FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

PCでVR始めました(後編)

さて、素直にPSVRを買えばいいのに、

へそ曲がりな私は斜め上の事を考える。

正直PSVRを買っても遊ぶタイトルはあるのか?。
「サマーレッスン」は買うとしてもほかは?

DMMでVRビデオを買うという事もできるようになったみたいだが、どうにも後に続かない。




それに流行りのゲームは殺戮物だらけで、変な緊張感を強いられそうで嫌だ。




もう少し画質がきれいな方がいいし。




そこでゲームのインディーズ系の豊富さや拡張性を考えてPC版のVRを検討してみることにした。

PC版VRはなん種類かあるが、ゲーム用で高性能なのはVIVEシリーズと呼ばれているものらしい。

PSVRと決定的に違うのは、プレイヤーの視点移動だけでなく、前後左右上下の動きまで正確にトレースできる点らしい。
わかりやすく言うと、実際に下から覗き込む動作をすると映像もそれをトレースさせる事ができる、という事。
この機能を使ったタイトルも多く出ているようだ。(評判が悪いものも多いらしいが)

VIVEは最近になって、VIVE Proが出た。
値段は17万円ほど。

値段は現時点でPSVRよりも4倍高い。
ただし、PCスペックは高性能化してあるのでVR要求事項を軽く上回っておりこれ以上の出費は今の所必要ない(はず)。
いろいろ考える点はあったが、
結論としては、PSVRならいつでも買えるので、まずはPC版を買ってそれを使い倒そう。となった。


でも現時点ではフルセットはどこも品切れの状態。
何気にもう一種類あって、それはVIVEバージョンアップキット。
こちらはVIVE ProのHMDだけの販売で10万円くらい。
同じく在庫切れ。

初代VIVEは在庫があった。(7万円くらい)

そこで、まずは初代VIVEを買って、
画質とか不満だったらバージョンアップしてViVE Proにする事にした。
どうせVIVE Proは在庫ないしね。
考える時間はあるだろう。

IMG_5647.jpg
セットアップも難しくなくサクサクと完了。

画質は、、、駄目じゃね?

網目感が気になって仕方がない。

STEAMホームの文字も見にくい。
ぶっちゃけ、PSVRの方が画質が良かったと思う。
他の体験者レビューでは、網目感は直ぐに気にならなくなると書かれていたが、私には無理だな、と。




3日くらい使ってみたが、網目感がどうにも許せないものがある。
VIVE Proになればどこまで改善されるのか?
でも品切れだし、、予約する気は無いし在庫があったらそこが買い時ということにしよう
。。タブン来月くらには供給が追いつくんじゃね?

とか思ってショップサイトを見ると、、



なんとVIVE Proバージョンアップキットの在庫があるし。


いきなりかよ!とびっくりしつつ、これもめぐり合わせだと思い、購入をクリック。


旧VIVEのHMD本体は3日でお蔵入りすることになってしまった。




気になるVIVE Proの画質は、、おお!いいんじゃね?
網目感はまだあるが、全然許せる範疇だと感じた。文字も断然見やすい。
これ以上精細になるにはまだマシンスペック(GPU)が足りないとの話もある。







とりあえず入門用としてギャルゲー2本を買ってみた。

・VRカノジョ(STEAM版)

・カスタムメイド3D




VRカノジョは一応全年齢版だ。

サマーレッスンの主人公と遜色ない美人だが、
如何せんカノジョの頭が悪い。
変に誘っている風でもあり、実は美人局なんじゃないか?と疑ってしまうほど。


ただ、システムとしては部屋をある程度自由に動き回ることが出来るし下から覗き込む事もできる(汗)ので満足。
本当にカノジョの家にいるかの如く実際に動く事ができる事に感動した。

でもそれだけなんだけどね。

ゲームとしては面白くなく、どれだけカノジョの部屋でおかしな遊び方を思いつくか?
を考えるのが楽しみ方なんじゃないか?と思った。




ちなみに制作元サイトでリリースされているパッチをあてるとアダルトバージョンになってしまうので要注意。

VRカノジョ エクスタシーパッチ






カスタムメイドは、VIVE に関するレビューを読んでいたらおすすめされていたので、買ってみた。
こちらは完全なエロゲだった。

カスタムメイド3D2オフィシャルサイト


VRゴーグルを通して見るアニメキャラの立体映像が目の前にすると、VRカノジョとは違った感動があった。
ただしキャラの性格設定を間違えたのか、エロ目的な気持ちにはなれずにいる(^^;
でもコミュパートとエロパートが完全に分離されているので、エロパートをやらんでもいいんじゃないか?とも思っているがどうなんだろ?



それにしても本格的な育成型エロゲーって超昔の「あゆみちゃん物語」以来かも(^^;

その頃からあんまり変わってないね。




で、今ハマっているのは「GoggleEarthVR」
グーグルアース自体はPCモニタでも見れるが、VR版は桁違いの迫力がある。
初めて起動して地球に接近したとき、空に放り出されたような錯覚になって腰砕けになりそうになった(^^;

地球規模のジオラマの中を360度見回せてかつ自由に飛び回れる雰囲気に魅了されっぱなしだ。

大気圏から脱出して衛星軌道上に移動すれば満天の星空を満喫できる。


まさか安全な宇宙旅行を疑似体験できるなんてこれだけでもVR買った価値があった、そんな気にさせられた。




是非Google社には「グーグルコスモVR」をリリースしてもらい、太陽系内を自由に飛び回れる仕組みを作り出してもらいたいと本気で思った。




地上では地元のジオラマ風景として上空を遊覧している。
イメージ的には「A列車で行こう」とか「シムシティ」みたいに、自分で作った町並みを俯瞰して楽しむみたいな遊び方だ。

他にも米軍基地の飛行場に離着陸して遊んだり、ビルとビルの間を飛んでみたりと、
知っている町並み上空で遊ぶのがとても楽しい。


まだやったこと無いけど、仮想敵国の軍事基地に着陸して亡命ゴッコもいいかも(苦笑)




圧倒的なスケール感が体験出来るグーグルアースVRが今のところのイチオシのソフトとなった。
ちなみに現時点では驚きの無料ソフト。

スポンサーサイト

PCでVR始めました(前編)

先日、知人の家でPSVRを体験させてもらった。

VRといえば、ゴーグルをかけるタイプのヘッドマウントディスプレイ(HMD)。




HMDといえば、一昔前の3Dビジョンブームのときに、SONYのヘッドマウントディスプレイを買った事がある。

2012/03/27(火) 18:40:15 投稿記事


その時は、最初こそ感動したものの直ぐに飽きてしまって宝の持ち腐れ状態になった。

今思えば、当時のHMDは所詮PCモニターの代わりでしかなかったのだ。

いくら700インチの大画面という触れ込みがあっても、それしかメリットがなく、デメリットの方が気になりだすのはそんなに時間はかからなかった。



当時のHMDで感じられたデメリット
・攻略サイトが見れない
・首をかしげると正面の映像も傾くのでその瞬間に興ざめ
・当時の3D映像は奥行き感はあるが、人物などはペラペラの平面のままに見えた
・頭につける機材が重い
・コードの取り回しが面倒
・収納場所の確保が煩わしい
・映像自体はさほどきれいじゃない



実は、VRが世に出回り始めたときに、一瞬購入を検討したときがある。
でも上記デメリットの殆どは解決しているとは思えず、購入を見送っていた。







そんな私がPSVRをやらせてもらったわけだが、ネガティブ視点での体験にもかかわらず、ドハマリしてしまった。



まずはバイオハザードVR。

森の中から開始される。

最初は映像のイマイチ度が気になったが、それよりも首を向ければそちらの視界映像が広がり立体感も奥行きも感じる状況に、まるでそこにいるかのような錯覚に陥った。




森の中の独り歩き状態にすでに恐怖感あり。

暫く進むと、ひとけが無さそうで有りそうな建物まで来た。

開いてるドアがあり、中は真っ暗。。。。




「いや、ここに入るなんて馬鹿でしょ?」



で、プレイ終了(わらい)

ゾンビなどには会わなかったが、充分怖かった。て言うか臨場感が洒落にならん。




もっと平和でルンルン(死後)なタイトルをやらせてくれ。




なんで日本は殺しシーンはいいのに、生みだすための表現はNGなんだっ!」などと意味不明な供述をしつつ。



次なる作品は
「サマーレッスン」

高校生に向けて夏休みの家庭教師という設定だ。

相変わらずその場にいるような雰囲気が凄い。

早速、女子高生の部屋にお邪魔する。




。。どうやら身動きは出来ない。

おそらく、現役女子高生の部屋ということで、彼女の安全のために椅子に縛られた状態でいるらしい(にがわらい)




そこに部屋主が登場。

闊達で人懐っこい雰囲気の立ち振舞いにタジタジになりそう。

ってかこちらが身動きが出来ないと思ってか結構大胆に近寄ってくる。

「てゆうーか、近いよ!近い近い!」




本当に目の前に彼女がいるような感覚。

思わずのけぞる。彼女の髪のシャンプーの香りまで錯覚してしまうほど。




これはヤバイ。エロゲじゃないけどエロゲだ。




VRレビューで、「没入感が凄い」とか「彼女は本当にそこにいる」とか書かれていた。
けど、頭でわかったつもりでも今一歩ピンと来てなかった。
でも実際に体験するとかなりグッとくるものがあったのは間違いない。




このサマーレッスンの体験で購入を前向きに検討する事になった。




長くなったので次回へ続く