「おっはよっ 千早っ」
選択肢2:「おはよー!美希ー!」or 「おはよー!千早ー!」


答えは「選択肢1」.....

なんでだ??

選択肢1は気さくに明るく言っているのに対して、選択肢2は大声で言っているように感じる(と思う)

営業イベントの際は「!」マークで表わされている文章は大声を出しているって表現なので、
朝の挨拶でも同様に捉えるのが自然だと思われる。

要するにこれってロジックが逆なんじゃないか?って思うんだけどどうなんだろう(^^;

今回例に出した2人のアイドルに限らず、
全体的に「選択肢1」と「選択肢2」の反応を全部入れ替えると、納得できるようなものが非常に多い。


きっとEVALUATE文を間違えてしまったのだろう(ってそりゃCOBOLだし(^^;)

アイマス日記(^^;

いつもならとりあえず、poserとかC4Dを起動したりするんだけど
現在では、アイマス起動してしまっている(^^;

プロデュースはとりあえず順調で、

双海亜美真美でAランククリアが完了した。
でも解散コンサートはドームが勝率45%だったので、
武道館勝率55%で妥協(^^;

ドームクリアを目指すならやっぱILは13以上必要ってことか.....(^^;

そのあと、水瀬伊織と三浦あずさのデュオのプロデュースにも
チャレンジ(^^

水瀬伊織、、イイ♪(笑)
「にひひっ」と言う笑い方がもうツボにはまってしまい
とにかく楽しくプロデュース出来た(笑)
バレンタインにチョコもらえたし(^^;

ただ、ほったらかしていた三浦あずさの信頼度が”Z”とかに
なっていたのが残念(^^;でもデュオというシステムで平行して
信頼度を勝ち取る事ができるのだろうか(^^;

で、今は如月千早・高槻やよい・秋月律子(だったかな?(^^;)
のトリオをプロデュース中。

これをクリアすれば、プロデュース途中の雪歩を除いて全員
プロデュースした事になる(^^。

XBOX360では、そうやってやりこんでいくと「実績解除」と言うトロフィー
をもらえるので、とりあえずの目標が出来てよい。(^^

恋のマイアヒ

以前ここで話題にしたCDの元ネタ探し。
ウマウマ ~ ゴマエ


CDに収録してある、恋のマイアヒってかなり良いできなので、
どういう作品映像なんだろうって思ってたんだけど、

想像以上の破壊力だった(笑)

【“恋のマイアヒ”の続きを読む】