FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

メルトダウン

その昔、「シムシティ」と言うゲームが好きで遊んでいた頃があった。
NECのPC9801シリーズでリリースされた初期のバージョンなので既にうろ覚えだが(^^;



有名なゲームなので名前くらいは聞いたことがあると思うけど、
簡単に言うと未開拓の土地から100万人都市を目指した街づくりを行うのが目的。

街づくりでは電力供給も重要な要素で、
ゲームの中では「火力」と「原子力」の2つが選べた。

火力発電は原子力に比べて建造費が安価だが、供給出来る電力が弱く、周辺に大気汚染を生む。
原子力発電は建造費がかなり高いが、供給電力が多く、周辺に大気汚染も発生しない。
ただし、稀に「メルトダウン」と言う事故が発生し、広範囲に深刻な土壌汚染が発生することがある。

メルトダウンが発生すると、除去不可能(消えるまで数百年?)な放射性物質が
大量にかつ広範囲に撒き散らされてしまい、
その物質があるマスには一切の開拓が出来なくなってしまう。

こうなるともはやゲームオーバーに近い状況になり
実際にその状態から復興を試みた事はなかった(^^;

ゲーム内に用意されているシナリオの中には
「メルトダウンが発生した都市を復興せよ」的なシナリオもあった。
実際このシナリオを始めると、かなり早い段階でメルトダウン事故が発生する。

話はそれるが、このメルトダウンのシナリオは事故を回避することが出来る(^^;
それはゲーム開始直後に原子力発電所を撤去して火力に置き換えてしまえばよい(^^;
すると起こるべく事故は起こらずに、都市は大気汚染のみですむことになる(^^;

今考えれば、一度建設してしまった原発を瞬時に撤去できてしまうルールがイマイチだったと言う事になる(^^;


そんなゲーム体験があったので、

「メルトダウン=周辺土壌壊滅」と言うイメージがあったのだが、
実はメルトダウンはプロセスのひとつであるに過ぎないらしい。



現実の話に戻って、フクシマ事故のニュースで
「これはメルトダウンが発生したということなのか?」と言う質問に対し、
専門家が「メルトダウンがどういうことを指して言っているのか?が判らないが、
炉心溶融を言っているのならそうだ。
しかし、いわゆるチャイナシンドローム的な事を指しているのであればそれは違う」

と言っていた。

ずいぶんとギリギリの苦しい言い訳をしているな~と聞いていて若干苛立ちを覚えた(^^;

が、「じゃあメルトダウンってなんぞや?」と思って調べてみたら、
公式にはそういう言葉は存在しないようだった(^^;

メルトダウンという語について
なるほど、用語の定義が無い以上、
その言葉を使って正確な説明が出来るはずがない(^^;

ひとつ勉強になった。

決して前向きな気持ちにはなれないが。。。
スポンサーサイト