FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

8章に突入(ファイナルファンタジーXIII )

気がつけば没頭していて、一気にここまで来た(^^

RPGでないと言う仮説を理解・実感したせいか、
主人公を演じられないストレスからも完全に解放された(^^

この作品はやっぱり「参加型映画(笑)」だと思う。

よくある「映画が成功したのでその世界観を楽しむゲームを作りました」とか
「映像では語られなかった部分を含め小説化しました」とかいう2次創作モノがあるが
  ↑
これらを予め融合させた形で作品に仕上げたらこうなりますよ”と言う一つの完成系に思えてきた(^^

特定の登場人物を演じるのではなく、そこに置かれた全体の立場を楽しみながら
戦闘シーンや移動などはプレイヤーが操作してその世界の雰囲気をタンノウすると(^^)。

例えば、映画マトリクスでいえば、映画中で直接エージェントとの戦闘や追いかけっこをプレイ出来るイメージ。
でも基本は映画でありプレイヤーが介入した所でストーリが分岐する訳ではないので
プレイ部分に余計な手間をかけさせない。でもおざなりな作りではない。。。そういうノリだ(^^。


強いて言えば、戦闘場面と移動はプレイヤーが演じているので
そこを指してRPGと呼んでいるのかもしれない(^^;。

スクエアと言えば以前、映像だけで勝負できると睨んで、CGだけで映画作って大コケしてたような覚えがあるが(^^;
今回のFF13のようなアプローチは決して悪くないと思う(^^(中古相場だけをみるとコケているように見えるけど(^^;)
ていうか、もしかしたらこれまでのFFも似たようなものかもしれないが、やった事がないので知らない(^^;

Amazon.comでの低評価なレビューは、
大体が「FFは1からプレイしている大ファンです」って人のものが多い所から
「FFと言うRPG」と言う先入観を持っている人たちには受け入れ難いものなんだなと分析してみた(^^。
逆に、どちらかと言えばドラクエ派&アンチFFだった私は、
FFに対する愛着が無かった為に受け入れやすいのかもしれない。

余談だが「RPG=冒険」は明らかにカンチガイでしょう(^^;
この構図でレビューしている方々は「街が無い」とか「もっと冒険させろ~!」と叫んでいた(^^;
それはアドベンチャーRPGの役目(^^;
※前述の通りFF13はRPGですらないが(^^;


が、まだ8章なので
これからどう評価が変わるかは判らない(笑)

とりあえず、プレイ当初に感じたわだかまりストーリは、
章が進むに従って氷解して行き、物語としてはとても興味深いものに感じてきた(^^

(文章にすると陳腐なものに聞こえるが)天上と地上に存在するそれぞれの正義。
上層部の情報操作の上で翻弄されるそれぞれの住民達。
真実を知る者(知ったかもしれない者)はことごとく抹殺される極端な政策の意味するところが何なのか?が
今いちばん気になるところだ(^^

と言う事でこれまで疑問に感じていた事の結果を書いてみる。
もちろんネタバレである(笑)
【“8章に突入(ファイナルファンタジーXIII )”の続きを読む】
スポンサーサイト