FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

SE-DRS3000C

パイオニアのサラウンドヘッドフォンSE-DRS3000Cを買った。

IMG_5649.jpg

設置場所は、パソコン部屋。

サラウンドスピーカシステムは、いちおう自称シアタールーム(独断偏見)にあるんだけど、
パソコン部屋にもサラウンドシステムを設置したくてちょっと悩んでいたのだ。

と言うのも、
近頃ゲーム機で遊ぶことが以前より多くなり
家族のスポーツ観戦(野球&サッカーなど)などにより
シアタールームの使用権争いが激化(笑)しつつある(笑)。

その為、パソコン用の液晶モニターにゲーム機を接続出来るようにして、
平日や、シアタールーム使用権争いが勃発した時に、
すみやかに退却出来るような体制を整える、、そういう事が主な狙い。(^^

まあそれだけなら、サラウンドである必要はないのだが(苦笑)
場所を明け渡すのなら、それなりに納得出来る環境は必須と言える(^^


それに例の液晶テレビのゲーム映像遅延問題もあって、
シアタールームでのPS3・XBOX360がイマイチ盛り上がらないし、
大音響でアイマスを見るのがそろそろ後ろめたくなってきた、

などの理由も否定出来ない(笑)。


で、サラウンドシステムを構築するにあたり
スピーカーでの設置も考えたんだけど、
次の理由で断念。

・配線が煩わしい
・置き場所確保が難しい(良い音は欲しいがスピーカは邪魔(^^;)
・パソコン部屋は所詮物置なので大音響は出せない


そこでシンプルでかつ効果的な音場確保が期待できるであろう
ワイヤレスサラウンドヘッドフォンを選んだという訳だ。




この機種、光入力端子が2つとアナログ端子が1つ、
そしてS/PDIF端子が1つと充実した内容になっている。

最近のパソコンはデジタル出力同軸端子(S/PDIF)が標準で付いているので
これと繋ぐ事が出来る(^^。

パソコンのデジタル出力はあまり関心がなかったのだが、
ヘッドフォンシステム側にそれがあるって言うのが遊び心をくすぐっていてよい(^^


ちなみに「同軸端子」と言うとなんだか専用のコードが必要そうに感じるが
普通のRCA端子である(^^


あとの光入力端子は、PS3とXBOX360それぞれに繋げられる。


気になる点と言えば、
kakaku.comなどの書き込みを読む限りでは「音が頻繁に途切れる」などの問題が多いらしいこと。

今でも、ブルートゥースイヤフォンを使ってiTunesで曲を聴くとブチブチと切れまくるので
恐らくそれと同じ事が発生するのだろうと思う(^^;

余談になるが、同じブルートゥースイヤフォンを使って携帯電話の音楽を聴く分には
全く音飛びはない(^^;
それが、パソコンでかつiTunesを使うと何故かブチブチ途切れだす(^^;
ちなみにwindowsMediaPlayerだと問題なし(^^;

良くわからないが、恐らく処理が追いつかないのではないか?と言うところで納得している(^^;

本当に音飛びがイヤなら有線と言う選択肢が硬いと思われるが、
パソコン周りの配線は今でも鬱陶しいし、
頭部に装着する機械のコードって本当にイライラするので
ワイヤレスは外せないポイントだ。(^^


で、ようやく使用感の話に入る訳だが(^^;

値段分の違いはあるかなぁと言う気がする。(^^
イヤフォンのように直接鼓膜へ働きかけて頭の中で鳴っているようなカンジではなく、
ちゃんと音に包まれているような錯覚を感じる事が出来る(^^

まあ本物のスピーカサラウンドシステムと比較すれば、
それとは明らかに違うのだが......(^^;

例えばウーファーの、空気を揺らしている感覚を体全体で感じる事は無い(^^;(当たり前(^^;)
あと、座っている場所によって聞こえ方が違うとか言う事も当然再現出来ない(^^;
(そう言う意味では、サラウンドヘッドフォンは
あくまでも「画面正面から見た場合の音場の再現」と言う前提があるようだ。)

それを除けば、かなり満足行くモノだと思われる(^^。
試しにマトリクスリローテッドやバロック音楽CDなどを視聴してみたのだが、
いずれもイヤフォン以上の効果は感じる事が出来た(^^

懸念されていた音切れの問題だが、
これはちょっとあるかな(^^;

音切れのヒドさは?と言うと、
映画の視聴程度ではあまり気にならないが、
綺麗なメロディの曲を聴いている時に発生するとかなりガックシくると思うレベルではある(^^;
(ブルートゥースイヤフォン+iTunesほどではない(^^)

この機械は無線通信に2.4G帯を使っているようなので、
無線LANとかブルートゥースとかゲーム機のワイヤレスコントローラとかと影響している
のではないか?と思われる(^^;

試しに、無線ルータの電源を切ってみたところ、、、、、
これがハッキリと判る程度に改善される結果となった(^^

う~む、原因が無線ルータだと、あまりうれしくないな~(^^;
まあ音切れの頻度はさほど高くはないんだけどね(^^;


念のため、本体の設置場所も移動してみた。
ヘッドフォンを装着した時に、頭の高さと水平になるような位置に置いてみた。

すると、これでも音飛びはほとんど発生しなくなった。(^^

なるほど、設置場所だけでも結構違う訳ね(^^

良い結果が出たので、音飛びの問題は考慮しなくてよい事にする。

あと、耳が痒いな~と思って、ヘッドフォン本体をずらすと完全に音が止まる事がある。(^^;

これは「ヘッドフォン装着を感知して自動的にON/OFFする機能」が
働いているせいだと思われる(笑)

ただ装着した時に瞬時にONする機能はともかく、
取り外した時にOFFする機能は余裕を持って60秒くらい待ってもよいと思うのだが(^^;
まあ、そんなに凝った仕組みじゃなくて、機械的なスイッチ方式なのだろう(^^;


まとめると
デザイン的にもナイスだし、
臨場感もバッチリなので合格点であると言える。(^^


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する