FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

R11.5チュートリアル購入

予定通り購入(^^。
PDF7本セットなのだが、ダウンロード販売ではなくやっぱり郵送されてきた。

しかし、そのパッケージたるや同人ソフトよりも簡素だった(^^;

まずDVDケースに入れられてきたのだが、
パッケージラベルは普通紙にインクジェットで印刷されたような雰囲気だった(笑)
そしてメディアはCD-Rで自体のラベルは”無地の白”だけ(^^;
これじゃテキトーにパソコンデスクに放置しておいたら
書き損じメディアとかと区別つかなくなくなってしまう(^^;

せめて「R11.5チュートリアル」とか印刷すればいいのに(^^;
あまりにもプロっぽくないパッケージぶりに思わず大笑いしてしまった(^^;


ま、PDFの内容とは一切関係ないんだけどね(^^;

肝心のPDFの方は?と言えば
思った通りのナイスな内容だと感じた(^^

とりあえず、先日書いた「反射チャンネルを設定していないのに鏡面反射しやがる」件
透過チャンネルの「透過フレネル」の影響である事が判ってとてもスッキリした(^^
言われて見れば「透過フレネルの鏡面反射度」なんて項目があるし(^^;


今回は7本まとめて来たので
何からやろうか?と目移りをしてしまう(^^;
去年配信された「グローバルイルミネーション」は一番気になる内容だったし、
これだけがリリースされたのでじっくりと落ち着いて読めた。

PDFに振られている順番は
1.グローバルイルミネーション
2.作業環境
3.モデリング
4.マテリアル&テクスチャ
5.ボディペイント
6.レンダリング
7.アニメーション

なのだが、わたし的にはこの順番にやってもきっと飽きるだろうなと思う。

とりあえず「PoserからiPP使ってC4Dに取り込んでレンダリング」てのを主眼とすれば
1の次に重要なのは6の「レンダリング」の章になるだろう(^^
その後は4の「マテリアル&テクスチャ」だろうな(^^
2の「作業環境」はその後くらいに目を通す雰囲気で(^^

と言う事で、
次の順番で読んでいく事にした

1.グローバルイルミネーション
6.レンダリング
4.マテリアル&テクスチャ
2.作業環境
3.モデリング
5.ボディペイント
7.アニメーション

(既にパラパラとひと通り全てのPDFには目を通したのだが(^^;)

作画していくとどうしても技術的に習熟が必要な場面に遭遇し
そこで初めて詳細を調査していくと言う手法が常なのだが、
これって悪く言えば「泥棒を捕らえて縄を綯う」状態だ(^^;
まあそれでも遅くはないとは思うが(笑)

思い描いた結果にならないとイライラするのは間違いないので
暫くのあいだ、暇な時にはマメにこのチュートリアルPDFを眺めて行こうと
思っている(^^。

本当はC4Dのマニュアルもそうしたいんだけど、
以前はPDFだったマニュアルも現在はC4D本体に組み込まれてしまったので
なかなか持ち歩けずに困っていたりする(^^;

ノートパソコンにデモ版でもインストールしておけばマニュアル閲覧出来るのだろうか?(^^;

スポンサーサイト