FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

Core i7-980X ×2?

この記事読んでたら、i7のクセにDualCPUが出来るような錯覚に陥った(^^;
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100323-00000035-zdn_pc-sci

よく読んでみたらそこだけ「Xeon X5670」の話題になっていた(^^;
まあ表題が「6コア時代の幕開け」ってなってたのでネタ的には間違ってはいないが(^^;

この「Core i7-980X」単体販売は4月からのようで、現在の価格はconecoの予価で100,000円。

ふと気になってXEONを調べてみたのだが、
CineBenchR11.5で[10.35]を叩き出す「XEON X5570 BOX」がカカクコムで 135,179円だった。

10万円と言う数字を見た後だと、単体レベルではそんなに変わらないように見えるから不思議だ(^^;

XEONの魅力としてはDUAL CPUが組める所で1CPUから2CPU化なら単純に性能が倍になる。
つまり、最初は1CPUで運用しておき、
価格がこなれてきた頃にCPUを追加すれば5年くらいは
(コンシューマ用として)最速の部類に入れるのではないだろうか?

。。。無理だよね(^^;

それなら2年前に驚愕したMacPRO(XEON DualCPU)の性能を現時点で「i7 6Core」が追い抜いていてはいけない(^^;

やはり主力としては3年がいい所だろう(^^;

そう考えるとここでムリしてもやはり長期的にはあまりメリットがない。
でも短期的には凄いメリットがある(笑)
少なくとも向こう6カ月は優越感に浸りまくりだろう(^^
その後は新製品の影におびえなければならないが(苦笑)

つまり6カ月の優越感の為に10万円余計に払えるか?と言う事(^^
仕事に直結しているマシンであれば、別の視点もあるんだろうが、
ウチのマシンは完全にホビー用なのだ(^^

後は壊れた時の修理代がバカにならないって問題がある。(^^;
万が一壊れた時のパーツ調達は相当辛い(^^;

予定通り今秋に向けて調整をしていこう。


いやはや、やっぱりこうやって考えている時間がある意味至福かも(^^;

スポンサーサイト