FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

14万8千円 (龍が如く3 PlayStation3)

第4章続行中。
キャバつく1人目の最中なのだが、現在No2ホステスの位置にいる。
そしてNo1ホステスの条件である売上15万円まで後2千円の位置まで来た。
が、ここ暫くその状態が続いている(^^;。

決めては何かが不明(^^;
とりあえず回数を重ねると、アクセサリーとか衣装が追加されていくようなので、
暫くは新作衣装の入荷待ちと言う事か....
スポンサーサイト

第4章 (龍が如く3 PlayStation3)

これまでのところ、ほんわかした雰囲気で進んでる。
沖縄の空気がリアルに伝わってくるようで、
また実際に沖縄に遊びに行きたくなってきた(^^;

各処にちりばめられたミニゲーム達も徐々に体験し始めている。
が、面白いかどうかは好みが分かれるような気もする。
やはり、それだけで一本のゲームとして発売されているような題材のミニゲームは、
評価が厳しくなる要素が満載だ(笑)

【“第4章 (龍が如く3 PlayStation3)”の続きを読む】

過去のFreeStuff

以前配布していたデータはこの2つ

ひとつは「手裏剣」
手裏剣
2003年8月頃の作品だ(^^;
※画像をクリックするとPoser用ZIPファイルをダウンロード可能

何故「手裏剣」なのか?については
当時メタセコイアを使った私の技術で作れそうなモノのはこれくらいだったから(^^;

これでも作成に1~2日間と、結構な時間を割いた記憶がある(^^;。

次にリリースしたのはコレ。
このBLOGでも完成体をネタにした事のある楽器だ。
Euphonium
2006年1月頃の作品になる。
※画像をクリックするとPoser用ZIPファイルをダウンロード可能。

これはCINEMA4DのHyperNURBSの機能の一部だけで作ったものだ(^^
パッと見で1作目と2作目にかなりの作り込みの違いがある事が判るが、
これは単にCINEMA4Dのモデリングツールが私の肌に合ったと言う事だと思う。

私には、1つのポリゴンプリミティブから彫刻のように作り上げていく方法よりも、
スプライン(ベジェ)から詳細に落としていく方が感覚的でやり易い。
何が一番やり易いと感じるか?は、ポリゴン化する前であれば何度でも簡単に修正可能な事だ。(^^
※CINEMA4Dのスプライン機能はSHADEなどのスプラインモデリングとは全然違うらしい(^^;

ただ、ポリゴン化してからはメタセコの方が親切なような気がしないでもない(^^;
特にポイント移動などの編集時にそれを感じる(^^;


まあソフトはあくまでも道具なので使いやすい部分を活用していけばイイのは言うまでもない(^^;

過去の作品

SkyDriveのPhotoアルバムを使って、
過去の作品を掲載しようかと物色したんだけど

自分で描いたのにもかかわらず相当サムい作品が多い(自爆)
全部で100枚以上あったのだが、今見て許せそうな画像は10枚あるかないか(^^;
それでもかなりムリして25枚ほど選んでみた(^^;

とりあえずここに展示したので、
私の恥ずかしい過去作品を垣間見たい人は見てやってください。(^^;

YugaCGギャラリー (2002年11月~2005年5月)
それにしても2005年以降まともな画像作ってなかったと言う衝撃の事実に気がついてしまった。(^^;

ま、粗悪画像を作り捨て出来るのもPoserの魅力(^^
この調子でいきましょう(爆)

ネットワークストレージ

FC2BLOGを使っていて不便だなぁと感じる事がある。
それはアップロードファイルに拡張子制限がある事だ。

ZIPやLZHなどはアップロードする事が出来ない

そのため、たとえばPoser用のフリーデータをリリースしたい場合は、
FC2以外のサービスを利用する必要がある。

自分のWebサイトを持っている人はそこで公開すればいいのだが、
そうでない人がフリーデータをアップロードしたい場合は
レンダロのFreeStuffにアップロードするか、
或いはShareCGに登録する方法がある。

ただ、レンダロは色々とウルサイようであまり積極的に関わりたくないし(苦笑)
ShareCGはサムネイルがbmp形式なのが頂けない(^^;

と言うよりも、大した出来でもないしこのBLOG内からリンクを貼って
細々と配布したいと言う希望が強いと思う(^^;

以前はYahoo!のブリーフケースが便利だった。
しかし、残念ながら現在は有料化されている。


そんな理由で、無料で使い勝手のよいものを漠然と探していたのだが
【“ネットワークストレージ”の続きを読む】

第1章 (龍が如く3 PlayStation3)

早速、3の世界に突入。
以下ファーストインプレッション。
【“第1章 (龍が如く3 PlayStation3)”の続きを読む】

終了(龍が如く2 PlayStation2)

終わった。
プレイ時間:28時間2分
戦死扱い1回


この戦死扱いだが、、、

(以下ネタバレ有)
【“終了(龍が如く2 PlayStation2)”の続きを読む】

第11章~12章始め(龍が如く2 PlayStation2)

話は徐々に核心部分にせまりつつあるようだが、
第11章はストーリやシステム上に無理があるんじゃないか?と思える内容だった。

(以下、プレイした事がない人は訳がわからないと思うけど、要するに多少ネタバレあり)
【“第11章~12章始め(龍が如く2 PlayStation2)”の続きを読む】

魔球(龍が如く2 PlayStation2)

サブイベントの中で、バッティングセンターにて
大リーガー投手と勝負して10球以上ホームランを打つ
ってのがあるんだけど、あんな魔球打てるかっ!と爆笑した(笑)

いや、最初こそ爆笑したんだけど、しばらくやっていると
なんだかバカにされている気分になって実に面白くない(^^;
出来る限りサブイベントはクリアしていきたかったけど、止めた(^^;

あと、とある誰もいない極悪人の事務所に我が物顔で入って行って
金庫の中から500万円手に入れるってビックリするようなイベントもあった(^^;
500万円手に入れた」ってそりゃ泥棒だよ(^^;
いや勿論自分で操作して事務所に入っていったんだけどさ....。
もっと重要なアイテムが手に入ると思ったのに(^^;

さ、これから某刑事と会うんだけど、なんか後ろめたいな~(^^;

第10章 (龍が如く2 PlayStation2)

そろそろ終盤かと思いきや、謎はまだ深まるばかり(^^;
1作目の時は10章くらいで終盤の匂いがしてきたのだが、
まだ先が長いと言うことだろうか。(^^;

神室町俳諧はやっぱり絡まれにくくなっていて、小遣い稼ぎが出来ない(笑)
敵(ボスキャラ)が強くなってきているので、
武器の購入は欠かせないのに困ったものである。
まあサブイベントをこなせばいいようだが(^^;

キャバクラ経営はようやく終了。
自腹切った40万円の成果があったか?については、
苦労したのに全くなかったような気がする(笑)
オーナー引退についての退職金すらもらえなかった(^^;
何だったんだ一体?(^^;

それにしても弱いぞ我等が東条会(^^;
対抗勢力に対して常に防戦一方だし、すでに壊走状態にみえる。
もうダメなんじゃないだろうか(^^;

四代目(プレイヤー)がこんな風来坊なばっかりにこの体たらく(^^;
人に押し付けてばっかりいないでお前がやれよ~」と桐生に向けて叫ぶ今日この頃だった(笑)
ま、確かに桐生本人にとってはラクなポジションなんだろうけどね(^^;

せめて三代目世良会長が生きてさえいればなあ(苦笑)(^^;

FC2広告

今朝自分のBLOGみたらいきなり妙な広告リンクが入っていて
「ハッキングされたのか?」とかドキっとしたけど、
どうやらFC2の仕様らしい。

鬱陶しいので消す方法があるのかと調べようかとも思ったが、
ふと思いとどまった。

FC2はもともと無料サービスなのだが、
何かしら運営側にメリットがなければサービスとしては成り立たない。

どうやって運営資金を調達しているんだろう?って思っていたが、
ともかくこの不況下で、これまでの仕掛けが上手く回らなくなってきたって事だろう。(^^;

ニコニコなどは快適に見るためには会費が必要な訳だが、
FC2もいずれはそうなるのかもしれない。
(FC2の場合は「快適に見せる」ためには、、って事になるのか!?)

まあ控え目な広告リンクを付けるだけで、
これからも無料で使わせてくれるのであれば、
多少の鬱陶しさも仕方がない事だろう(笑)

これからは、たまにはスポンサーサイトをクリックして、
FC2の維持運営を応援してあげようかと思ってみたりみなかったり(^^;。

マリエッタ (龍が如く2 PlayStation2)

現在、まだ5章の途中(^^;

ふとしたきっかけで引き受ける事になったキャバクラのオーナー。
なんだかんだと成長を続け、2回の店舗拡張を経てホステスも10人位になった。

ただ、女の子のやる気を引き出すための差し入れ代もバカにならず、ちょっと懐具合が心配(笑)。
ぼちぼち40万円以上この店舗の為に自腹を切っているような気がしてきた(^^;
オーナーなのに店の利益は給料としてもらえないし、一体どうなってるんじゃ(^^;

あと、自称(笑)ひまわりの園長を名乗る人物が道端に建っていて運営資金の寄付を迫ってきた。
ひまわりと言えば、自分の出身であり今は遥ちゃんを預かってもらっている施設である。
当然援助はしたいところなのだが、、

でもこの人物がひまわりの園長であると言うエピソードは今まで出てきてないし、
「本当にひまわりの園長なのか??」との猜疑心は払拭できない。(苦笑)

でも「虎穴に入らなければイベントが進まない」このゲームの性質としては
率先して騙されてやる必要がある(^^

って事で寄付を開始。
1回目の寄付が完了した時点で、
この一連のイベントの信頼性を裏付けるようなメールが遥ちゃんから届いたし、
とりあえず本物の園長と言う事か(^^;

寄付は何度か要求され、今は25万円必要って言われている。

......キャバクラの運転資金とこの寄付を並行でやるのはちょっと厳しいなぁ(^^;

ホストクラブではちゃんと日当とかくれたのに、ホストクラブのバイトは終わってしまったので、
今のところの収入源は他のイベントを攻略するか、ギャンブルで勝つか、あるいはケンカか?
てな感じだ。(もしくは手持ちのアイテムを質屋に入れてもいいかな(笑))

ただ、5章に入ってからは、チンピラから一目置かれたせいか、
「おつかれさまです!」とか挨拶されて絡んで来てくれなくなった(^^;
ギャンブルとかは面倒なのでやりたくないので、戦闘をしたいのだが

何か方法があるのかな?
もしかしたら街で絡まれやすくなるアイテムとかあるんだろうか。
ちょっと調べてみよう。。

カズマです.... (龍が如く2 PlayStation2)

現在、5章の途中(て言うかここ暫く5章でサブイベントこなしまくっている(^^)

どうやらラオウみたいなオニーチャンと闘う事になりそうで、
これまた大変そうな雰囲気。(^^;

街の俳諧のパートナーは、遥ちゃんに代わってスーツ姿の女性になってしまったが
これはこれでなかなかイイ♪(^^
遥ちゃんは走り出すと割とすぐに「置いてかないでよ~」って言っていたが
今回の女性は流石に大人だからか、しばらく付いて来てからゼイゼイ言い出して、
それから「速いわよっ!」ってキレ出すのでそこもなかなか演出が凝っていて◎

とあるムービーシーンで、彼女を抱きかかえながら、
廃墟になったセレナに入った時はなんだか危険な香りがしたが、
その後の展開を見ると、なんだか彼女の方が肝が据わっていると言うか一枚上手な気がした(笑)
流石に職業柄って事か(^^;

あと、1で全く敬遠していたキャバクラは、サブストーリをこなしていたら、
何時の間にやら攻略する事になってしまった。まあイベントしてやるなら仕方がないな(^^;

あと何故かホストクラブでも働く事になって、しばらくの間 3択の恐怖に苛まれた(笑)
まあこれは途中で面倒になって、攻略ページを参照したが(^^;

それにしても、ホストとキャバクラは立場は違うけど、
基本的に男が女を攻略するスタンスは変わらないんだよね(^^;
やってて「まるで同じじゃん」って気がしてならなかった(笑)
そうやって考えてみれば、女の方から攻略してきたのは今のところ伝説のマイちゃんだけだな(笑)(^^;

なので、どうせ同じ事やるのならホストクラブで稼いだ方がいいと思う今日この頃(^^;
(※あくまでもゲーム中の話(笑))

その他、おかしな趣味の組長に変なこと強要されるし(笑)
ニセモノは出現するし、多彩な人間模様が楽しい(^^)

そんなわけで、物語そっちのけでサブストーリで遊んでいたけど
そろそろ神室町ヒルズでひと暴れしてこようかね(^^

第1章 (龍が如く2 PlayStation2)

続編を購入した。

新品で1,700円
中古と変わらなかったため、これまた新品でお買い上げ。

今度は大阪の道頓堀辺りも活動範囲になるようで、
なんだか大変そうな気配(笑)

早速、触りだけやってみたんだけど、、
絵は少し綺麗になっているようだ。

そしてバトルは劇的にやり易くなっている(^^
動きが別物のようにキビキビしていて、
サクサクと叩きのめす事が出来る。(^^

他にも1stの問題点をことごとく改善した感じでとても良い。

逆に言えば、これやった後にもう一回1stやり直す気にはならないかも。。とは思う。(^^;

物語のほうは、、、あれほど強大な組織だった「東条会」がボロボロになっていて、
1st物語の最後の方で描かれていた主人公桐生の(ある意味)無責任な態度が
ここまで影響しているのかと愕然とした(^^;

さてさて、どう展開していくのだろうか(^^

終了 (龍が如く1st PlayStation2)

終わった。。。

プレイ時間は20時間30分
戦死扱い3回(^^;
遥ちゃんの信頼度A(^^;(ちなみに信頼度は”S”・”SS”・”SSS”まであるらしい)

【“終了 (龍が如く1st PlayStation2)”の続きを読む】