FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

テイルズオブグレイセスエフ(PlayStation3)

メルルのアトリエを小休止した後、気分転換にと思ってこれに手を出してみた(^^;
と言っても買ったのはうちの子供なんだけど(^^;

ちなみに龍が如くOF THE ENDは親戚に持ってかれて手元にない(^^;



このゲーム、とりあえずは普通のRPGなんだろうけど、
戦闘部分は三国無双みたいに直接操作する。

意外に設定に凝っていてシステムを理解するのに時間がかかった。
某所でどなたかが、「最近のゲームはついていけない」とボヤいていたが、
まさにこのゲームがその言葉に相応しいような気がした。

しかし、理解しなくてもテキトーにガチャガチャ押していれば勝てる。
実際、私は主人公のレベルが40くらいになってようやく意味が解り始めた(苦笑)

救済策なのか、オンラインヘルプも充実しているようだが、
これで理解するには、予めある程度システム全体を把握しておく必要がある。
つまり素人の私にはオンラインヘルプだけでは理解するのは難しかったと言うこと(^^;。

そこでやっぱり必要としたのが攻略本。


最近ではwikiなども充実しているので攻略本なんか不要と言う話もあるけど、
やっぱり挿絵などが充実した攻略本の見易さはwikiの非ではないと思う。
最初のうちはwiki見ても良くわからないと言うのが本音(^^;
システムの全体を理解し始めた今であれば、wikiに書かれている内容も
理解出来るようになったが、当初はホントウに意味不明な部分が多かった(^^;

ちなみに私が利用している攻略wikiはここ。

テイルズ オブ グレイセス f まとめWiki



キャラについては、
最初はイマイチ馴染めなかったが、
最近はかなりノリに慣れてきた(^^

お気に入りはパスカル(♀)とヒューバート(♂)かな(^^
パスカル(♀)の性格は「ときメモ」で言う朝日奈そのもので結構スキかな?(笑)
他のキャラ達も悪い部分は少なく、イベントでの掛け合いも楽しい。




今現在のレベルは60。
ボチボチ、ラスボスと対面しようかと言うところ。


トロフィー獲得率は28%。
これって100%はムリそうかな?と(^^;
とりあえず目指せ50%と言うことで。
スポンサーサイト

PSN情報漏えいお詫びソフトは何を選ぼう?

PSNが復旧し、お詫びソフトの提供も始まっている。
あまり詳しく見てないが、
このソフトの入手期限が意外と短く8月上旬くらいまでにダウンロードしなければならないらしい。

ラインナップは以下の5種類(PS3)

・The Last Guy (2000円)
ゾンビを避け、ダッシュや集合など色々なテクニックを使い、建物に隠れている人々をエスケープゾーンまで導くアクションゲーム。

・おいでよロコロコ!! BuuBuu Cocoreccho! (800円)
スライムのようなキャラクター「ロコロコ」をゴールまで導くアクションゲーム。

・無限回廊 -序曲- (1800円)
エッシャーのだまし絵をゲームにした感覚。
文化庁メディア芸術祭で受賞した。OLE Coordinate Systemを商品化したものです。

・WipEout HD (1800円)
フルハイビジョン画面やオンライン対戦に対応した未来的レースゲーム。圧倒的なスピード感とリアリティー、プロが手がけたテクノミュージックも魅力の一つ。

・ハスラーキング (1000円)
S3用のビリヤードゲーム。空間のリアリズムやボールの重厚感も伝わるグラフィック。ナインボールやエイトボールに加え、トリックショットのモードもある。

ちなみにこれらの情報はココから入手
ソニーの情報流出で無料提供されたPS3/PSPのソフトまとめ

、、、まあ、前評判通りの残念なラインナップという感が否めない。
この中から2本だけ選択しなければならない。
私はこのソフト達を全て持ってないので選択肢は5つあるが、
すべて持っている人には一体どんな対策をするのだろうか?(^^;
つまり、ヘビーなPSNユーザーほど、お詫びの気持ちが通じないという残念な仕様とも言えそう(^^;

とは言え個人的な考えでは、漏洩した”かもしれない”程度の話で、
実害も無い現状でのお詫びソフトなら、まあこのくらいでいいかな?とも思う(苦笑)


とは言うものの、もちろんもらえるものは貰っときたいという貧乏根性も持ち合わせている訳で、
やはり、与えられた条件内で最良と思われる選択をするのがゲーマーと言うものだろう(笑)

さて、ここまでしょーもないラインナップと書いておきながら1本はもう貰っている(^^;
それは「無限回廊

無限回廊と言っても、若返りの薬を調合するための素材を探しに行くあの場所ではない(謎)
このソフトは知人が持っていて「BGMを聞きたいが為に起動する事がある」と言うくらい
曲がいいらしい。ゲームそのものは特に悪いと言うものではないとの事だったので選択した。

まあ感想は可も無く不可もなく。(^^
集中していやるほどでもないが「もうやらん」というほど酷い出来ではない。
気が向いたらチョイチョイとプレイ出来るようなシンプルさが悪くないと思う。
、、、後半のステージはどうなるかわからないケド(^^;



もう一本をどうするか?これが問題。
見た目では「ハスラーキング」が悪くなさそうだけど、
ビリヤード自体は龍が如くで散々酷い目にあっているので、
今更良く出来たビリヤードとかプレイしちゃうと
龍が如くのビリヤードに更なる怒りを感じてしまいそうでパスを検討している(^^;

もうひとつの候補は「WipEout HD」
WipEoutはPSの頃に話題になったことがあったと記憶していて、
遊んでみたいな~と思っていたソフトである。

ただし、PSNの画面内では何やら有効期間が設定されているっぽく、
「それ超えたら一部有料?」という不信感が拭えていない(^^;


そうなると、ロコロコか、The Last Guyしか残らない(^^;

アマゾンレビューだとこんなカンジ
The Last Guy(ザ ラストガイ)


ロコロコは別バージョンのものかな?
http://www.amazon.co.jp/product-reviews/B000BN981I/ref=cm_cr_pr_hist_3?ie=UTF8&showViewpoints=0&filterBy=addThreeStar



これ見た限りでは「The Last Guy」の方が面白いようなことが書いてある(^^;
こっちにしてみようかな?と(^^

2周目終了(メルルのアトリエ)

最初に見たエンディングがアレだったので、
居ても立ってもいられなくなって急いで他のエンディングを確認した。

※ネタバレ要素あり


2周目といいつつも、
エンディング分岐前セーブ作戦も敢行し
未取得エンディングは残り4つとなった。

もちろんこの中にはバッドエンドも含まれている(^^;
スチルもあるようなので、一度は見ておかなければ(^^;

肝心のロロナの記憶は?だけど、
「魔女エンド」なるものを見た感じでは、
記憶が戻っていたとも受け取れる内容だった(^^
いろいろと憶測はあるが、
とりあえず まあそれでいいやと思うことにした(^^

あと、ストーリーで気になったところは

・ステルクの暴走ぶりが目に余る(^^;
まかりなりにも他国の行政に口を出しかつ、
自分勝手に進めようとしているのは騎士道に反しているのではないか?
と、見ていてツラくなった(^^;
あれじゃ、逮捕されてもおかしくない(^^;

・ミミに二人目の親友が出来た
これまでトトリしか親友がいなかったのだが、
ホントウに心を許せる友人が出来て良かったと思う(^^
親友でも素直になれないトトリ相手と、
その心を汲み取って対応してくれるメルルとでは、
メルルの方が気の置ける親友なのではないだろうか?

・エスティさんの結婚願望がなんだかリアル(笑)
サブキャラの中では一番私がスキなのが、このエスティさん(^^。
ロロナのアトリエの時のセリフ「よ!ミスキャベツ娘!」に代表されるような
サバサバした話し方が何とも心地よい(^^
そんな彼女の「こんなハズじゃなかった」と言う
青春時代をやり直したい感がヒシヒシと伝わってきて
各種イベントを楽しませてもらった(^^

でも、一連のスパイ活動は
下手すれば拘束&取調べの対象になり兼ねないので
ちょっとドキドキ(苦笑)(^^;


・イベント間の整合性がイマイチな部分がある。
例えば、「アーランドには錬金術師が2人しかいない。」とか言うし(^^;
ロロナはともかくアストリッドは頭数に入れてもいいのではないだろうか(^^;
或いは二人とはトトリとアストリッドの事でメルルはまだ頭数に入っていないのかな?(^^;


あと、それまで平然と会話していたペーターが
錬金アイテムをメルルに依頼しにきた時に、突然恐れおののくシーンとか(^^;
「さっきまでタメ口だったじゃん」と苦笑いしてしまう(^^;

他にも多々あり、
物語に真剣に入り込もうとすると
違和感を感じる事がある。

もちろん、イベントは盛り上げのタメのおまけと考えれば
全然ヨユー(^^



システムで気になったことは


・アイテムソート機能が相変わらずよくない(^^;
ソート条件の記憶については、
同じ調合中は記憶するようになったが、
全体的には毎回ソート条件を指定しなければならない。

・イベントスキップ機能が残念な仕様(^^;
見てないイベントまですっ飛ばしやがる(笑)
特に悪いのは
エンディング前にスキップすると、
エピローグまでスキップしてしまう(^^;
まだ見てないパターンなのに。。。(^^;
他にもうっかりバツボタンを押してしまうと
ガンガン流れて行ってしまう(^^;

スキップさせるのなら、STARTボタンとかSELECTボタンとか
普段使わないボタンに割り当ててもらいたいものであーる(^^;


・イベント自動再生モードをつけて欲しい
ロロナの頃から言い続けているが、
この件に関しては誰も不満を持っていないのだろうか(^^;




さて、ここで一旦切りにする。

3周目はペーターの夢を叶えたいと思っている(笑)
まあ、ダウンロードコンテンツなるものがあるようなので、
そのときのために、全エンディングを見るのは待とうかなと(^^;

あ、でもバットエンドだけはみとこうらしら?(^^;

2周目途中のイベントで判った自分の気持ち(笑)(メルルのアトリエ)

※今回はエンディングに関するネタバレがあるので要注意。

なんかこう、若干冷めた空気で2周目をやっているなとは思っていたけど、
その理由がわかった(^^;


それは1周目に見たエンディング「計画通り」の内容が原因らしい(^^;。
このエンディングでは本来目標とした年齢に進める事ができたものの
結局ロロナの記憶は戻らず終い。
しかし、薬自体は成功しているせいか、
アストリッドはその成果のみを嬉しそうに語るというシーン。
見た直後は「一体ロロナの人生をどう考えているのだろうか?」とかなり腹が立った。



そして、2周目に入ってトトリがロロナとの昔話を回想するシーンになったときの映像で
ロロナの後ろ姿を見たときにグっと来た(>_<;
「もうこの頃の記憶を持つロロナ先生には会えないんだな~」としみじみと感じてしまった(^^;

記憶を失って若返って良しなんて、死んで生まれ変わったのと同じじゃん!
もし私がロロナの友人であの事態を知ったら、
一緒に行動した頃の記憶を持つホントウのロロナに戻せ!と絶対に叫ぶと思う。(^^;

プレイヤーの私でさえそう思うのだから、
物語中の幼馴染であるクーデリア嬢がいたらどうなるのだろうか?
下手したらボディーガードにアストリッドを撃ち殺させる、、、いやいや、
あんただけは私が手を下さないと気がすまないわ!くらい感情的になるかも?

あのシーンではせめて一言、
「まあ記憶は追々戻せるように研究は進めてやるから心配するな」と言わせるだけで
エンディングの印象が変わったのに(^^;

アストリッド曰く「私の好みの14歳のロロナ。しかも永遠にだ!ひゃーっはっはーっ!」
なんて言わた日には、
人類を滅亡させる兵器の開発に成功した科学者が、
それだけを喜んでいるのと大して変わらない(^^;
※ひゃーっはっはーっ!は単なるイメージです(笑)


つまりこのシリーズの私の中でのイチオシのキャラは
ロロライナ・フリクセルだったんだと実感したのであった(^^;

。。。しょぼーーん。。。

錬金少女メルル(メルルのアトリエ)

2周目は引継ぎアイテムのお陰でサクサクと進めている。
まあサクサク進められるのは引き継ぎアイテムだけの話ではなく、
ゲームシステムを理解しているのも大きいと思うけど。。。(^^

クリアしたのでサントラCDとかも開封して聞き出している。
その中で一番インパクトがあったのが「錬金少女メルルのうた」

この曲は凶悪モンスター討伐時に流れるBGMなのだが、
なんとこの曲に歌詞がついていた(^^

しかも、プリキ○アとかキューティ○ニーの主題歌を彷彿とさせるような戦隊的歌詞で。

この歌詞に関しては完全にノーマークだったので、
歌の中で「メルルパンチ!」とか「メルルキック!」
とか聞こえた時は一瞬耳を疑った(笑)

実際の戦闘ではパンチとかキックとかしないのに(笑)

電波的な匂いがする曲だけど、編曲と歌い手がなかなか良い仕上がりで、
現在一番のお気に入りの曲になっている(^^

この歌詞付きのBGMは本編でも出てくるような雰囲気があるのだが
1周目では聞くことが出来なかった(^^;

街の平和を守る「マスク・ド・G」なるものが登場するので
どうやらその一連のイベントだと思われる。
なので2周目は是非聞きたいな!と思っている(^^

2周目開始(メルルのアトリエ)

Wiki情報参照を解禁し、いざ2周目に突入した。

と、その前に
前回のエンディング前のセーブデータから他のエンディングを拾えないか?
と探してみたのだが、最後にセーブしたのが終了一ヶ月前だったのでムリだった(^^;

2周目は装備品が引き継がれるが、所持金や保持アイテムは引き継がれない。
まあ装備品さえ引き継がれれば問題ない(^^

2周目に入ると、イベントを×ボタンでSkipする事が出来るようになった。
まあ、この機能も必要だけど。。。。。

折角のフルボイス、
本来楽しみたいのは、声優による肉声での掛け合いじゃないのかな?
やはり欲しいのは、「イベントの自動再生モード」だと思うんだけどな~(^^;

ちなみにイベント中は「ながらプレイ」をしたい(^^;
つまりイベントの掛け合いを聞きながらパソコンで別の作業をしたり、
ゲーム内で次にやるべきことをメモしたり、、、、

ゲーム画面に集中していると、
表示されている文字を先に読みきってしまうので
早送りしたくなるのだが、他の事をやりながら聞く場合はまた違うハズ。
現状ではひとつのセリフが終わるたびに○ボタンを押さなければならずとても面倒。
耳で聞きながら別の事をやると言うシチュエーションにマッチしていないのが非常に残念(^^;

そういえば、イベントの自動再生ってどっかのゲームには搭載されていたような気がするが思い出せない(^^;

ゲーム本編については、
始めたばかりなので特に書く事はないのであった(^^;

1周目終了(メルルのアトリエ)

※今回は進行またはエンディングに関するネタバレがあるので要注意。


週末にガッツリと集中してやって、
とりあえず1回目のエンディングを迎えた。

今回は従来のような「○○エンド」らしい表記がトロフィー欄にないので
どの程度のエンディングか?が判らないが、
結果は、「計画どおり」エンドらしい(^^;


まあ、結局アストリッドは悪魔的な存在でロロナはその最大の被害者って言うことだろう(^^;
あそこまでロロナを弄んでいいのだろうか?と思わずにはいられない。
他にもホムンクルスを量産したり、そのホムンクルスが「ちむ」の複製に成功したりと、
生態系がボロボロになりそうな展開がちょっと怖かった(笑)



後、ヴィオラートに出てきた「デュラハーン(?)」が敵として登場し、
....結果は完敗した(^^;
やってて、全く勝てる気がしなかった(^^;
すばやさMAXのメンバーで全力で攻撃できなければダメなのだろうか?

あと、トカゲの親分にも敗れた(^^;
ああ言うムチャ仕様と最初から判っていたらそれなりの準備をしたのに(^^;
これは2周目の攻略対象とした(^^;

実際に戦って敗れたのはこの2体。
他のボスはなんとか倒す事に成功した(^^
(他にもいるような気がするが。。。。)

ちなみに最終的な冒険者レベルは56(^^;
どこまでいけるのかちょっと興味がある(^^;




エンディングはなんだかしんみりと来たな~と思う。
合併に向けての街おこしとは言え、
折角発展させたのに国が無くなってしまうなんて、
という気持ちになる。

まあ、全面的にアーランドの人たちの協力があってこその発展である事は間違いないので
今更「合併止めた!」なんて言えば「裏切り者国家」として戦争もあり得るなと言う気も
しないでもない(^^;

戦闘メンバーの内訳をみてもわかるように

アールズ組「メルル・ケイナ・ライアス」
アーランド組「トトリ・ロロナ・ミミ・エスティ・ステルク・ジーノ」

と2倍ほど違う。主人公を除けば3倍違う(^^;
これだと全員が敵にまわれば勝てる気がしない(^^;


オープニングではフアナと一緒に探索しているようなシーンがあったので
彼女もメンバーに入るかと思ってたのに。。。(^^;
もしかしたら進め方次第で参加するかもしれないけど(^^;


というわけで、2周目に向けて武器の整備を完了したので
引き続き2周目に突入しようかと思う。




1周目 3年目10月頃(メルルのアトリエ)

※今回は進行に関するネタバレがあるので要注意。




昨日の記事で3年目の目標を既に達成したと書いたが、
10月に入ったらいきなりエンディングのようなものが始まってビックリした(^^;
どうやら今回は3延長達成については前倒しで評価されるらしい(^^;
と、言うわけで早くも延長戦に突入の運びとなった。


と言うわけでもないが、ぼちぼち一般キャラも手ごわくなってきている。
メルルの冒険者レベルは38くらいで決して低くないとは思うけど。

入手できる素材の関係で、武器と防具だけではステータス強化はまだままならない。
そこで重要になるのが、戦闘用アクセサリ。
これらはそんなに希少な素材からでなくてもそれなりのものが作り出せる。
このアクセサリにさまざまな属性をつけて装備することにした。

ちなみに現在のメンバーは「メルル・ケイナ・ミミ」
ミミちゃんには最強必殺技アインツェルカンプを期待していたのだが、
今回はミミちゃんじゃないらしい(^^;

でもこのトリオでドラゴンとか倒せてたのでまずまずの火力だと思う(^^
ミミちゃんの必殺技もかなり強力でちょっと笑ってしまった(^^


カゴの強化完了
60個から80個へ拡張する際に調合して強化したんだけど、
同じレシピで80個→100個に拡張できるなんて気が付かなかった(^^;
上質の干草で100個格納可能なバッグが完成した(^^

祝福のコイン
カゴに入れとくだけじゃダメらしい(^^;
全然効果がなくて「おかしいにゃ~」と思っていたんだけど、
探索アイテム装備欄で、適当に選択していたら偶然見つけた(^^;
すると、倍速手袋とか空飛ぶじゅうたんも同じか?

開拓納品の目安の確認方法
納品数が4~10個とかなっているときに、
何個作れば達成できるのか?は実際に納品してみないとわからないと思っていたんだけど、
実は開拓メニューの中に「達成可能!」と表示されることが判った(^^;

無駄に往復した日々が悔やまれる(苦笑)


イベントテロの件は、最近は対策をする事で妨げにならなくなった。
それは、原始的な手法「メモする」こと(笑)
最近のゲームは遊びやすくなっているのであまりメモ書きをしなくなったのだが、
メルルでは必須かもしれない。て言うか必須なんだろう(笑)