FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

美希ちゃんの封印を解く!の巻

どうしても我慢できずに、購入していた(^^;
しばらく怖くて出せなかったが年も改まったし思い切って出すことに(^^;
IMG_8342_2.jpg
ハッキリ言って高いッス(^^;
どのくらいかと言うと、ハッキリした値段はもう覚えていないが(爆)
6桁に迫る勢いだった事言う事はなんとなく記憶に残っている(^^;

ただ、そんな値段でも自分を納得させる材料があったわけで、
それはこんな内容。

1)2012年夏の限定ドールで既にメーカーから購入する事は不可能。(税込み59,800円)
2)販売場所が仙台だったので、もし当日買いたかった場合は仙台までの往復運賃と宿泊代が必要
3)ただし会場に行けば必ず買えるワケではなく、2000円の入場チケット1枚で1回の抽選
4)ネットでの情報によると本気で欲しい人は10回抽選するらしい(2万円!)
5)応募者が非常に多いのでそれでも当たらない事が多いらしい。

そう考えると、中古市場でプレミア価格で買ったほうが何故かお得!
と言う意味不明な状況になってしまう。

ちなみにこの現象はこの美希ドールだけの話ではなく、
限定ドールだと大体こうなるようだ。(^^;

ま、興味が無い人には何故これにこんな値段が!?と思うんだろうケド、
そこはそういう世界だと言う事で(^^;

さて、上の写真はデフォルト衣装を着せた状態なのだが、
アイマス2をプレイした人なら知っているこの衣装だ。
IMG_8400.jpg
ゲームでは一面にスパンコールがめぐらせてあるんだけど、
流石にそれは出来なかった模様。

でもかなり細部まで再現されていて、見ているだけでなんだかニヤニヤしてしまう。

ドールの顔の造形がゲームの顔と似ているか?と言うと
ちょっと考えてしまう部分もあるが、
とにかくこのドールの顔の作りが気に入ってしまっているので問題ない(^^

ちなみにアイマスDDドールはもう一体いる(^^;
その名は天海春香。
こちらは何故か購入当時は定価割れをしていたので、
買うときに美希ほどは気絶しなかった(^^;
IMG_8406_2.jpg
でもウチの春香は都合により雪歩になっている。
なんせ、標準でついている春香ウィッグが似合わなくて(^^;
雪歩にするなら瞳の色を変えなきゃだけど、
まあこれでもカワイイからいいやと思っている。


ゲーム中の衣装はこんなカンジ。
IMG_8401.jpg
見比べると、ドールの方はムネがはだけすぎているじゃない?
といったところか(^^;
まあこれは美希ドレスも同じかな。

せっかくなので2ショット。
IMG_8390_3.jpg

ちなみにこの2人のムネの大きさは美希がLムネ。
春香がMムネってことになっている。

だけど、服越しに見比べてみると。。。
IMG_8396_3.jpg
一体どういうことなんだろう?と感じずにはいられない。

これでもし千早とか伊織とかが出たら大変なことになってしまうだろう。(^^;

スポンサーサイト

リンク変更

久々にこのBLOGについているリンクに手を入れた。

天城さんのサイトはBLOGサービス終了になっていたのでリンクを終了した。

新たにドール関係のリンクを追加。
と言ってもリンク先の人たちと交流があるわけではなく、
単に私が巡回しているサイトを便宜上追加しただけのもの。


無いとは思うが万が一、苦情などがあったら速やかに削除する予定。

なお、画像は本文とは関係ありません。
IMG_8330_3.jpg

もう一冊買ってみた

シリンダー氏の同人写真集をもう一冊買ってみた。
前回ネタにした作品はWEBで公開していない新規撮りおろし画像だったのに対し、
今回買ったのはWEBに掲載された過去写真を1冊にまとめたもの。

IMG_8397.jpg

やっぱり印刷されていると一段とカッコイイね(^^

ネット上には氏以外の写真でも良いものが結構あるので、
有志でそういうの集めて写真集とか作ったら面白いのに(^^

2冊のうち作品として面白いのは、最初に買った「SMALL SIZE SHE IS」のほう。
意思を持ったドールとの生活があったらというテーマを具体的に表現していた。

作者の脳内世界を写真を通じて再現しているようで、しかもかなり説得力がある場面構成でかなり気持ちが引き込まれた。

読み終わったあと、思わず自分の机の上でじっとこちらをみている我が家のドールを眺めて
「我が家だったらどうだろうか?」と妄想に浸ってしまった(笑)


氏の写真作品はどれも好きなタッチなので、
これからも繰り返し眺めながら楽しませてもらうと同時にいろいろと勉強させてもらおうと思う。(^^

さらば!Cinema4D!(の箱)

そろそろ保管場所に難儀してきたので、思い切って以前のパージョンの箱を捨てて行こうと思い立った。
IMG_8346.jpg

大きい箱はカッコイイと感じた時代もあったけど、やっぱり邪魔だね(^^;

現在のバージョンはR14。
とりあえずR9とR10の箱に別れを告げることにした。(^^;

同人誌型ドール写真集を買ってみた

こっそり巡回している趣味ドールサイトの方が自作写真集を出すとの事で、
早速買ってみた。

ちなみに氏のサイトはこちら
Starlight Scoop

こういうの見ると私もライティングを勉強せねばと思うのは、なんとなくPoserと同じ(苦笑)
ちなみに上の画像のライトは画面右下から一灯と後ろの影を消すための左上からの1灯。
後は部屋の蛍光灯(^^;

影がキツイのは、ほぼ直接照らしているため(^^;
フラッシュでバウンズさせて柔らかくする方法もあると思うけど、
どうなんだろ?

あ、いま、写真みて気がついたけど、髪とかしてないや(^^;


肝心の本の方だけど、ごらんの通りまだ開封していない。
なんか開けるの勿体無いな~とかちょっと思ってたりして(^^;


スポイトお持ちしました~

IMG_8322.jpg

先日の私のBLOGでの「ニノ国プラチナ獲得」の記事で一緒に写っていた娘。
前回のチャイナドレスの撮影もままならないまま、
あっという間にバニースーツに着替えてもらった(^^;

ちなみにこの娘にはまだ名前が無い。
と言うのもオークションでヘッドメイク職人から購入したから。

もう一人のアオイちゃんは製造販売会社のキャラの名前そのまま。
アイ(瞳)を変更したらもう別人でもいいかもしれないけど、

メイクが一緒ならやっぱり同じキャラかなぁ~なんて気がしている。
この娘も幾つか命名候補があるので、そのうち名づけると思われる。


昨日の画像と比較するとなんとなく判るかもしれないがボディはDDdy。
ボークス販売店にたまたま在庫があったので単体で購入した。

昨日の画像のボディはDD3 L胸と言うもの。
何が違うかといえば、DDdyはダイナミクスボディで、要するにグラマーなのだ。

PoserのVickyで言うところの「Voluptuous」だ(^^
もちろんドールでは「ダイヤル回せばあっと言うまにグラマーに!!」と言うワケにはいかない。
そこがかなりサイフに苦しいところだ(苦笑)

DD3ボディを見慣れた後に、DDdyボディを見るとなんだかどっしりしているな~って感じるけど、
しばらく机の上においていたらその味付けの狙いが理解できるようになった(苦笑)


ちなみにアオイちゃんと比べてこの娘の顔のサイズが大きい(07ヘッドと呼ばれるもの)ため、
2人一緒に撮影するとなんとなくアオイちゃんが見劣りしてしまう気がした。

何枚か一緒に写った写真にチャレンジしたけど、
この娘のキャラに負けてしまうので、
彼女(アオイちゃん)はしばらくピンで活躍してもらうことにした(^^;

今日のアオイちゃん

背景が白い方が清潔感があるとかと思っていたけど、
意外とそうでもない
IMG_8316.jpg

あと球体関節ドール全体の問題だと思うけど、
ポージングが難しい。

私が一番好きな脚組みすわりとか出来ないし(^^;

ちなみにこのアオイちゃんは、シリーズの中ではムネが大きいL胸なんだけど
あまりそれが判るような画像にはならないものらしい。。

コップのフチ子ちゃん

先日、とある高速道路のPAのガチャポンで見つけた(^^;

その名も「コップのフチ子ちゃん」。

何故こんなしょーも無い企画が通るのだろう?と言うのが第一印象。
特にかわいくもないし魅力のミの字も感じられない。

と言うわけでネタつくりのために1回まわしてみた(^^;
全部で6種類+シークレット1種類の組み合わせらしい。

出たのはこれ。(画像をクリックすると大きくなります)
IMG_8299.jpg
IMG_8305.jpg

「バランスフチ子」と言うらしい。

....もう少しなんとかならなかったのだろうか?
どうせなら「ぶら下がりフチ子」と呼ばれるアイテムが欲しかった(笑)


こういうのもオークションで取り引きされているのだろうか?
と思って検索してみたらアマゾンにあった(^^;

コップのフチ子 Amazon検索

どうせ作るのならもっと魅力的な女性で作って、と思わずにはいられない(^^;;;

私がここに居るって事はナイショでね

散財の成果もボチボチ貼らないとせっかくBLOGやっている意味がないのでは?
と言う事で以下の画像を1枚掲載。

IMG_8293.jpg

Poserと違ってテクスチャで色を変えられないのがドールのイタいところ(^^;
でも衣装のさわり心地は本物と同じなのでそこは素晴らしいと思う(^^

ま、バニーガールのような衣装を着ないとこのドールのボディラインのよさが判らないので
仕方が無く、、と言ったところだろうか?(いや違うだろう(^^;)

ニノ国プラチナ達成(PS3)

順当にプラチナトロフィーまで辿りつくことができた(^^

プレイ時間は103時間ほど。思ってたよりはかかっていない。
と言うよりも、感覚としてはあっと言う間の100時間だったと感じている(^^

冒険の状況はこんなカンジ。
IMG_8284.jpg
マジックマスター(本編内の魔法指南書のようなもの。物語を進めながら不足しているページを集めていく)は一体どれを取りこぼしたのか?は不明(苦笑)

「イマージェン」とはこの世界の「モンスター」の事だが、
このイマージェン図鑑完成率とは、モンスターを仲間にした率をあらわす。
レアキャラとか一杯いるので、この先続けるとすると結構しんどい気がする。

合成レシピ完成率はレアアイテム蒐集の旅がきつそうなので、
このあたりが限界か? 。
と言うのも、必要とするレアアイテムの種類が偏っているので、
作業感が強くなりつつあるところだった。
このあたりのバランス取りは次回の課題といったところだろうか?

ちなみにプラチナ獲得時点のメンバー編成はこんな状態。
IMG_8283.jpg
ネットでオススメの「ツノダー先生」の”おたけび”のお陰でかなり楽に進めることが出来た。


全体の感想としては
シナリオ全体はいろいろ腑に落ちないものがあったけど、
良い作品だったと思う。

最後に、プラチナ獲得画面と記念撮影を(苦笑)

【“ニノ国プラチナ達成(PS3)”の続きを読む】

ドール趣味は金銭的にかなり危険

と言う結論が早々と出たような気がする。
定期預金をとり崩して購入に臨んだが、衣装やらなにやらで際限がない。(^^;

衣装などは、オークションでお安くなんて事はほぼムリで、
逆にプレミア価格で1万以上するなんてこともザラにある。

ちなみに値段は人間用と全く同じだと思ってもらって問題ない(^^;
ドール衣装のユニクロとかシマムラとか出来ないだろうか(苦笑)

でも、正直なところ、ドールに着せたいのは扇情的な衣装だろうから
普段着みたいな衣装は望まれていないんだけどね(^^;

困った困った。

二ノ国三昧

気が付けば、年も改まっているのだが、
結局この1ヶ月はずっと二ノ国をやっていた言っても言い過ぎではない。

いや、まだプレイ時間は80時間弱なので”ずっと”と言うのはやはり言い過ぎかもしれない(苦笑)

しかし、余暇として使える時間の殆どをこの物語に注いだので、やっぱり”ずっと”と言う表現でもいいだろう。


現在、主人公のレベルは「93」で、あと6でMAX状態。
本編のエンディングはレベル「80」の段階で達成し、現在はクリアデータからの事後処理(笑)中。

もちろんプラチナトロフィーを目標に取り組んでいる。

でも、トロフィー獲得率は40%ほど。
RPGは後半になって一気にトロフィーを獲得出来る特徴があるので、
まあこんなものかなと思う。


テなわけで、まだ終わってないけど二ノ国プレイ感想など。


・ドラクエの冒険テイストはこちらに来ていた
「友情」「努力」「勝利」の三大要素はバッチリ満たされている。
ドラクエ本編は9を境におかしな方向へ逸れてしまったが、
そう感じる人はこちらをプレイすればいいかもしれない。

・戦闘は中途半端
なんとなくポケモンの代理戦闘っぽい戦い方だが、
操作方法がコマンドバトル方式と3Dリアルタイム戦闘のあわせワザでちょっとやりにくい。

と言うのも、3Dリアルタイム戦闘なら敵から距離を保てば攻撃をかわすことが出来るハズだが、
一部攻撃はかわすことが出来なかったりその逆もある。
敵の必殺技中は操作不能だったり不便に感じることも少なくなかった。

この辺りはテイルズ・オブ・グレイセス・エフの方が考え込まれていて面白いと感じた。
とは言えこちらもガストの「アトリエシリーズ」の戦闘に比べれば段違いに面白いんだけどね(^^。

・飽きさせない作りは流石
「アイテム蒐集」「レベル上げ」「モンスター蒐集」「クエスト攻略」がいい感じに絡み合っていて、
単純作業にカンジさせないシステム構成は流石だと思った。


こんなカンジかな?
プラチナトロフィー獲得にはまだまだかかりそうなので、
続報を書いていこうと思う。