FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

劉備軍 233ターン目 エンディング(三極姫 戦煌の大火・暁の覇龍 PS3)

友好度上げるため幽州に行こうと思ったけど、
思わぬバグに遭遇しアホらしくなって司州に行ってエンディングを迎える事にした。

何が起こったのかと言うと、

友好度が50%くらいあったハズの張袷が、
なぜかまた0%に逆戻りした。

まるで賽ノ河原の鬼のような所業に失望を禁じ得ない(苦笑)


「新しい州に攻め込む際は、セーブデータを分けろ!」と言う
先人たちの言にならっていて助かった。

そうそうに幽州攻略を中断し、タイムリープを慣行。

友好度上げ苦行は中断し、
司州攻略に切り替え、さっさと司州を平らげたのだった。



各キャラのエンディングを回収するのが面倒だと言う話だったが、
ここまでずっと戦闘を手動でやってきたせいか、
ラスボス戦もこれまでと何も変わらない気持ちで取り組めている。(^^;

。。。つまり、もともと戦闘を面倒だと思っていたので、
何も変わらないと言う事か(^^;

まあ、前後のストーリースキップがダルいけど、
そこは、スキップしながら別のタイトル「猛獣使いと王子様」をVITAでプレイしてたりして(爆)



忠誠度がガクンを下がる件は、
リョウマちん2号さんの助言により、
なんとなく原因っぽいものがわかった気がする。

つまり、秋の収穫時の収支がマイナスだった場合に、
武将にまで俸禄が回せずにいると言う事か。

確かに、更新フェイズでなぜか収支がマイナスの時が少なからずあったような気がする。
(気がする。。。と言うのは表示が1秒くらいなのでちゃんと見るにはフラッシュ暗算クラスの能力が必要)


更新フェイズで表示されるイベントはここで判るようだ
攻略Wiki 更新フェイズ



そう言えば、住民感情を100にしてから次の州に侵攻したりしていたはずなのに
暫くしてから確認すると、20くらいに下がってたりしてたっけ。
そういう場合は秋の収支がマイナスになったりして気が付くのだが、
この極端な下がり方にも嫌気が差していた。

上記サイトをみると「盗賊の横行」が発生したら
住民感情に気を付けろ!と言う事か。

住民感情が下がるとどんなに大国でも収支がマイナスになるので侮れない。



次回はその辺を気を付けて進めて行こうと思う。

って、蜀でのエンディングをあと10回繰り返してからの話だが。。。(^^;
スポンサーサイト

劉備軍 215ターン目 袁紹倒して次は幽州?でも面倒だから司州行って終わらせようか(三極姫 戦煌の大火・暁の覇龍 PS3)

淡々と進む日々。

忠誠度の乱高下(と言いつつほとんど下落)の意味が判らずイライラが募る(^^;
12~15の数値を保っていたと思ったら次のターンに入った途端に3とかになる事もあり。

幸いCPは一杯あるので、一生懸命俸禄をアップしている。

でも、別のサイトとか覗いていると、俸禄は255が上限っぽい。
そして上限に達すると忠誠度を意図的に上げる手段がなくなるそうな。

んなアホな仕様あるかい(^^;

上限に達したら絶対に裏切らないようにしてもらわないとやる気がそがれて仕方が無い。

今のプレイもどちらかと言うと、
友好度を上げるために拠点攻略していて、
気が付いたら100拠点制覇していた、
と言っても過言ではない(^^;
(なぜなら友好度MAXになると絶対に裏切らなくなるため+エンディング条件)


いずれやるであろう、絆仕様がない(と思われる)郡雄モードに対する気が重い(^^;


それはそうと、
トロフィー「漢たちの戦場」を獲る為に
「銀河・鳳統・法正・魏延・厳顔・徐庶」で戦場に向かったのにトロフィー獲得ならず!

なんで??

同じ拠点から出陣しないといけないのかな?
(今回は複数拠点から1つの敵城に攻め込んだ)

一回でとれなかったので、
とりあえず後回しにする事にした。


現在の友好度進捗

100%(一騎討ち完了済)
関羽、張飛、諸葛亮、劉備、馬超、姜維、馬謖
曹仁、楽進、袁術、張魯、賈駆、孟獲、華雄


間に合えばこちらも100%にしたい
高順(50%)、大喬(50%)、公孫サン(50%)、張袷(25%)


噂の鄧艾は無視する方向で進めている。


先は長い。。。

劉備軍 179ターン目 後はタブン司州に攻め込むだけ(三極姫 戦煌の大火・暁の覇龍 PS3)

結構ツラい(^^;
直近のプレイで100拠点攻略トロフィーをもらったので、
現在の支配城は100城だろう。

部隊も兵数上限5000人×6の編成で4部隊を保持する大国になっている。
が、「特定武将との友好度を上げるには主人公と一緒に出陣するしかない」と言う
ウンコ仕様のため、1ターン1拠点攻略を余儀なくされている(^^;
しかも、友好度が上がるかどうかはランダムのおまけつき。


体が戦極姫3に慣れきっているせいもあると思うが、
三極姫の戦闘がとにかくツマらない(^^;

唯一、好きなところは曹仁が一騎打ちでの攻撃を受けた時の声が、カエルっぽくて面白い事(笑)

他の事をやりながら淡々と進めている。
ま、あまり考えなくても進められるのはこの際は利点か?

この後は友好度のある、馬超、曹仁、大喬、袁術、高順、公孫讃の友好度を100%にしたら
エンディング戦に突入しようと思う。
ただ、もう中国北部と交州しか残ってないので友好度MAXには間に合わないかもしれない。

まあ、呉や魏でも同じ事をやる事になるだろうから、
あまり目くじらをたてて取り組む積りはない(^^;



でも、200ターン以上は間違いなくいくだろうな(^^;

赤黒バニー (DDS 星井美希 如月千早 DDdy)

色違いの衣装で同時に着飾ると、統一感があっていい。
IMG_8678.jpg

こうやってみると、美希の方が表情が引き締まっていてカッコイイかな。
でもまあ、千早の方はポージングに失敗している気もするし、
もう一度着替えをしてみよう。(^^;

ていうか、2人同時にベストアングルを狙うというのには
とても高度な感覚と経験が必要なのでは?と言う気もしないでもない。

劉備軍 75ターン目 荊州へ進出開始(三極姫 戦煌の大火・暁の覇龍 PS3)

益州 ⇒ 雍州 と軍を進めた劉備軍は
いよいよ荊州攻略を開始した。

などと書いてみたが、
実はイマイチ盛り上がっていない(^^;。

盛り上がっていないけど、徐々にやり方が判ってきているので、
続けている状態だ。


以下箇条書き

・更新フェイズの表示が早すぎて何がおこっているのかよく判らない
もうちょっと速度落とせないのかいな(^^;

・完全支配している州で徴兵した際、
限度一杯徴兵すると住民感情が一気に一桁に下がる

ちょっと遠慮がちに徴兵しないと住民感情の回復がメンドイ。

・戦闘中、誰が一騎討ちをするかは完全にランダム
なので事務方の法正とか一騎打ちに駆り出されたりしてシラける(^^;

・一騎討ちはただのジャンケン
なんの戦略性もない。
この一騎討ちシステムが現時点で一番嫌いなルール。
なんせ、ウチの関羽は頻繁に雑魚キャラに負けている(自爆)
先が思いやられる。

・忠誠度の完全無視という方針はイマイチ
結論から書くと、裏切られたら困るキャラにはちゃんと俸禄を与えた方がよさそうだ。
忠誠度無視が有効なのは最初の州を制覇するところまでだと思われる。

何が起こったのかと言うと、
華雄と孟獲とカクの忠誠度が1の状態で更新フェイズを迎えた時、

1回目:華雄が出奔しました ⇒ リセット
2回目:孟獲が出奔しました ⇒ リセット
3回目:華雄が出奔しました ⇒ リセット
4回目:華雄が出奔しました ⇒ リセット
5回目:カクが出奔しました ⇒ リセット
6回目:華雄が出奔しました ⇒ リセット

と、意地でも主要メンバーを出奔させられる事態に(^^;

なので、いずれ絆化される武将に対しては
絆化するまで忠誠度を10以上に保つことにした。
(もちろん州をひとつ制覇してからの話だが)

逆に言うと、絆化しないキャラは5000人の主力部隊にはしない、
ということ。


こんな感じかな?


赤いチャイナドレス (DDS 天海春香 でも実はDDdy)


拳銃を撃つポーズをとって「バーン!」と言っている風。
モニタの隣で、常にモニタ前の人物をこの微笑で狙っている(^^;
IMG_8672.jpg

PS4のバトルフィールド4をやっていて、
撃ち負けたときにモニタから視線を逸らすとこの春香ちゃんと目があう(笑)

ヤラレかたによっては多少イライラしているのだが、
このポーズの彼女を見るとなんとなくクールダウンするという効能があるのだった。


三極姫 戦煌の大火・暁の覇龍 蜀で開始 (PS3)



前回まで長々書いていた「戦極姫3」は SEN+ (SONY Entertainment Network Plus) でダウンロードしたのだが、
実は同じ時に「三極姫 戦煌の大火・暁の覇龍」もダウンロードしていた。

同じ会社の作品だし、
似たようなノリで楽しめるのではないか?と言う事でプレイ開始。

が、いろいろとダメダメな雰囲気が漂っていて若干たじろいでいる。
とりあえず劉備シナリオで初めて、最初の州を制覇したところ。

如何せん戦闘が面白くない。「戦極姫3」と似たような雰囲気ではあるが、
「戦極姫3」は単純ながらも(劣勢を覆す配置とか)戦術などが楽しめた。
が、こちらはそういう楽しみが無くなっているような気がしている。

まあこれはそのうち慣れるかもしれない。


最初に違和感を感じたのは「劉備たちが義兄弟と言うよりも完全な従属関係になっている」と言う点。
関羽や張飛が女性になっているのはいいとしても(笑)
もっと少し砕けた感じの義兄弟の描写にして欲しかった。


で、一番がっかりしたのは、話の流れがおかしいところ。
例えば主人公(銀河)が劉備と初めてあったエピソードで、

劉備が昔会った知人を思い出したかのように「あれ!?お前は銀河か??」と言っているのに、
その後に、劉備自身が改めて「お前の名前はなんていうんだ? ほう、銀河か、言い名前だな」とか言う。
何故?一番最初に会ったときに主人公の名前言ってたのは何事??

次は虎狼関での呂布出現のエピーソード。
大暴れしている敵将について呂布だ呂布だと大騒ぎしているところに、
余裕な発言をしながら登場する曹操。
さも呂布だと知っているような口ぶりだったのに、「なに!?呂布だと」
と突然驚きだす。
なんでもお見通しっぽい描写の曹操なのに何故ここでその失態?

この辺りから、エピソードそのものが非常にザンネンに感じられてしまうと言う症状が(^^;


劉備シナリオなのに、他国(例えば呉)のエピソードとかが入るのもイマイチ。
最終的には関連する内容なんだろうけど、
劉備シナリオに没頭したいので、無意味なものに感じてしまう。

その点では戦極姫3のシナリオ展開の方が良かったと思う。


そんな流れで、セリフスキップを既読ではなく「強制」に初めてセットしたのだった(^^;


この作品をプレイする上で、意外と困るのは「トロフィー目的の攻略サイト」が無いこと。
大方の作品では有志が情報を持ち寄った攻略Wikiサイトなどが存在するのだが、
残念ながら見当たらない。

個別にレビューをしているBlogサイトから情報を取捨選択するしかないようだ。
わたし的に有効だと思ったのは以下の3つ。


PS3三極姫 戦煌の大火・暁の覇龍の攻略についての質問です。


PS3/vita トロフィーを集めよ! 【84個目】三極姫 ~戦煌の大火・暁の覇龍~(バグ最低)


Kーマーズブログ 三極姫 PS3版


おお!サイトを挙げていたら、
前回の記事にコメントを頂いた方のサイトだった(^^
リョウマちん2号さん、この作品でもお世話になります(^^


簡単にまとめると以下の通りか?

シナリオモードでのはなし
・敵が州をまたがった進軍をしてこない
・忠誠度は無視(合戦フェイズで保存しておき裏切ったらリセット)
・ユニークキャラとの絆は、主人公と一緒に出撃しないと進まない
・敵の兵力はほとんど増えないので、1部隊3000人以上の6部隊で攻めれば負けない
・守備隊は1000人×6人の部隊を駐屯させておけばせめてこない
・敵勢力が成長しないので、慌てて領土拡張する必要無し
・バグがあるので基本的に交州には攻め込むな
・ある州に攻め込んだら、征服するまで他の州には攻め込めない
・新しい州に攻め込む時は、その都度セーブデータを作れ
・蜀で荊州を攻めるときは、制覇直前に本隊以外を別の州に逃がせ!
・トウガイ関連のCG回収には気を付けろ
・城壁拡張は無駄
・ターン冒頭イベントが発生したら次ターン以降、冒頭イベントが発生しなくなるまで侵攻を控えるように


なかなか面倒なことだが、それを踏まえよう。
トウガイの件については気になるところだが、
とりあえず絶対に発生する問題でもないようなので、
このまま蜀で続けて行こうと考えている。
(これがワナかもしれないが。。。)

ま、蜀でトウガイとの親密度が上げられるようなら
とりあえず無視する方向でいけばいいかな、と。

武田信廉~毛利隆景~毛利元就~武田信廉そしてプラチナ獲得 (戦極姫3 PS VITA)

いよいよ、武田信廉に挑戦。
それにしても後半にやる武田家は強い!
なんせ、開始時に仲間に出来る武将の数が非常に多い。
ここで周辺国の名だたる武将を最初から招聘しておければ、武田の天下はゆるぎないと来た。

今回初期に招聘した武将は、
津軽為信
最上義守・最上義光
蘆名盛隆・佐竹義重・真壁氏幹
結城晴朝・結城秀康
上泉信綱
長野業正
北条早雲・北条氏康・北条綱成
今川義元・今川氏真・太原雪斎・朝比奈泰朝
村上義清
斉藤道三
浅井長政・遠藤直経
朝倉宗滴・真柄直隆
尼子経久

などなど、もはや周辺国は完全に骨抜き状態だ(苦笑)
そしてこの人材を使って5正面作戦が可能に(^^;

上杉家・織田家・北条家・今川家・山内家を同時に攻略可能と言うすごい体力(^^;
すると、通常60~70ターンくらい攻略に必要なのだが、
40ターンくらいで統一できてしまう。

これがそのときの途中経過画像。
IMG_8668.jpg
33ターンで1000万石を超えているし、
この後は怒涛の侵攻作戦なだけなので、
40ターンくらいで1400万石に届く。

もちろん10数回繰り返し攻略しているので、
効率と言うものを熟知しているお陰でもあるが(^^


そういうワケで武田信廉はあっと言う間にクリア。
が、なにやらここにはワナが隠されていた。

それは以下の2つ
・シナリオ内に武田信廉はどちら?と言う選択肢があるがここに正解不正解の2枚のCGがある(^^;
・武田信廉クリア後に、別の勢力で武田領に攻め込む必要がある。
(信廉を仲間にして一度は会わないとセリフが埋まらない)

2つ目のワナはまだ毛利家のプレイが残されていたので問題なかったが、
1つ目のワナは完全にノーマークだった(^^;

お陰で最後にもう一度、信廉でプレイするハメに(^^;
ただ、個人的にはこのゲームを終わらせることが名残惜しかったので、苦じゃなかったが(^^;

信廉のやり直しは置いといて、先に毛利家に進む。

毛利家では、課題として残っていた宇喜田家の家臣二人との絆化を達成。
やり方は前回の毛利家でのやり方と全く同じ。
その結果、ギリギリだったが無事に4人とも配下に加えることが出来た。

そしてついにプラチナまで到達!
IMG_8669.jpg

5月下旬から初めて2ヶ月半。
ほぼ毎日遊んでようやくここまで来た(^^

でも私はこの天下統一システムは大好きなのでかなりの期間楽しむことが出来た。
途中、面倒に感じることもあったが(苦笑)


めでたしめでたし(^^

伊達・支倉・織田・羽柴・徳川シナリオクリア(戦極姫3 PS VITA)

結局やり続けている。
今回クリアした5つのシナリオは、
支倉シナリオだけはイマイチだったが、
他のシナリオはなかなか楽しめた。

特に羽柴(徳川)シナリオでの本能寺の変あたりの
明智光秀の描写は思わず涙ぐんでしまった(^^;


ここまで来たらプラチナ獲得を実現したい。
残りは3シナリオ(武田信廉・小早川隆景・毛利元就)
でCG100%達成予定。

セリフ100%(絆100%)は、
シナリオクリアの他は「宇喜多家の2人」。
結局最後まで残っている。

固有大名に所属する武将達の絆化って何?と思っていたが、
どうやら次の方法でいける気がしてきた。
・各シナリオクリア(1回は武将に会う必要がある)
・他勢力時に、降伏して登用してから一度は「武将に会う」を実行

特に降伏時に一度も会っていない武将がいる事があるので要注意。

私の場合、「毛利秀包・小島弥太郎・森欄丸」が該当した。
こちらは一度でも会うコマンドを使えば、
投降後のセリフは全部埋まるようだ。


と言う事で、武田信廉編を開始する。

KNACK プラチナ獲得

PS4発売時(2014/2/22)に同梱していたKNACKだが、
ようやくプラチナまで到達した。

長かった。

と言っても別のタイトルの合間に少しづつプレイしていたのと、
やってない期間がかなりあるので、開始時期はあまり参考にならない。

周回プレイは
・易しい:3回
・難しい:1回
・すごく難しい:1回
の5周。

まず、
1周目は攻略サイト無しでプレイ。

2周目は宝箱コンプリート目的でプレイ。が、
取り損なって次周へ。(ダイヤモンド3個)

3周目も宝箱コンプ&ダイヤ獲得目的でプレイ。
宝箱から取得出来るアイテムはランダムなため、
いわゆる「リセットマラソン(リセマラ)」をやろうとしたが、
最初の宝箱でのリセマラを15回やっても一向にダイヤモンドが
出る気配がなかったので、バカバカしくなってリセマラ中止(^^;
これなら普通に通しでプレイして周回した方が楽しいというもの。

でも宝箱ゲットを中心にプレイを進めていくと、
ダイヤモンドが出る感覚っぽいものを得た。

それは、宝箱の前についたら2.5~3.5秒くらまってから開けると
ダイヤモンドが出る可能性が高い、というもの。
あくまでも感覚だが。。

お陰で、3周目で一気にダイヤモンドを7個獲得して
最強と言われるダイヤモンドナックをゲットした。

続いて、ダイヤモンドナックを使って「難しい」をプレイ。

「易しい」からいきなり「難しい」をプレイしたせいか、
あまりダイヤモンドナックの強さを実感出来ず(苦笑)

きっと、ノーマルナックだとイチコロなんだろうとは思うが、
検証する気もおきずそのまま続行(^^;

「難しい」は敵の動きはかなり速くなっている。
それに加え、強力な一撃を加える動きが増えていたり、
予測して攻撃して来たりと、結構な鬼畜ぶり。

通路にあるトラップの動作も速いし
なかなかどうして難しいじゃないか!

「易しい」ではほとんど使わなかった、
必殺技「スーパームーブ」も要所要所で使って行かないと
突破が難しい場所も多く存在(^^;

でっかい目玉に吸い込まれるステージでは、
「スーパームーブ(竜巻)」を使いながら進まないとムリな所もあった。
(ような気がする)

ラスボスの難易度はあまり変わらずなので、
そこは安心出来た。(結局は難しいということ(^^;)


「とても難しい」は更に厄介(^^;
敵のモーションがとても速いので、
二正面だと背後を襲われる事が多かった。

特に飛び道具を使うキャラ相手では
タイミングをはからないとやられてしまい、
かなりストレスが溜まる。

結果、ナックが破壊されつづけ、
各キャプチャーで2桁はやられたと思われる。
「易しい」では鬱陶しいムービーも、
「難しい」以上では、ホッと出来るひとときに早変わり(^^;


レビューサイトでは、そんなに難しくは無いと書かれているが、
やっぱり難しいと思う(^^;

でも、私がプラチナとれるくらいなので、
そこは、まずまずの難易度と言えるのではないだろうか?


とにかく「易しい」で繰り返しプレイして、
ダイヤモンドナックを入手するのが重要かと(^^

でもリセマラの時間を苦しむくらいなら、
その時間を使って周回した方が
精神衛生上もよいと思う。


ま、いずれにせよ一気にやり切る類の作品ではない。