FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

ドラクエ5 サントラCD

久々にドラクエ5をやり始めたら無性にサントラを聞きたくなってしまった。
気に入ったゲームタイトルは、サントラCDを買う事が多く、
ドラクエで言えば「2・3・4・8」とゲトしている。

いずれもオーケストラヴァジョンなのだが、、、、と持ったら8だけ違った。
8のサントラはダメダメで、
ゲーム内で使われている音源をそのまま収録しただけのもの。

まあゲームBGMからのサンプリングの手間が省けたと思えば良いのだが、
他のオケヴァージョンが優れているだけに手抜き感が強い(^^;

5は?と言えばどうやらオケヴァージョンが存在するらしい。
ただし、発売したのが昔なので現在でも入手可能かどうかが心配。

とりえず、見つけたのがこれ


新品はプレミアム価格になっている。(^^;
もうちょっとこう、安価なモノはないのだろうか?
と思って探したら別のヴァージョンで中古800円~と言うのを見つけた。

が、これはなんと悪名高きCCCD版だった(^^;



もう少しマシなモノはないのかな?
と思いつつ、ふと最近DSに移植された事を思い出した。
だったら、サントラも再販しているのでは?
と思い探してみたらちゃんとあった。(^^)



値段も新品で2200円(この記事書いている時点)だし、
普通のCDだし、これなら問題ないねと言う事で購入(^^)



で、先日届いた訳だが、
第一印象では非常に良い仕上がりになっていた(^^

ゲームオリジナル音源の雰囲気が保たれていて違和感がない。
かと思えば感情が込められた生演奏ならではの迫力があり、久々に鳥肌が立った(^^
いやはや、久しぶりにエクセレントなCDを買う事が出来た(^^


さて、ここからドラクエシリーズそのものの話になる。

これまでで一番の名作は「ドラクエ2」だと思っていたが、
先日買ったファミコン環境でやり直してみたところ
(うすうす感じていた事だが)やはり過去の栄光である事が判った(^^;
今となっては、やり続けるのはツライものがある。(^^;

DSにリニューアルされた「ドラクエ4」もやってみたが、
最終章でイヤになってやらなくなってしまった(^^;

その点で、現在でも楽しめてしまう「ドラクエ5」が一番の名作ではないか?
と思えるようになった。

とりあえず、2周クリアしている。
もちろん結婚イベントで分岐する奥さんをどちらも体験するためもあったのだが(笑)
でもこれは、結婚前の途中セーブからではなく、
ちゃんと最初からやり直して、である。

まあ1回クリアすると1年以上やらなかったから
やり直しをしてもある程度新鮮さがあった訳だが(^^;

結婚と言えば、ドラクエ5には結婚イベントがあって
2人の女性どどちらを選ぶのか、二者択一を迫られる訳だけど、

普通に考えると、と言うよりも「人として」考えれば
あの状況であれば、幼馴染のビアンカを選ぶべきだと思っている(笑)

もともとビアンカの方が主人公と付き合いが長いし
会話からもビアンカが主人公に好意を寄せている雰囲気はあったし、
主人公も冒険を通じてビアンカに愛情が芽生えていると思うんだよね(^^;

それに対し、フローラなんぞは、にわかに出てきた相手で、
「条件さえ満たせれば(主人公でなくても)だれでもいいじゃん」といった雰囲気だった記憶がある(^^;

それにフローラは富豪の娘なのでこの先幾らでもチャンスがあるのだが、
田舎に住むビアンカはそうはいかない。(苦笑)
。。。と思うのはビアンカに失礼だろう。
これをストレートに伝えれば、
ビアンカに「お情けなんかで結婚してくれなくて結構よっ!!」って怒られそう(^^;


そんなわけで、1回目はビアンカを選択した。

2回目はフローラを選択したんだけど
なぜか、妙な罪悪感がつきまとった(笑)

フローラとの結婚後も、ちょくちょくビアンカに逢いに行ったのが悪かったのかもしれない(笑)
もしかしたらビアンカはずっと一人身で暮らすのだろうか?と思えるフシもあった。

結婚直後からビアンカは完全に物語から外され、主人公もビアンカどころではなくなってしまう。
。。。。寂しすぎる。(T-T)


まあ、この話は主人公自身が悲運の持ち主なのだが。。。。(苦笑)

とりあえず、今やっている3回目は
是非ともビアンカを選択しようと心に決めたのであった(^^

スポンサーサイト