FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

Live For You (L4U)

本編も小休止モードに入ったので(ってワケでもないケド笑)
ここらでL4Uの感想でも。(^^

今のところ、L4Uは毎日必ずと言ってよいほど鑑賞しているので、
結構気に入っていると思う。(^^

だからこそちょいとばかり言いたい事もある訳で(笑)
ちょっとその辺りの事を書いてみる。

応援モード
恐らく、おまけゲームとして入れたのであろうこの応援モードだが
当初ドン引きした、声援モード(勝鬨声)が今ではすっかり慣れてしまい
普通に曲を聴いていても「ヘイ!ヘイ!」と言う掛け声が恋しくなってしまう程(笑)

期待していた楽器モードでの応援も試してみたんだけど、
声援モードみたいな一体感(?)はまるでなく(^^;

テレビの前で、さみしく一人で楽器をたたいている雰囲気になりがちで現実に引き戻される恐れあり(笑)
楽器の音そのものも、曲から浮いた感じで、全体的に空しくなって哀愁漂う事確実だ(^^;

と言った訳で、応援モードは声援で決まり(笑)

ライブ
本編と比べて、アクシデントが全く無いのがよい(笑)
ただ、本編はアイドルが自発的にアピールキラキラエフェクト♪)してくれるのに対し、
L4Uではそれがないのが残念。

あと、1曲で終わってしまうのがとても残念なところ。
1曲終わる毎に、曲を変えては設定確認画面を通過しなければならないのがとても面倒(^^;
まるで1曲毎にシングルCDを毎回入れ替えているような気分になる(^^;

遊んでて思うのが、

今のL4Uの遊び方は
・曲決める
・衣装決める
・歌い方(パート割り)決める
・カメラワーク決める
・ライブ
・終わり

なんだけど、カメラワークとかパートわりなんてライブ状態でなければ確認出来ないので、
「あ、ここは歌う人を変えよう」とか「カメラはもっと引いた状態で」とか気がついた場合

そこでライブ画面を中断して、カメラパート割の画面に戻り再設定、そしてもう一度ライブ画面へ、

と言う作業を繰り返す事になる。

デフォルトのカメラワークが気に入らなければ、
こんなカンジの作業を1曲毎に繰り返す事になるわけだ。

.....ライブ本番って言っても一曲だけだし、これって単にライブ前のリハーサルじゃないだろうか?

リハ担当「さ、それじゃ通しで一曲あわせてみようか!音響さん照明さんカメラさんOK?」
て声が聞こえてきそう(^^;

何が言いたいかと言うと、
本当ならこの1曲毎に設定した結果を進行プログラムとして組み合わせて
通しで鑑賞するライブモードってのがあるべきじゃないか?ってこと。

そうすれば、(自分で作った選曲やカメラワークで)
ライブそのものをプロデュースしたって気持ちになれるだろうし
何よりも続けて曲も聞く事が出来る。(もちろんダンスも見れる♪)


つまり、今の状態は 「Live for You」 ではなく
リハーサルプロデュース 「Live Rehearsal for you!」
って言った方がしっくりくる(笑)

ファン代表P
プレイヤー立場の登場人物だが、普通に考えて邪魔(爆)
これならアイドルやオペレータは画面に向かって一方的に話してもらった方がすっきりしていてよい。
と言うよりも、このシステムならアイドルとの会話自体要らなかったと思われる(笑)

応援モードで大成功した状態でライブが終わったあとの評価の画面で、必ず
「アイドルはライブで疲れたので先に帰らせた」とつれない言葉と、
アイドルからファン代表Pへの留守電があるんだけど、これって。。。。

765プロ高木社長いわく
「変に勘違いされても面倒だしファンサービスステージが終わったらアイドルに会わせる必要はない
悪い印象を与えない程度にテキトーにあしらって帰ってもらいなさい。
そういうワケだから音無クン、そこんとこヨロシク頼んだよ。」ってね(^^;

まあ数回のプレイなら、留守電でもありかなって思うんだろうけど、
何回やっても絶対に留守電のみだったりするので、
プレイしている立場としては、
これは事務所の現実的な対応に違いないと思えてしまう(笑)


そんな事も気がつかずにファン代表Pよ、、
初対面の音無さんを無節操に口説いている場合じゃないぞと(^^;

唯一の救いは、このくだらない会話をスキップ出来る事かな(^^;
一部飛ばせない会話もあって、かなりイラつく(^^;)

全体を通して
単体のソフトウェアとして考えると恐らく不満が多いと思われるが、
今回は知ってての購入だし、更には中古で安く買ったので納得。
それよりも、ライブ映像そのものに注目したい。

曲もいいし、3Dモーションは一見の価値あり。(^^
髪のなびきとか、衣装の揺れとか。。。。
動き自体はリアルじゃないと思うけど、
動きそうなところは動いているので結構自然にみえる(^^

微妙に胸も揺れているが、着衣状態でこれは明らかに不自然(笑)。

趣味のレベルで3Dで遊んでいる人なら、その動きをハイビジョンで見てみるといいかも。
細かい部分の動きのこだわりに感動してしまう(と思う)

あと、スパンコールドレスのキラメキなんかも個人的には「スゲー」と、
口をあけてみとれてしまう(^o^;

そんなわけで、なんだかんだ言ったところで
この為だけにXBOX360を買ったって事を、実はかなり良いカンジで納得出来ている。

ふふふのふ♪(^^

ちなみに本編だが、
萩原雪歩を中断して、双海亜美をプロデュース中(^^
残り15週だが、Aランクいけるかどうか微妙なところ(^^;
イメージレベル10なのでスーパーアイドルオーディションにいけない(^^;;
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する