FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

八○場ダム

無理やり押し進めてきたような大型公共事業はその見直しをすべきだと思う。
諫○湾の堤防工事には見ていてかなり腹がたったクチであるし、
それによる環境の変化はニュースで伝わってくる限りではガッカリ来るものが多くあった。


この八○場ダム、地元住民へのインタビューを聞いていると

「先祖3代に渡りずっと反対の立場で闘ってきたが、それでも止まらない方針に
無理やり気持の整理を付けてきた。妥協に妥協を重ねようやく前向きな形でピリ
オドが打てると思ったのに、
今さら止めるなんてこれまでの祖先と自分がしてきた(気持ちの妥協の)苦労はなんだったのか?」

と言ったカンジに聞こえた。

例えれば、強制的にフルマラソン走らされて、
40km超えたあたりで「あ。このマラソンには意味はない。もう走らなくていいよ」
と言われたようなモノだろうか(^^;

生活環境をそこまで犠牲にしてきたのにどうして今さら?という気持ちには当然
なるだろうな~(^^;



ちなみにこのダム工事への来年度の工事予算は194億円くらいのようだ。


まあある意味ピラミッド建設のような景気対策事業のようにも思えるけど、
この予算の多くは元請け大手企業の役員や天下り企業の元官僚達の手に(役員報酬と言う形で)渡っていくだけなんだろうなとも思う(^^;
(ハケン業者のピンハネ構造と同じ!?)

そういう人たちが大判振る舞いでかつ庶民的なモノに使っていってくれればまだいいんだろうけど、
まあそれは不可能に違いない(笑)
と言う訳で現在の社会構造では、景気対策に大型公共事業って政策はあまり意味がないように思える。


国は世の中に巡っているお金を効率よく再分配する事にもっと注力した方がよいと思う。
一部の人に沢山お金を渡しても貯めこまれて滞らせるだけだし、、
それなら何らかの形で国に納めてもらって再配分に使えればいいのに。(^^

そう考えると累進課税とかなんで止めちゃったのかな~と思わずにはいられない。(^^;

勿論”再配分”とはタダで配るのではなく、何らかの労働賃金(教育費や介護補助費)などに
割り当てるべきなのだが。。。(もちろんやり過ぎれば弊害が目立つようになりかねないとも思う(^^;)


とりあえず、地元住民以外でこのダム中止によって騒ぎ出した人たちこそが、
この工事で美味しい思いをしてきたのだろうとは思う(^^; 

治水って、、、ダムがないために、洪水が多いと言う記事もないと思うし(^^;
てか、あの周辺の洪水の話もあまりきかない(^^;

。。なんだか結局何が言いたかったのか分からなくなってしまった(苦笑)

スポンサーサイト