FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

空襲警報 (バトルフィールド1943 Playstation3)

空襲警報がけたたましく鳴り響いた場合、それは爆撃機の攻撃が始まった合図。
雰囲気だけを楽しむのも良いが、どちらの軍の爆撃機かを必ず確認しよう(笑)
ログや画面を注視していればすぐわかるのだが、交戦中だとそうもいかない(^^;
とりあえずの確認方法は、上空を見上げること(^^

それが味方の爆撃機だった場合は、ひと安心。
味方の爆弾は当たり判定がないからだ(^^。
引き続き戦闘を継続(^^

もし敵の編隊だった場合は、動きを考えなければならない(^^;

・戦闘機に乗っていたら速やかに爆撃機のせん滅にとりかかる。
ただし爆弾投下されるまでが勝負であり、投下以降に撃墜しても
もはや意味はない。従ってそれまでに出来る限り撃ち落とすこと。(^^

・戦車に乗っていた場合、一番の爆撃目標にされている可能性が高い(笑)
爆撃機の進路を注意深く確認しよう(^^;。
もしこちらに来るようであれば間違いなく狙われているハズ(^^;
そのまま拠点防衛や攻撃をしていてもやられてしまうと考え、
囮として前線から距離をとるのがオススメ(^^

・歩兵で最前線にいない場合は、とりあえず高射砲で狙ってみるのもいいかも(^^
ただ高射砲の射撃は目立つため、よほどの自軍勢力圏でもない限り敵にマークされる可能性が高い事を覚悟すべし(^^;
と言う訳で高射砲使うなら出来るだけ短時間に済ますのがよさげ。

高射砲対応せずにかつ、銃撃戦の最中でもないのであれば
近くに味方の戦車がいるか確認し、いたら速やかに離れよう(^^;
出来れば味方兵とも一時的に離れた方が良い。
これは敵の爆撃による自軍のせん滅を防止するのが狙い。


最前線で交戦中の場合は、敵の攻撃に対応するのが精いっぱいで
爆撃機情報なんかみている余裕がない(笑)
気がついたら「ヒュ~」と言う爆弾の落下音が聞こえてきて
そこで初めて爆撃されている事に気が付いたなんて事も多々ある(^^;
それはもう仕方がないと諦めよう(^^;

ちなみに爆撃機による絨毯爆撃はトーチカにいてもやられてしまう(^^;
トーチカは無傷なのに(^^;


自分が爆撃機に乗った場合は、まだ自己セオリーらしきものを確立していない(^^;
まあ基本的にはどこ狙ってもいいとはおもうが、、、(^^;

自分のスコアを考えるのならなるべく敵軍の固まっているところ(^^
爆撃後の自身生存を狙うなら、爆撃バンカー周辺にいる敵部隊(^^;
後は味方拠点に集う敵軍達
味方の進軍先にいる敵兵達

特に味方拠点の防衛のための爆撃は「防御キルボーナス」や「救出アシスト」とか言う副賞ももらえるので
お勧め(笑)

ちなみに爆撃機からは敵味方の位置がすべて見えるので
離れた場所に隠れて狙撃している敵偵察兵の場所を確認するのにも使える(^^

拠点攻防に参加しない敵偵察兵などは通常はそっとしておいてあげるのだが、
自分を2回以上狙撃キルしてきた偵察兵は懇意にして頂いたので是非ともお礼をしなくてはいけない(笑)
そんな場合は重爆撃機で出撃し、味方前線を支援しつつ、ついでに敵狙撃の場所に当たりを付ける(笑)
上級者の偵察兵はスグに場所を移動してしまうケド、
殆どの偵察兵は同じ場所で活動しているので復讐はしやすい(^^

もちろん後ろから回り込んでかつ、狙う場所は頭部(^^;
キル得点の他、「復讐キルボーナス」と「ヘッドショットボーナス」で通常の倍の得点が期待できる(^^
気分もスッキリするし(爆)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する