FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

社会事件から婚活・相性へと思いを馳せる

関西方面で母親が子供を放置して死なせてしまう事件があった。

幼い子供にとっては親が全てであり、
そんな中で見捨てられると言う事がどれほど怖いことだろうか?と
想像しただけでも胸が詰まる。

こういう話になると家庭環境の歪みとか、
地域社会がなんとやら、
といろいろと騒がれるわけだが、

はたして自分のいる環境が、
あるいは自分の作る環境が今後の生活に対して
歪みがないと言い切れるのか?と考えるとあまり自信がない(^^;

自信がないので、
こういう事件が発覚するたびに「そうならないように心掛けていこう」と思い直すばかりだ。

-*-

あと、こういう事件を聞く度に他人事に思えない理由がもう一つある。

私は宗教には関わっていないが、
いわゆる「前世」と「来世」を信じている(と言うかあったらいいなと思っている。)

余談だが、
よく思うのは、来世は今とは別の性別に生まれたいなと言うこと(笑)
できれば今の性別の記憶を残したままで転生出来ればいろいろと異性の考えが理解出来るのではないか?とかね(^^;。
でも、それを考えるたびに「実は前世で同じことを考えた結果、別の性別に生まれ変わった今があるのではないか?」と思えたりもする(^^;
で、「結局無いものねだりだよね~。今の性別をもっと楽しまなくちゃソン」と思い至る流れになるんだけど(^^;


ま、そういう流れで「来世」にも期待しているのよね(^^;
でも、来世に向けて親は選べない(仮に選べたとしてもその後にどう転ぶか分らない)ワケで、
下手をすると、虐待事件の被害者となるところに転生する可能性もゼロではない。

そう考えると、未来社会に希望が持てて、
来世に向けて安心して死んでいけるような社会になって欲しいと思うのは
ある意味でスジが通っているんじゃないかな~。(^^;なんてね。

もちろん、人間に転生する保証もなければ、
同じ日本に生まれる保証もないんだけど、
それでも、自分が携われるところだけでも改善を心がけられたら
現世の自分が満足するのだからそれでよしとする(^^;
【“社会事件から婚活・相性へと思いを馳せる”の続きを読む】
スポンサーサイト