Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

バランスオブパワー

近頃の自称発展途上国のGDP第2位の国の動向には、
気分がウツになる(^^;

今回ほど戦争(紛争当事国)の可能性を身近に感じた事はなかった。
日本が申し込んでいる安全保障システムもなんだか機能していないようだったし

そこから輸入すれば「安いから」と言うだけで安易にそこに飛びついていては
その国に足元を見られてしまうと言う事を実感した。


つい先日までは、このままEUに匹敵する商圏をアジアに構築していけるのかな~
などとうっすら期待していたのに(^^;

いろいろな記事を読んでいると、
どうやら太平洋に障害なく繰り出すために自分の領土を広げラインを確保したい
と言う側面もあるようだ。(要するに尖閣の次は沖縄全体を対象にするという戦略だろう(^^;)
確かに世界地図を見ると太平洋に出る道筋は全て各国に塞がれている。


そして発展途上国として先進国側から政府開発援助金をもらっておいて
周辺諸国へ影響力を及ぼす為に資金援助していると言う意味不明な事もやっているそうだ(^^;

あと、あの国に言わせれば東南アジアなどもあの国の領土のひとつだそうだ(^^;

そう言えば、最近は東南アジアでの基軸通貨を
ドルから自国通貨に切り替えようと模索しているそうだし
そういう戦略のひとつと言われれば、なるほどねと思えなくもない(^^;

更に、実は沖縄ももともとはあの国の領土だったのに、
米国が返還先を間違えたなどと主張している人もいるそうだ(^^;

そのうち、卑弥呼は魏が認めてやった国とか言って
日本自体があの国固有の領土になってしまうかもしれない(^^;

日本がそうなら隣の韓国などはもと属国な訳で、もっと立場が危ういと思うのだが、
何故かこういうニュースも出ている。

「強大化」は予想以上、○国との共存を探れ―韓国メディア


それはともかく、
一連の動きを見ていると、
東西冷戦時代のゲーム「バランスオブパワー」を思い出す(^^;。

このゲームは、
アメリカの大統領かソビエト連邦の書記長になって
世界のあちこちで発生する紛争の解決や相手(米国またはソ連)の嫌がらせに
抗議したりして自国の影響力(威信)を高めて行く内容だった。

やれる事は少なく
・政府側に資金援助
・反政府側に資金援助
・政府側に武力援助
・反政府側に武力援助
・その国に派兵
・隣国に派兵
くらいだった気がする。

そして相手も同じ事やってきて、揺さぶりや勢力圏の確保を狙ってくる。
それに対し、相手の嫌がらせには「抗議する」事が出来る。(ボタン押すだけ)
もちろん相手もプレイヤーの行動には「抗議」してくるので、
それに対して受け入れたり拒否したりする。

その時に、やみくもに抗議したり拒否し続けたりすると
最終的には核戦争となりゲームオーバーになってしまう。
そして引き下がるにしてもなるべく早い段階で引き下がらないと
国の威信が大幅に下がって、相手がより強硬な態度で出るようになってしまう。

例えば、ソ連の書記長になってプレイしたとする。
日本のステータスを見ると「米国圏・民主主義・政治体制は安定・反政府組織は○○」などと表示される。
ここに「反政府組織に資金援助」とかやると、
その途端に日本のメディア報道で「ソ連が反政府組織に資金援助している模様」と伝えられ、
米国から強い抗議が来る。
勢力圏が曖昧な紛争地であれば、6段階くらいの軽い抗議なのだが、
「米国圏」などと言う所にちょっかいを出すと、
1回の拒否でゲームオーバーになるくらいの強硬な態度に見舞われる。
そりゃそうだ。相手にとっては明確に自分の勢力圏となっている場所なんだから、
引き下がる訳が無い。

ちなみに一つの国に対し起こした政策について、相手国から抗議された場合、
1度も相手の抗議を拒否せずに引き下がった場合には威信は傷つかない。
そのため、相手の目を盗めたらラッキーくらいの気持ちでちょっかいを出すと言う事もやれる。(^^;

ただし、やられた方は、ちょっかいを出された時点で抗議しないと
その動きを黙認した事になり、そのちょっかいの内容は継続され
しかもそれについて抗議する事が出来なくなってしまう(^^;

逆にちょっかいと思って抗議したが、
実は既に相手国の勢力圏に入りつつある場所だったりすると
相手の譲歩は導き出せずにこちらの威信が大幅に下がってしまう。
もしくは核戦争でゲームオーバーになる(^^;

他にも、相手側影響下の国へのちょっかいを出す方法と言うのもあった。
それは「フィンランド化」と呼ばれる戦略。

ただし、フィンランド化と言う言葉自体はゲーム内では登場せず、
攻略本の方に記述されていた戦略だった。

バランス・オブ・パワー デザイナーズ・ノート [単行本]


余談だが、実はこの本は未だに我が家にある(^^;
IMG_7470.jpg

フィンランド化とは簡単に言うと、
政治的に敵対する相手勢力圏の隣の国に派兵したり資金援助したりして影響力を増大させる事で、
隣国の敵対する政治体制が自国側になびいてくる現象だ。

先に紹介した韓国の記事は
見方を変えるとフィンランド化の一種に見えない事もない(^^;
(ただし記事を取り上げている会社が、
日本のスポーツ新聞並みにある事ない事書いているような雰囲気なので全体の意見ではないと思う)



まあ当時の日本相手にソ連がちょっかい出すのは極端な例としても、
どちらが主導権を握るべき国かを見誤ると核戦争に突入してしまうため、
その見極めにドキドキする事が出来る、非常に論理的な良いゲームだったと思う。
(もちろん何回も世界を滅ぼしてしまったが(^^;)

このゲームに没頭してからは、
光栄の三国志・信長の野望などの外交や侵略戦争ゲームが
とても詰まらないものに見えてやらなくなってしまった。

その後PSで発売された文明発達ゲーム「シヴィライゼーション
はかなり期待したのだが、
敵国(コンピュータ)が情勢を全く考慮しない外交戦略しかとらず
かなりがっかりした記憶がある。


バランスオブパワーのようにランダム要素の低く
論理的な駆け引きが体感出来るゲームって結局あれっきりだったような気がする(^^;


最近の某国の圧力のかけ方が、このバランスオブパワーのゲーム内容にそっくりなので
ふとまたやりたくなってきてしまった(^^;

スポンサーサイト

戦場を見極める(BF1943 PS3)

相変わらず毎日2~3試合しているのだが、
全体順位はジリジリと下がってきている(^^;
一時は300位を切りそうだったのに(^^;
みんなどんだけやってるのだろうか(^^;

一日2試合くらいのプレイとなると、
やり易い戦場を見極める必要がある。
何故ならば、
極端にゲームバランスがくずれた状態の所に参加すると効率が悪いし
気軽な気持ちで楽しめないから。

今回は、
私がそういうやり易い戦場をどうやって選んでいるか?を書いてみる。

以下箇条書き

・戦場への参加は「部隊に参加する」を選ぶこと
一番最初にやる事はこれ。

もしも、この時に誰とも部隊を組めない場合は
その戦場はキャンセルする事を検討した方がよいかもしれない。

こういう場合は、だいたい旗が真っ赤になっている事が多い。(^^;
つまり部隊を組んで戦っている人が少ないと言う事は、
味方の連携が上手くいってないと言う事なので、
このまま参加しても劣勢を強いられる事が少なくない(^^;

さらに、旗が真っ赤になっていると言う事は
逆に、敵側の部隊連携はある程度上手くいっている可能性が高い。

ただし、旗の数を見て互角または自軍が有利ならば
出撃してもよいかもしれない。
それは相手側の部隊連携もガタガタの可能性があり
付け入る隙があるから(^^

・出撃する前に、戦況を示すミニマップを眺める
次にやる事はラグの確認。
ラグが酷い所は撃って撃ってなかった事になったり、
TNTを撒いてもリセットされたりと
本来のシステム以外の部分での難易度が格段に上がってしまう。

そういう場合に相手側も条件は同じかと言えばそんな事はなく、
あくまでも自分のPS3からサーバまでの回線状況に左右されるものらしい。

まず味方飛行機のシルエットが進んだり戻ったりしている場合は要注意
戦車のような低速で移動するビークルのシルエットがカクカクしている場合はもはやNG。
味方部隊の出撃状態をプレビュー画面で眺めて、
これがカクカクしている場合もかなり危険だ(^^;

もし飛行機がカクカクしているだけなら、
まだ許容範囲内かもしれないので
その場合は実際に出撃してから判断する。

どうやって判断するかと言えば、
本拠地に出撃して4歩くらい走って止まってみればよい。
この時、ズズーッと引きもどされるようならかなりラグっていると判断出来る。
こういう場合は素直にその戦場を誰かに任せて抜けた方がよい。

ちなみに、BF1943用のサーバは1つではないようで、
何度も接続を繰り返していけば、
ラグの気にならないサーバにたどり着く事が出来る。

あと、もう一つのラグ部屋の見極め方法としては、
「元帥がいるかどうか?」で判断すると言うものがある。

高級士官はラグ部屋を避けるすべを知っているので、
酷いラグ部屋には居ない事が多いのだ(笑)。

下級士官ばかりが対戦している場所を見つけて
ひゃっほう!と思っても、
呆れるほどラグっててゲームにならない場合があるので要注意(^^;

逆に言うと、ラグの無い部屋は元帥達が集まりやすい(^^;
こういった元帥だらけの部屋はラグは無い代わりに
別の意味で試合にならない事もある(笑)


・敵味方の人数およびメンバーのキル数の確認
片方のトップが一桁キルなのに、
もう一方の5人以上が二桁キルをしているようだと、
ワンサイドゲームになっている可能性が高い。
また、一人だけ突出している場合も要注意。

元帥が一方だけに固まっている場合も要注意。
ただしこの場合は双方のスコアを比較してみて互角なら問題なし。

・ボスキャラの存在にも要注意(笑)
自軍に陣取ってビークルを破壊しているようなメンバーがいる所は即抜けで良いとして
関わると危険だったり面倒なメンバーもいる。

一応2chでさらされている人だけに限定するが
例えば、「ですれいぶ」氏がそれだ(笑)
真面目にやっている事もあるが、
基本的には味方を妨害する事に悦楽しているっぽい。

ガダルカナル時は戦車で自軍滑走路で飛行機の破壊をモットーとし、
硫黄島とウェークの時は飛行機で味方戦車に特攻し自殺させようとする。
私の周りではこの特攻の事を「ですれいぶアタック」と呼んでいる(笑)

気持ちに余裕があるのなら「ですれいぶ」氏が飛行機に乗る前に破壊したり
逆の事をしてあげればいいんだけど、
あまりにも無意味かつ面倒なので関わらない方がよい。

敵にいる場合は直接問題は無いが、
敵側が混乱してワンサイドゲームになってしまう可能性はある(^^;。


あと「ふぶきあきら」氏も要注意
氏は歴戦の兵と言ってよいほどの戦闘機乗りだが、
如何せん我が強い傾向がある(^^;

もし敵に彼がいて、
味方が制空権争いをしていないようなら、
とりあえず戦車に乗るのは止めた方がよい(^^;
何故ならば彼の急降下爆撃の餌食になること請け合いだから。
(後述の自軍荒らしをしているようなら話は別)

この際、嫌がらせの対空砲や戦闘機の出撃などを繰り返してもよいが、
一回倒すのに3~4回やられるのはザラなので
基本的に手間ばかりかかって楽しくない(^^;
それに、ある程度彼に撃ち勝ったりしようものなら、
こちらの本陣に殴りこんできてのリスキル攻撃が開始される(^^;

もし味方に彼がいた場合は、飛行機を彼に譲った方がよい。
でないと、味方の飛行機乗りを排除するために
味方の航空機を延々と破壊しつづける行動に出る可能性が高くなる(^^;

ただし、彼が制空権を確保すると言う事は、
敵戦闘機による対地攻撃の可能性が低くなる訳で、
これは自軍の戦車を有効に使う事が出来る。
この点では前述のですれいぶアタックと全く違う性質を持つ。

運悪く彼が味方陣地でビークル破壊活動を開始したら、
その試合を最後に速やかに離脱するのがお勧め(^^;

このように彼の場合は敵味方双方の場合で注意が必要になる。


この他のメンバーでは、
味方だと心強いが敵だとやっかいと言うメンバーは多くいるのだが
これは経験で見極めるしかない(^^;

出撃中の味方部隊の動きをみる
これは暫く参戦しないと判らないのだが、
部隊出撃をするメンバーかどうかを見る。

例えば、自分が飛行機に乗っている時
味方部隊の誰かがやられたとする。
(これは左下の部隊出撃状態をみれば確認できる)

それを見計らって敵拠点へ降下してみよう。
果たしてその味方部隊は自分の所に部隊出撃してくれるだろうか?
もししてくれるようなら、
その人とはかなり上手く部隊連携出来る可能性がある。
逆に味方部隊が敵拠点の制圧にかかっている場合は
そこに部隊出撃して支援してあげれば、
より早く制圧出来るし、部隊内での協力関係が強固になる。
そう言う部隊に所属すると強いし、負けたとしても楽しいものだ(^^。

逆に部隊が4人いてかつ、自分以外の3人が全員やられているのに
誰も拠点占領行動を支援するために部隊出撃してくれないメンバーだったりすると
なんだか悲しくなる(^^;

なんて事を考えながら居心地の良い戦場を探している(笑)

sakiテストレンダ2

20100922_final.jpg

ほんのちょっとだけ笑顔モーフを入れてみた。
とたんにやさしい眼差しになってしまう(^^;

このガラスの仮面めっ!(^^

衣装は引き続き先日買ったもの。

って、今日もまた当日限定28%オフセールなんてやってるし(^^;

R12化の道は依然険しい

Cinema4Dに関する本音のトークが聴ける所が2chにある。
その名も
CINEMA4D-初心者スレ 2


「初心者」と銘打っているが、C4Dに関してはここしかない(^^;
以前は本スレがあったのだが、全く勢いが無く
気が付いたら誰も次スレを立てずに消えてしまった(苦笑)

でも初心者スレだけでも誰も不自由していないようだし、
ログも大して成長しないので分割の必要性もないようだ(^^


で、ここで今話題になっているのは
XLバンドル→Studioへの無償バージョンアップの話(^^;

そうだ!そうだ!
と私も是非書き込みしたくなった(笑)。
で文章をあつらえてドキドキしながら書き込みボタンを押した。
「これで私も2chに参加するのか」と感慨深いモノがあった。

。。。。!?

何故か「書き込み規制中です!」のメッセージが(^^;

あれれ?まだ一回も書きこんだ事ないのにどういうこと??
実はどこかでユーザー登録とかが必要なのだろうか?

調べてみたら、どうやらプロバイダ単位で書き込み出来ない所があるようだ(^^;
ウチはODNなのだが、これが良くないらしい。
2ch自体が、ODNのユーザーから頻繁に2chに対しての妨害工作を受けているようで、
その対策をするようにODN側に申し入れたが、
ODN側からは一向に協力の気配がないので、「もうODNユーザーなんか知らんわ!」
とODNからの書き込みを制限してしまった、、と言う流れらしい(^^;

プロバイダなんぞで不都合を感じた事はこれまで無かったが、
今回初めて不満と言うものを感じた(^^;

プロバイダ変えちゃおうかな(^^;

それはともかく、

XLバンドルに追加モジュールを導入していて年間ライセンス契約をしていれば
R12 Studioバンドルへ無償で移行出来ると言う案内が来たようだ(^^;

ズルいじゃん(^^;

年間ライセンスって
「年間予算が決まっている法人向け」
ってふれこみじゃなかったっけ?

年間保守契約してなければ22万円払いなさい。さまあみろ!とはあんまりだ(^^;

って、この流れだと7月のXL→Stuioバンドル移行キャンペーンの13万円ですらバカバカしくなる(^^;
だって年間ライセンス結んでいれば13万円払わずに済んだのだから(^^;


もうR11.5で打ち止めにしちゃおうかな?と本気で思えてきた。(^^;
もともとC4Dの機能の2割くらいしか使ってないし(^^;

または数回分の年間ライセンス分を貯金して、
損益分岐点を超えたら一気にStudioバンドルを新規に購入しようか?

例えば、今回Visualizeにアップグレード+年間保守契約したと仮定して
その分を貯金したとする。

79,380円 R12.0(今回アップグレード代)
44,100円 R12.5(2年目保守)==> 累計123,480円
44,100円 R13.0(3年目保守)==> 累計167,580円
44,100円 R13.5(4年目保守)==> 累計211,680円

CINEMA 4D Studio R12通常版 367,080円
CINEMA 4D Visualize R12通常版 198,030円

半額キャンペーンとかやる事を計算すると
CINEMA 4D Studio R??通常版 183,540円
CINEMA 4D Visualize R??通常版 99,015円
(もちろん今後のバージョンの価格がどうなるかは不明)

Visualizeだと1年おきに新品を半額キャンペーンで買った方がお得だ。
仮にStudioにしたとしても、Studioの保守ライセンスを払い続けたら2年おきでトントンになる。

って、それなら毎年新機能が使えた方が絶対お得なので
この間隔で更新するのなら素直に年間保守契約してバージョアップの恩恵にあずかった方がよい(^^

でももしそれ以上待てるのなら改めて新規購入する事を検討しても良いかもしれない。
未だにR7で現役のクリエイターもいるようだし、

新バージョンを追い続けても持て余すばかりだと言う気は確かにする。

そもそもこの年間ライセンス契約ってのが
先行投資的な意味合いがあるからおかしな事になるんだと思う(^^;

現バージョンが欲しければ代金を払え!そうでなければ次回に見送れ!
と言う判り易い仕組みにならないのだろうか?

sakiテストレンダ1

Clioヘアを使って、遠景近景のテストレンダを実施。
20100921_1.jpg
なんか動物的な顔立ちだな~(^^;(嫌いじゃないケド(^^;)
無表情なのが良くないのかな?
もっと不敵な笑みを含ませた方がしっくりくるかも(苦笑)


衣装は今日レンダロで買った水着。
なにやら9/21日だけ22%OFFキャンペーンなるものをやっていたので、
WishListの中身を消化してみた次第。

この衣装、プロモ画像はしょーもないが、実は良く出来ている。
怪しげなモーフも組み込まれていて、
バーチャル空間ならではの遊び方も出来そうだった(^^;

欠点はと言えば、胸から腰にかけてのラインがズンドウっぽくなる事。
この水着には胸を納めるカップが無いので、
シルエットがのっぺりしちゃうようだ(^^;。

この画像でも胸から腰にかけてのアウトラインがゆったりとなっていて
ダイナミックさに欠けている。
ここはとりあえずPSの歪みツールで起伏を付ける事にしよう(^^;

sakiちゃんに似合うヘアスタイルはどれ?

sakiに似合う髪形を探す旅は続く。

前回の記事の最後にも書いたが、
sakiは東洋人と言う設定で使いたいので、
瞳の色は黒、髪の色も黒で考える。
と言っても髪のマテリアルに黒が無い場合があるので、
その時は「黒に近い色」に設定する。


実際、sakiにはどんな髪型が似合うのか?は
やってみなければならない訳で、
とりあえず、片っ端からレンダリングしてみた。

フリーアイテムを含めて全部で40種類(^^;
まだあるが、インストールしてなかったり
マテリアルファイルがインストール先から消滅したりしていて
正しく読めなかったものなどはパスした(^^;

あとVictoria3用やVictoria2用のHairも使っている(^^;
でも、頭にペアレントしてしまえば
ロングヘアなどでもない限りさほど違和感は感じない。

と言う訳で以下がその成果物。(レタッチ無し)
※画像をクリックすると800×800の実サイズ画像が表示される。


1
50sPonyTail.jpg AgentHair.jpg AllBackStyle-By-Kozaburo.jpg AmaltheiaHair.jpg AmarsedaV4.jpg
6
BraidHair.jpg ClioHair.jpg CuffedTail2.jpg DeetaHair.jpg EgyptHair.jpg
11
FKDesign-TwinLongs.jpg GalateaHair.jpg GraceLionHair.jpg GwenihHair.jpg HelenaV4.jpg
16
KalykeHair.jpg KittyNelle.jpg LittleStarHair.jpg LykiaHair-V4.jpg MeliteHair-V4.jpg
21
MelodyHair.jpg NixieHair.jpg RetroHair-V3.jpg SamanthaV4.jpg SapphireFoxHair.jpg
26
ScarletNights.jpg ShagHairV3.jpg ShigiHair.jpg Short-bob-V3-By-Kozaburo.jpg ShortHairMK2-by-kozaburo.jpg
31
SillkyLongHair.jpg SuperBob.jpg TessiHair.jpg TiaHair.jpg TwinChignonVictoria2-By-Maya.jpg
36
UpDo2-By-kozaburo.jpg Velvet.jpg WashHair.jpg YoannaHair.jpg ZephyrusHair.jpg
【“sakiちゃんに似合うヘアスタイルはどれ?”の続きを読む】

TGSに行ってきた

予告どおり、初のTGS見物に無事行ってきた訳だけど、
正直、もういかないかな?と(苦笑)

とにかく人が多すぎてゲーム試遊はおろか見ることもままならない状態(^^;

雰囲気そのものは悪くなかったけど結局2時間くらいでリタイアしてしまった(^^;

子供たちは、見たことのない新作ゲームなどには全然興味が沸かなかったようで、
それよりも、ドラクエ9ですれ違い通信で
入れ食い状態のすれ違い頻度にかなりアツくなっていた(笑)

これまで半年位かけて40人くらいしかすれ違えなかったのに、
今回の会場だけで70人以上とすれ違えたようで、
その点では大喜びだった(笑)

と言うわけで新作ゲーム情報はほとんど入手出来なかった(^^;


で、結局やれることは、
一番鑑賞対象の多いヒューマンウォッチングになる(爆)

意外だったのは、
客層が比較的まともだったということ(^^;
もちろんコアなファンもいたが、
全体的には、カッコイイまたは可愛い人が多くて、
ゲーム業界の社会認知度の広がりを感じた(^^

一説には、いわゆる「きもオタ」と呼ばれる人種は
こう言ったメジャーなイベントには顔を出さず、
自宅から「会場に行ったら負け組」と言っているとかいないとか(^^;
(まあ私も来年からは彼らと口を同じくする部類だけど(^^;)

【“TGSに行ってきた”の続きを読む】

龍が如く最新作情報

次回作5の話が出てきているようだ。

龍が如く OF THE END


、、、つまり、何ですか?
極道キャラでバイオ5って事ですか?(^^;
一体どうなる事やら(^^;


ちょっと今週末(土曜日)に、東京(てゆうか千葉)は幕張まで行って、
ゲームショウとやらを見てこようと思っている。(^^

これまで一度も行った事が無いのでちょっと楽しみ(^^

続・金のかかる女

以前の記事(金のかかる女)に書いたsakiについての続編(^^;


あれから何とか使いこなそうかと四苦八苦しているのだが、
結局どうにもなっていない。(^^;

プロモと同じようなアップ画像ならとても凛々しく好イメージなのだが、
ちょっとでもアングル変えたり引いたりすると
とたんに残念な顔つきになる(^^;


一般的なCG作成時のセオリーに、
「バランスを確かめたい時は、画像を縮小してみればよくわかる」
と言う説がある。

つまり優れた構図や色彩感覚が優れた作品は
サムネイルをみれば一目で判ると言うものだ。

これは確かに言えると思う。

それを踏まえて、sakiについて考えると、
アップは良くてそれ以外がダメって事は、
基本的に顔のバランス(造形)がマズ、、もとい独創的と言う事にならないだろうか?(^^;

ま、こんな事をsaki本人に向かって言えば、
間違いなく半殺しの目に遭ってしまう内容だが(苦笑)

事実、作画した何枚かをボツ(と言うか保存せずに終了)にするくらい
納得いかない結果になる事が多い。

何とかならんかな?(^^;


そうそう、このsakiは1つバグっぽい問題がある(^^;。
それは、既存のポーズファイルで姿勢を変えると
sakiの目が若干ずれてしまうのだ(^^;

もしかしたら私のインストールミスなのかもしれないが、
他のサイトで投稿してあったsakiの画像を見ても
同じようになっていたので、
恐らく共通の問題だと思う。

回避策は、2つの眼球を「エレメントを固定」してしまえばよい。
ポーズが決まったら改めて「エレメントの固定を解除」して
視線を決めれば完了だ(^^
(パッチとか出てくれないだろうか?(^^;)


とまあ、不満タラタラで未だに日の目を見ないsakiだが、
まだ諦めてはいない(笑)
(そういや同じ流れで「Risa」とか作ったっけ?(^^;)

sakiの魅力は、とにかく自信に溢れた眼差しだ(^^
これ以外にない(笑)
ところが、遠景になると何故かこの瞳が強烈過ぎて逆に恐い印象になってしまう(^^;
普通逆じゃないかな(^^;


。。。もしかしたら顔の輪郭がダメダメなんじゃないだろうか?
と仮説を立ててみた。

だとするとアプローチは2つ。
・モーフを駆使して輪郭を変える
・髪の毛で輪郭を隠す

。。。まずは髪型だね(^^;
sakiは東洋人として使いたいので、
瞳の色は黒、髪の色も黒で行きたい。


今回はここまで。(^^;

UPS導入

先日その衝撃は来た(^^;

龍が如く4の究極闘技をやっていて成功したと思った瞬間
「バチン!」と家の全ての電源がシャットダウン(^^;
我が家は全体を統括するマスタブレーカーの他に
部屋毎にもブレーカーが設定されている。

これまでも部屋単位の局地的なブレーカーダウンはたまにあったが、
全体の許容量を超えたのは今回が初めてだった。(^^;

丁度パソコンも立ち上げていたのでまさかのHDD障害が?と
かなりドキドキしたが、幸いPCに異常は発生しなかった(^^;

しかし、究極闘技成功が消滅したのは痛い(^^;
何故ならば、それ以降なかなか成功しないから(涙)

それにもしもデータ保存中なら龍が如く4の
システムデータは全損した可能性もある。

一度こんな体験をすれば、
嫌でも予防措置の重要性に気付かされるものだ。

と言う訳で、UPSの導入となった(^^;

ウチのメインPCの電源ユニットは750W(^^;
常に最大容量でないにしても最低限これを許容するサイズは欲しい。

それにPS3と24inchモニタの3つをUPSにつなげたいと思っている。

こうなると意外に種類が無い。
仕事で良く使っているUPSはAPC社製なのだが、
そこからチョイスすると、

APC ES 750 BE750G-JP
Smart-UPS 750 SUA750JB

辺りが750って書いてあるので該当しているように見えた。
しかし、この「750」とはワットではなく「750VA」と言う意味だそうだ(^^;

実際よく判らなかったのだが、
ワットに置き換える場合0.6倍すればいいと言うのが一般的らしい(^^;

その公式に従って計算すると450Wになり、
ちょっと容量的に物足りない事が判った(^^;

その上位になると

Smart-UPS 1500 SUA1500JB

になるのだが、実売で6万円近くかかりあまり現実的ではない(^^;

そこでそれ以外のメーカーに流れる訳だが、
デザインがヘボく価格も高いものが多く、
イマイチ気持ちが盛り上がらない。

そんな中、
なかなかよさげなモノが1つだけあった。
それがコレ。

Backup CR 1200 CP1200SW JP

容量の割に実売24千円とリーズナブルな価格設定でしかも見た目も悪くない。

1200と言う数値は他社と同じく1200VAなのでW換算が必要なのだが、
換算値720Wなら私の条件をほぼ満たしている。

念の為メーカーのHPもチェック。
http://www.cyberpower.jp/products/ups_systems/cr/cr1200.htm
なかなか魅力的に構成されていて好感を持てる内容だ(^^)。。


あと重要なのが口コミだが、

kakaku.comではレビューが無かった(^^;。

でも、coneco.comには3件ほど存在し、
いずれも好意的なレビューが掲載されていた。
http://www.coneco.net/reviewList/1100113170/


ただ、予備バッテリーの価格がどこにも掲載されておらず、
電池交換になった場合にどうなるのかが不安な所だが、
この値段以上ならぶっちゃけ新しく買いかえればいいので、
まあいいかと思う事にした(^^;

ちなみにバッテリー寿命は3~6年。
十分な耐性があると考えても問題がなさそうだ(^^

価格を比較した結果、
送料無料で一番安かったアマゾンで注文する事に(^^;
【“UPS導入 ”の続きを読む】

ポートレート9(由香)

暫く前の話になるが、
久しぶりにartist sideに投稿してみた。
これは、いわゆるコスプレ。
20100828qssMP_Final2.jpg

アニメキャラをPoserとかで表現しようとすると
その似なさ加減にウンザリするのだが、
最近「コスプレ文化」が定着しつつあるためか、
「これはアニメキャラを真似たんじゃないよ。コスプレを真似たんだよ」
と言う理屈がまかり通るようになったような気がする。

その昔、DAZのオリジナルキャラ「ゴブレス」にピカチューそっくりのテクスチャを貼って笑いを独占した人がいたけど(笑)
あれも今考えればある意味ゴブレスのコスプレと言えなくもない(^^;
きっと彼は時代を先取りしすぎたのだろう。

話は戻って、このコスチュームを作成された方は、
ちゃんとコスプレを意識していて「○○なりきりセット」と命名している(^^。

Aiko4専用だけど、V4キャラがそのまま使えるので
私のお気に入りキャラ”由香”にも着せられるのが嬉しい(^^

クラブのNo1キャラな由香も好きだけど
こういうノリもいいものだね(^^

R12への模索継続中(その2)

昨日書き忘れてたんだけど、
バンドル以外の追加モジュールは今回のバージョンアップ時に値引きされるらしい。

【値引対象モジュール】
・Advanced Render
・Thinking Particles
・MOCCA
・NET Render 無制限
・Dynamics
・Sketch and Toon
・MoGraph


【値引き対象外のもの】
・Engineering Extenstion Kit
・Architecture Extention Kit
・Broadcast Extenstion Kit
・NET Render 3 クライアント



ん? Hairモジュールは???
私の唯一の追加モジュールを無視するなんてあんまりだ(苦笑)

一応問い合わせた方が良いのだろうか?

R12への模索継続中

アップグレード価格表なるものがあるらしい。

https://www.tmsmedia.co.jp/download/R12_ugdm.pdf

。。。。何回か読み直しているウチに腹が立ってきた(^^;
と言うのもこの一文。。。

XL Bundle は、その役目をStudio に譲ることとなりました。
そのかわり、Studio の価格はこれまでのXL Bundle とStudio Bundle の間の価格で提供となっております。


7月一杯のXLバンドル→Studioバンドルアップグレードキャンペーン時には、
XLバンドル廃止のアナウンスは無かったと思う(^^;
(無くなるかもしれないなとはうっすらと感じた気もしないでもないが、今となっては不明)
そしてもう一つの情報、

MAXON サービス契約1年間の価格(税込)
CINEMA 4D Prime R12 21,000 円
CINEMA 4D Broadcast R12 35,700 円
CINEMA 4D Visualize R12 44,100 円
CINEMA 4D Studio R12 68,250 円
BodyPaint 3D R12 21,000 円


そして痛恨のモジュール制廃止(苦笑)
7月の段階でこの3つを聞かされていたら、Studioバンドルにアップグレードしていたかもしれない(^^;
なぜなら私が毎年溜めているアップグレード用の予算は65,000円。
Studioバンドルの年間保守費用とほぼ同じなのだ(^^;

酷いじゃん(^^;

XL廃止にあたり上位バージョンへのスムーズな移行を促すのが7月のキャンペーンの趣旨だったんじゃないだろうか?
それを「大変お得です」の一言で片づけてしまい、
後から「7月に移行しておけば良かったのに残念だったね」と言う
価格設定を見せるのはどうだろう?(^^;

本来なら今回の価格設定を出したうえで、
「XLバンドルがなくなったので、どのEditionに移行するかを検討して欲しい。
尚、XLで提供されていた機能の一部はStudioでのみ提供される事になったので、
上位Editionに移行したい場合はお得な価格でご提供」
と言った流れで、7月のXL→Studioキャンペーンの価格を提示すべきなのではないだろうか(^^;
特に”モジュール制を止める”と言う情報の有無は購入の是非に多大な影響を与えたハズだ(^^;

そういや、過去にこのネタ書いたっけ?と思いだした(^^;
http://yuga.blog5.fc2.com/blog-entry-384.html

ほら、やっぱりモジュール制が続くと思ってXL→Studioへのアップグレード見送っているじゃん(^^;

こんなバクチみたいな判断を迫るんじゃなくて、
もう少し論理的に考えられるようなプレゼンをやってほしいよホント。。。。


iPPの件もあるし、引き続き様子見(^^;

CINEMA 4D R12に向けて

TMSにバージョンアップ設定価格が出てきた。

私は年間保守契約に入っていないので例年と同じ判断になるのだが、
保守契約に入っている人は「一体どのエディションが送られてくるのか?」と
戦々恐々としているようだ(^^;

そりゃそうだ。
なんせ便利だったかつ、保守契約の基準であったモジュール制度を廃止してしまったのだから(^^;



まあ、ようするに従来のモジュール制では、
切り分けが難しくなってしまったと言う事だろう。

一番それが判り易いのがダイナミクス辺りで
クロスダイナミクスやヘアダイナミクスなどを従来のダイナミクスモジュールに
統合したくなった気持ちは判らなくもない(^^;

が、これまで使えてた機能がEdition分割によって使えなくなるのは気分が悪い(苦笑)

私が持っている、XLバンドルからのバージョンアップは次の3つがある。

C4D Studio R12アップグレード/所有製品: R11.5-XL Bundle ¥231,000
C4D Visualize R12アップグレード/所有製品: R11.5-XL Bundle ¥63,000
C4D Broadcast R12アップグレード/所有製品: R11.5-XL Bundle ¥63,000

Studio Editionは値段的に候補にすら挙がらない(^^;
結果的にみれば、先月のXL→Studioアップグレードキャンペーンでアップしておけば
全然お得だったのだが、

仮にその場合でも、来年以降のアップグレード価格が気になってくる。
年間保守に入っていない場合は以下の値段。
C4D Studio R12アップグレード/所有製品: R11.5-Studio Bundle ¥88,200

現時点のXLとの差額3万円位なので、さほど値段が上がる訳ではない。
が、トータル価格で考えると毎年9万円とかとてもじゃないが払えない(^^;

と言う訳でStudio以外の選択肢になるのだが、
そうするとXLバンドルでは使えていた以下の機能が使えなくなるようだ。
・Thinking Particles ノードベースのパーティクルシステム
・クロスダイナミクスと着付け機能
・Hairモジュール!
※Hairは私が追加したモジュール機能なのでXLバンドルには含まれていない(^^;


。。。どれも現時点ではまともに使ってないものばかりなのだが、
そのうち使いたいと考えて少しずつ攻略していたものだ(^^;
特にダイナミクスクロスが使えなくなるのは痛い気がする(^^;

が、無い袖は振れないので仕方がない。
すると「Visualize」か「Broadcast」のどちらかになる訳だが、
バージョンパップ価格はどちらも同じ(^^;

今回のバージョンアップに限ってみれば「Broadcast」を選択する意味が無い。
一応、「Broadcast」にもグローバルイルミネーションやアンビエントオクルージョンなどがあるようだが、
私が常用している以下の機能は「Visualize」じゃないと無いからだ(^^;
・拡散鏡面反射と屈折
・サブポリゴンの変位
・サブサーフェイススキャッタリング
・コースティクス
・ポストエフェクトによる被写界深度
・フィジカルスカイ - リアルの空のシェーディングと2Dと3Dの雲、正確な太陽と星の位置、霧と環境効果


あと「Visualize」だとSketch & Toonモジュールに匹敵するものがついてくるようだ
・Sketch & Toon アートシェーダ
・Sketch & Toon ハッチングシェーダ
・Sketch & Toon 斑点シェーダ
・Sketch and Toon 手描き風レンダリング
・ビジュアライゼーションライブラリ: マテリアル、プリセット、建築用オブジェクト

最後のはプリセットオブジェクトなので、何か使いどころがあれば儲けぐらいかな?(^^;
要するにHairモジュール・MOCCAモジュールと、Sketch&Toonモジュールを交換したと思えばいいのだろうか(^^;


と言う訳で、バージョンアップするなら「Visualize」で決まり(^^。


後は年間保守に入るかどうか?なんだけど、

【12/31まで期間限定】C4D Visualize R12 + MSA 1年アップグレード/所有製品: R11.5-XL Bundle ¥94,500

と言う訳で今年中に申し込めば「31,500円」で年間保守に入れるような雰囲気だ。


どうしよう。

なんだか、R12は内部的な構造を変化させたような雰囲気なので、
春先にR12.5とか出てきそうな予感(苦笑)
であれば、今回は年間保守に入っていても悪くないと気がする(^^;

でもまあこれまでのPluginは全滅っぽいので、
R12を買っても暫くはR11.5と並行で使う事になりそうだ(^^;
であれば、そんなに慌てなくてもいいのかな?と(^^;

CINEMA 4D R12 が出るらしい

噂には聞いていたけど、やっぱり出るらしい(^^;


ニュース記事

なんだかパッケージ体系が大幅に変わってるし(^^;
モジュール単体販売が無くなったとか!?

私のXLバンドル+Hairモジュールはどうしてくれよう(苦笑)

性能を比較すると、XLバンドルに匹敵するのは「CINEMA 4D Visualize」かな?

あと、従来のC++などで作成されたPluginは非互換との事なので
恐らくInterPoserProもそのままでは使えないのだろう(^^;
しばらく様子見かな?

いずれにせよ、値段如何ではバージョンアップは出来ないかもしれないし(^^;