Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

無双演武 天下統一の章 関ヶ原西軍中(戦国無双4 PS4)

評判の悪い小田原の戦いをクリアし、
現在関ヶ原で戦っている。

小田原城シナリオの悪いところは、
操作武将の多さよりも
ミッション数が少なくかつ簡単なのが要因なのでは?
と感じた。

2~3周目くらいですべてのミッションが
終わってしまうので、
そのあとは大した緊張感もなく周回する事になる。

幸い私の場合は、ドラマ「信長協奏曲」を見て
モチベーションが上がっていたので
作業感はそんなになかったが、
それでも繰り返し「甲斐姫」「早川殿」の断末魔を
聞かされて若干食傷気味になった(^^;

関ヶ原の戦いは参加人数は多いものの
ミッションが一部、
大名家毎に分かれているので
緊張感が保てる。

ただ、逆に各大名家の参加人数が少ないため、
同じキャラでの繰り返しプレイが要求される(^^;
島津家は4回繰り返してようやく
ミッションコンプリートした(^^;
いまは、島左近でプレイしているが、
3回やってまだミッションコンプできていない(^^;

のんびりやっているのであと1ヶ月は遊べそう...かな?(^^
スポンサーサイト

信長協奏曲が意外と面白い(フジ 毎週月曜日21時~)

何気なくnasneで録画設定していたので、
第1回、第2回と見てみたのだが、
これが結構面白くつい見入ってしまう。

設定は「2014年の高校生が戦国時代にタイムトラベルしてしまい、
たまたま織田信長と瓜二つだったために、信長本人から代役を押し付けられてしまう」
と言う話。

これだけ聞くと「下らない!」のだが、
実際に見てみるとなかなかどうしてシュールな展開で面白い。

はたして現代の言葉でも概ね戦国時代で通じるのか?
なんて大前提な疑問があるものの、それを置いても
家臣前任が信長が入れ替わった事を気にしていないと言う不思議(笑)

まあ、家臣団は「馬から落馬してからちょっと(かなり)発言や行動がおかしくなった」
と認識しているようだが(^^;


そんなヤボな疑問は置いておいて、
「もし自分が主人公の立場になったら、ソツなくこなせるだろうか?」
とか思ってしまう。

ただ恐らく、これまで物語の流れから推測するに、
ソツなくこなせない人間はそもそも歴史上でも討ち死にしていると思われる。
つまり、歴史的には信長が入れ替わるのは既定の事実だと言うことのようだ。

杞憂とは言え、下らない事を妄想してしまった(苦笑)


そのほかにもいろいろと考えさせられる内容で続きが楽しみだ。


ただ、制作がフジテレビなのでそれだけで嫌悪感があるが、
念の為、録画してみれば反日的な会社のCM、或いはシーンが飛ばせるのでそちらの方向で。

って、いまのところ反日(ディスカウントジャパン)臭さは感じないので安心している(^^)。

無双演武中 (Playstation4 戦国無双4)

無双演武も残すところあと3つのシナリオを残すのみ。
「四国編」「天下統一編」「真田家編」で、
現在「四国編」攻略中。

ここまでのシナリオは(装備が整った今の状態では)難易度普通でも
楽勝だったが、
「天下統一編」「真田家編」の難易度はかなり高いようなので、
激戦が期待される。

”激戦”と言えば、本能寺の変シナリオはかなり激戦っぽくて楽しかった。
シナリオ中に発生するイベント群も良いアクセントになっていて
軽い緊張感が楽しめている。


好きなキャラは、
やはり技がハデな武将にかたよる。

印象に残っているのは
・R1有効時の「柴田勝家」の攻撃。
・「ガラシャ」の無双奥義技
・「濃姫」の無双奥義技
・「小少将」のおもしろい攻撃(笑)

ただ「濃姫」の無双奥義は後ろに下がりながらの攻撃なので、
囲まれたときじゃないと爽快感は少ない。

逆に使いにくいキャラは、
浅井長政のランサーかな?と。
攻撃範囲が”面”ではなく”点”が多いのであまり面白く感じない。


ちなみに現時点のプレイ時間は97時間強。
1シナリオつづ時間を空けながら
コツコツ遊んでいるおかげか、
今時点でもまだ飽きずに楽しめている。(^^

DDS菊地真 到着

11月お届け予定だったが、
今日届いた(^^
IMG_8704.jpg

とりあえず千早と同じようにヘッドのみ使用予定なので、
ワイスドストロベリー衣装はお蔵入り予定。

これだけ人数が揃ってくると、
そろそろ雪歩も出そうかとも思うけど、
肌の色がセミホワイトで他の4人と違うので
頭のすげ替えが難しいので先送り中。

最近セミホワイトのDDdyが発売されたらしいので、
そのうちそちらにも挑戦してみようかと思う。

DDS如月千早の高坂環コスプレ(DDS如月千早 DDS星井美希 DDS天海春香)

ぼちぼち着替えをしようと思うので、その前に撮影。
IMG_8702.jpg
タイトルに”DDS”と書いているが、
実際にはどちらもDDdy。

ToHeart2の制服の攻略には結構苦戦したが、
この千早のタマ姉コスプレはかなりしっくり来ている印象がある。


IMG_8697.jpg
この写真では千早のアイカラーが紫っぽいが、
単に画像カラー調整のため(^^;実際はほぼ茶色に見える。

で、タマ姉の瞳の色が茶色なので、
ほぼタマ姉でも通用するんじゃないかと思う。

もちろん「DDフィギア」として実際に販売されていた「DD高坂環」とは全然違うが。


最後に春香の着替え前の画像。
IMG_8696.jpg
フェテッシュな衣装を買ったので、このあとそれを着せてみるつもり。
髪型はとりあえずこのままかな。

無双演舞 武田の章・関東の章クリア (戦国無双4 PS4)

やっぱりあまり書くこと無い(^^;

ま、強いて言えば進め方。

・攻略サイトを開く
・ミッション一覧からミッション必須武将を確認
・初回は様子見なのでミッション必須武将を避ける
・クリア後ミッション未達成のものを確認する
・2回目以降はクリアしていないミッションの条件を確認しつつ進める
・全武将繰り返し
・終わり

ちょっと難儀したのは「関東の章」の遠江防衛戦。
ボーナスミッションNo10「本多忠勝 を撃破せよ!」がなかなか発生せずに
3回くらい余計にプレイすることになった。

結局、ミッション「今川氏真 を 目標地点 まで護衛せよ!」を達成した直後に
本多忠勝に挑む方法で発生させることが出来た。

あとは特筆すべき点は無い。


現在、織田の章の本能寺一歩手前まで進めている。
織田の章はプレイ武将が多いので全武将でクリアするには
若干面倒。

まあ、ちょととずつやっていこう。そうしよう。

流浪演武完了(戦国無双4 PS4)

先にやっておいた方がよいといわれてた「流浪演武」
が終わった。

終わった、とは「全武将友好度MAX」の他に
「全武将レア武器」「全武将家宝」の収集も完了したということ。

出来がイイお陰なのか、
ほぼ無心でプレイしていたので
あまり作業感を感じることはなかった。

というよりもハイペースでレアアイテムが集まっていくので、
それも楽しかったのだと思う。

攻撃のエフェクトもド派手でかなり楽しい。
特に必殺技のキメ部分では花火大会でいうところの「大スターマイン」をイメージ
していてとても気持ちがいい。

そんななか、流浪演武プレイの注意点など。
・道具屋での買い物は必要最低限にすること
 購入可能になった時点でさっさと全部購入しちゃっていると、
 指南所での後半の目標設定「防具何点購入」みたいなものが、
 クリア出来なくなる模様。
 別にクリアできなくてもトロフィーとかアイテム収集には
 影響がないが、多少気分が悪い(苦笑)

・最終戦用にパートナーのレベルを予め20以上に上げておく
 流浪演武の最終戦の敵は結構強い。(難易度「易しい」での体感)
 レア武器持って、直接操作していればさほど厳しくはないが
 コンピュータに任せた状態だと、結構体力を削られる。
 それはレベル50の主人公でも同じだった。
 最終戦参戦可能になってからレベル上げをしようとすると、
 メイン画面に戻るたびに「最終戦を行いますか?」と表示される
 ようになるのでそれが邪魔になる。

このくらいかな?
あとは、レア武器収集の効率を上げるために、
エディット武将(主人公)の武器をどんどん変更する事とか、
常にお守りを持ってレベル上げスピードを上げるとか、
細かいセオリーはあるようだが、
これは、やる前に聞いても(?)だろうし、
やっていくうちに気が付くレベルなので省略。


現時点で好きなキャラは?と言うと
どのキャラも操作性が高いので悪くない。

逆に嫌いなキャラは?というと、
「井伊直虎(女)」あたりか?
見た目やモーションなどは全く悪くないのだが、
セリフ内の「すみません!私如きがすみません!」が気に入らない(^^;
”私如き”って当主に言われてしまうと、
ついてきてくれる家臣が不憫に思えて仕方がない。
無駄に卑屈なキャラテイストに苛立ちを禁じえない(^^;

そういう意味では、
同じ頼りないキャラである「小田氏治(戦極姫3)」の方が
好感が持てる(笑)ていうか、氏治ちゃんの圧勝だろう(^^;


ということで、無双演武モードに突入。
ま、やることは変わらないので、
あまりこちらのネタにならないと思われる(^^;