FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

The Streets Of Asiaで遊ぶ(その3)GIとAO

次はグローバルイルミネーションの追加

設定値は次のようにする
YG7000006.jpg
昼間の屋外なので、拡散反射回数は1回で。
ストカスティックサンプルおよびレコード密度は両方に「低」に設定する。

この設定でレンダリングするとこうなる。
20091130_01.jpg

たいぶ明るくなった。
が、まだ暗い(^^;

そこで太陽光の明るさを150%にしてみる。
でもまだ暗い所がまだ黒すぎるようだ。

そこで空のGI強度を200%にする(^^;
20091130_02.jpg
先ほどよりハッキリした結果になった。
とりあえずこれヨシとする(^^

次はアンビエントオクルージョン(AO)の設定。
これもテキトーにやることにする(^^;

AOについてはマルチパスレンダリングを設定し、
そちらで確認することにする。

とりあえず標準でやるとこうなる。
20091130_03.jpg
なんだか線画のようにくっきりしすぎている。
それにツタにAOはいらんような気がする。

そこでAOの設定を次のようにする
YG7000008.jpg

その設定でレンダリングするとこうなる。
20091130_04.jpg

ダイブ柔らかくなった(^^
この先は好みの問題としてとりあえずこれでOKとする。(^^

で、この状態で一旦最終レンダしてみることにする。
・アンリエイリアスをベスト
・ストカスティックサンプルを中
・レコード密度を中
・キャッシュの改善を中
20091130_05.jpg

GIとAOを加えたため流石にレンダ時間は延びてきた。
レンダリング時間:約16分

次回は、水のマテリアルの設定をやってみる予定。
スポンサーサイト



The Streets Of Asiaで遊ぶ(その2)太陽

次は太陽光の追加(^^。

C4D(と言うかアドバンスドレンダー)には
太陽の位置と色をシミュレートする機能があるんだけど、
このアイテムには折角空が付いているので、そちらを活用することにする。
と言う事で、太陽は無限遠ライトを使用する。
影は現段階では、高速レンダが可能な”ハードシャドウ”にしておく。
また太陽光なのでライトの明かりを気持ちオレンジにもしておく(^^)。
ライトを追加したので自動照明が消える訳だが、
この状態だと太陽光をどの角度にしても真っ暗になってしまう。

(この位置に真っ暗な画像を掲載しようかと思ったけどベタで黒いだけなので止めた(笑))

理由は簡単で、
この街並み全体が球体に包まれていて、その内面に空のテクスチャが貼られているため、
光が空オブジェクトにさえぎられてしまい届かないのだ(^^;

解決策は、太陽光ライトから空を見えなくしてやればいい。
ライトの属性マネージャより、シーン→除外→空オブジェクト(SOSkydome)をドラッグ&ドロップする
YG7000002.jpg

これで建物にも光が届くようになった。
20091129_05.jpg

次はこの黒い空に取り掛かる。

本当は、この空オブジェクトを削除してC4D標準の天空オブジェクトに変えてしまえばいいんだけど、
先と同じ気持ちでそのまま活かす方向で(^^。

マテリアル設定をみると、やはりイマイチな設定(^^;
YG7000003.jpg

修正方法だが、空は発光していると考えるため、
このテクスチャを発光チャンネルに移動する。
あと、空にスペキュラとかあり得ないので、このチャンネルも無効にする(笑)

あと「GIと照明の設定」から、以下のチェックを外す
・GIを受ける
・コースティクスを受ける
YG7000004.jpg
※コースティクス生成もいらないが単に忘れてた(^^;けど今回使わないのでいいや(^^;

ついでに空オブジェクトについているコンポジットタグも設定しておく
影を受ける
AOから見える
YG7000005.jpg

で、この状態でレンダしてみる。
20091129_06.jpg
まだかなり怪しげな雰囲気だがとりあえず改善はした(^^

ここまではC4Dの基本パッケージで出来る内容となる。
ちなみにGI使う予定が無いのであれば、環境光や補助光を追加していくのだと思う。

次回はアドバンスドレンダーの領域である、GIとAOに進む(^^。

The Streets Of Asiaで遊ぶ(その1)

DAZセールによりまたもや散在してしまった今日この頃(^^;
去年と違う所は更に円高になっているためお得だって所ぐらいだろうか(^^;

今年こそはちっとは使っていこうと思ってBLOGのネタにしてみることにした(^^;

今回はコレ
The Streets Of Asia

どこのテーマパークなの?ってな雰囲気が実にイイ(笑)
プロモ画像の水辺の雰囲気もなかなかよいカンジっぽかったんで購入に踏み切った(^^

!StreetsOfAsiaと言うPROPが町並み全体のようなのでそれを読み込む。
そしてテキトー構図でレンダ実行(^^
20091129_01Poser.jpg
無限ライト1灯(レイトレ影)
FireFly ファイナルレンダ
レンダリング時間:9分28秒

お~、空がついている(^^;
ここまでお手軽なセットならC4Dに持ち込んだ時に
グローバルイルミネーション追加するだけで完了じゃないだろうか?

と、言う訳でC4Dに持ち込む。
持ち込みはもちろんInterPoserPROを使用しPROPファイルを直接読み込む方式だ(^^

単純に読み込んでPoserでの時と同じようなアングル変えてレンダリングしたのがこれ
20091129_02.jpg
ライトがないので自動照明が使われているし、
アンチエイリアスがジオメトリ(荒いモード)なので画質は全然ダメなんだけど
それ以前に空が夜なのが気になるところかな(笑)
後は全体的にスムーズポリゴンの影響と思わしき怪しげな影がある(^^;

早速、C4D用にマテリアルを改造していくことにする。(^^

まず最初にスムーズポリゴンの影を駆逐しよう(^^
乱暴なやり方になるが、オブジェクトメニュー内のスムースタグを全部選択し、
スムーシング角度を90→45にまとめて一気に変更してしまう。(^^
怪しげな影がとりきれない部分は更に”35”とか絞っていく。
階層が深いのでオブジェクトマネージャで丹念に階層展開していき漏れがないようにする。
あまりやりすぎるとポリゴン単位でカクカク見えてしまう可能性があるのでほどほどに

でスムースタグの調整が終わった画像がコレ。
20091129_03.jpg
怪しげな影が取れてだいぶすっきりした(^^

上記2枚の画像を並べて比較すれば違いは一目瞭然だと思うが、
念のためピックアップしてみる。
たとえばココ
20091129_04.jpg
この町並みの場合、丸みを帯びて見えたほうが朽ち果てて見える事がありそっちの方がイイ場合もあるので
そこは臨機応変に行けばいいと思う(^^

ポートレート3(由香)

由香3枚目。
そろそろ飽きられてきているような気がするが、好きだから仕方がない(笑)
でもそろそろ撮影場所をTheStudyから移動しないとマンネリ感は拭えないだろう(^^;
ポートレート3(由香)

構想では、窓辺で外からの光だけで一枚って単純なモノだった。
なので最初は窓ガラスの発光光源だけのGI画像だったのだが、
上手く光が乗らず影も出ずの状態に悩んだ(^^;

で、影を出すために窓の外にスポットライトを追加したんだけど、
窓を含む壁全体をスポットライト対象から除外しちゃったんだよね(^^;

これが最大の失敗で、「人物は充分に照らされているが窓枠はそうでもない」と言う
「こりゃ窓からの光じゃないじゃん」と言う結果になってしまった(^^;

メンドウがらずにガラス部分だけ切り抜いてそこを照明対象から除外すべきだったな~と(^^;
或いはガラスそのものをエリアライトにしても良かったかな?(^^;
いや、そっちの方が良かったかも(^^;

ま、表情は狙い通りの結果になったのでそれだけがでもニンマリしてしまう画像になったのだった(^^;

必殺!仕訳人(自衛官)

最前線の自衛隊要員を増やすのはムダだよ~んてな結論が出たようだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091126-00000529-san-pol

実際の影響はよく分からないが、不景気で仕事が不足しているいまの状態では、
自衛隊員やれる体力があってフリータやっている人などは絶好の雇用創出だと思うんだけどな~(^^;
少なくともフリータよりは収入が安定するし且つ規律正しく生活出来る事は間違いないと思うし(^^;

まあ不況→軍備拡張って流れ自体はとんでもない方向な気がしないでもないが(^^;

Poser7と windows7

表題の組み合わせでやっていると1点だけ我慢ならない不具合がある(^^;

それは、カメラをグリグリと回していると、ビュー画面が真っ白になってしまう問題がある事だ。
カメラのドラッグを止めれば元にもどるので、
まあいいかと思ってほったらかしていたんだけど、

実はCinema4Dでもたまに同じ現象になるので、段々と腹が立ってきていた。

どっかに同じ問題を抱えた人がいるんじゃないか?と検索してみたら、
やはり先人がいた(^^

http://www.boktv.x0.com/bokblog/2009/07/x64-win7-vue-poser.html

なるほど、

コントロールパネル

コンピュータの簡単操作

マウスの動作の変更

ウィンドウが画面の端に移動されたとき自動的に整列されないようにします → チェック

で解決した。(^^

ポートレート2(由香)

先日の失敗でたまったストレスを解消すべく、
気の向くままに作ったらこんなんになった(^^;

20091121mp-完成
彼女にはこういう衣装が似合うんじゃないか?って思って買ったんだけど
やっぱり似合う(^^

いかんな~、つい彼女に貢いでいるような気がしないでもない(^^;

ま、あと2着買ったので(爆)そちらでも1枚つくっておこう(^^;

そういえばartist sideでの18禁制限ってどういうときにつけなければならないんだろう(^^;

全体を眺めていると、要するにクチビル以外の粘膜質を出さなければいいって雰囲気だった(^^;
それよりもシチュエーションによって決まるのかな?とも思う。
(衣装だけならSFモノは基本的にきわどくてもOK?)

この画像もどうかな~?って思ってたけどまあ水着みたなモノだし
いいかな?と思って一般投稿にした(^^;

そういう意味ではレンダロみたいな厳密な定義があった方がすっきりするのかもしれない(^^;

ボツ(^^;

う~ん、自分で作っておきながらコメントのしようがない(^^;
幻想的な雰囲気になるハズだったのだが(^^;
20091116.jpg

artist sideへの第二段として作り出したものの敢え無くボツとなったのだった(^^;

ま、次はもう少しなんとか(^^;

テライユキ写真集

先日(と言ってもカナーリ前だが)、
とてもお安くPrimalImageVol1を買えた事から
「もしかしたら他の寺井由紀製品も安いのでは?」と思ってちょっと探してみた。

そしたら、お安いアイテムが多数あった。

世間一般ではとっくに旬を過ぎていると言う事だろうが
個人的には今も旬なので(笑)
ここまで投げ売り状態だと、とってもお得な気分になる(^^

でもPrimalImageVol1は、あれから一度も起動していない(^^;
Poser上に彼女がいる以上、今さらゲームをやる必要性は全くないので必然ではあるが。。。
(そもそもゲームでは別人の顔だし(^^;)

ただ、説明書の挿絵に使われていた寺井由紀の画像はとてもキュートだったので
その絵だけでももっと大きい画像でみたいな~って思っていた。

で、とりあえず買ったのはこれ

今回も破格の350円(送料込)である

実際の人物の写真集のようにアグレッシブな描写もあって
かなり作りこまれている。
CGキャラを綺麗にレンダリングしてますってよりも、
もっと躍動感のある表現を目指しているような、そんなシーンも多かった。
やっぱり製本されていると存在感がまるで違う。

PrimalImageVol.1の説明書に挿絵として使われていたシーンもあったし
なかなかよいお得な買い物となった。

あと、この写真集には付録としてCDが付属しているのだが、
これが未開封の状態のままだった。
開封済だったらなんの躊躇もなく見るんだけど、
未開封なのでどうしようかな?と、とりあえず開封を保留している(^^;

それにしても、3Dキャラでここまでりっぱな写真集が出たんだから、
寺井由紀が、いかに神がかりなテクニックで生み出されたのかが改めて伺える。

そして彼女のお陰でいかに多くの人間がモデリングの挫折感を味わったのかも伺える(笑)
(ちなみに私は買う前に諦めてたからモデリング予選落ち(^^;)


そんな寺井由紀をPoser上でいぢり倒すには、
やっぱり全盛期の彼女の活躍をよく知った上で
自分のモチベーションを高めてやる必要があるだろう(笑)


Poserで彼女がリリースされてから久しく経つが、
掲示板にアップされている彼女のレンダリング画像をみると
なんかこう、、、、ガッカリさせられる作品が多い(^^;

それらが決してヘタだとは言わない(^^;
ただ、私が思う所のテライユキとは全然趣が違うと感じているだけだ(^^;

テライユキ写真集をみて改めてそう思った(^^;

え?私の作品ですか??
なかなか微笑んでくれないのですよ実際(^^;
Poserで素材さえあれば、誰でも同じような作品が作れるってのはウソだな(爆)(^^;

でも同じPoserフィギアを使用したくつぎ氏本人が作った画像は、まさに私の思う所でいう理想系なので
目指して出来ないって事はないとかすかな望みをつないでいる(^^;

DAZセール再び

そういや去年の今頃はDAZの半額セールで散在してたな~って思いだし
今年はどうなんだろう?ってDAZを覗いたら、今年もやっていた(^^;

今年も去年と同じ日替わりメニューのようだ(^^
既に半分が経過していて出遅れた感があるのだが、
幸い欲しいアイテムはまだセール対象になっていなかったようだ(^^

で、今日のセールをみると、
去年のセール時にwishlistに入れたまま保留にしておいた帆船が対象になっていた(^^;
大航海時代のレトロな雰囲気であるがキライじゃないので買ってみた(^^;
http://www.daz3d.com/i/3d-models/0/san-buenaventura?item=8117&cat=&_m=d

ただ、去年買ったセール品って殆ど使ってないんだよね(^^;
街並みとか、構想を妄想するための材料としてしか活用していない(^^;
まあ夢を買ったと思えばいいのだが(^^;

あと、プラチナ会員もムダだな~って事を改めて感じた(^^;
入会金が$30で毎月$7なんだけど、
去年は結局2回くらいしか買わなかった(^^;

1年で$84払っていながら結局全てムダに(^^;
これなら毎年この時期に入りなおした方が断然安上がりだろう(^^;

と言う訳で今回のセールが終わったら解約しよう。そうしよう(^^

必殺!仕訳人

政権が替わって既得権益構造にも変化が生じようとしているようだが、
かなり難儀している模様(^^;

財政構造は立て直さなければならないが、
自分の所は当然対象外ってのを誰もが考えている事が見え隠れしている(^^;

95兆円とか言う予算も、既得権益者の嫌がらせである事は底辺の我々でも感じる(笑)

ただ、仕訳人と呼ばれる人たちがバッサバッサと切り捨てているシーンだけをみると、
やられる方はたまらんなとは思う(^^;

ニュースの見出しで、最先端事業の予算削減とか言う決定を見たときは
「国の推進装置を外すようなモノではないか?」と非常にビックリした。

が、よくよく聞いていると、最先端事業と称して2重3重のトンネル行政法人が張り付いているのだそうだ(^^;
つまり「君には期待しているよ」と声をかけるだけで1千万円以上の年収を得ている人が数十人もいるのだとか(^^;
それを排除してそのお金で科学者を雇ってほしい(^^;

これで人件費削減とか指示すると、きっと人数を減らそうとするんだろう(^^;
人件費を削るためにヒトを減らすのではなく、役員報酬を大幅に減らす方向で考えられないのだろうか?
この話になると「優秀な人材の流出につながる」って言うけど、
むしろ優秀な人材は独立して税金を納める側になった方がよいのではないかな~(^^;

あと一般事務机1つに40万円かかりますとか意味不明な報告書もかなり萎える(^^;

取引会社を通じて現金をプールする方法を「無駄遣い」と言っているが
あれは横領とか詐欺とかの部類じゃないのだろうか(^^;

全体的に聞こえてくる様子から感じるのは、
結局、昔の貴族社会の呼び名を官僚社会って変えているだけなんじゃないか?と思う。


話は少し変わるが
天下り渡りの話なんて昭和30年頃の新聞資料にも載っている(^^;
前政権では郵政選挙と称して2/3以上の議席を確保したにも関わらず、
結局その辺りの改革を成しえなかった。

現政権も試行錯誤の末、失敗するかもしれないが
それでもやらないよりやってみた方がいいに違いない(^^;

これでダメならまた別の政権に替わればよいと思う(^^;
ただし、元の政権である必要はないだろう(^^;
もちろん宗教からみの政権も政教分離に反するのでNG(^^;


あ~あ、やっぱりこの手の話は不満点だからけで論点がさっぱりまとまらない(^^;

キルレシオ (BF1943 PS3)

じわりじわりと撃ち勝つ比率が上がっていき、ついに2桁になった(^^
准将金の頃は-4くらいだったので、
腕が上がったようにも見えるが、まあ気のせいだろう(^^;

キル数も9000を超え、そろそろ10000キルの勲章(本当はポストカード)獲得が現実味を帯びてきた(^^

これをこなせば後は「ピストル技能」と「ビークルキルアシスト」の2つのみだ(^^
ピストル技能の為には偵察兵でやらねばならないのだが、、苦手なんだよね偵察兵は(^^;

以前は狙撃に夢中になってた頃もあるけど、ライフル兵に目覚めてからはあまり使わなくなった。
使う時は、遠くから乱射している機銃手を狙う時くらい(^^;
特にジープの重機関銃を使ってくる敵の排除には有効だ(^^

やりこめばまた違った領域を体験出来るようだが、自分的にはまだそこまで行ってないと思っている(^^;

私が戦車に乗っている時には、敵の偵察兵のTNT爆弾にやられるが(笑)
自分でやっても上手くいかないのだった(^^;

スプラインモデリング

モデリングなんて全然やらんクセに、
相変わらずツール購入好きは治ってないようで、

暫く前にC4D用のスプラインモデリング用モジュールを買ったのを思い出した。



Spline Patch 2.5日本語版  10,500円


価格はもう一本のソフトが買える値段だ(^^;
そう思ってスプラインモデラーの代表格であるShadeについて調べてみたら
やっぱりそうだった(^^;

Shade 11 Basic Hybrid  10,000円


まあ、ただでさえC4Dを使いこなしていない状態なのに、
この上新しいソフトなんて絶対に挫折するんだろうな~と言うのと
Shadeでモデリングしたとしても最終的にはC4Dに持ち込むのは間違いないので、
だったら最初からC4D上で使えた方が何かと便利だと思ってこっちにした。

ただ、このSpline Patchに関する情報はWEB上でも殆ど見つける事が出来ない。
あっても「買ったよ」って言う話だけか
挑戦したけど「挫折」したって話ばかり(^^;

最も具体的に紹介していたBLOGはここ
http://www.zealwork.com/blog/2007/06/spline_patch25.html


少ないながらも色んな所の話を総合すると、どうやら
・ニアイコールなモデリングならHyperNURBS使った方がラクチン
・スプラインを使って正確にアウトラインが引けるようなら有効なツールかもしれない
・Shadeの”皺の悪夢”が再び蘇る

てな事のようだ(^^;

HyperNURBSは本当に強力なようで、Super Guide でも美しい曲線をHyperNURBSで作り上げていた


ただ、アウトラインの決定にはスプラインが使われていて
ここまで綺麗にスプラインが引けるのならそのままSplinePatchしてもいいんじゃないか?
とか素人ながらに考えてしまうわけだ(笑)

まあ気になるのは”皺の悪夢”ってヤツかな(^^;
これは体験してみなければわからない事(苦笑)

要するに既に買う事を決めているので、全て前向きに受け止めるって流れになる(^^;


アウトラインを引くための技術はこれ使って習熟する事にした。
Illustrator ベジェ曲線 [トレーニングブック] CS/CS2/CS3対応
Illustratorって書かれているけど、PhotoshopCS2用のサンプルファイルもダウンロード出来るので問題ない。

てな事で、全ての環境が整ったのだが、

この後、うっかり何かに気を取られて以降、
さっぱりやらなくなってしまい
ズルズルと今日まで来ていたのだった(^^;。

以上だ(爆)

バトルフィールド1943もようやくひと段落したので、
これから挑戦しようって意気込みから
今回ネタにしてみた次第であった。

(このまま他のBLOGと同じく「買ったよ」情報で終わる可能性も充二分にある(^^;)

Windows7とPhotoShopCS2(その2)

前回の続きだが、基上さんにアドバイスを頂き
それを試した結果、問題は解決した。

基上さんありがとう(^-^)。

一応、やり方を書いておくと

PhotoshopCS2を実行する際、
・CS2ショートカットアイコンを右クリック
・コンテクストメニューから「管理者として実行」を選択実行
・ユーザー登録画面が出るので、「登録しない」を選択(もちろん登録してもよい)
・CS2を終了
以上である。

すると次回から通常起動しても登録画面が出なくなる。

お陰でCS4の購入スケジュールを先延ばしする事が出来た。(^^

Windows7とPhotoShopCS2

新環境にしてから、CS2を起動するたびに必ずユーザ登録画面が出てきてとても鬱陶しい(^^;

これはもしかしてSSDにしたために、ライセンス認証辺りに問題が発生しているのかと思っていたのだが、
それは間違いの模様。

どうやらVISTAからの問題点とのBLOGを発見した。

http://hedgehogs.blog8.fc2.com/blog-entry-616.html

この記事によると対応策はXP互換モードで動かせばよいようだが、
それなりにメンドウな手続きである模様(^^;

まあCS4にするつもりもあるので、
とりあえずはこのままでいいか。。。。と思う事にした(^^;


コミニュティサイト投稿

先日作成した由香ポートレートが、思いのほか自画自賛状態だったので(笑)
ちょいと表通りに投稿してみた(^^

で、投稿する際どこにしようかと悩んだのだが、
とりあえずは、なるべく法人が運営しているようなサイトがいいな~と考えた(^^
有志で運営しているサイトも梁山泊みたいで悪くはないと思ったけど、
それなりに独自ルールがあって肌に合うかは微妙な場合があるかもしれない(^^

それよりは法人運営の方が色んな意味で割り切れるような気がしている(^^
レンダロのような外国の大手商用サイトも考えたのだが、
ガイジンには日本人キャラは全て子供に見られるとか言う制限があるようなので(笑)とりあえずはパス(^^;

そうすると私にとってお馴染みな国産サイトである

イーフロンティアが運営している artist side
ピクシブ株式会社が運営している pixiv かどちらかかなぁとなる(^^。


pixiv は運営的には3DCGもWelcomeだろうけど、率直な雰囲気で言えば2DCG投稿サイトに見える(^^;
はっきりした色調の2D画の中に3D画があると何となく「投稿場所が違うんじゃないか?」などと感じてしまう事も多い。

その点、artist sideは3Dソフトを販売している会社が運営しているので、3Dが中心のようだ。
更にはPoserの販売元なのでPoseアイテムを使用する事にも理解している方々が集っている模様(^^

余談になるが、モデリング命の方々は「スゲーッ!」って思ってよくよく調べたら実は買ってきたアイテムだった
って判ると感動してソンしたと言わんばかりに腹も立つようで(笑)
我々のように、3DCGは作画の手段でしかなくモデリングに注力するだけの時間が割けない人とは相容れないモノがあるに違いない。。。と分析している(^^;
(もちろんそういう人たちばかりではないが(^^)

と言う訳で、artist sideデビューしてみた(^^

ここが現場→

早速暖かいコメントが頂けて、なんだかとてもうれしくなった(^^
次の投稿が何時になるかまったく不明ではあるけど(^^;
また何か出来たら投稿してみようかなと思ったりしている(^^

Yuka ポートレート

いやはや、久しぶりにまともな画像をこしらえた気がする(^^;

と言うわけでコレ。
20091006_2_4完成

Cinema4Dでのレンダリングなんだけど、
やっぱりPoserレンダとは若干雰囲気が異なってしまうようだ(^^;
若干ホステスっぽいのはやはり趣味の問題かな!?(自爆)(^^;

ポーズ付けする時に、どの姿勢にしようかといつも悩むのだが
やっぱり全身が入る方が好きなので、今回は寝かせてみた(^^

あと、座ったりするポーズではスカートを使えないって事実を改めて痛感させられた(笑)

座るシーンを作るときは彼女にも水着になってもらおう(^^;

あと、画像の中に使用製品名を書いてみた。
有料のモノは商品名だけ、フリーのものは製作者を書いてみた(^^;
スペルミスの可能性もあるのであまり参考にしないようにしてネ(^^;

ちなみにこの手法は、かつて私が自サイトを運営しているときに
頻繁に投稿してくれた方がよく使っていたやりかただ(^^

Prop配置のセンスが非常に高く、参考にさせてもらったことも何度かある(^^
彼は今も元気にしているのだろうか......(^^

閑話休題

やっぱりキャラがかわいいと俄然やる気が違うよね(^^
ほんと楽しい2日間だったな~と感じたひとときだった(^^)

対機甲師団 (BF1943 PS3)

先日のガダルカナルでの攻防戦
最初、多少劣勢ながらも互角の戦果で推移した。
私も戦車に乗り込み拠点への進攻を繰り返していた。
味方の戦闘機も確認出来、敵戦闘機による爆撃の可能性は
低い状況だった。

が、どうも対戦車戦の部が悪い。
敵戦車の後ろをとったと思ってもなぜか背後から砲撃を食らう(^^;

数回撃破されたときに、戦況マップをしばらく眺めてみた。
味方の飛行機が2機飛んでいる。
敵の飛行機は2機とも拠点に放置されているようだ。

つまり完全に制空権を掌握している状況だ。
それに対し、敵の戦車はマーキングされているだけで4台!
なるほど、、どうやら2台ひと組で動いている模様(^^;

てか、制空権取って2機も上空にいるのに
なにゆえ敵戦車が機甲師団の如く我が物顔で闊歩しているの?

様子を見ていると敵は我らが戦闘機を完全に無視しているようだった(^^;
つまり敵は、飛来中の戦闘機は対地に関してまったく無害と思っている様子(^^;

敵戦車が2台ひと組で行動してしているようなので、
各拠点の攻防戦では圧倒されていると言ってよいようだった(^^;

じゃあ私がいっちょ戦闘機爆撃して差し上げましょう!
.....てか、、飛行機がない(^^;

ウチのエースパイロット様は2機とも
落とされる(墜落する?)とすぐに再び乗り込む事を繰り返しているようだった(^^;

敵戦闘機が全く飛んでなくて、
かつ戦車を爆撃出来ないんだったら
ちょっと交替してよ~

と思ってみたところで彼らにその思いは伝わらない(笑)

仕方ないので、敵の本拠地から1機借りる事にした(^^;
移動はもちろんジープで(笑)

盗んだバイクで~♪と言いながら鹵獲した飛行機で空爆開始。
案の定、敵戦車は対空に対して無警戒(^^;

行きで1台、旋回してもう1台撃破。
また旋回して2台同時(爆)
....ええ、これらは明らかにタマタマです(苦笑)(^^;

普段の爆撃命中率は60%くらいです(^^;

だけどそんなマグレに不運にも遭遇して
自慢の機甲師団を破壊された敵の方々は
さぞかし腹が立ったに違いない(^^;
案の定、それを境に敵飛行機は離陸するし、対空砲も撃ち出してきた(^^;

まあこれまで徒党組んで蹂躙してきたんだから
このへんで役回り交代してもいいじゃない~(^^;

その後も、やられた合間にちょこちょこと飛行機で爆撃を繰り返していたら
敵も対空に気を取られるようになったのか、
或いは敵戦車の心理的封じ込めにも成功したのか
機甲師団は解散したもよう(^^


そしてこちらは味方の航空機に護られながら戦車での対歩兵戦を展開し、
最終的には逆転勝ちを収める事が出来たのだった(^^

終盤は私も戦車に乗って撃ちまくったのだが(笑)
幸い敵の戦闘機には一度も爆撃されなかった(^^;

偵察兵のTNT爆弾には数回やられたけど(^^;

Yuka for V4(A4)

Aneraさんちで、なにやらよさげなオリジナルフィギアを使われていたので

無理言ってFC2ファイル(と言ってもBLOGのFC2ではない(笑))
をリリースしてもらっちゃった(^^)

ウチの環境で適用しようとすると、若干警告が出るが(笑)
次の3つのモーフを適用してあれば問題がないとのこと。

Aiko4 Morph
V4 Base Morph
V4 Morph++

気持ち、Aneraさんのプロモよりもあごの輪郭が違うような気もするけど、
まあいいか、と思っている(^^

とりあえずテストレンダ
200911042.jpg

う~ん、かわいいな~♪(^^
大人の落ち着いた雰囲気がよく似合いそうだ(^^

なんだか、久しぶりに普通のポートレート画像を作りたくなってきた気がしないでもない(^^

(とか言いながら Cinema4Dに持っていくと雰囲気変わっちゃってボツになるいつものパターンになるのか!?)((((^^;

なにわともあれAneraさんに感謝(^^

で、彼女の名前は「姉良由香」でイイですか?(笑)(^^

Pentium4地獄(その2)

さて、昨日ネタにした、間違って買ってしまったP4の活用についてだが、
ボンヤリと考えてみた。

一番簡単にやれそうなのは、Socket変換のゲタを使う事なんだけど、
これはどうやら該当製品がない事が判っているのでボツ。

次は対応マザーボードを買ってくること。
ただ、LGA775は今でも現役の規格なので中古でも意外と値段が高い事が判った。
更に選択によっては、メモリの規格も変わるしHDDもIDEからSATAに変え
なければならなくなるかもしれない。

それにマザーボードを交換するとなると本体の分解から始って
OSを再インストールなども必要になるだろう。

面倒だ。。。

てか、このままなし崩し的にいろいろ出費がかさむんじゃなかろうか?(^^;

来年くらいになれば新たなマシンを購入するかもしれないし
そうすれば今使っているセカンドマシンは
そのまま子供達の手に渡るだろう(^^;

そう考えるとあまり費用をかけるのもナンセンスに思える。
....いや、最初からそう思っていたのでCPU乗せ換え予算が2千円だったハズ(笑)

仕方がない、
このCPUはセカンドマシンが故障した時のスペアとして取っておく事にしよう(^^;

で、CPU乗せ換えに失敗したCeleronマシンは後2千円くらいかけて
メモリを増設する事で終了としよう(^^;

おわり

Pentium4地獄

ここ数カ月、ウチにCeleronマシンが眠っている。
これを放置しておくのもなんとなく勿体ないので子供用にと考えてみた。

ただ、買った当時から非常に遅い印象があるマシンだ。

枯れ果てた旧パーツであれば安く手に入るし、
ちっとは改善してみようかと思ってみた。

とりあえずCPUがCeleronだからこれを乗せ換えれば少しはマシになる
だろうって事で、Pentium4を乗せる事にした。

現在セカンドマシンとして使っているP4-3.4GHzだとさほど遅いとは感じないので、
これなら多少改善するだろう。

予算は2千円くらい(^^;
ただし、マザーボードがPentium4に対応していないんじゃ意味がないので
それだけは確認しておく。

その結果、Pentium4にも対応している事が判った。

それじゃ、と言う事でパソコンショップの中古コーナーを物色。
すると、あるにはあったがジャンク臭いむき出しのCPUでさえ5千円とかするし(^^;

数件周ったが予算に見合う商品はどこにもない(^^;
そして思い当たる最後のショップを覗いてみると、

そこには予算通りのCPUがあった(^^)
Pentium4-3.0GHz HT が2300円で(^^
しかも丁寧にリテールボックスに収められ
マニュアルや純正ファンまで揃っている(^^)。


やっぱ探せばあるんだよね


速攻で購入。


これで少しは速くなるだろう

早速取り付け作業開始。

........なんか違和感を感じる(^^;

既存のCeleronにはケンザンのような接点が出ているのだが、
買ってきたCPUにはない(^^;

ま、まさか、、、、

と再びマザーボードのマニュアルを開く


「Socket478」とか書いてあるし(^^;

買ってきたのは 「LGA775」(^^;


なんてこったい! Pentium4ってソケットが2種類あったんだ(^^;

そういや、店のオニーチャンが「LGA775のPentium4でよろしいですか?」とか聞いてたっけ??(^^;

そんときは気にも留めてなかったがそういう事か(^^;


いやはや.......思い込みってコワイ(>_<;)

とりあえずゲタを探してみたけど、

Socket478CPUをLGA775に変換する製品は見つかったけど、
その逆は見当たらなかった(^^;


まあ再売却するのももったいないし、
ちょっと使い道を考えてみようかと思っている今日この頃だった(^^

ネタ切れ気味(^^; (BattleFiled1943 Playstation3)

これまでネタにしていたこのゲームだが、
あまりにも日常化してきたので敢えてネタにすることもなくなってきた(^^;

相変わらず敵にイジメられてイライラすることも多いが(笑)
いまだに楽しめている(^^

元帥になって、階級についての目標はなくなってしまったので
今では「1日1500点」を目標に取り組んでいる。
普通にやれば6戦くらい、ノリノリなら2~3回で達成出来るので
日々の目標としては悪くない数値だと思う(^^

たまに天敵のような敵プレイヤーに遭遇して1000点くらいでイヤになることもあるが(^^;
そんな時は意固地にならずに戦場変えで対応するのだった(爆)