FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

あんまり進んでない(テイルズオブエクシリア)

Amazonの評判は高いけど、わたしはあまり面白さを感じてない(^^;

フィールドがどこも同じような雰囲気で「新しいところに来た」って気持ちになれず、
魔法攻撃はTPポイントを消費して簡単には回復しないので戦闘自体がワンパターンになりがちで、
料理などのアイテムも単に使用が面倒なシステムになっていて、

武器屋とか防具屋は全国共通の品揃えで、
その地域周辺のモンスターに適応した特色ある武器と言うのがなくて面白みがなく、

港に至っては全国同じ構造と言う「プロトタイプかいな?」と思いたくなる残念な仕様(^^;

覚醒すると(このご時世がら)嫌悪感を抱くようなトーンの話し方に変わるキャラはいるし、
レビューとかは、ただ単に情報工作目的で面白いと言っているんじゃないのか?
と邪推したくなってしまう(^^;

とりあえず買ってしまったので
最後までやるつもりであるけど、
戦闘やイベントが面白くないので、暫く苦行モードでやる事になりそう(^^;

あ、今第3章に入ったところね(^^;
スポンサーサイト

テイルズ オブ エクシリア 開始(PS3)



前作、テイルズ オブ グレイセス エフ がとてもよい作品だと思ったので、
勢いで予約していた(苦笑)

特典あり・なしの2種類があったのだけど、
価格差から考えると、特典のミニフィギアに1000円は出せない!
という事で特典無しを買った。

もうひとつの浜崎あゆみのCDは「オープニングテーマ」と言うことで
サントラ好きの私はつい買ってしまうのだった(^^;

ついでに言うと、主人公「ミラ」のホワイトバニー衣装のプロダクトコードが同梱されていたのも大きい(笑)(笑)
(※上のアマゾンリンクの今日現在のCD価格がおかしな事(4500円前後(^^;)になっているけど
定価は1890円なのでムチャしないように(^^;)


実は発売日に届いていたものの、
龍が如くがひと段落するまでは我慢していた。




早速プレイ開始。

いきなりインストールが始まりちょっと小休止(^^;

最初にプレイヤーは男性と女性のどちらかを選択しなければならないようだ。
まあCDも買ったことだし、ここは女性キャラ「ミラ」を使用する事にした。(^^

CDに同梱していたコスチュームは?と言うと
最初から着替えてしまうと新鮮味がなくなってしまうので、
まずは標準コスでやることに(^^

序盤は、、、、操作方法がグレイセスと違う(^^;
戦闘時の前進移動が上下から左右に変わっているのがかなりハラがたつ(^^;
どうやら上でジャンプをさせたいかららしいが、(^^;
これは慣れるしかないだろう(^^;

他にもグレイセスで言うバースト技が気軽に使えなくなってしまったのが、
テンポの悪さを際立たせている(^^;。

まあ、手短に言うと戦闘が面白くない(^^;

が、グレイセスの時もレベル40くらいまでは戦闘はさほど面白くなかったような気がするので
恐らくまだレベルが低くてやれる事が制限されているからだと思うことにした。

アマゾンなどではかなりの高評価なのだが、
私はまだその面白さを理解出来ていない(^^;

では引き続き任務を続行する(^^;

亜門撃破完了(龍が如く OF THE END)

少し前になるが、アングラに潜りまくってようやっと亜門一族を撃破して、
ついでにエンドレスアングラ50階も達成した(^^;。

郷田龍司の25階と桐生の30階とエンドレスアングラ50階を
日曜日の一日で片付けたので流石に疲れた(苦笑)

でも、エンドレスアングラは思ってたよりもしんどくなかった。
というのも1階から10階くらいまでは本当に短く「え?もう次の階段?」
と思えるほどだった。

それに加え、5階10階15階20階25階...と5階ごとにボスが登場し、
この階の構造はとても単純なので迷うこともない。

それでも3時間弱かかったが(^^;


「怒りの三種」を装備出来ていたので
トライバルのとび蹴りもさほど怖くなく、
各キャラ毎のアングラほど複雑な構造でもなく、
まあ順調にかつ淡々を進められた(笑)

もちろんもう一回エンドレスアングラに挑戦するつもりは全く無い(^^;


龍が如く3、龍が如く4で憧れていた「黄金銃」も今回初めて手に入れることが出来た。

この黄金銃は弾数無制限・装填数無制限でリロード不要、
しかも連射もそれなりと言うハイパー性能を誇る武器。

郷田と桐生のアングラでは結構お世話になった。
しかし、射撃のリズムとしてはちょっと物足りない。
やっぱり一定のリズムでリロードをしたくなってしまうのだった(^^;

と言う訳で、トロフィー獲得は
「亜門撃破」
「エンドレスアンダーグラウンドで50階までクリアした」
「所持金が1000万円を超えた」
「全ての相棒と出会った」

を達成。
残りの目標は

「キャラのLVをMAXにした」
「EX-HARDモードをクリア」

の二つ。
キャラのレベルは現在86でまだまだ遠い(^^;

まあ、サテライトレーザーとか言うチート武器も手に入ったし
ちょっと間をおいてからEX-HARDに挑戦してみようかと思う(^^。


真島編の1周目アングラ完了(龍が如く OF THE END)

黄金銃を手に入れるための相棒の育成は、
あと残り、伊達さん一人になった。

その伊達さんも既にLv12なので、
後1~2回アングラに連れ込めば達成しそうな雰囲気。
(相棒の最高レベルは20)

ただ、各キャラのアングラ制覇の為にまずは「黄金銃を!」と思っていたけど、
実は「虎撃ち銃」で十分な事が判明(^^;。

秋山編で主に使った武器は、
・秋山固有二丁拳銃エリーゼ
・虎撃ち銃
・狙撃銃
・HANABIガン

で、実はほとんど虎撃ち銃で片付けた。
遠くに火炎瓶を持ったゾンビがいた場合は狙撃銃で倒し、
大勢ゾンビがいた場合はHANABIガンで仕留めるような使い分けで進めていたのだった。

虎撃ち銃はエリーゼと同じく残弾数が無限なので、
この戦法は秋山以外でも余裕で使える事を理解した(笑)

黄金銃は装弾が不要なのと連射が効くので、
まあ、あるに越した事はない程度に考えるとしよう。


アングラに入るとアイテムボックスがない。
そのため、持ち物を吟味しなければならない。

既に高性能LEDライトを手に入れているので、
予備の乾電池は2~3本くらいあれば余裕っぽい。
かなり慎重に進めても、電池一本で15階は潜れるような気がする。

弾は、HANABIガン用に3パック用意。
狙撃銃用に2パック用意。

回復アイテムはお守り程度の2つ。
通常の回復は「パワーストーンブレス」で賄う。
このアイテムはゾンビを倒す毎にちょっとづつ回復すると言う優れもの。(^^

装備品で1つ、装飾品で5つをフル装備する。
・極道養成ギプス(獲得経験値20%増加/攻撃力20%低下)
・ア/タ/レの御守り(照準の移動速度低下/狙わずに撃った時に敵の頭に当たりやすくなる)
・ポイントマンのレンズ(ヘッドスナップの持続時間が少し延びる)
・パワーストーンブレス(敵を1体倒すごとに体力が回復)
・金運の数珠(銃を1発撃つごとに10円増える)
・虎革のベルト



アングラは基本的に全く同じ事の繰り返しなんだけど、
意外と楽しいと思う今日この頃であった(^^;

プレイ再開(龍が如く OF THE END)

約2ヶ月半ぶりに神室町に戻ってきた。
当時、パラレルワールドで一緒に活動していたネコテ先生の姿は既になく(笑)
どうやら、またもや未クリアのまま、今度は異世界へモンスターを狩りに行ってしまったらしい(^^



まあ最初からやるワケではなく、いつもどおり取り損ねたトロフィーを可能な限り回収して
一定のメドにしようかと思っている。

やり残したトロフィーは以下の通り。

1.EX-HARDモードをクリア
2.OF THE ENDモードをクリア
3.亜門撃破
4.キャラのLVをMAXにした
5.エンドレスアンダーグラウンドで50階までクリアした
6.所持金が1000万円を超えた
7.全ての相棒と出会った
8.カラオケで全曲プレイした
9.パチンコ・パチスロの景品「トロフィー」を手に入れた

この中で、「8.カラオケ」と「9.パチンコ」は昨日達成した。
パチンコはイカサマアイテム無しで取り組んだため、
5時間くらいかかってしまった(苦笑)(^^;

1回は、35番台で340回転で大当たりして、6000発まで増えたんだけど、
どうせなら7777発でクリアフラグを立てようと思ったのが運のツキ(苦笑)
そのまま打ち続けたら無しのツブテで6000発を全弾撃ちつくす(涙)

パチンコの愚かさを再確認しつつ、気を取り直してとなりの33番台へ。
今度は320回転で大当たり(^^。5800発まで増やすことが出来た。
やはりここでは先ほどの経験を活かし、通常モードに移った時点で即終了。
景品交換所に行って、3000発でトロフィーと交換して完了とした(^^)。


「7.全ての相棒と出会った」は、全てのキャバ嬢を攻略済みで
残すはボブ宇都宮だけ。
彼はクリア後の世界であればゲイリーの所にいるらしいので、
そのうち行ってみようかと思っている(^^)。


「6.所持金が1000万円を超えた」についてはギャンブル頼みかな?
現在120万円くらい現金がある。
ついでに女王長谷川様のポイントが50000くらい貯まっているので(笑)
全部現金化すれば500万くらいになる。
後はイカサマアイテム使ったカジノプレイで補填すれば終了かな?と。(^^


後のトロフィーはモチベーション次第かな~(^^;

「2.OF THE ENDモードをクリア」は直ぐにやるつもりはない(^^;

当面の目標としては以下の順番で。

「3.亜門撃破」
「5.エンドレスアンダーグラウンドで50階までクリアした」
「1.EX-HARDモードをクリア」
「4.キャラのLVをMAXにした」

亜門撃破するにはまず、各キャラのアンダーグラウンドをクリアしなければならない。
アンダーグラウンドをクリアするためには、弾薬が節約できる武器が必要。
秋山はエリーゼと呼ばれる強力な拳銃があるので、他のメンバー用に黄金銃が欲しい。
黄金銃を手に入れるには主要相棒のレベルを20にする必要がある。
秋山でアンダーグラウンドに潜りつつ各相棒のレベル上げを実施。
黄金銃が手に入るあたりで武器改造のコンプリートを目指し、「怒りの三種」を手に入れる
亜門撃破を目指す

の順番で取り組もうと思う。(^^

まずはそこまでかな?

逃げるなゴルァ!(BF1943 PS3)

昨日の珊瑚海での制空権モードでの出来事。


制空権モードを始めると、まず米軍側に配属されることが多い。
これは恐らく、日本軍の零式の方が性能が高いため、
米兵側が敬遠されている&劣勢の時が多いからだと思われる。

昨日もやはりそんな状態だった。
敵味方それぞれ6人づつ位で、制空権モードとしては盛況と言える人数。

メンバーは?と言うと敵に元帥2人+少将以下4人、
味方は私以外は大佐以下の初心者編成だった。

敵の元帥2名のうち一人は既に相当のキル数をたたき出していて
要注意人物と認定するには十分。

話は反れるが、
BF1943の航空機は日本軍の零式が圧倒的に強いので、
制空権に関しては米軍の方が気がラクだと思っている。
あくまでも自分の気分的な問題だけなのだが、
コルセア側なら負けても「仕方ないか」と思えるし、
勝てば「零式に勝てた!」と超嬉しい(笑)
それにコルセアで飛んでいると、
零式に乗り換えた時にムチャクチャ簡単に感じられると言うオマケもある(^^


まあそんな理由もあって気楽に参戦した。
結果は、惨敗だったけど(笑)とりあえず
途中参加にも関わらず私が味方トップになる事が出来た(^^)。

敵は元帥一人が25キルくらいしていて
二位以下は13キルくらいな雰囲気。
ちなみに私は10キル(苦笑)

さて次のステージでは軍隊が入れ替わるので
今度は私が日本軍側になる。

果たして相手の元帥達は、そのまま参戦してくるだろうか?
飛び立つ前にスコアボードで確認。。

さっき敵にいた元帥が二人ともいないし(^^;
まあ、私もトップ取ると抜けることにしているので
仕方がない事ではあるが、相手の力量が判らなくてちょっと残念(^^;

他の敵メンバーを見てもあまり脅威となりそうなメンバーがいない。
そんなわけで日本軍側でまったりと進めていた。

さほど集中力を増さなくてもそれなりに撃墜出来るし、、、とか思っていると
何やら敵に一人だけいい動きをするパイロットがいる事に気が付いた。

被弾から撃墜までの間隔が短いなと感じると、大体撃墜者は彼だった。
逆に私が敵の後ろについてからの相手の回避運動に一工夫あるな~と思うと、
それも彼だった(笑)

まあそうは言っても、私がかつて遭遇した歴戦のツワモノ達と比べると
まだまだ甘いカンジが拭いきれず、何度か連続で撃墜させてもらった。(^^)

てか、単純な動きをする敵機の中で一機だけトリッキーな動きをしているので
直ぐに要注意パイロットだと判別出来るのが欠点と言えば欠点かな?と(^^;

結局、23キルほどでトップになることが出来たので
そそくさと戦線を離脱。

さて、制空権の後はクイックマッチで普通の戦場に行こうかしら?
な~んて考えながら暫く放置していたら、

先ほどの動きの良い彼からメッセージが届いた。(^^;
英語だったが、要約すると

「むむむ、勝ち逃げは許さん!戻ってこーい!」と言うことらしい(^^;

なかなか負けず嫌いのようだ(^^;
まあこちらとしては折角気持ちのよい所で抜けたのだから今更戻るつもりもなく、
彼の上手さはなんとなく判ったので、

「君が強いのは良くわかってます」と返信しておいた。(^^;
きっと次に会ったときはかなりやられるに違いない(^^;


今日行ったらまた会ったりして(^^;

CINEMA 4D R13 の詳細が見えてきた

一番気になるのは値段(笑)
もし、先月R11.5XL→R12Vへのアップグレードをしなかった場合を確認。

C4D Visualize R13アップグレード 対象:C4D R11.x-XL Bundle 139,650円(抜)

まぢですか??
しかも、これって年間保守契約(44,100円)が含まれていないような??


私が、先月バージョンアップに8万円払ったと言っても
そこには年間保守契約料金が含まれていたので、
実際には36,000円くらいでバージョンアップした事になる。

R11.5からR13へは飛び級扱いなので若干値段が上がるのは仕方ないにしても
この値段の伸び率は驚愕に値すると思う(^^;

まあ確かに発売元からも「次回のバージョンアップは値段が上がるから今のうちに更新しとけ」
と斡旋メールが届いていたが、まさかこれほどまでとは(^^;

今回はこの発売元の対応が良かったということだろう。

惜しむべきは去年の8月に
「モジュール制が廃止になって、ダイナミクス系はStudioだけになる。だから今のうちにStudioにしとけ」
メールが届かなかったことかな(苦笑)
今更言っても仕方ないけど。。。


一応書いておくけど、私は8月に年間契約結んだのでR13はその料金内(無料)で届けられる。
更に書くと、これから毎年44,100円をお布施する事が確定してしまった(苦笑)
それでも(滅多に使わない)携帯電話よりは断然安い(^^;、と思うことにする。


新機能についてはサイトが更新されている。
http://www.maxon.net/ja/products/cinema-4d-visualize/who-should-use-it.html

発送は9/6から順次と言う事らしい。
それまでの間、先日届いたR12で1枚くらい何かレンダリングしようかな?と(^^;

SONY 高解像度ヘッドマウントディスプレイ

久しぶりに物欲を掻き立てるアイテムが発表された模様。

3D対応ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T1
http://www.sony.jp/hmd/products/HMZ-T1/
超鮮明映像のソニー新HMD「HMZ-T1」を体験 有機ELで「クロストークゼロの3D」
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/avt/20110831_474056.html
ソニー、有機ELパネル搭載の3Dヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T1」を発表
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1108/31/news045.html

このアイテムは新製品が出るたびに検討し、そして購入を断念していた。
これまでの製品はどうにも、走査線っぽい線が見えてしまい
「ちっちゃい液晶画面を近くでみているだけ」な雰囲気が否めなかった。

ところがこれは、その「なんちゃって大画面感」がかなり解消されているとのレビュー記事がある。
実画面の大きさからフルハイビジョンはムリだとしても、かなりの高解像度らしい。
さらに、左右両目に独立した画面があるので、3D表示もかなりスッキリしているようだ。

これはかなり期待できる(^^


問題点として懸念される事はと言えば、

・頭の重心が前にずれるので首が疲れるのではないか?
・ヘアスタイルがみだれる
・頻繁に装着していると顔面にクッキリと跡がついてマヌケではないか?
・感動する映画で泣いても涙をふけない(笑)
・傍らに誰かが来ても気づけない
・音声や映像は本人しか見えない聞こえないので、笑ったり泣いたりしてると傍からみて不気味。

とまあこのくらいだろうか?
結構あるけど、期待できる点もある。

・750インチの大画面の疑似体験
・省スペース省電力
・3Dテレビの入手(どうせメガネをかけなければならないのならこれでよい)
・大画面っぽいテレビでPS3が出来る
・視覚聴覚を遮断して、本格的な現実逃避が出来る

直ぐ買うかどうかは別にして発売がかなり楽しみである。(^^