FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

こちらも順調に推移(FF13-2 PS3)

現在プレイ中のFF13-2.
前作、FF13 に比べてあまりパッとしない印象(苦笑)
もちろん前作で指摘されていたプレイヤーの要望を極力汲み取ったような
仕様が随所にあって、「頑張ってるね」と思う(^^

ちなみに現在の状況だが、
一回クリアし、パラドクスエンディングもシークレットを除いて
全て見ている。

現在はシークレットエンドを目指して、
カジノに入り浸ろうとしている(笑)

以下、箇条書きの感想を(^^


ロード時間が長い(^^;
この点では、前作が如何に優れていたと思う。
まあ前作はロード時間の短縮のために一本道になったらしいので、
その一本道を批判された以上はこうなるのは仕方がないのかもしれない(^^;


ストーリーが理解し難い(^^;
前作の方が一本道だったのでストーリーの整合性や矛盾点が理解し易かった。
今作は、いろんな時代を行き来するので、何がなんだかさっぱり判らなくなる(^^;
「まあ、この疑問は後で語られるだろう」と思って、とりあえず先に行くと、
別の疑問が沸いて、さっきの疑問を忘れてしまう。
とそんなんばっかだった気がする。(^^;

そういう意味ではこちらも前作同様、
2回通りこなす必要があるのだと思う。


パズルが面白くない(^^;
て言うよりも、時の歪みを解消するのに
何故そのパズルを解く必要があるのか?
と言う、根本的な必然性が見えなかったのがいけないと思う。

例えば、「時の歪みを解消出来るエラい人が大のパズル好きで、
このパズルを解いたら協力してやろうと言ってきた」
くらいの関連性があるべきだと思う。
(まあそれはそれで腹が立つような気もするが(^^;)


前作で、セラとドッジがクリスタルから戻ったときに
何故か顔見知りだった理由がなんとなく判った気がした。

詳しくは書かないけど、
どうやらクリスタルになったもの同士は、
別世界で合流出来るような描写があったので、
タブンそこで知り合ったのではないかと思われる(^^;


モーグリ投げの時のジタバタが面白い(^^;
何回投げられてもちっとも慣れないモーグリが笑える(^^
同じ事をトトリのアトリエの「ちむ」でもやりたかった(笑)



モンスターが仲間になってもなかなか愛着がわきにくい。
これは好みの問題なので仕方がない。
今回はセラとノエルが固定でモンスター枠1つを3種類の
モンスターを切り替えて使うシステムなので、
獲得したモンスター達を使いざるを得ないのがツラい所。
ドラクエ5みたいに人間キャラと自由に入れ替えられる
ような仕様だったら良かったのに、と思う。

でもまあ、この辺りはネットなどで情報を収集して
やり方を理解できれば面白くなってくると感じてはいるが。


シンボルエンカウントではない。
お陰でアルカキルティ大草原が寂しい草原になってしまっている(苦笑)
ここは前作の仕様でよかったのにと思う。


セラのスカートの中の肌テクスチャが黒一色。
スパッツならスパッツな表現をすれば?と言いたくなる。
描いてないなら見えないようなアングルにすればいいのに。
とまあ、戦闘後のアングルで、このスカート内の黒塗りテクスチャを
あえて見せる仕様に腹がたった(笑)

お陰で、300円も払ってコスチュームを変更してしまった(爆)



とりあえず、ここまで。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する