FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

千早のSランク達成まであと800万人(THEiDOLM@STER プラチナスターズ PS4)

現在63時間経過。
プロデューサーランク20に必要なファン獲得数まで残りだいたい7000万人(苦笑)
アイドルマスター プラチナスターズ_20160821092938

うちのエースアイドルである千早は、ようやくファン200万人を突破したところ。
アイドルマスター プラチナスターズ_20160821093058
Sランクまで残り800万人とちょっと前進。
だけど先は長い。

主要メンバーは、千早、美希、春香なんだけど、
最近は貴音もかわいいな~などとにへら顔でプレイしている(^^;
アイドルマスター プラチナスターズ_20160820211241
アイドルマスター プラチナスターズ_20160820175046

この成長状況だとやっぱり1年掛りでプラチナトロフィーを目指すことになりそうなのだが、
そうなるとやっぱり1曲あたり200回のライブを必須としたのは失敗なんじゃないか?と思えてならない。
そのせいで、収録済みの曲をこなすのが精一杯で、
新たにDLCで曲を購入する気が全くおきなくなってしまっている。
アイドルマスター プラチナスターズ_20160820195427
おそらく、ライブ会場ごとに必須回数を設定するなどして、曲はある程度自由に選べるようにしていれば
新たな曲を欲しがる思考にもなったんじゃないか?という気がしている。

て言うか「目と目があう瞬間」を買ってもいいと思っているのに、
現時点でDLCの楽曲をプレイするのはあまり意味がないことになってしまっているのがかなりイタい(^^;


スポンサーサイト



プラチナ獲得は1年越しだね(THEiDOLM@STER プラチナスターズ PS4)

アイドルたちのモデリングについては、流石というべきハイクオリティ。
かなりかわいくなっているのがとてもうれしい。

アイドルマスター プラチナスターズ_20160806214546
プロデュースは順調に進んで星井美希と如月千早の2人のエンディングまで到達した。
この調子で進めれば13人全員のエンディングはそんなに時間がかからずに済む気がしている。

アイドルマスター プラチナスターズ_20160813180926
というのはワナで、実際には300時間以上かかることが約束されている(苦笑)
なんせ、各曲には使用すると成長する曲ランクなるものがあり、
これを全曲MAXにしなければトロフィー解除されない、というものがある。
1曲あたり200回のライブ使用が必要で、全部で20曲あるのだ。

つまりトータル4000回という膨大な回数をこなさねばならない。


アイドルマスター プラチナスターズ_20160808230207
もうひとつ、全アイドルのアイドルランクSというトロフィーもあり、こちらは各1000万人のファンが必要。
1回のライブで5000人程度なので、2000回のライブが必要という計算になる。

ちなみに1曲をプレイするのに2分30秒くらいかかるので、最低200時間。
トータルで。。。となる計算。

アイドルマスター プラチナスターズ_20160812224438
今のところ、モチベーションも高いのであまり気になっていないが、先は長い。

ただ、1曲200回プレイすることを求められると、そちらに注力せざるを得ず
ダウンロードコンテンツの曲をやろうという気がおきにくいのが今回最大の失敗なんじゃないか?と思えなくもない。


とりあえずプラチナ獲得(信長の野望 創造 戦国立志伝 PS4)

真田幸隆によるトロフィー獲得作戦は無事に完了

やはり最後に残ったのは家宝収集トロフィー。

最後のひとつは南蛮持ちの「カルバリン砲」。
年代が南蛮貿易開始前で、なおかつ真田家は「保守系」ということもあって
なかなか南蛮商人アルメイダがやってこなかった。
そのため、ほぼ天下平定になってきた状態で、主義を一気に「保守」から「創造」へシフトチェンジ(^^;
政策「南蛮保護」を実施しアルメイダ来訪の確率をあげることで対応。
それでも目当てのブツを持ってくるのに7年近くを費やした。
信長の野望・創造 戦国立志伝_20160801192632

そしてめでたくプラチナ獲得。
20160801202158.jpg
獲得率が4.7%ってめちゃくちゃ高いんだけど(^^;
前作、「創造」が1.4%くらいだったので今回がいかに簡単な部類に入るのかがわかる。
ただし、ゲームシステムを理解している(前作をプレイ済み)なら簡単だというだけで、
システムを理解していない人だと慣れるまではそれなりの苦労があると思われる。


全体を通しての感想は、
「創造」としてはやっぱり面白い。
が、やっぱり戦国立志伝としてはかなり未完成の空気が漂ってならない(^^;
ウリである「乱世の生き様」を体験できるのは大阪の陣シナリオの真田雪村だけ。しかもその戦いが終わると
祭りの後の物悲しさを彷彿とさせるゲーム展開になり、虚無感に襲われ一気にプレイする気力が失せるというオチ。
こんなシナリオじゃあ「大阪の陣で雪村は生き残るべきではない」と言っているようなもの。

まあ、ほかにもいろいろ言いたいことはあるが、結局「創造PK」を超えられなかったということだと思う。
プレイ再開をするのなら恐らく「創造PK」になるだろう。