FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

Pentium4地獄

ここ数カ月、ウチにCeleronマシンが眠っている。
これを放置しておくのもなんとなく勿体ないので子供用にと考えてみた。

ただ、買った当時から非常に遅い印象があるマシンだ。

枯れ果てた旧パーツであれば安く手に入るし、
ちっとは改善してみようかと思ってみた。

とりあえずCPUがCeleronだからこれを乗せ換えれば少しはマシになる
だろうって事で、Pentium4を乗せる事にした。

現在セカンドマシンとして使っているP4-3.4GHzだとさほど遅いとは感じないので、
これなら多少改善するだろう。

予算は2千円くらい(^^;
ただし、マザーボードがPentium4に対応していないんじゃ意味がないので
それだけは確認しておく。

その結果、Pentium4にも対応している事が判った。

それじゃ、と言う事でパソコンショップの中古コーナーを物色。
すると、あるにはあったがジャンク臭いむき出しのCPUでさえ5千円とかするし(^^;

数件周ったが予算に見合う商品はどこにもない(^^;
そして思い当たる最後のショップを覗いてみると、

そこには予算通りのCPUがあった(^^)
Pentium4-3.0GHz HT が2300円で(^^
しかも丁寧にリテールボックスに収められ
マニュアルや純正ファンまで揃っている(^^)。


やっぱ探せばあるんだよね


速攻で購入。


これで少しは速くなるだろう

早速取り付け作業開始。

........なんか違和感を感じる(^^;

既存のCeleronにはケンザンのような接点が出ているのだが、
買ってきたCPUにはない(^^;

ま、まさか、、、、

と再びマザーボードのマニュアルを開く


「Socket478」とか書いてあるし(^^;

買ってきたのは 「LGA775」(^^;


なんてこったい! Pentium4ってソケットが2種類あったんだ(^^;

そういや、店のオニーチャンが「LGA775のPentium4でよろしいですか?」とか聞いてたっけ??(^^;

そんときは気にも留めてなかったがそういう事か(^^;


いやはや.......思い込みってコワイ(>_<;)

とりあえずゲタを探してみたけど、

Socket478CPUをLGA775に変換する製品は見つかったけど、
その逆は見当たらなかった(^^;


まあ再売却するのももったいないし、
ちょっと使い道を考えてみようかと思っている今日この頃だった(^^

スポンサーサイト