FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

テイルズ オブ ヴェスペリア進行中(PS3)

無双オロチ2でプラチナをゲトした達成感を勢いにして次なる作品を購入していた(苦笑)
PS3で発売しているテイルズシリーズは3本で、
このヴェスペリアはPS3での1作目の作品。

既に、2作目「グレイセスエフ」と3作目「エクシリア」はプレイ済みなので、
ヴェスペリアをクリアすれば晴れてシリーズ制覇となる(^^。

と言っても制覇したくて買ったわけではない。と思う。

実はこのシリーズ、中古屋での販売価格が興味深い。

発売順にすると
1.ヴェスペリア
2.グレイセスエフ
3.エクシリア

となるのだが、

中古価格にすると高い順に

1.ヴェスペリア
2.グレイセスエフ
3.エクシリア

となる(苦笑)
何故か一番古い作品のヴェスペリアが一番高いのだ。

価格の比率は

ヴェスペリア:グレセスエフ:エクシリア=10:8:4

くらいだろうか?
つまりダントツでエクシリアが低いのだ。

わたしにとっては、エクシリアはスーパー手抜きマップ搭載のガッカリソフトとの認識しかないので、
中古市場の価格はそれを正確に物語っているような気がする。

だとすると、ヴェスペリアは相当面白いのではないか?
というのが購入のきっかけ(^^;


------

今日時点で既にシナリオクリアは完了し、
クリア後の世界に挑戦している。

プレイ開始直後は、ゲームシステムがエクシリア感満載でちょっとイヤな予感がしていたが、
レベルが上がってきてワザが多く出せるようになってからは、
ようやくエクシリアの呪縛から解かれたような気がした(^^

つまり逆に考えれば、エクシリアはヴェスペリアのシステムを踏襲しようと考えはしたが、
時間切れで手抜き状態で発売したようなソフトだったという事だろう(苦笑)

(その裏付けとして、手抜き感を挽回するべくエクシリア2なんてソフトが出るらしい(^^;)


プレイしていると、中古価格が落ちない理由がなんとなく判る。
(エクシリアのあとだから余計に感じるだけかもしれないが)フィールドマップの作りこみがとても丁寧だと感じた。
シナリオもなかなか飽きさせない作りで◎
※ただし、中盤の主人公の「けじめ」発言連発には少しウンザリしかけたが(^^;
難易度もいつでも変更可能で悪くない。

プラチナトロフィーを狙うとなるととんでもなくやる事が多いのだが、
いろんなサブシナリオ要素が絡んでいるため、
飽きさせない作りになっている。

ちなみに、ヴェスペリアは攻略本もしくは攻略サイトは最初からお世話になった方がよい(^^;
やる事が多いのでシナリオトレースするだけでも十分楽しめる内容だと思う(^^

------

プレイ時間は既に150時間を突破しているが、
まだやるのがツラく感じるようにはなっていない。

6月28日にはアーシャのアトリエが発売されてしまうので、
それまでには終わらせたいな~と思っている(^^

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する