FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

Corega NAS CG-NSC4500GT-1.0TA

2台目のNASを買った。

買ったのはcoregaのCG-NSC4500GT-1.0TA


少し前から新しいNASの購入を考えていたのだが、
値段的にも性能的にも満足出来そうなものが無く二の足を踏んでいた状態だった。

が、別件で立ち寄ったパソコンショップで250G×4を実装したモデルが29,800円で売られているのを発見。
カタログでは119,805円、HDD無しモデルでも定価41,800円なので、なんともお買い得感が高い。

あまりの破壊的な価格設定に疑問があったので、その辺を店員に聞いてみると
「....(なんだかよーわからんケド).....のコレは叩き売り(GW目玉価格込み)」っぽい事を言っていた。(ようするにさっぱり判らなかった(^^;)

箱には「PROMISハードウェアRAIDコントローラ搭載」と書いてある。
お手頃NASシステムにありがちなソフトウェアRAIDではない
それでいてこの値段。
容量1Tだと若干心許ない気がするが、1T×4に付け替えてしまえば何の問題もないだろう。
(そもそもHDD別売りな製品なので)

と言う訳で箱書き説明の情報だけで、事前調査無しのまま購入。(要するに衝動買い(^^;)
(家庭用NASを販売しているメーカーは、BUFFALOかIO-DATAしか知らなかったので(笑))

帰宅後そそくさと設置してみる。

設定はいたってシンプルで、あっという間に完了した。

が、音が非常にウルサい
ブレードサーバ並みとは言わないが、印象的には小型の掃除機並みの騒音だ(苦笑)
折角静音パソコンで静かな環境なのに、これでは台無しである。

なんとかならんのか?とネット徘徊をしてみると、
どうやら動作音が爆音と評判のかなりザンネンな製品のようだった(^^;

でも調査を進めていくと本体大型FANを取り換えるだけでもかなり効果があるようだったので、
まずそれを試してみる事にした。

標準では4500rpmのFANが取り付けられているらしく、これを(80×80×15)2000rpmのものに交換。
(本当は2400rpmくらいのスペックが欲しかったが、店頭では2000rpmしかなかったので断念(^^;)

注意点は、NAS側でFANの回転数を監視していて1800rpmを切るとLOGにアラートが書き込まれる。
2000rpmFANだとときたま回転数が落ちるらしく、アラートに書き込まれる事があるようだ。(今のところ5日間で1~2回程度発生)

その他注意点としてはFANの電源コネクタの付け替えが必要だった。
コネクタはパーツ屋で300円(10個入り(^^;)程度で買える。

要するにコードをニッパで切ってコネクタの付け替え工作が必要なのだが、
交換するのはFAN側のコネクタなので、例え失敗したとしても1500円程度のダメージで済む。
それにコネクタ(と言うより差し込み金具)も安いし、
電源コードも比較的長いので数回程度の失敗にも充分耐えられる(笑)

結果、本体FAN交換の効果はかなりあったと思う。
実はもう一つの電源FANから「キーン」と言う高い音が発せられてこれもウルサイのだが、
それでも部屋の隅に追いやれば気にならないレベルまでにはなった気がする。(ちなみに24時間稼働は考えていない)
電源FANの交換は面倒なようなのでとりあえずこれで使う事にする。

充分使えるようなので、引き続きHDDの換装を実施した。
前述の通り、騒音対策でFANの速度を半分以下にしているので、HDDは出来るだけ低発熱のものを選ばなければならない。
そこで、kakaku.com や coneko.netで評判がよく低発熱で低騒音おまけに値段もお手頃なCaviar WD10EADS 1.0Tを選択した。

kakaku.comでWD10EADS 1.0T
coneco.netでWD10EADS 1.0T

これを4基29,520円で購入。
なんと合計6万円弱でRAID5稼働の4.0T NASが完成したのである。
(数年後には4Tに数万円も!?と言うことになるのだろうが(^^;)

HDDアクセス音はほぼ無し。(電源FANがウルサイのでHDDアクセス音は聞こえない(^^;)
ファイル転送速度は、今持っているBUFFALOのNASとは比べモノにならない位早い(^^。
ようやくGIGAビットLANの本領が実感できた感触だ(笑)


後は故障時の対策だけだな。(^^;
BUFFALOの1.0NASの故障時にも思ったが、一旦HDD障害が発生すると復旧するまでは精神衛生上とてもよくない。
とりあえず本当に重要なファイルは500G以下に収まる事だし、
4.0T-NASをメインに、バックアップとして1.0T-NASにする事にしよう。

浮いた250G HDD×4 の使い道だが、BUFFALOの 1.0T-NAS のスペアHDDにでも。

と思ったけど、よく考えてみるとあっちはIDEだったので SATA2では互換性がない(^^;
仕方がないので既存HDDの増設ドライブとして活躍してもらうことにしよう。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する