FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

主人公の人となり!? (ロロナのアトリエ PlayStation3)

ちょこちょこと開始している。

流石はPS3用に作られているだけあって、とってもキレイ。(^^)
ただ綺麗なだけじゃなくて色調がやさしくてホンワカしている。

若干、ヴィオラートよりもシステムが改悪されたんじゃないか?と
思われるフシもすでにちらほら見え隠れてしている(苦笑)
(プレイ時間そのものが”若干”なので、
 第一印象で基本システムに違和感を覚えていると言う話もある(^^;;)

実は先日までプレイしていた「龍が如く」を始めるまで、ヴィオラートのアトリエをやっていた(笑)
そのため、どうしてもヴィオに比べてどうか?と言う視点でみてしまうのだろう(^^;

でもこれについてシステム設計がどーのこーのと言いだすと、
恐らく現実的な視点になってしまいゲーム自体がつまらなくなってしまうので、
ロロナと言うキャラの性格上、ワザとそういう動きをさせていると考える事にする。(^^

「こうやって比較するとヴィオラートって賢かったんだな~」ってな具合だ(笑)

現時点では次の3点

・コンテナの扱い
依頼主が希望するアイテムの注文をとり、複数の資材を組み合わせて調合しアイテムを作成し、
期日までに納品するってのがこのゲームの基本。
(依頼されるアイテムの中には店に売っているものもあるが、自作(調合)するよりも高くついて赤字になる(^^;)

で、完成したアイテムを依頼主に納める訳だが、
そのためには、持ち運び用のカゴに納品用のアイテムを詰めて、
依頼主の所まで持って行く必要がある。

ちなみにカゴには60個しか持てないので、全てのアイテムを持ち運ぶのは不可能。
その為、カゴの他に自宅にコンテナってのがあって、
持ちきれないアイテムや持ち運びが不要なアイテム達はそこに備蓄していくワケだ。

、、、で、こうやって書くとなんの問題もない(笑)
しかし、ヴィオラートの時は、同じ町内の人の依頼であれば、カゴに入れて持ち運ばなくても
コンテナから直接納品する事が出来たのだ(^^;

ロロナの場合、依頼主の所まで必ずカゴに入れて持っていかなければならず
もしコンテナに忘れた場合は、
一旦、アトリエに戻ってコンテナからアイテムを取り出して、
改めて依頼主の所まで行かなければならない。

その間、移動によるゲーム内の時間経過はない。つまり手間だけがかかるだけと言う訳だ。
手順だけの問題だったら、以前の方法を受け継いでもなにも問題がないと思うのは私だけだろうか?(^^;

まあ100歩譲って、「その方が理にかなっているよね」と、良しとしたとする。
でも、それを許すなら画面切り替えのロード時間をなんとかせい!と言いたくなる。
なんせ町マップから現地街並みに移動するのに3秒~5秒程度またされるのだ。
(もちろんHDDにインストール済)

サクサク切り替えられれば、さほど腹が立たなかったのに(^^;
(ただ、色々考えながら進めているので、その待ち時間が耐えられないほどではない(^^)

そんな訳で、「呼び寄せカバン」の技術取得が本当に待ち遠しい(笑)(あるのかな!?)

・依頼を受ける際の、在庫に関する「思い出す」コマンド
依頼を受ける際に「思い出す」と言うコマンドがある。
これは、その品物を納品する為には、何個足りないか?をロロナが思い出すコマンドなんだけど、、、。

ヴィオラートは、このコマンドがもっと洗練されていた。(^^;
「何が何個足りない」は勿論のこと、「調合する為の材料の必要個数の有無」や、
これから作り始めた場合の日数の計算まで行い間に合うかどうかを考え抜いていた。

それがロロナになると、「手持ちの有無」と「コンテナ内の有無」の2つしか考えない(笑)
「頼むからもっと考えろよ~(>_<;)」と思わずにはいられない(笑)

・アイテムの移動
カゴ←→コンテナのアイテムの移動だが、
一個一個「選択して移動して」を繰り返さなければならなくなった。(^^;
なんてトロい娘じゃろう(^^;
ヴィオラートは、「これとこれとこれをコッチに移すね」とまとめて移動する事が出来た(^^





とまあ、とりあえずこんなカンジなんだけど、
予備知識がないせいか、続きが気になって仕方がないのは確か(笑)

最後になるが、もちろん改善された点も多くある。
それはぼちぼち書いていく事にする。(^^
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する