FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

日本語表記変換マクロ

....前回の話の続き(^^;

そこで私は、秀丸のマクロを自作して使用している。
既に4か月ほど使用しているが、不具合もなさそうなのでここに掲載してみる。

ただし、勿論このマクロを積極的にお勧めしている訳ではない
何か問題が発生しても責任とれないので、
ご自分の環境に組み込む場合はロジックを十分理解したうえで是非を判断して頂きたい


やり方だが、
以下のテキストファイルを保存し、それを秀丸でマクロとして実行してしまえばよい。

日本語表記変換.mac

とりあえず拡張子は、特にこだわりがなければ秀丸マクロ標準の「.mac」がお勧め。

どのバージョンの秀丸で作ったたか覚えていないが、最近のものならまあ動くのではないだろうか?
ちなみにウチの秀丸環境はVer7。

最新版の秀丸はこちら→

なお、常用する場合はファンクションに組み込んでしまう方が楽である。

標準的な組み込み手順

ダウンロードした 日本語表記変換.mac を秀丸フォルダ直下にコピーする。
WS000162.jpg

秀丸を起動する。

メニュー → マクロ → マクロ登録 をクリックする。
WS000163.jpg

空いている場所にマクロを登録していく。(ここではマクロ1に登録する)
タイトルは自分が一目でどんなマクロか判る名前を付ける。(ここではPoser日英)
ファイル名は、秀丸フォルダ直下にコピーしたのならドロップダウンリストに日本語表記変換.macが存在するハズなのでそれを選択する。
無ければ右の「・・・」ボタンから直接指定する。
完了したらOKボタンをクリック。
WS000164.jpg

メニュー → その他 → キー割り当て をクリックする。
WS000165.jpg

空いているキーを選択する。(ここでは”F4”に割り当てる)
コマンドは「メニュー/マクロ」を選択する。
一覧から「マクロ1:Poser日英」を選択する。
完了したらOKボタンをクリック。
WS000166.jpg

画面下部のキー一覧に先ほどのマクロ名「Poser日英」が表示された。
キーボードのF4を押すか、画面の「Poser日英」ボタンをクリックすればマクロが実行される。
WS000167.jpg
※画面の下部のボタンを表示するには、秀丸の設定でファンクションキーの表示を指定しておく必要がある。

実行するとこんなカンジの画面が出る。
WS000107.jpg

実行が完了すると。。
WS000111.jpg

後は、手動で保存すれば完了だ。

実際使ってみると、中断時のロジックが無駄だった気がしてならないが、
まあ悪さもしないしそのままにしている。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する