Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

萌え萌え大戦争☆げんだいばーん ++(ぷらすぷらす) プラチナ獲得 (PS VITA TV)

かなり楽しくプラチナまでたどり着けた。
プラチナ獲得自体が簡単な部類と言うのもあるが、
シナリオ部もシミュレーション部もわりと楽しめたのが大きいと思う。

前回の記事で、「第三次世界大戦編をノーマルでやり直す所」まで書いたが、
ノーマルでやり直したところ順調に進めることが出来た。

全クリアしてみて思ったのは、
主力乙女のスキルには「反撃阻止」があった方がよいと言う事。
敵にスキル「カウンター」(受けたダメージの半分を相手に与える)があるととてもマズい状況に陥る。
なんせ、味方レベルが上がると与えるダメージも超強力になっていくわけで、
そのインフレした与えたダメージの半分をカウンターで食らった時には半べそものである(笑)

「第三次世界大戦編」ではSORENの「ミーリ」がカウンタースキルもちで、かなり曲者だった。

サバイバルモードはSORENの「リディア」ちゃんを育てる事で楽勝だった。
とは言っても最初のレベルは1なのでサバイバルモードを2回くらい全滅しながら繰り返す事になるのだが。

育て方はこんなカンジでやった。
・「リディア」と、武器3を装備した「蒼」の二人で出撃。
・基本は「リディア」だけで攻撃。「蒼」は連携攻撃のサポート要員として近くにいるだけ。
・ポイントもらったら「攻撃力」と「機動性」を重点的に伸ばす
 (どんなに攻撃力が高くても「当たらなければどうと言う事は無い」と言われかねないので機動性は重要)
・上記2つのステータスを半分近く伸ばしたら、スキル「猛追撃」を装備する。(重要)
・APポイントも伸ばしつつ「攻撃力」と「機動性」「移動力」を伸ばす。
・スキル「前半強化」を付ける

てなカンジで。
「リディア」のレベルが低いうちはやられちゃう事があるので、
そうなったら、次のマップで別の低レベルなキャラ1人で出撃してGAMEOVERにする。

「リディア」のレベルが2桁に差し掛かる頃には「無双キャラ」の片鱗が見えて来るハズ(笑)
なんせレベルが上がるたびに行動力の源であるAPポイントが増える。

APポイントが増えると「猛追撃」の効果「撃破毎にAPポイントが30%回復」が恩恵を受ける。
「リディア」は攻撃力が高いので序盤でなければ「AP25」の機銃でも一発で相手を沈められるはず。

こうなるともはや誰も「リディア」を止める事が出来ない。
1ターンで、一人でマップの隅々まで移動して全部の敵をせん滅する事が出来てしまうのだ。

ま、正直に言うと実際には「反撃阻止」を持ってなかったせいで、
サバイバルモードの最終マップでカウンターを食らい瀕死の状態になってしまったが(^^;
(カウンターは必殺技使用で回避出来るが、艦船には使えない必殺技なためこうなった)

てな訳で、お勧めのスキルは「猛追撃」「前半強化」「反撃阻止」。
あと第三次世界大戦シナリオでは
ほとんどのマップで補給部隊が展開出来ないので
スキル「回復○%」があるとラクかも。


全体を通して好きなキャラは、
どうしても主役級キャラになってしまうが、
F14トムキャットの「ネコ」
F15イーグルの「グラーフ」
F2の「蒼」
あたりか。
とくに「蒼→グラーフお姉さま」のやり取りは楽しかった。
やっぱりシナリオパートでの楽しいやり取りが多いキャラは愛着が沸く。

とか言いながら一番印象に残っているのは
「ベトナム編」の一撃離脱戦法の「ネコの呪い」エピソードだったりするのだが。



後はリベラルな雰囲気のCHUGOKUの「ヤン」も好きかな。

シミュレーションゲームとしてはヌルい思考ロジックな方だと思うが、
キャラを強化する事による無双状態が好きなわたし的には、
とても好きなシステムだと感じた。


このシリーズ、次回作が出たら新品で買ってしまいそうな気がする。

スポンサーサイト

萌え萌え大戦争☆げんだいばーん ++(ぷらすぷらす)  PSN+ (VITA TV)

前回のエントリーの続き。

名前があまりにも媚びた(笑)タイトルで、日常的に買うことはまず無いと思われるが、
PSN+で手に入るのならと思って、内容を調べた後ダウンロード。

簡単に言うと、
システムソフト社のシミュレーションゲーム「大戦略」に
アドベンチャーゲーム的シナリオを組み合わせたもの。
ついでに、兵器ユニットを女の子キャラに擬人化。
さらに兵器ユニットのダメージに応じて
女の子の衣装が破れていくけしからん!システム(^^;

まあ脱衣はともかく久しぶりに大戦略的なゲームもイイカナと思って
プレイを開始した。

最初は微妙な世界観と、
キャラの特性が判らない中でイマイチな雰囲気も漂ったが、
物語も中盤に差し掛かったあたりで、かな~り楽しんでいることに気がついた(^^;

女の子達は敵を撃破すればするほどレベルが上がっていくので、
難易度ノーマルならサクサク進む。

アドベンチャー部分は結構長いので途中から強制スキップを多用(^^;
それでも要所要所は読んでいるつもりなのだが。

中東編→ベトナム編と来て楽勝モードだったので、
第三次世界大戦編をハードで開始したら、これは罠だった(^^;

開始して3シナリオ目くらいでの、
主力メンバー以外での戦いを強いられるところで詰んだ(^^;
味方が1機も撃破されてはならないのに、
回復手段が一切無いという。

しかも主要メンバーじゃないのでレベル上げが中途半端な状態。
さらには敵に必ず反撃を仕掛けてくるユニットがいるため、
先制攻撃&離脱をしようにもかなりHPを削られる。

4回リトライして全敗したので、
第3次世界大戦編を難易度ノーマルでやり直すことにする(^^;。

といった状況。
ちなみにパッケージはコレ↓


では、作戦を続行する。

PlayStation Network Plusでフリープレイ中

PS4のオンラインの為に入会したPlayStation Network PLUS(以下PSN+) では、
毎月フリープレイとして市販ソフトを一部無料提供してくれている。

これが意外と面白い作品を配信していてとても楽しませてもらっている。

ただし、PSN+で提供されるゲームは「PSP ・VITA・PS3・PS4」用に
それぞれ別タイトルが配信されるため、それらを2機種以上持っていたほうが旨みが大きい。

っていうか、良作配信はほとんどVITAソフトな気がするので、
VITAともう一種類の機器を持っていればお勧めのサービスだと言っても過言ではない。
逆にPS4対応ソフトは皆無なので、
現時点でPS4しか持ってなく、オンラインをしないのなら全く意味の無いサービスに感じる。
(ダウンロード販売のディスカウント)とかやっているようだけど、
現在提供されているディスカウント対象は全く興味の無いタイトルだったので印象に無い(^^;

さて、2月のPS4発売と同時にPSN+に入会した私も、
もちろんフリープレイを堪能させてもらっている訳だが、
その魅力はやっぱり「お金を払って手を出すにはちょっとハードルが高い」ソフトが
プレイできる可能性があるから。

これ書いている時点でプレイ終了しているタイトルは3つ。
・ドリームクラブコンプリートエディピョン(PS3版)
・シュタインズゲート(VITA)
・プリンセスアーサー(VITA)

いずれもプラチナトロフィー獲得済。

簡単な感想はといえば、

・ドリームクラブコンプリートエディピョン(PS3版)
キャバクラでお酒のみながら女の子を攻略するゲーム。
女の子のラインナップがアイマスっぽいのやToHeartっぽいのがいて
ちょっと失笑ぎみな部分もあったが、まあつまらなくは無かったと言える。
が、長時間遊び続けるゲーム性は皆無なため、
1日1~2時間程度で区切るのが精一杯だった。

プラチナ獲得の鬼門はやっぱり「オンライン対戦」があることかな。
対戦するだけでもらえるトロフィーなのだが、如何せん相手がいない。
私が獲得出来たのは「PSN+で配信され始めた直後だったから」に違いないと思われる。

もし、これ読んでいてオンライン相手が欲しい方は、言ってもらえれば対応するかもしれません(^^
(あまり日数が経過していると私のPS3から削除されているかもしれないのでそんときはあしからず)

あとちょっと苦労したのが「ケチャップマエストロ」と呼ばれるトロフィーで、
注文したオムライスにケチャップでお題を書き上げるというもの。
10秒以内で書き上げなければトロフィーもらえないのが難しかった。

セオリーどおり、「ナオ」のレベル1で獲得したわけだが、
私の心がけたコツは以下のとおり。

・この画数でケチャップが足りなくなることはほぼ無いので、たっぷりと使ってよい。
 (て言うかたっぷり使えば多少のブレは吸収されるので使え(笑))
・操作スティックはあわてて倒しすぎない
・1画目「ナ」と「オ」の横棒はナの左からオの右端まで一気に書く。
・2画目「オ」の縦棒を書く
・3画目「ナ」の縦棒の途中でたぶんOKメッセージ

トロフィー獲得後も何回か再挑戦してみたけど、
それでも10秒以内での成功率は80%くらいなので、
まあナオ以外の他のキャラ攻略中に練習して慣れていけば取れるのではないかと。


・シュタインズゲート(VITA)
サウンドノベルのアドベンチャーゲームなのだが、
評判が高いだけあってかなり面白かった。
て言うか当時、近々購入する予定だったタイトルだったので、
即効でダウンロードしたわけだが。

3次元世界の我々には理解しきれない部分を題材にしているため、
理論が破綻していても「もしかしたらそんなもんかな?」と納得できてしまう
不思議な話の作りに堪能させてもらった。
既に無料配信は終わってしまっているが、お勧めの作品。

・プリンセスアーサー(VITA)
アーサー王伝説のアーサー王がもしも女性だったら?という話。
これもサウンドノベルなアドベンチャーゲーム。
絵があまり好みではないので続けられるか心配だったけど、
アーサー王伝説を読んだ事がないわたし的には
先が気になってかなり楽しめた。
似たようなゲームで新撰組を題材にした作品もプレイしたことがあるが、
こちらは史実の結末を知っているので大筋であまり面白く感じなかった。のは余談だね(^^;。

楽しかったルートは「ガラハット」と「マーリン」かな。
こちらはこの記事書いている時点ではまだ配信中なので興味があったら
プレイしてみるのもいいかもしれない。

ちなみに、このプリンセスアーサーでプラチナトロフィー40個達成(^^


で、現在挑戦中のPSN+配信ソフトはこれ
・萌え萌え大戦争☆げんだいばーん ++(ぷらすぷらす)

長くなったのでまた次回

帰ってきた! ささら、まーりゃんの生徒会会長ラジオ for ToHeart2 だって

なんと、「溝らじ」が復活した(^^)。


帰ってきた! ささら、まーりゃんの生徒会会長ラジオ for ToHeart2 第1回



まさかラジオCDではない、オンタイムで聴けるとは思ってもみなかったので、
とても嬉しい。
と同時に不安もある。(笑)

なんせ、私はラジオCD1巻~10巻をループして聴いているため、
現在の二人のノリにギャップを感じたらどうしよう!?とかね。

ちなみに現在4周目の第8巻の辺りを聞いている最中。
(記念すべき100回目配信がどうたらこうたら)


もうひとつはパーソナリティの生活や心情の変化でノリが変わっているかもしれないと言うこと。
例えば、以前紹介した英麻さま出演の「らむラジ」は3~4回聴いたところで止めちゃった(^^;
これはらむらじ内の英麻さまと相方との相性がイマイチで、
英麻さまの長所が全然活かされていないと感じたためだと思われる。

もしも、それと同じような雰囲気が溝らじであったらかなり悲しい。

が、配信を聞いてみるとそんな心配は不要なのがハッキリと判る(^^)
前述したとおり、私はまだ120回くらいまでしか聴いてないのにもかかわらず、
そのノリ、その雰囲気は健在だった。

素晴らしい!


番組を続けてもらうにはやっぱりメールが多くないとダメらしいので、
今度こそ(※前回志したのはらむらじ)こまめにメールしてみようかと思ったり。
でも基本的に溝らじは読まれるハガキ数が少ないので、忙しい身としてはモチベーションが保てるかどうか?とも思ってたりする(^^;。
そう言う意味では「佐藤利奈のあの空であいましょうF」のハガキ採用ペースが羨ましかったりする(^^;

ま、溝らじはどちらも好きなパーソナリティなので頑張って投稿してみよう。(^^