FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

曹長 金 (バトルフィールド1943)

なんだかここ暫く暇を作ってはBATTLE FIELD 1943をやってたような気がする(^^;。
お陰で階級だけは曹長まで昇格(^^
総プレイ時間は33時間ほど(^^;

最初は暫く狙撃だけを楽しんでいたが、
それもそろそろ楽しくなくなってきたので次は飛行機に挑戦。
そもそも空戦やりたかったんだし(^^;


で、空戦では比較的主導権を得る形で飛び回る事が出来ていた(^^)。
しかし、敵にとんでもなく上手い飛行機乗りが出てきてその優越感は一気に消沈。
飛行機VS飛行機では全く歯が立たない。
タブンその人相手には空戦では一回も勝ってないと思われる。(^^;
対空砲で狙えばそれなりに撃墜出来るのだが、
そうすると次の出撃時には、高射砲が届かない海面すれすれから接近してきて
高射砲もろとも爆破させられてしまう(^^;

相手がそんな職業軍人であっても
航空機に関して我が物顔で飛び回られているのも悔しいので(笑)
それでもしつこく空母で対空砲火でたたき落としていると
次はこちら陣営の空母にパラシュートで降下してきて白兵戦になる(^^;

で、接近戦は全くダメ&相手は職業軍人==>あっけなく戦死(T-T;
自軍の空母に降下した敵はそのまま、
揚陸船の銃座に座り込み出てきた直後の味方を蹂躙していく(^^;

まあこれほどまでのベテラン兵士を戦線から外して釘付けに出来るのは
意義がある事だとも思ったが(笑)
(ちなみに全体の戦績はこちらの勝利だった(^^))

暫く出撃せずに様子を見ていてたら、
自軍の飛行機を奪って飛び立ったような雰囲気だったので
すかさず出撃して、高射砲で撃破(^^;

で、その報復攻撃がスゲー怖かったのですかさず飛行機で空母から離脱(^^;
そのまま人がいそうもない敵の拠点にパラシュートで降下して拠点制圧(^^;

あとは適当にウロウロして、策敵活動(^^
でもだいたい先に見つかってやられてしまう(^^;

なんてやっているうちに徐々に最前線の緊張感にも慣れてくる(^^
前線で戦っていると、偵察兵だと不利な事が多いので、
兵科を一般兵に変更。
一人、また一人と戦果を重ねていく。

そして戦車の快感にもなんとなく気が付く(^^

基本的に戦車は敵の歩兵から対戦車砲による熱烈歓迎を受けるので(笑)
単独で敵の拠点には踏み込まない方がよい(^^

敵歩兵は戦車が居れば優先度を高くして戦車狙いで来るので
逆に味方の歩兵が敵歩兵を狙いやすくなる。
つまり最前線辺りで暴れているだけでも
味方に有利に働くと言う事になる(^^。

注意するのは後ろに回り込む敵兵と
ジープで突入してくる敵偵察兵(笑)
TNT爆弾を仕掛けられたらひとたまりもない(^^;
地面に置かれている黒い点も敵のTNT爆弾の可能性がある(^^;
これを見つけたら近くに敵の偵察兵がいるハズなので要注意(^^;


前線に出るようになると、
「やられない事」よりも「やられるまでにどれだけ倒すか?」がポイントである事が
判ってきた。つまり何回捨て駒を演じられるか?が重要なのだ(苦笑)
そう考えると一撃離脱の航空機はとても効率が悪い(^^;

航空機の運用は、当面の敵機撃墜と戦車爆撃、
やられそうになったらパラシュートで敵拠点制圧でよいと思われる。(^^
運が悪ければ超ベテランパイロットも出現するし(^^;

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する