Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

HMZ-T1調整中

前回、音質が良くないとかいたけど、
ちょっと認識を改めた。

どうやら、サウンド設定で標準の「スタンダード」がダメっぽい(^^;

これを「シネマ」に切り替えたら空間っぽい表現が入ってそんなに悪くなくなった(^^

少し遠くにある画面に対する音としてはそんなに違和感が無い雰囲気になった(^^


スポンサーサイト

来た!

100日あまりの待ち時間を経て、ようやく到着した(^^

IMG_8056.jpg

このアイテムの最大のメリットは、
3D画像がきれいに見れる事だと聞いているが、

実はまだ3D対応映画を一本も持っていない。(^^;
なので、まだ3Dの実感を得ていない(^^;

とりあえず、今やっているPS3の「無双オロチ2」が対応しているようだったので
これをやってみた(^^


が、さすが3Dだと思える程ではなかった(^^;

いろいろ調査していると、
どうやらPS3の画面サイズの初期設定に問題がある事が見えてきた。

SONYの触れ込みでは「20m先に750インチ相当」と書かれていたので
設定サイズを750インチにしたのだが、
どうやらこれにより3D感が減少しているとの事。

これをPS3が認識した初期値72インチもしくはそれ以下の設定が
よいようだ(^^

ただし、これはゲームなどのリアルタイムレンダーのみが対象で、
映画などの映像は関係ないとの事。

次回オロチ2をやるときは、ちょっと設定を変更してみるつもり。


それ以外の映像は?といえば、
かなりよいと感じた(^^

昔のヘッドマウントディスプレイで感じた走査線(?)っぽい荒が見えないのが大きい。

あとはどれだけその気になるか?で20m先の750インチに感じられるかどうかが決まると思う(笑)
わたしは十分に映画館のような錯覚を得る事が出来た(^^

ただ(あたりまえだけど)頭を傾けるとスクリーンも傾くので(苦笑)
そこで一気に現実に引き戻されたりしているけど(^^;

あと、付属のイヤホンの音声がちょっと、というかかなり気に入らない。
こもって聞こえるし、広がりが無いのでしょぼく感じている。

ここは設定をいろいろ弄ってみるひつようがありそうだ。
いざとなれば音だけはサラウンドアンプから出力すればいいので、
まあいいかなと(^^;

これは、暫く使ってみてまた使用感を書いてみたいと思う(^^

Amazonレビューが少し改善されたらしい

Amazonレビューと言うと近頃ではネガキャンや信者書き込みが多くて
あまり参考にならない印象が強くなっていたけど
ようやくAmazonも重い腰を上げた模様。

認証購入者レビュー

でもこれは「Amazon認証購入者」と表示されるだけで、
購入しないとレビュー出来ないと言うわけではないらしい。

まあAmazonで購入してない人が書けないと、
レビュー総数が減ってしまうと言う問題があるだろうから、
Amazon的にはあまりやりたくなかった対応だろうけど、、、、・

これで「Amazon認証購入者」レビューのみ表示するなんて機能があれば
少なくともサブアカでネガキャンが目的の書き込みは判別出来ると思われる。

未だ音沙汰無く


SONY HMZ-T1

そろそろ予約から100日が経過しようとしているが、まだ出荷されていない(^^;
でもウワサによるとボチボチ発送されるかもしれないようだ。

来週で3月も終わってしまうし、そろそろ来てもいいんじゃないか?と
だんだんと期待しちゃう気分になってきた。

新作プレ発表会があった模様

アトリエシリーズの続編が順調に開発されているみたい。

ガスト『アトリエ』シリーズ新作はプレイステーション3で2012年6月発売予定! 詳細は2012年3月29日に明らかに



このシリーズの最大の魅力は、もちろんアイテム合成システムなんだろうけど、
近作が売れた理由はやはり主人公の絵が可愛いからに他ならないと思う。

それ故に、新作のキャラの出来はとても気になるところ。
とは言うもののヴィオラートのアトリエがスキだったわたし的には、
作品としての出来上がりがよければ問題ないとは思うけど、
売上的にはなかなかそうもいかないのだろう。

ちなみにヴィオの直後に出た作品は、楽しみにしていたにもかかわらず
体験版をやった段階で購買意欲は失せた記憶がある(^^;

9周目終了。プラチナトロフィー達成(アイマス2 PS3)

HYPER3回目。
前回書いたように、
売上状態変化を意図的に出しやすくするセオリーを見出せたお陰で、
必要なタイミング(IAノミネート直後辺り)で必ずリバイバルを起こせるようになった。

ゲームレビューサイトとか見てると、リセット必須みたいな事が書いてあるけど、
結局、わたしは売上状態変化の為のリセットは一度もやらずにここまでこれた。

てなわけで、今回もALL Sクリア。

メンバーは、やよい・春香・響。
IMG_7977.jpg
IMG_7980.jpg
IMG_7982.jpg


ここまでくるともはや攻略メモも書くことがなくなる(笑)
やっぱり「やよい」はかわいいくらいだろうか(^^;

あ、ひとつだけ攻略メモがあった。
見た目が鬱陶しい秋月律子のクインテッド登場阻止のために、
彼女との最初の選択肢で「乙女時代」→「プロデューサーに向いてない」にすれば、
2回目のコミュを多少省略することができ、かつクインテッドに登場しない模様。

秋月律子を呼んだところで全くメリットがない以上、
デメリットである似合ってないメガネをかけてステージ立たせないのがセオリーだと思う(^^
あ、でも一応言っておくとノリトークは一番面白いキャラだと思っている。
とにかくあの黒縁メガネをかけさせられたことが不憫でならない(^^;


では、とりあえず今作品のまとめ。

・トリオプロデュースは一長一短
マンツーマンでないため、
やっぱり各々のキャラへの愛着は薄れる気がする。
でも今更一人だと逆に物足りないのかもしれない(^^;

・IA発表会のスピーチでお互いを褒めるのはイマイチ
まあ、そういう気持ちもあるんだろうけど、
IA発表会でまず言うべきは、「ファンのみんなのおかげ!」
じゃあないだろうか?
この一番重要なセリフが抜けているために、
所詮内輪ウケっぽくて、かなりカンジが悪い(苦笑)

・フェスが面白くない
むしろ嫌いな部類に入る(^^;
スコアも全然伸びないし、曲打ちの途中で邪魔が入るので
ペースを乱されて仕方が無い(^^;
歌姫フェスも攻略に不要であれば外したいくらい(^^;

・ステージ戦術は。。。
多少の戦術はあるものの、
ゲームとしてはイマイチ盛り上がらない(^^;
あまり難しいのもダメだと思うけど、
L4Uみたいなオタ声風でも良かったのではないか?と思う(^^
て言うか、アイマス2L4Uを出して欲しいくらい(笑)

・たくさんあるお守りのうち使うのは2個か3個
都道府県ごとにお守りがあるけど、結局使えるのは
「あわんこ」「すがも」「団長」くらい。
逆に今回の攻略的には「あわんこ」「すがも」が必須。
ゆえに戦略性としては盛り上がりにかける内容だと感じた。

・思い出ハートはフェス専用
基本、その時点のハイスコア狙いなので
思い出ドライブを使わない方がスコアが伸びる。
ハートが5個無いと後半歌姫フェスが苦しいので
そのためだけの思い出集めになる。

・クインテッドライブで必ず遅刻してくる客演たち
たまには予定時刻に来いよ!とか思う(笑)
下手するとバックレるし(^^;
しかも来なかったのにもかかわらずなんの謝罪もないとか(^^;
展開としては何のデメリットもないようだけど、
ちょっと無礼だと思う(笑)


・961プロ社長は面白い
今作で一番面白いキャラだと思う(^^
いかにもエセ悪役なトークがイイ。
やっぱりこういう悪役は必要だよね(笑)


以上。読み返してみるとちょっとネガっぽいけど
キャラゲーなので仕方がないかな?と。



これでアイマス2もひと段落。
次は初回プレイで悲しい目にあわせてしまった
四条貴音をリーダーにして再プレイするつもり。

でも流石に疲れたので、暫く期間を空けてから再トライしよう。

8周目終了(アイマス2 PS3)

HYPER2回目。
前回の失敗を踏まえた攻略のお陰で、
ALL Sクリアを達成出来た。(^^

メンバーは、雪歩・響・千早。
IMG_7974.jpg
IMG_7971.jpg
IMG_7972.jpg
注意した点は以下の通り。
※いずれも攻略サイトのHyper ALL Sへの道を
参考にしてやっている。
http://www44.atwiki.jp/idolmasterim2/pages/104.html

・1曲目・2曲目は打数が150の曲を選択する
打数はマニュアルにも画面上にも書いてないので攻略サイトを参考にすべし。
リリース前の全国オーディション(レベル8以上)
1曲目は33000点、2曲目を47000点以上を出す。
こうすれば、1曲目で50位以内、
2曲目で20位以内に入れる。

・上記点数をたたき出せたらひたすら営業(資金営業)+ レッスン
ただし、曲リリース週には全国オーディション

・売上状態変化はIAノミネート発表会まで発生させないようにする。
特に序盤のKEEPはランキング1位にたどり着かない事が多いので避ける。

・3曲目は何でもよい。
が、パラメタ的に微妙な時期なので、
打数が少ない曲だと、
もしかすると難易度12クラスのオーディションは落ちるかもしれない(^^;
あと、売上状態変化の★稼ぎ用にメンバーの持ち歌を選んだほうがいいかも。

・4曲目はメンバーの持ち歌で、打数が140以上のものを選ぶ。
個人的には4曲目が一番重要な気がしている。
ここで売上状態変化の★を稼ぐ。

・IAノミネート発表会の翌週に4曲目でオーディションを行う。
5曲目リリース後のこのタイミングで、4曲目のリバイバルを狙う。
どうやら、全国の注目度が高いほうが売上状態変化が起こりやすいようなので、
全国的な注目度が一気にあがるここが狙い目。
今まで貯めた★をここで一気に放出するイメージで(笑)
感触的にはかなりの確率でリバイバルが発生する模様。

仮に発生しなくても、歌姫狙いでオーディションを2~3回受けていれば
ほぼ発生すると思われる。

このタイミングで4曲目のリバイバルが発生すれば、
発生後3週目くらいに売上1位になるハズ(^^

HYPERで一番難しいのはこのチャート1位なので
コレさえこなせればオールS評価は万全なのではないか?と思う。

プロデューサーランクも10になったし、
あとは「やよい」ただひとり(^^

知らなかった(^^;

アトリエシリーズでお馴染みのガストちゃんが、
去年の12月にコーエーテクモの子会社化されたらしい(^^;

いやはや、この時期は恒例のアトリエ新作発表の季節なので、
そろそろ情報収集をと思って始めたらそんな記事あるし(^^;

しかもソーシャルゲームへの進出手段としてアトリエシリーズを使うとか(^^;

ソーシャルゲームって
アノ「基本無料!」の反社会的ボッタクリゲームだと思うんだけど、
それへの進出の足がかりとして使われるとなると
全然いい予感がしないね(^^;

まあPS3版はそのまま継続していくとは思うけど、
調合アイテムが課金制になるような暴挙も十分にあり得る(^^;

これまでは長野で奮闘している中小企業だったから
CDサントラやら限定版からと、いろいろとサブアイテムを買って応援したい
と思っていたけど、大手の資本が入るのなら、
もういいかな?と思えてしまう(^^;

まあ、次回作の出来次第だとは思うけど(^^;


でも、悪いことばかりでもないかもしれない。

3Dフィールドの表現が改善されるのであれば
それは期待してしまう(^^

いずれにせよアーランドシリーズはメルルで終わったし、
次回作が正念場だとは思う(^^

なんせ、ロロナのアトリエは、
何の前情報も持たない私が、店頭でパッケージだけで
購入を決めたと言う恐ろしい出来栄えだったからね(^^;
そんなスペシャルな画師はなかなかつかまらないでしょう(苦笑)


それはそうと、
コーエーには是非「ブレイドストーム100年戦争」の続編をだして貰いたいものである(^^
(今も、ブレイドストームのサントラ聞きながらこれ書いてるし(^^;)

HYPER初挑戦終了(アイマス2 PS3)

7周目はいよいよHYPERに挑戦してみた。
メンバーは、真美・真・美希

基本、NORMALモードと違わないだろうと思っていたが、
やっぱりシビア度は上がっていた(^^;

感触では2曲目にチャート20位以内に入れるかどうかで、
後半の自由度が違ってくるような気がした。


総合評価は以下のとおり。

IMG_7970.jpg
ウワサには聞いていたけど、
やっぱりチャート順位がネックになってしまった。



これはHyperモード一回目と言う事で、
状態変化(ブレイクとか、リバイバル)の起こし方を失敗した感が強い。


と言うのも、テキトーにリバイバルを狙ってしまったために、
上位ランクまで全然届かなかったのだ(^^;

以下の画像をみると
IMG_7969.jpg
1曲目リリースの楽曲で8位まで上り詰めているのが見て取れる(^^;
これは後半にこの曲でリバイバルを起こしてしまったため。
1曲目にしてはかなり上位に来ているが、
1位に食い込める販売数にはあと100万枚くらいたりない(^^;

と、言う事はこれってリバイバルを起こしても、
4曲目じゃないと1位には届かないって事だと感じた。

プレイ中にこれに気が付いて、
最後の6週間はずっと繰り返しフェスやってみたのにもかかわらず
とき既に遅しで、5曲目ブレイクは発生せずに終わってしまった。

次回はここを反省して臨もうと思う。
IMG_7968.jpg
資金も一応潤沢だし、
次はALL-S狙えるかな?