FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

HD-HTGL/R5 Windows7 対応化作業

前々回棚上げしていた、BUFFALOのNAS「HD-HTGL/R5」にアクセス出来ない件だが、
落ち着いてBUFFALOのサイトめぐりをしてみた。

すると、該当のNASはバッチリWINDOWS7に対応しているとの記述を見つけた。
http://buffalo.jp/taiou/os/win7_64/03/win7_64_03.html#1

ただし「NAS Navigator 2」および「セキュリティレベル変更ツール」は最新版を使え、と。

この2つのツールがどんな役割かが全然解らないので、
更に探索を続行(^^;

するとこんなページにたどり着いた。
http://buffalo.jp/download/manual/t/troubleshoot.html

この「TeraStationトラブルシュート集 5版」に解決の糸口があるに違いない。

すると、78ページにVISTAを使用している際の問題点が記述してあった。
それによると、「ファイル共有セキュリティレベル変更ツール」なるものを
インストールすればOKとのこと。

題名からするとかなり怪しげなツールだけど、
詰まる所、この「ファイル共有セキュリティレベル変更ツール」の最新版を使えば
Windows7からのアクセスも可能ということだろう。(^^;
※NAS Navigator2ってのはとりあえず必要なさそうなのでパス。


次の場所からダウンロードする。
http://buffalo.jp/download/driver/hd/lmclchg.html
V1.10以上であればWindows7に対応しているらしい。

さて、実際に充ててみたところ、、

お~♪繋がるようになった(^^
ただ、接続時に若干考え込むような.....(^^;

まあどう考えてもこの方法はウラワザ的なパッチ感が拭えない(^^;
今後はCoregaNASをメインと考えて、BUFFALOのNASをそのバックアップ用として
活用した方がよさそうかな、と(^^;
スポンサーサイト

Windows7使用感

起動はかなり早い。
が、SSD使っているのでOS自体がどのくらい早くなっているかは不明(^^;

CINEMA4Dは5秒くらい、
Poserは15秒以内で起動が完了しているような雰囲気なので、
こちらはSSD様さまって事だろう(^^;

ただ、インストール直後ってのはどのOSでも早く感じたハズなので、
手放しで喜ぶべき内容ではないとは思う(^^;

とりあえずはSSD導入の改善として認識しておく事にしよう(^^;

SSDと言えばこんな記事を見つけた。
http://blogs.msdn.com/e7jp/archive/2009/05/24/9639779.aspx

OSの機能としてSSDの特性を考慮してもらえているってのはかなり有効な気がする。
「SSDのパフォーマンスを発揮するためにWindows7にした」っていう当初の思惑が
功を奏したということだろう(^^)♪


ただ、各メニューについては非常に使いにくい(^^;
「誰でも使える」分かりやすいカテゴリ分けと言うのは、
XPユーザは除かれているに違いない(^^;

ウワサ通りメニューの「クラシック表示」がなくなっている(^^;。

お陰で従来の感覚で操作することが難しくなってしまった(^^;
これはいずれ慣れるのだろうが、場所をいちいち探さないといけないのが
とても不便だ(^^;

コントロールパネルから「管理ツール」を見つけるまでに結構手間取った(笑)

とりあえずそんなところかな(^^;
まあまだ、ほとんどいじってないのでなんとも言えないのが正直なところ(^^;


Windows7はマルチコアにも最適化しているとの事で、その辺もどうなのかな?
というのも気になるところ(^^

Windows7環境構築開始

ソフマップ.comで予約したwin7だが、滞りなく発売日当日に到着した。
早速、インストールを開始。

インストール説明書を読んでいると、どうやらアップグレード版は
あらかじめインストール先HDDに旧OS(XP)がなければならないらしい(^^;

面倒な仕組みだ(^^;

幸い、インストールするSSDには作業途中のXP64が入っていたので
今回はさほど問題にならなかったが。

どうせXPからではクリーンインストールしか選べないんだからそんな事チェックしないでよ!とか思う。

さて、Win7のCDより起動し、SSDのパーティーションを切りなおしてインストール開始(^^
この時点でXPは完全に消える(笑)
もしかしたらXPが入っていないHDDとかだと
このパーティーション操作画面の前でアラートが出てインストール中断って事なのだろうか?


OSのインストール作業は何も問題なく完了。
アップグレード版にも関わらず、旧プロダクトIDを聞いてこないところをみると、
やはり予めHDDに旧OSが入っていなければならないってことだろう(^^;


まず、インストール直後の状態でDualモニタに対応していた(^^。
まあ専用のドライバで更新する必要があるのだろうが、とりあえずラクチンに感じた点だ。

あと、付箋ソフトが標準で付いている(^^
これはちょっと得した気分になった(笑)

インターネットへの接続も問題なく完了。
早速のWindowsUpdateも順調に完了。(^^)


見た目と全体の構成はVISTAと同じなのでXPから移行した人は操作性の違和感にかなり面食らう。


さて、肝心のCINEMA4DとPoser7のインストール作業に移ろう。

これらのソフトがインストール出来ないようでは本末転倒だ(^^
まずはCinema4Dのインストール。

VISTAからお馴染みの管理者モードでインストール開始(^^
途中ファイアウォールのチェックを経たが特に問題なく完了した(^^

とりあえず起動してみる。
お♪XP64の時に問題になっていた
「4分割プレビュー画面時に各画面の描写が著しく悪くなる」
という問題が解決した。これはラッキー(^^

テキトーに動かしてみたが今のところ問題はなさそうだった(^^


つぎ、Poser7。
Windows7にPoser7で、同じ7繋がりだから大丈夫でしょう(笑)

と思ったら、インストーラで表示されるテキスト文字が化け化け(^^;
ボタンとかは問題ないのになんで?

だめじゃんこれじゃ、、、と思いながら読めない「利用許諾」をデフォルト承認しながら
インストールを強行した。

とりあえず完了した。が、Win7に「インストール失敗したみたいだけどもう一回挑戦する?」と聞かれる始末。
失敗したって分かるんだったら次は大丈夫なんだろうな?と言いながらリトライ(^^;

結果は同じ。
これじゃ無限ループだねと思えたので、インストールは終了することにした。

あまり期待せずにPoser7を起動。
すると、、、あれ?問題なく動くぞよ?(^^;
とりあえずサイモン氏が画面に登場した。

メニューもボタンもちゃんと日本語で表示されている(^^

とりあえず動いているので、先にPoserのパッチをあててしまおう(^^。

パッチファイルはNASにしまってあるので、そこから取り出せばOK。

.....あれ? NASにアクセスできない(^^;
NASは認識しているようだが、IDまたはパスワードが違うって言われて入ることができない(^^;

いろいろ試行錯誤するが全く駄目。
インターネットで「Windows7 NAS 」とかで調べても有効な情報はまだない(^^;

困ったな。Windows7駄目じゃん(^^;

念の為、最近買ったもう一台のNASにも接続してみた。
......繋がる(^^;

Windows7が悪いんじゃなくてNASの方がダメなのか(^^;
まあ古いNASなのでファームウェアーのアップデートとかが必要なのかもしれない。

と思って昨日は終了した(^^;


で、今朝ふと思いついた。

Windows7の問題じゃなくて実はVistaからの問題かもしれない(^^;
そう思って改めてネットを検索。

すると出てきた出てきた(^^)。
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0708/24/news024.html
http://www.usefullcode.net/2006/12/windows_vistanas.html

繋がらないNASはBUFFALOの”HD-HTGL/R5シリーズ”。
かなり前の製品なのできっとこれだろう(^^;

とりあえず2番目の記事にあるセキュリティポリシーの設定の方をやってみた。

リンク先が消えてしまうとナンなんで簡単な手順を書いておく(^^

コントロールパネル

管理ツール

ローカルセキュリティポリシー

ネットワークセキュリティ:LAN Manager認証レベル

「LMとNTLM応答を送信する」にする

ただし、Windows7の迷惑カテゴリ分けのおかげで、
なかなか目的の場所にたどり着けない(^^;

ようやく見つけることに成功し設定完了。

さあどうだ~?

ダメ(^^;

何か手があるんだろうけど、とりあえず棚上げすることに.....

旧環境(XP64)に戻してアクセスできないNASの中にある
必要なファイルをcoregaのNASへ移動することにした(^^;


そんな雰囲気でWindows7の設定は完了した。
使用感は次の機会にでも(^^

Windows7のウィルス対策

新OSにすると出費が考えられるのがウィルス対策。

ソースネクストのインターネットセキュリティの2011年ライセンスを持っているが、
実はこれはXP64Bitには対応していない(苦笑)
よってメインパソコンであるXP64では使っていない状況だ(^^;

そこでウチではavast!antivirusという無料ソフトを使っている。



Windows7も64Bitで使用するつもりだし、インターネットセキュリティは買い直しが必要っぽいし
どうしようかな?と思っていた。
マイクロソフト自体でウィルス対策ソフトを配布していることが分かった。


XP64にも対応しているようなので、従来環境もこっちに乗り換えてしまってもいいかもしれない(^^。

Windows7

なんだか妙な流れに乗ってしまい、気がつけば予約していた(^^;。

その妙な流れとはこうである。

Cinema4DR11.5へのアップグレード

最近XP64が重いので再インストールしようかな?

これをきっかけに、起動DISKをSSDにしよう

Intel SSDを購入


インストールしたけど巷で言うSSDの爆速感はないなぁ

そういやWindows7がもうすぐ発売だっけ?

最新OSはSSDに最適化しているようだ

VISTAでコケたので次期VerはよいOSに違いない(無根拠)

ソフマップ.comには12,000ポイントほど残っているのでこれでWindows7を買ってしまおう。

22~23日頃到着予定


まあ上記の流れからわかるようにWindows7Proは衝動買いに近く、
機能のウリってのはXP互換モードくらいしか知らない(^^;

今のところ肝心かなめのCinema4DがWindows7に対応しているという正式アナウンスは
まだ聞けていないが、
Cinema4DはVistaには対応しているので、
基本VistaベースのWindows7でもきっと動くだろう?と思っている。

ま、動かなかったらXP64環境のHDDに戻して落ち着くまで待てばいいだろう(^^
ちょいと勿体ないけど(^^;

お礼まいりの連鎖(BatlleField1943 PS3)

戦闘機爆撃を成功させ続けていると頻繁に見られる敵の行動。
それは、撃破した戦車に乗っていた敵兵が怒り狂って戦闘機に乗って登ってくるか
高射砲で撃ち落としに来るかのどちらか(^^;

私が逆の立場なら同じ行動をとるのでもちろん異論はない(笑)
つまり「戦車もろとも爆破してくれたお礼」と言った所だろうか(笑)(笑)
お礼をされると当然の如くお礼返しをせねばならず、次々と連鎖していくのだった(^^;

戦闘機での闘いはこのように同じメンバーとの撃ち落とし合いになる(笑)

そして数台の戦車を破壊すれば、それだけ敵の飛行機が2機3機と増加するって寸法だ(^^;

でも理想は
・地上戦参加
・手がつけられない戦車使い(または戦闘機爆撃)にやられる
・その戦車(または戦闘機)を排除するために飛行機で出撃
・破壊
・速やかに敵拠点に降下し拠点制圧
って流れかなぁ(^^


あと、私のやりかたはまだ未熟で、
入り組んだ地形や、敵に対空防御を意識されるとけっこう脆い部分がある。
最終的にはフルスロットルで、ある程度の高度から爆撃出来るようにしなければならないだろう(^^;

練習の日々はまだ続くのだった(^^

鉄の棺桶(BatlleField1943 PS3)

実戦の最初はウェーク島。
チュートリアルでおなじみの地形だ(^^
最初のログインでは当然途中参戦になる。
早速、戦闘機爆撃の開始だ(^^
しめしめ、、、最初は日本軍だ♪標準でゼロセンが使えるわい(^^

.....、っと思ったら敵の戦闘機が2機も飛んでるし(^^;
対地攻撃に専念するにはまずは制空権を確保せねばならず、
折角の実践での試し切りは暫くおあずけ(^^;

さいわい敵の戦闘機はさほど強くなく、何とか2機とも撃墜に成功。
が、こちらも対空砲により半分くらいダメージを受けていた。

仕方がないので、一旦空母に戻って修理する事にする。
(このゲームでは、自軍空母滑走路上空をタッチアンドゴーすれば自動的に修理される仕様)

空母に接近すると、自軍の兵士が5人位甲板上で途方に暮れていた。

「何やってんだろ?」と思いつつ修理体制に入ると、
なんと味方から発砲された音が(^^;

お?なんだなんだ??
と思いながらふと拠点ゲージをみたら、5拠点すべてが赤かった(^^;

つまり味方の発砲は
「拠点全部落とされてるんだから、拠点獲ってこ~いっ!チンタラ遊覧飛行してんじゃね~ぞっ!このエースパイロットがぁ~!」
ってことらしい(^^;

今回は戦闘機爆撃の試し切り(笑)をしたいだけなので、勝敗についてはいつも以上に関心がないんだけど、
全拠点落とされるような味方チームだと流石に気がひけてくる(^^;

「仕方がない、拠点制圧に行こうかの~」と右旋回ののち自軍空母の反対側の拠点制圧に向かう事にした。

ふとレーダーを見ると自軍空母側の半島先端部分に敵の戦車がっ♪
どうやら我らが揚陸船の上陸を阻止(カモに)して遊んでいるらしい。

戦車の居坐る場所は、「ぜひ爆撃して下さい」って言っているような垂涎モノの位置(笑)
これはいよいよ試し切りの時間が来たって事でしょう♪(^^

敵戦車は揚陸船をカモる事に気を取られていて全く上空を警戒していない模様。
ご丁寧に随員が同乗して機銃を撃っているような閃光まで見える(^^

「よ~し♪みてろよ~♪♪」

チュートリアルで培ったお決まりの体制から爆弾投下。見事撃破♪
「よっしゃ~」
イジワル戦車は破壊したので、味方揚陸船は思う存分上陸してくださいネっ(^^
と思いながら予定通り裏拠点に降下し制圧完了(^^

後は拠点獲りマラソンの開幕(笑)
裏どり裏どりの繰り返しに終始した終盤になった。

結局8キル350点程で味方トップに(^^;
戦局はと言えば、圧倒的な敗北に終わる(^^;
まあ拠点制圧中も味方の人影が殆どなかったので、
勝利するのは難しいとは感じたが(^^;


その後の戦いでも、多少の課題を見出しつつも戦車キラーとしての役割は
少し果たせるようになってきた。

こうなってくると感じる事は、

戦車乗る時は「爆撃破壊されるのは当たり前」って覚悟が必要って事だ(苦笑)
まさに鉄の棺桶に入る気持ちで(^^;

最近は、戦車が空いていても乗る事に躊躇してしまうようになった。

なんせ爆撃精度の高い戦闘機乗りにとって戦車はごちそうなのだから(^^;
(重爆撃機でもそれはおなじ(笑))

ゼロセン カミ~ン!!(BatlleField1943 PS3)

地上戦を堪能している最中に予期しない方向から突如襲いかかってくる機銃掃射。
そう、敵戦闘機の対地攻撃である。

折角敵拠点まで走って行って、ようやく戦闘を開始出来るかと思ったら
あっけなく倒される(^^; こっちは白兵戦に全神経を集中しているのに.....(^^;


戦車に搭乗している時はなお酷い。
対歩兵戦では圧倒的優位に立っている気がしているだけに、
戦闘機による爆撃でやられるとムチャクチャ怒れる(^o^;

そう、なんだか楽しみを一気に奪われた気持ちになるのだ(笑)
まさにトンビに油揚げをさらわれるとはこの事だ(^^;

「邪魔しないでよっ!!」

っと叫んでしまうのだが、そこは戦争ごっこ。
やっぱり敵方が嫌がる方法での攻撃は有効なのだ(^^;

以前は、ルーデル級と呼ばれる凄腕パイロットがいた時だけ戦闘機を警戒していればよかったのだが、
最近はどうにも全体的に戦闘機乗りの腕があがってきていて戦車の優位性が怪しくなってきている(^^;。

まあ本来の制作者が意図しているであろうゲームバランスになってきたと言えばそうなのだが(^^;

米軍側でプレイしていると、日本軍戦闘機飛来で「ゼロセン!カムイ~ン!!」と叫ぶのだが、
その気持ちはとてもよくわかる(笑)
まさに戦車にとっては悪魔の存在なのだ(^^;


わたし的には、戦闘機はドックファイト専用だったので、
対地攻撃はあまり重要視していなかったのだが、

こうも頻繁にやられると戦闘機による爆撃の重要性に着眼せざるを得ない状況になってくる。

で、やってみた。

まずは、いきなり実戦で(笑)

このゲームでは、戦闘機爆撃がヘタクソなクセにずっと戦闘機に乗り続ける人の事を
敢えて「エースパイロット様」と言ってバカにする(笑)

今の私にはピッタリの言葉だ(爆)(^^;

全く当たらん(^^;

2日くらい実戦で戦闘機爆撃を練習してみたけど、
敵の戦闘機はいるわ、対空砲で撃ち落とされるわ、乗りたい時に戦闘機は出払っているわで
全く効率が悪い事に気が付いた(^^;

ここは初心に戻ってチュートリアルで戦闘機爆撃の練習をしよう。


チュートリアルでは動く目標はないが、対象となる乗り物が島のあちこちに点在している。

それを順番にグルグルと爆撃していけば上達するんじゃないか?と、基礎練習を開始した(笑)。

2~3日ほどオンライン参加前に20分くらいづつ練習したんだけど、
やっぱり難しく、あまり成果があがらなかった。

ところが、ふとある事に気がついてそれを意識してやってみると、、、、
かなりの確率で爆撃が成功するようになった(^^

なるほど、このやり方ならこれまで見てきた上手い人の戦闘機爆撃時の挙動も合点が行く(^^
これだけあたれば戦車は戦闘機のカモだな~(^^;
ただ、オンライン上の敵は動いているし、地形もウェーク島以外もあるのでそれがどう影響するか?だが、、、


、、、、と思いつつ実践へと移行するのだった。

ガサ入れ(BatlleField1943 PS3)

テンションが下がったと言いながらやっぱり習慣になっているようで、
毎日電源を入れてしまっている(^^;

早速、今回もプレイ日記を(^^

ある拠点を制圧したとする。
制圧が完了して直ぐに次の拠点に攻め込むと、
さっき制圧した拠点があっと言う間に制圧されていたなんて事がよくある。

これは多くの場合、近くに敵の歩兵が潜んでいる事によるカウンター攻撃である事が多い。
そう言った敵は、その拠点を制圧するとすぐにまた周辺に隠れたりしてやり過ごす。

従って、自分で制圧した後は近くに潜んでいないかチェックするようにしている。
何時もならこのガサ入れは一人で寂しくやっているのだが、たまに敵兵にビンゴしても
AIMが下手な私はあっさりと暗殺される事が多々あるのだった(涙)

だが、昨日のチームメイトは違った(^^;。
拠点制圧すると私を含めた4人全員が周辺のガサ入れ開始(^^;
怪しそうなところに手榴弾を投げ込むわ、グレネードライフルを惜しげもなく発射するわで
徹底的にせん滅していった。
運悪くやられても、その銃声と断末魔は味方に聞こえるため残り3人がすかさず迎撃していく暗黙の手筈(笑)
これでは単独行動の敵兵はひとたまりもないだろう(^^;

場所がウェーク島で、しかもこの徹底した掃討作戦の繰り返しのお陰でほどなく全ての拠点が味方陣地となったのだった(^^;

元帥拝命 (BatlleField1943 PS3)

ついに最高位に就いてしまった。
って先週末に既に昇格してたんだけど(^^;

ただ、いまだに武器持って最前線に立たされているので、
作戦立案権限も運用権限もない名ばかり司令官である事は間違いない(笑)
まあ元帥って言ってもランキングが1700位くらいだし。

なんだか一気にテンションが下がってしまった模様(^^;

とりあえず、記念切手でまだとってない
車両技能:「ジープで4人倒すこと」
ピストル技能:「偵察兵のピストルで4人倒すこと」
ビークルキルアシスト技能:「乗り物で5人キルアシストすること」
の3つを目指す事にしようかな(^^;

車両技能って要するにジープで敵を轢けばいいんだろうか?(^^;


あと、どうでもいいはなしだけど、、、 【“元帥拝命 (BatlleField1943 PS3)”の続きを読む】

CINEMA 4Dカリキュラム(解説書)

いわゆるR11用の攻略本なのだが、これがまた読んでいて詰まらない(^^;
構成が文字ばかりなのを知っていて買ったのだが、ここまで頭に入らないモノだとは思わなかった(^^;

発売直後くらいに買ったのだがずっと放置していた。

でも読まないとスキルも上がらないなと思いなおし
電車での移動中に読み進めようかと頑張ってみた。が、
気がついたら寝ていた(^^;

新幹線で一駅持たなかったのでその睡眠効果は計り知れない(笑)

特に書籍最初の画面説明とかカメラワークとかがツラい(--;
モデリングの章に入ると実践的なチュートリアルになるようなので、
ひとまずこちらから実践してみようかと思いなおした(^^;

そもそも移動中の読書だけで理解出来るような構成じゃないって事だよね(^^;
ニンニン

歌舞伎町に行ってみた

新宿駅周辺に行く機会があったので、久しぶりに歌舞伎町をブラブラしてみた(^^

そこで改めて「龍が如く3」の雑多な雰囲気がいかにホンモノに近いかを実感してしまった(笑)
下手すればチンピラが出てきてイチャモンつけられるんじゃないか!?とか思えたし(^^;

実際に観光していると
「セレナはどこ?」とか
「スターダストは?」
「マッハボウル(実際には違う名前(^^;)近くのゲーセンはセガじゃないじゃん」
「神室町ヒルズは実際には大病院なんだ~」

とか久しぶりに意欲的に徘徊出来た(^^
流石にホテル街とかピンク通りとかは足を踏み入れなかったけど(^^;

絶対的優勢の中で(バトルフィールド1943 Playstation3)

ウェーク島の攻防戦。
米軍側で出撃した我々は、揚陸船に乗り込み最初の目的地をビーチと位置づけ侵攻していった。
開幕直後と言う事もあり敵の妨害もなくあっさりと制圧。
次は左右どちらに行こうか?と周りを見回すと
既に両側の信号所と飛行場の制圧も自軍が完了していた。

そうなると次は信号所の防衛に周るのがセオリーなんだけど、
自部隊の一人が、先ほど乗り捨てた揚陸船に再び乗船しはじめた。

なんだか面白そうだったので私も便乗した(^^;
すると島をぐるっと回って敵側の側面へ移動。

なるほど、こちらも敵懐深くに奇襲するわけですね。

最初は農村の制圧を目指していたようだが、AA村に差し掛かったあたりで
自軍が制圧を完了したようなので、
目標をAA村に変更。
さっそうと上陸作戦開始(^^

敵側の残り1拠点なので大量湧きによる討ち死にを覚悟したが、意外に手薄(^^;
2人位倒してなんなく制圧完了(^^

全拠点が我が軍の手中に落ちた。


全拠点獲っちゃうとツマンナイんだよね(^^;
でも全部獲ったと思った直後に全部取り返されるなんてオチもあるので
まだ安心できない。

でもまあ、開戦直後に全部取られちゃう敵って、
要は味方同士の暗黙の了解事項が上手く読めていないプレイヤーが多いって事だろう。

空母に押し込まれた日本軍が乗り込んでくる先は恐らくAA村だ。
そして少佐以上の佐官(not壁屋)に違いない(^^;


、、と思ってAA村を防衛開始。
だが、味方は誰もいない(^^;
たまにジープでやってくるがすぐに隣の拠点に移動して行ってしまう(^^;


「絶対にここが狙い目だってばさ~」と思って周辺の策敵を続けていると、
ミニマップ上に突然無人揚陸船が現れた。
どうやら死角から接岸された模様。

海上の策敵は続けていたがそれを掻い潜って来たと言う事は、
これはデキる敵に違いない(^^;

この時、味方は自分だけ(^^;

よっしゃ迎撃だっ!

っと思ってさっそうと迎え撃ったら、あっと言う間に撃ち負けた(爆)(^^;
「な、なぜだぁーーーっ!!」と言う叫びはまるでアンドリューフォーク准将の最期のセリフばりだ(^^;


なんとこれと同じ状況があと3回続く(^^;
味方の圧勝状態で何故自分だけが3キル3デスと言う互角の戦果に終わるのだろうか?(^^;


以上、元帥昇進まで残り1万点を切った秋の夜のひとときの話は終わり(^^;

ちなみに「キル:デス=5300:5200」で、ようやくキルの方が上回った(^^;
とりあえず数値上では撃ち勝つ確率は半々だ(^^;(体感的には負け越しているイメージが強いが(^^;)

作戦には880戦参加しているが、負け試合の方がおおい(^^;
どちらも実際にはあまり意識していない事だが(^^;

そういう大将も居るって事でひとつ。。。(^^;

八○場ダム

無理やり押し進めてきたような大型公共事業はその見直しをすべきだと思う。
諫○湾の堤防工事には見ていてかなり腹がたったクチであるし、
それによる環境の変化はニュースで伝わってくる限りではガッカリ来るものが多くあった。


この八○場ダム、地元住民へのインタビューを聞いていると

「先祖3代に渡りずっと反対の立場で闘ってきたが、それでも止まらない方針に
無理やり気持の整理を付けてきた。妥協に妥協を重ねようやく前向きな形でピリ
オドが打てると思ったのに、
今さら止めるなんてこれまでの祖先と自分がしてきた(気持ちの妥協の)苦労はなんだったのか?」

と言ったカンジに聞こえた。

例えれば、強制的にフルマラソン走らされて、
40km超えたあたりで「あ。このマラソンには意味はない。もう走らなくていいよ」
と言われたようなモノだろうか(^^;

生活環境をそこまで犠牲にしてきたのにどうして今さら?という気持ちには当然
なるだろうな~(^^;



ちなみにこのダム工事への来年度の工事予算は194億円くらいのようだ。


まあある意味ピラミッド建設のような景気対策事業のようにも思えるけど、
この予算の多くは元請け大手企業の役員や天下り企業の元官僚達の手に(役員報酬と言う形で)渡っていくだけなんだろうなとも思う(^^;
(ハケン業者のピンハネ構造と同じ!?)

そういう人たちが大判振る舞いでかつ庶民的なモノに使っていってくれればまだいいんだろうけど、
まあそれは不可能に違いない(笑)
と言う訳で現在の社会構造では、景気対策に大型公共事業って政策はあまり意味がないように思える。


国は世の中に巡っているお金を効率よく再分配する事にもっと注力した方がよいと思う。
一部の人に沢山お金を渡しても貯めこまれて滞らせるだけだし、、
それなら何らかの形で国に納めてもらって再配分に使えればいいのに。(^^

そう考えると累進課税とかなんで止めちゃったのかな~と思わずにはいられない。(^^;

勿論”再配分”とはタダで配るのではなく、何らかの労働賃金(教育費や介護補助費)などに
割り当てるべきなのだが。。。(もちろんやり過ぎれば弊害が目立つようになりかねないとも思う(^^;)


とりあえず、地元住民以外でこのダム中止によって騒ぎ出した人たちこそが、
この工事で美味しい思いをしてきたのだろうとは思う(^^; 

治水って、、、ダムがないために、洪水が多いと言う記事もないと思うし(^^;
てか、あの周辺の洪水の話もあまりきかない(^^;

。。なんだか結局何が言いたかったのか分からなくなってしまった(苦笑)

隊長!次の目標は何処ですか!?(バトルフィールド1943 Playstation3)

先日のプレイで、味方軍隊にクランらしき集団がいた。


4~5人で拠点に攻め込む姿が凄くカッコよくて(笑)
ドサクサ紛れに私も勝手に付いて行ってみた(^^

いや~、これならなかなか死なない(^^;
私に攻撃してくる敵は別の味方が反撃してくれるし、
別の味方に攻撃している敵はわりとあっさりと倒せる(^^
いつも”やられキャラ”なわたし的にはとても楽しいサプライズだ(^^;

てか、12人中6人(私含む)が同じ拠点に一斉に攻め込めば、
正に多勢に無勢、単独行動の敵軍隊が敵うハズがない(^^;


で、次の現場に移動している最中に行動を共にしてちょっと前を走っている味方が撃たれて倒れたりすると
「うひょ~、あぶね~」冷汗と同時に「ひとりやられた!」と叫ぶ気持ちがとてもよくわかってしまう(^^;

そしてつい「あちらに!今ちょうど弾に当たった方がいらっしゃいますので、さっそくインタビューしてみましょう。」
などと愛と誠のレポーター(咲坂守(さきさか・まもる))の様な事を呟いてしまったりするのだった(爆)(^^;



で、そうでない普通の時は、攻撃的な偵察兵を演じようとしている(^^;
これがなかなかムズかしくて全然ダメ(^^;
後ろから忍び寄って刀でズバッとやりたいんだけど、何故か見つかってしまう(笑)

ボーナスとして「一戦内に4人刀で切ったら点数あげる」ってのがあるんだけど未だにもらえていない(^^;
3人まではいくんだけどなぁ(^^;