FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

スプラインモデリング

モデリングなんて全然やらんクセに、
相変わらずツール購入好きは治ってないようで、

暫く前にC4D用のスプラインモデリング用モジュールを買ったのを思い出した。



Spline Patch 2.5日本語版  10,500円


価格はもう一本のソフトが買える値段だ(^^;
そう思ってスプラインモデラーの代表格であるShadeについて調べてみたら
やっぱりそうだった(^^;

Shade 11 Basic Hybrid  10,000円


まあ、ただでさえC4Dを使いこなしていない状態なのに、
この上新しいソフトなんて絶対に挫折するんだろうな~と言うのと
Shadeでモデリングしたとしても最終的にはC4Dに持ち込むのは間違いないので、
だったら最初からC4D上で使えた方が何かと便利だと思ってこっちにした。

ただ、このSpline Patchに関する情報はWEB上でも殆ど見つける事が出来ない。
あっても「買ったよ」って言う話だけか
挑戦したけど「挫折」したって話ばかり(^^;

最も具体的に紹介していたBLOGはここ
http://www.zealwork.com/blog/2007/06/spline_patch25.html


少ないながらも色んな所の話を総合すると、どうやら
・ニアイコールなモデリングならHyperNURBS使った方がラクチン
・スプラインを使って正確にアウトラインが引けるようなら有効なツールかもしれない
・Shadeの”皺の悪夢”が再び蘇る

てな事のようだ(^^;

HyperNURBSは本当に強力なようで、Super Guide でも美しい曲線をHyperNURBSで作り上げていた


ただ、アウトラインの決定にはスプラインが使われていて
ここまで綺麗にスプラインが引けるのならそのままSplinePatchしてもいいんじゃないか?
とか素人ながらに考えてしまうわけだ(笑)

まあ気になるのは”皺の悪夢”ってヤツかな(^^;
これは体験してみなければわからない事(苦笑)

要するに既に買う事を決めているので、全て前向きに受け止めるって流れになる(^^;


アウトラインを引くための技術はこれ使って習熟する事にした。
Illustrator ベジェ曲線 [トレーニングブック] CS/CS2/CS3対応
Illustratorって書かれているけど、PhotoshopCS2用のサンプルファイルもダウンロード出来るので問題ない。

てな事で、全ての環境が整ったのだが、

この後、うっかり何かに気を取られて以降、
さっぱりやらなくなってしまい
ズルズルと今日まで来ていたのだった(^^;。

以上だ(爆)

バトルフィールド1943もようやくひと段落したので、
これから挑戦しようって意気込みから
今回ネタにしてみた次第であった。

(このまま他のBLOGと同じく「買ったよ」情報で終わる可能性も充二分にある(^^;)

スポンサーサイト



コメント

初めまして^^

初めまして、artist sideでコメントしました、shidenと申します。
artist sideでyugaさんの名前を見たとき、どこかで聞いたことが。。。。とずっと思っておりました。
そうです、1年半ほど前、自分がC4D購入前にPoserとの連携について調べた時、こちらのブログを参考にさせて頂いたの忘れていました。。。(;^ω^)
特にinterPoserの日記は役に立ちました。そして、買うきっかけにも!
また、これからも参考にさせて頂こうかと思いますので、よろしくお願いします^^

ブログの内容と違うコメントで申し訳ありません。

  • 2009/11/14(土) 00:55:02 |
  • URL |
  • shiden #-
  • [ 編集]

Sahde での皺のお話

Shade 経験者から一言。
 「皺の悪夢」は、コントロール・ポイント(※ポリゴンで言えば頂点)の間隔が狭くなるとおきやすくなります。
 そんなわけで、スプライン方式のモデリングでは、極力、コントロール・ポイントの数を減らして接線ハンドルの角度と長さで形状をコントロールすることが肝要。そうすれば、皺に悩むことはありませんよ。
 最終的にポリゴン化する場合は、形状が固まってから適当なメッシュ密度になるように分割してからポリゴン化を実行します。分割を自動にするにすると、意図しない形状に変わってしまうことがあるので(※単純に等間隔に分割されるため)、わたしは手動で必要な密度(※例えば放物線状の曲線の場合、変化の急な部分は密に分割し、変化の緩やかな部分は粗に分割する)で分割してましたが。
 まぁ、ポリゴン化したあとは、どのみちポリゴン的にメッシュを最適化するために編集する必要がありますが~手動で(笑)
 
 この辺りのテクニック(笑)は、C4D のスプライン描画による HyperNURBS でも原理は同じなので応用可能です。
 

  • 2009/11/14(土) 12:21:12 |
  • URL |
  • 基上(motokami) #mQop/nM.
  • [ 編集]

sidenさん、いらっしゃいませ(^^
私の悪戦苦闘日記が参考になったようで嬉しいです(^^
iPPも使っている方は少なくないとは思うのですが、
いかんせん情報が少ない状況なので、少しでも参考になればと
書いてみました。(^^
まだ、数回続くハズだったんですが、
ネタに出来るほどの裏づけが出来なかったので
そのままフェードアウトしてた事を今思い出しました(笑)

今後も備忘録の如く書いていこうとは思ってますので、
何か間違い等見つけましたら是非ツッコンでください(^^

artist sideでもよろしくお願いします(^^

  • 2009/11/14(土) 16:24:17 |
  • URL |
  • yuga #t50BOgd.
  • [ 編集]

基上さん
そうなんですね(^^
Shadeで挫折した方の感想では、必ずといってよいほどシワの話は出来てますから
必ずはまり込むのかと思ってました(^^
SplinePatchはポリゴン化を前提にしたプラグインっぽいので
その辺りはやりやすそうですが、
まだ未着手なので具体的な疑問点が出てきません(^^;

ベジェドリルが進んだらまたネタにしようと思いますので
その時にまたお願いします(^^

  • 2009/11/14(土) 16:24:45 |
  • URL |
  • yuga #t50BOgd.
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する