FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

プレイ再開 そしてプラチナ獲得(アーシャのアトリエ)

やらなきゃと思いつつ、イマイチやる気のおきなかった気持ちを奮い立たせてみた。

アーシャになってがっかりした部分はもう諦めるしかないので、
ほとんどプラチナ獲得のためだけの、消化プレイ。


発売から日数も経っているので、ダウンロードコンテンツなども終息していたようだが、
私にとって、ダウンロードコンテンツは面白かったゲームに対するご祝儀的な意味合いが強いので、
今回は(無料も含め)一切のダウンロードコンテンツの導入を見送る事にした。


さて、プレイについてだが、
1周目は武器強化もままならないまま、ノーマルエンドと真エンドの2種類が見れた。
今回はこのデータを引き継ぎつつ
最強武器を作る事を重点目標とすることにした。

参考にしたサイトはこちら

【攻略】アーシャのアトリエで自分なりの最強の武器を作ってみる

とはいえ最強武器を作り出すにはそれなりの強敵を撃破していく必要があるため、
あいる程度は真面目にプレイする。

序盤は(ヘボいながらも)引継ぎ武器のお陰でサクサクと進める事が出来た。
調合については、まだ見た事がないステータスを目指しながらテキトーに。

イベント会話についてはもう一度ちゃんと聞こうかと思ったけど、
やっぱりつまらないのでバンバンSKIPした。

基本的に「ノート」に書かれた内容を進めていけば詰まる事はないのでSKIPしても安心。

中盤を越えるあたりの、ニオ救出作戦でも
最強武器の製造には手をつけることなく、錬金アイテムで凌げた。

ま、その装備で1周目をクリアしているので当然なんだケド。


終盤に最強武器の製造に取り掛かる。


この手順を真面目に読んでみて、初めて「便利なスキル」の使い方を知る(笑)

が、判ったところで、やっぱり面白みを感じないのが残念なところ。


最強装備については全員分の「武器」と「装飾品」を作った辺りで面倒になる(^^;
「防具」については必要になってからでもイイヤ。。。

とか思っていたら、いざ実践に活用してみるとコレだけで楽勝モード(^^;

2周目は2つのエンディングを残して終了した。

残すエンディングは
・ニオを助けない「お説教エンド」
・条件の難しい「賢者の庵エンド」

まあ、3周目は最強武器があるので更にサクサク進められるに違いない。

っと思って3周目を気楽にプレイしていたらなんと痛恨のミスが発生。
ニオを救出する前のキースとのイベントの攻略順序を間違えていた。
すでに上書きセーブしてしまったため、後戻りできず(^^;

そのままニオの救出を中止し、お説教エンドのみを見て4周目に行く事にした(^^;

4周目
3周目とほぼ同じ。
ただ、戦闘に関しては回復アイテムをほぼ持たずに行動。
終盤の3体くらいは自動全体回復アイテムが必要なシーンがあったが、
バランス的には「もしかしたら力押しだけだと負けるかも!?」と言うシーンが何回かあって意外と楽しめた(^^

今度はニオ救出前のイベントを慎重にこなし、
無事にプラチナトロフィーを獲得する事が出来た。

4周目のキースイベントをこなす事で、ようやく物語の核心を見れた気がした。
IMG_8267.jpg


全体を通して感じるのは、
やっぱり「手抜き感」が強い事かなぁ。。

特にアイテムについて「画像の色違いだけで別アイテムとする」という手法は調合ゲームそのものを雑に見ているように感じる。

その色違いアイテム方式を使って種類を豊富に見せたところで、
アイテム自体に個性がなくなる印象は拭いきれず全体のアイテム蒐集(調合)が味気無い。

そのせいか、前作まではアイテムを作れば「試しに使ってみよう」と言う気になったが
アーシャのアトリエはそれがない(苦笑)

錬金術で作り出すアイテムがそれなので、アイテム特性とか潜在能力とかの調整が
面倒に思えて仕方が無い。


これはガストがコーエーに買収されたためなのかもしれないが、
「なぜアトリエシリーズが支持されているのか?」をもう少し考え直してみた方がいいと思った。

以前どこかのインタビューでアトリエシリーズの岡村Pが「本格的なRPGを作りたい」とか言っていたようなきがするが、
「それは折角作りあげたアトリエシリーズのよさを捨ててまでやる事か?」と感じずにはいられない(^^;


次の作品については、現段階では購入の判断は出来ない。
このままおかしな方向に進んでいくのなら当分は購入を見合わせようかと考えている。


さて、サントラを開けようかな(じつはまだサントラ一式を開封していない(^^;)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する