FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

ステルケンブルク (ロロナのアトリエ PlayStation3)

あれからあまり進んでいない(^^;
決して、つまらなくなった訳ではない(^^;
別の事を優先しているので手が付けられていないだけだ。(^^;
ただ、逆に言えば時間を割いてでもやるカンジではないので、
フェードアウトの危険はある(汗)


で、今日は「国からの依頼」についての話
前回はこの件について文句を言ったが、
実際は達成するのはさほど難しくはない。

具体的な納品物は「○○と△△を納める事」と書かれているし、
今現在の課題進捗評価は常に見る事が出来る。
要するに依頼をこなすだけならさじ加減がラクチンポイなのだ。

......やってて思うのだが、
初期制作段階では「国からの依頼」がもっと難しかったのではないか?
と思える節がちらほら見え隠れする。

毎回新規依頼時の説明のステルクとの会話を真面目に聞いていると、
その内容から、もともとは
・依頼対象の具体的なアイテムは明かさない予定だったのではないか?
・納品期間中の課題の途中経過(全体の進捗率や、品質・納品量などの個別評価)の星表示はなかったのではないか?
などと思う。

例えば依頼時にステルクから「夏に涼しくする為のアイテムを調達してほしい」や
「どんなアイテムが良いか?を見極める事も依頼内容のひとつだと思って欲しい」などと漠然とした発言をするし
ようするにその説明から、具体的にどう言ったものを納品するか?を、
色々試行錯誤しながら、こなしていくと言うのが本来の狙いだったのではないだろうか。

また「爆弾を調達する事。種類が多いほど高評価」と書かれているのにも係わらず
納品対象は明記され、しかも3種類に限定。(^^;
爆弾はまだ他にもあるので試しに「提出出来るかな?」と持っていっても
「納品対象は持ってないじゃないか!」と追い返されてしまう(笑)


もし具体的な納品アイテムが隠されていたり、途中評価が見えなかったりしたら、
結果発表当日がかなりスリリングなものになったであろう(笑)
もちろん、途中途中で「もうちょっと必要かな?」とか
おおまかなヒントはロロナが言ってくれる仕様で(^^;


きっと、開発中のレビュー会(テストプレイ会議(笑)で、
「国からの依頼」を攻略するのが難しすぎるって判定が出たんだろう(^^;
(達成出来なければ即ゲームオーバーだし(^^;)

ま、この「国からの依頼」については、
納品アイテムの代金支払いを含めてもっと煮詰めて欲しかったな~と言う気はする(笑)


さて、それではプレイ再開するとしよう。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する