FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

Core2 Quadへの模索

MAXONのR11製品紹介ページの中にレンダリングスピードを自慢しているムービーがある。

これみてると「おいおいこんな早いワケないだろう?」って疑問に感じるほど早い(笑)
レンダリング時に出る線は、CPUのコア数出るのだが、処理が早すぎて何本出ているか判らない(^^;
ぱっとみて6本~8本位出ているように見える。
が、現在主流になっているのがQuadコアなのを考えると4本と見るのが現実的なところだろう。

4本、、4本かぁ、いいなぁ(^^;
ウチのはCore2Duoなので2本なんだよね。

確かウチのマザーボード(ASUS P5K)はQuadも積めるんだよね~。

kakaku.comで調べると現状で
Core 2 Quad Q9550 BOX 2.8GHz 35千円前後
Core 2 Quad Q9650 BOX 3.0GHz 60千円前後

となっている。
なんで 0.2GHzの差 でこんなに価格に違いが出るのだろうか(^^;

もし買うとすると、今使っているのがCore2Duo3.0GHzなので、
Quadも3.0GHzじゃなきゃイヤだなぁ(^^;

でも2.8GHzならぼちぼち手が届きそうな価格帯である。
この辺りの値段でもうひとつCPUを追加(コア的には2つ)出来るようなものだと考えれば
安くなったものである。

う~ん、でもやっぱりクロック2.8GHzイマイチだなぁ(^^;

そうだ!2.8GHz買ってクロックアップしちゃえばいいじゃん(^^
3GHzくらいまでなら安全マージンもバッチリでしょう♪。

うんうん、そうしようそうしよう(^^。

そうと決まったら、とりあえずCore 2 Quad Q9550 BOXが30千円切るくらいになってから
具体的に考えるとしよう(^^。

でも、今使っているマシンの性能はどのくらいなんだろう?
確かMAXONにレンダリングまわりをベンチマークするツールがあったような気がする。

それでちょいと調べてみる。



こんなカンジだった。

----------------------------
Intel Core2Duo 3.0GHz
GeForce8600GT
Rendering(1 CPU) 3440 CB-CPU
Rendering(2 CPU) 6585 CB-CPU
OpenGL Benchmark 3205 CB-GFX
----------------------------

ついでに以前使っていたマシンでも計測。
----------------------------
Intel Pentium4 3.4GHz HT
RADEON X600PRO
Rendering(1 CPU) 1499 CB-CPU
Rendering(2 CPU) 1503 CB-CPU
OpenGL Benchmark 1306 CB-GFX
----------------------------


なんと、Core2の方がP4よりもクロックが低いのにも関わらず、
処理速度は倍以上も速い事が判明(^^;
P4単独でみても CPUのハイパースレッディング(HT)に至っては殆ど効果がない(^^;
(と言うよりもHTがその効果を発揮する余地がないほどレンダリングが最適化され
ていると言う事だろう......)

....そうだったのか。

まあ今さらP4マシンと比較しても埒もないので、Core2DuoとCore2Quadとの性能差を
見てみる事にする。

確か、以前アーク氏がベンチマーク結果を掲載していたのでそれを参考にさせてもらおう。

SingleCoreのベンチマークだけを比較してみると、

Core2 Duo3.00GHz = 3440 CB-CPU
Core2Quad2.66GHz = 3293 CB-CPU

とまあ、P4との比較の時とは違い純粋にクロック数が高いCore2Duoの方が高スペックを示している。
これは数値としては順当で分かりやすい結果だ。

それよりも、注目しなければならいのはMultiCPUの性能だろう。

Quad2.66GHzのベンチマークを単純に1.128倍して3GHzとしてみると、
Multiple CPU 10239 CB-CPU となる。

これをウチのCPUと比較してみると(10239/6585=1.55倍)となる。

同クロックでCPUコアを2倍にしてベンチマーク1.5倍ならまずまず納得のいく値だ。

これは行っちゃってもいいんじゃなかろうか?




ちなみにその他のCPUの性能比較表があるかと思って彷徨ってみたが、
表として充実しているのはここくらいだった。

ただ、ここはオーバークロックとかしていて単純な型番だけでは比較し難い。
それにしても、Xeon Quadって凄まじい破壊力なんだね~。

またkakaku.comではこんな書込みもあった。
(書込みの中に、2枚のCineBench画像を掲載している所)

そこで書かれている Q9450 2.66GHz 12935 CB-CPU って、
Q9450を3.4Ghzにオーバクロックした前述の比較表 13369 CB-CPU に匹敵する性能なんだけど。。。

アーク氏検証の標準クロックでの結果が 9078 CB-CPU と言うのを考慮すると、
kakaku.comで紹介されているものは、クロックアップを施してあるとみるべきだろう。
てゆうか3.3GHzだって書いてあるし(^^;

まとめると、Core 2Quad 9550 2.8GHz を3.0GHzにクロックアップすれば 現行 1.5倍の性能を入手
出来そうだと言う事だ。

なんだけど。。。。

Xeon Quadの数値を見ちゃうと、ここで焦って1.5倍程度の性能アップを図らなくてもいいんじゃないか?
とも思えてきた。

翻って、最初に紹介したMAXONのレンダリングムービー、
これは恐らく最速 Xeon Quad × 2CPU でやってるんだろうな。。
なのでレンダリング線8本は見間違えではないと。。DELLサイトで見積もって 70万円位(^^;
2~3年後のスペックと言う事か....。

う~ん、更に高い世界を実感したせいかテンション下がりまくり(^^;

おわり
スポンサーサイト



コメント

お久しぶりです、アーク氏です。
(昨日書き込んだのですが反映されないようなので再送します。
連投になっていたら削除して下さい。)
MAXONのデモムービーは恐らく8コアCPUのMacProでしょう。

私も昔は「その時購入できる最速のCPU」を心がけてきましたが、
今のCPUはミドルレンジでも速度的な要件を充分満たしているので
この前購入したPCはコストパフォーマンスを重要視しました。
何万円も余分に出して買ったクロックを活かす自信もありませんし、
最近は景気も一段と悪いですしね(笑)

それにC4Dのレンダリング設定次第では、私のブログに上げている
程度の画像ならテストレンダで20秒弱、無意味にディテールアップした
最終レンダでも2時間以内でレンダリングできます。
それを(3-2.8)/3≒7%ほど早くできたとしても、私ならその浮いた時間を
無為に過ごしてしまうだけです。

そういう意味では、最速のCPUを本当に活用できるのはプロだけで、
ホビーユーザはそれほどクロックにこだわる必要はないかもしれません。

でも、速いほうがカッコいいので最速を目指すのもアリかもしれません(笑)

  • 2008/10/19(日) 08:05:04 |
  • URL |
  • アーク #z5Sx.IBY
  • [ 編集]

確かにそうなんですよね(^^。
無理してハイスペック買っても、あまり使わないウチに値段が下がってしまう。
マシンの性能よりも先に自分のヒューマンスキルを上げないと結局、効率アップ
には繋がらない。とまあ、そうやって自分の物欲番長に言い聞かせているん
ですが(^^;

でもやっぱり近いうちにQuad2.8GHzに手を出してしまいそうです。
MAXONのレンダリングデモムービーは純粋にカッコイイです(笑)
あの8つのボックスやラインでハデにレンダリング処理している所を見た後に、
ウチの2本線をみるとやっぱり地味と言うか人手不足を感じてしまいます(笑)
せめてGI時のボックスが4つになれば暫くは物欲番長も許してくれそうな予感(^^;。

そしてもうあのデモムービーを見るのは止めにした方がよさそうです。
精神衛生と家計にとても悪影響を及ぼすので(笑)


投稿、一度失敗してしまったようでお手数お掛けしました(^^;
スパム対策で、性(♀)を少しでも匂わすとNGになるような禁止ワードにしています。
中には「単語としてはこれはイイんじゃないか?」と思える無関係そうなワードも含
まれていますので、もしかしたらそれにひっかっかってしまったのかもしれません(^^;。

  • 2008/10/20(月) 19:22:12 |
  • URL |
  • ゆが #t50BOgd.
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する