FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

逃げるなゴルァ!(BF1943 PS3)

昨日の珊瑚海での制空権モードでの出来事。


制空権モードを始めると、まず米軍側に配属されることが多い。
これは恐らく、日本軍の零式の方が性能が高いため、
米兵側が敬遠されている&劣勢の時が多いからだと思われる。

昨日もやはりそんな状態だった。
敵味方それぞれ6人づつ位で、制空権モードとしては盛況と言える人数。

メンバーは?と言うと敵に元帥2人+少将以下4人、
味方は私以外は大佐以下の初心者編成だった。

敵の元帥2名のうち一人は既に相当のキル数をたたき出していて
要注意人物と認定するには十分。

話は反れるが、
BF1943の航空機は日本軍の零式が圧倒的に強いので、
制空権に関しては米軍の方が気がラクだと思っている。
あくまでも自分の気分的な問題だけなのだが、
コルセア側なら負けても「仕方ないか」と思えるし、
勝てば「零式に勝てた!」と超嬉しい(笑)
それにコルセアで飛んでいると、
零式に乗り換えた時にムチャクチャ簡単に感じられると言うオマケもある(^^


まあそんな理由もあって気楽に参戦した。
結果は、惨敗だったけど(笑)とりあえず
途中参加にも関わらず私が味方トップになる事が出来た(^^)。

敵は元帥一人が25キルくらいしていて
二位以下は13キルくらいな雰囲気。
ちなみに私は10キル(苦笑)

さて次のステージでは軍隊が入れ替わるので
今度は私が日本軍側になる。

果たして相手の元帥達は、そのまま参戦してくるだろうか?
飛び立つ前にスコアボードで確認。。

さっき敵にいた元帥が二人ともいないし(^^;
まあ、私もトップ取ると抜けることにしているので
仕方がない事ではあるが、相手の力量が判らなくてちょっと残念(^^;

他の敵メンバーを見てもあまり脅威となりそうなメンバーがいない。
そんなわけで日本軍側でまったりと進めていた。

さほど集中力を増さなくてもそれなりに撃墜出来るし、、、とか思っていると
何やら敵に一人だけいい動きをするパイロットがいる事に気が付いた。

被弾から撃墜までの間隔が短いなと感じると、大体撃墜者は彼だった。
逆に私が敵の後ろについてからの相手の回避運動に一工夫あるな~と思うと、
それも彼だった(笑)

まあそうは言っても、私がかつて遭遇した歴戦のツワモノ達と比べると
まだまだ甘いカンジが拭いきれず、何度か連続で撃墜させてもらった。(^^)

てか、単純な動きをする敵機の中で一機だけトリッキーな動きをしているので
直ぐに要注意パイロットだと判別出来るのが欠点と言えば欠点かな?と(^^;

結局、23キルほどでトップになることが出来たので
そそくさと戦線を離脱。

さて、制空権の後はクイックマッチで普通の戦場に行こうかしら?
な~んて考えながら暫く放置していたら、

先ほどの動きの良い彼からメッセージが届いた。(^^;
英語だったが、要約すると

「むむむ、勝ち逃げは許さん!戻ってこーい!」と言うことらしい(^^;

なかなか負けず嫌いのようだ(^^;
まあこちらとしては折角気持ちのよい所で抜けたのだから今更戻るつもりもなく、
彼の上手さはなんとなく判ったので、

「君が強いのは良くわかってます」と返信しておいた。(^^;
きっと次に会ったときはかなりやられるに違いない(^^;


今日行ったらまた会ったりして(^^;
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する