FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

准尉銅 (バトルフィールド1943 Playstation3)

昨日の主戦場はガダルカナル島。
いつもは敵方になるメチャウマな元帥殿が自国にいて楽勝ムードだった(^^;

この元帥殿、開始直後に-100点とか意味不明な行動をとっていて
ただの味方を嫌がらせするプレイかと思っていたんだけど、
それでも終わってみれば500点超えと言う信じられないスコア(^^;
私はどんな頑張っても200点前後だったので、流石は職業軍人と言った所か(^^;

あと、階級を見る限りでは
相手は始めたばかりの人たちばかりで、
動き自体も1週間前の私みたいなカンジだった(^^;

戦車で敵拠点に制圧に来ているのに、
その拠点でこちらに目をくれずに狙撃に勤しんでいる偵察兵2人(^^;

正面からジープで突っ込んでくる割りにはるか手前で降車して
まっすぐこちらに走ってTNT爆薬を仕掛けようとする偵察兵(^^;

戦車後方に回られて思わず爆破を覚悟したけど
何故か戦車に向かって刀を振り下ろしている偵察兵(^^;

そして空には2機の戦闘機.....(^^;

案の定、拠点取りは楽勝で、
戦車ですら単独で拠点制圧が可能な時が多かった(^^;
まあ制圧する敵の拠点自体が少なかったんだけど(^^;

てか、なんで敵方は偵察兵ばかりなんだろう?(^^;
......と思ったけど、
そう言えば1週間前の私も偵察兵で狙撃”だけ”してたっけ(^^;

特にこのガダルカナル島は、紹介文でも狙撃に有利とか書かれているので
その傾向が強いのだと思われる。

が、絶好の狙撃ポイントは実際にはベテラン達にはバレバレなので
とどまって撃ち続けているのはリスクが高すぎたりもする(^^;

とりあえず、戦車でスナイパー狩りと言う
意味不明な行動が出来た記念すべき日になった(笑)


それにしてもこのゲームはとてもバランスがよいと思う(^^。
ジャンケンと同じで最強の兵器と言うものが存在しないし、
RPGのようなキャラのレベルアップもなければ、有料の強力武器と言うのもの存在しない。
つまり、プレイヤーの実力のみで勝負できると言う公平感がある(^^。
さらには1回の勝敗が15~20分程度でつく短期決戦(^^。

激強なベテランパイロットも高射砲で迎撃可能だし、
対戦車も、歩兵で破壊する事が出来る(^^。

仮に敵元帥殿にやられたとしても、
次の出撃では敵元帥殿がいない敵拠点に突撃すれば制圧の可能性は高くなる。

なんだか三国無双1か2辺りに感じた面白さをこのゲームには感じてしまうのだった(^^

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する