FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

FireFryレンダ(Poser7)

Windows7にしてから(と言っても最近になってからだけど)、
Poser7で”Poser4互換レンダ”をしているとアプリケーションエラーでPoser7が落ちてしまう症状が出るようになった。

FireFryレンダは仕上がりがあまり好きではないため出来れば避けたいのだが
こうなるとそうもいってられない(^^;

仕方がないのである程度真面目にFireFryと向き合ってみる事にした。(^^;


とりあえず、自動設定デフォルトでやってみる。
ボケボケのふにゃふにゃなレンダリング結果がそこに現れる(>_<)

なんじゃコレは?と思いつつ
バーをスライドして「ファイナル」でやってみる。

......まあ悪くはないが、
なんか煤けて見えるんだよね(^^;

やっぱり自動設定じゃダメっぽい(^^;
でも手動設定だと設定項目用語がさっぱり判らないんだよね(^^;

安いレンダラーでも設定次第でそれなりの画像を作れるって言う人もいるが
それは機能の仕組み(理屈)を良く理解出来ているからだと思う(^^;
凡人にはなかなか難しい。

しかし今回はやむを得ないので、
「バケツサイズ」ってなんじゃーーーっ!!て所からスタートせねばならない(^^;


そこで、以前買ったまま放置してあった一冊の書籍が蔵出しする事にした(笑)

Poserパーフェクトガイドがそれ(^^


なぜこの本を放置しているか?と言えば、
「Poser4時代の機能しか使ってないから」がその答え(^^;
つまり、リファレンスが必要になるような使い方を一切していないからで、
決して「この本の内容ぐらい理解しているぜぃ」と言った理由ではない(苦笑)

「いつの日か、ダイナミククロスとかマテリアルノードとかの機能が必要になったら読もう」と思ってはや数カ月が経過していた(^^;

少し話が逸れるが、
この記事を書いている際にamazon.comのレビューを見て思ったのだが、
この本はズブの初心者向けじゃないよねって事が判る評価内容だったって事(笑)

特に、いまどきのPoser遊びには必要不可欠なDAZフィギアの購入について批判している部分でそれを感じた(^^;。

でも初めてPoserの世界に来た時は、
外国の有料フィギアを購入すると言うこれ自体がそびえたつ敷居として感じていたな~と今更ながら思い出した(^^

Poser本体も「DAZ Victoria同梱版」とか出せばいいのに(^^;

このPoserパーフェクトガイドは、
とりあえずPoserで遊ぶ、初心者から毛が生えた程度の辺りでウロウロしている我々にターゲットを合わせた
現実に則したナイスな内容だと(ロクに読んでないクセに)思っている。(^^;


閑話休題

確か、以前パラパラと眺めた時にFireFryレンダ設定について掘り下げて書いていたような気がしたので
そこを見てみる。

おお、あったあった(^^

なるほどね

とりあえず、自動設定でファイナル選んでおいて、
そこから手動設定に移動して
細かい部分を設定し直せばよさそう(^^

実際にやってみると、
(それなりに調整すれば)レンダリング速度が
Poser4互換レンダよりも早いかもしれない気がした(^^;
FireFryはPoser5の時に遅くて使いにくい印象を持ってから
殆ど使った事がなかったのだが、
Poser7ではその辺が改善されていたと言う事か......(^^;

ただし、仕上がりはPoser4互換レンダのマットな雰囲気ではないので、
ライティングの感覚を改めなければならなそう(^^;

項目の概略が判ったので、どこがキモの部分かがちょっと見えてきたし(^^
しばらくFireFryで遊ぶのも悪くないかな?と言う気がしたひとときだった(^^
スポンサーサイト