FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

単なる野党党首に何故かマスコミの総バッシングが開始される(^^;

「何故か?」と言いつつそれは予想されていたことではあるが(苦笑)



・自民党新総裁に選出された安倍晋三元首相は26日午後、党本部であいさつし、「(自らの)経験、
 責任をしっかりと胸にきざみ政権奪還に向け、皆様とともに全力を尽くす」と述べた。

 安倍氏は、「この3年間、野党のリーダーとして大変なご苦労をされ、自民党を守って頂いた谷垣禎一
 総裁に心から感謝したい」と語った。その上で、5年前に首相を辞任したことに触れ、「総理を突然
 辞任する結果になり皆様に本当にご迷惑をおかけした」と陳謝した。

 安倍氏は、「政権奪還することは私たちのためではない。自民党のためでもない。日本を取り戻す、
 強い日本を作る、豊かな日本を作る、そして日本人が日本に生まれたことに幸せを感じる、そういう
 日本を作る」と訴えた。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120926-00000845-yom-pol



民主党はおろか、他の政党の殆どが絶対にクチにしない
「日本人が日本に生まれたことに幸せを感じるくにへ」と言う言葉にかなり気持ちが傾いた。

民主党が言う国民のための。。。」には必ず「どうせ日本人国民の為じゃないんでしょ?」と言う
ツッコミがセット
だったのが、今回それとは一線を画してもらえたのは大きい。

日本国の政治家やマスコミが言う「国民の。。。」と言うセリフが、
いつの間にか日本人を示さなくなっているように聞こえてきていた。
それくらい現状は厳しい状況だと思えている。

そんな国家存亡の危機に再登板しようとしているのが安倍氏ということだそうだ。

小泉首相の後に就任し、一年未満で退場した安倍氏に対しては、
大した実績も聞こえてこず、私自身あまり好意的な気持ちにはなれなかった。

しかし、実はかなり成果を上げていたらしい。

マスコミによるバッシング運動に対抗すべく
こんな書き込みがいたるところである。



安部を叩く工作員は決して安部のやったことはいわず
病気、漢字などまったくくだらない事しか言えない
なぜなら、安部の功績は日本人にとって有益なものであり、朝鮮人にとって都合の悪いものばかりだからだ

①サラ金潰し。債務者への異常な取り立てと違法な金利で問題となっていた朝鮮サラ金を世の中から一掃した。
②防衛庁→防衛省へ。日本の国防を強めるために、きわめて重要な変化をさせた。軍拡、憲法改正にも対応できる。
③朝鮮総連への強制課税。これによって朝鮮総連の支部がいくつか崩壊。
④海洋基本法・集団的自衛権研究→あとは発動だけの状態に。
⑤日米豪印4カ国同盟→信用ならないとして、韓国を意図的に除外した。
⑥国家安全保障会議(NSC)発足
⑦犯罪収益移転防止法→朝鮮ヤクザのマネーロンダの取り締まりを厳しくした。
⑧社会保険庁解体
⑨教育基本法改正→日教組にとって都合の悪い改正。
⑩少年法改正厳罰化
⑪政治資金法改正→小沢
⑫従軍慰安婦・南京虐殺の否定→日本人として当然。ウソにはウソとはっきりいわなけらばならない。

10か月の間にこれだけやった総理は安部だけ。

さらに安部は 
人権擁護法 反対 外人参政権 反対 TPP 反対
と売国三本柱にすべて反対している日本人のための政治家だ!


確かに言われてみればそんな動きをしていたような気がする(^^;

なぜマスコミ各社はここまで安倍氏バッシングを行なうのか?はこの辺りが理由と言うことだそうだ。
もはや新聞はもとよりテレビやラジオの殆どは無益どころか
平和な日本社会に対し有害な媒体だと認識されつつあるのかも?。

朝で始まる新聞社説は朝@日報と論調が同じと某知事に指摘されたり、
毎で始まる新聞は新@社通信を論調が同じと言われたり。

既にこの2紙はマスメディアではなく、
単に特定の思想に誘導する政治団体じゃないか?と思わずにはいられない。

情報戦は日本国内部の乗っ取り作戦の結果、日本人の敗戦濃厚だと以前書いたけど、
ここに来て盛り返しの兆しが見えた事は嬉しい。

逆説的に考えれば、
これも結果的には寒流ごり押しや、
年金ウラワザ不正受給を擁護したりして
自らを貶め続けたマスコミ自身のおかげかな?


今回の一連の記事から読み取れる面白い点は、
マスコミも某反日国も誰一人、民主党が次回選挙で与党でいられると思っていないこと(^^;
でなければ野党党首にここまで噛み付かないでしょう?

その点からも、安部氏の現時点でのアドバンテージの高さが伺える。
はやく日本国内での、外国人勢力による日本人差別社会から脱却して欲しい。(>_<)


スポンサーサイト