FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

HD-HTGL/R5 Windows7 対応化作業

前々回棚上げしていた、BUFFALOのNAS「HD-HTGL/R5」にアクセス出来ない件だが、
落ち着いてBUFFALOのサイトめぐりをしてみた。

すると、該当のNASはバッチリWINDOWS7に対応しているとの記述を見つけた。
http://buffalo.jp/taiou/os/win7_64/03/win7_64_03.html#1

ただし「NAS Navigator 2」および「セキュリティレベル変更ツール」は最新版を使え、と。

この2つのツールがどんな役割かが全然解らないので、
更に探索を続行(^^;

するとこんなページにたどり着いた。
http://buffalo.jp/download/manual/t/troubleshoot.html

この「TeraStationトラブルシュート集 5版」に解決の糸口があるに違いない。

すると、78ページにVISTAを使用している際の問題点が記述してあった。
それによると、「ファイル共有セキュリティレベル変更ツール」なるものを
インストールすればOKとのこと。

題名からするとかなり怪しげなツールだけど、
詰まる所、この「ファイル共有セキュリティレベル変更ツール」の最新版を使えば
Windows7からのアクセスも可能ということだろう。(^^;
※NAS Navigator2ってのはとりあえず必要なさそうなのでパス。


次の場所からダウンロードする。
http://buffalo.jp/download/driver/hd/lmclchg.html
V1.10以上であればWindows7に対応しているらしい。

さて、実際に充ててみたところ、、

お~♪繋がるようになった(^^
ただ、接続時に若干考え込むような.....(^^;

まあどう考えてもこの方法はウラワザ的なパッチ感が拭えない(^^;
今後はCoregaNASをメインと考えて、BUFFALOのNASをそのバックアップ用として
活用した方がよさそうかな、と(^^;
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する