FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

第6章 途中 (龍が如く3 PlayStation3)

メインストーリよりも街を徘徊してサブストーリこなす方に精力しているような気がする今日この頃。

6章も比較的順調だ。



サブイベント
サブイベントの1つに「同郷の女」と言うストーリがあるのだが、
(詳細はともかく)あの女は絶対に改心していないと思った(^^;
ああ言う反応をする人物が、突然素直になるって事がどうにも受け入れ難い(苦笑)
「女の態度の急変具合がなんか白々しいな~」「お前、まだその女に騙されているぞ」と失笑気味に見守ってしまった(笑)

アンサーアンサー
ってゲームがゲームセンターにあってプレイ可能なんだけど、
コンピュータと早押しクイズを争って何が楽しいんだ?とつい思えてしまう(^^;
問題が簡単ならそれなりに燃える事も出来るのだろうけど、出題内容も守備範囲外なので私にはムリ(^^;

ただし、サブイベントで「クイズ王」と名乗る人物との対戦だけは、
出題される内容が”龍が如く”に関する問題だったので楽しかった(^^(負けたけど(^^;)

天啓
街で繰り広げられる人間模様のちょっとした出来事から、新たな必殺技を思いつく。
このヒラメキを天啓を呼び、イベントとして組み込まれている。
ヒラメく為のドラマがマヌケでとても面白い(笑)これは見逃せないイベントの一つだろう(^^

装備品の改造
訳の判らないパーツを拾い集めて新たな武器を作りだすシステム。
発想は良いと思うが、システムが不親切(^^;
ドラクエ8の「錬金窯」と同じような文字中心の判りにくい雰囲気を持つ内容だ。

多くのアイテムを組み合わせるのであれば、システム内で整理できるようにしておいてほしいと思う(^^;

少なくとも、レシピと呼ばれる設計図を手に入れてあれば、
武器改造モードに入った時に手持ちのアイテムを自動的に検索し、
必要な部品が揃っていたら「この武器は作成可能です。」とか
足りなかったら「この武器の作成のためには○○が何個足りません」
とか言うナビゲーションメッセージが(一覧上で)一目で判る機能は必須だと思われる(^^;。

こう言った複数のアイテムを組み合わせて新たなアイテムを作るシステムでは、
「ヴィオラートのアトリエ」が一番親切で判り易かったと思う。(^^

とりあえず、武器は壊れても持ち物から消えないし、修理すれば何回でも使えるし
自作ならではのユニークな武器が作れる訳でもなさそうだし、特にやる必要性は感じない。
まあ仮にシナリオを進める上で重要な作業だったとしたら、
かなり不満なシステムとして槍玉に挙がるのは間違いないと思われる(苦笑)



次のリアクションで7章に入ると思われるが、
もうちょっと神室町でイベントをこなしてからにしよう。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する