FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

河野はるみ・柚原春夏・吉岡チエ シナリオクリア(ToHeart2 AnotherDays PS3)

3人とも実に感慨深いものがあって面白かった。

以下、ネタバレあり

河野はるみシナリオ
無印時代にクマ吉に入っていた意識体。
ネタ的にはシルファを先にクリアしていたので、
ミルファである事は判っていた(^^;

のっけからのラブアタックモードに度肝を抜かれたが(笑)
話を進めてみれば、好きと言う感情に素直だというだけの
嫌味のない行動であるという事が判ってきて、
段々と愛しくなってくる。

特に、自分の意識とその存在に深く思いを馳せ、
その結論としての主人公へのアタックだと言うことが理解できると、
彼女の行動ひとつひとつに何故か目頭が熱くなってしまった(^^;
クライマックスでもないセリフで泣けたのはこのシナリオが初かもしれない。

な~んて思っていたら、終盤に彼女のセリフで
「アンドロイドって事で同情していただけだったんだっ!!」と言い放たれ、
思わずドキッとしてしまった(^^;
主人公と同じく「決してそういうわけじゃ。。。」としどろもどろになった(苦笑)。

中盤の主人公の動きはムカつく部分もあったが、
終盤のミルファちゃんの気持ちを取り戻すまでの粘り強い行動はスゴイな~と思った。(^^
あの行動があれば好かれるのは当然かもしれない。
問題は普段の行動からは想像も出来ないってところか?(^^;

それにしても、ミルファエンドってその後どうなるんだろう?
やっぱりメイドロボとして売ってもらうのだろうか?
それとも恋愛感情の実験として試供されているだけで、
実験が終わったら回収されちゃうんだろうか?
珊瑚ちゃんのひととなりを見ているとそんなに非情な事にはならないだろうけど、
長瀬のおっちゃんも知らないし、来栖川エレクトロニクスの社風も知らないので
ちょっと心配になる。(^^;)

そう言う視点から無印ToHeartもやってみたいなと思う。



柚原春夏シナリオ
終盤まで笑えるイベント盛りだくさんだった。
そもそも、人妻で1児の母なんだから、
すべて判ってやっているのがミエミエなのが楽しい。

主人公の反応が面白いのと嬉しいのと可愛いのがミックスして
ああいうスレスレのイタズラ行為をしちゃっているんだろうなと(笑)

一線を越える気はないけど年頃の男の子を甘噛みするような態度を見せられるたびに
「楽しそうですね。春夏さん」と画面に向かって呟いてしまった(^^;

そんな春夏さんの気持ちを端的に表していたのが、最後のスチル画像かな?
悪い言い方をすると青少年の気持ちを弄んだって事なんだろうケド、
いろんな付き合い方があるんだろうし、面と向かって告白した以上、
これからは主人公も「好き」と言う気持ちに冷静な対応が出来るのではないだろうか?
て言うかこのみちゃんを大事にしろよ ⇒ 主人公!と思う(^^;


吉岡チエ シナリオ
話の流れはまあ人の恋路に口出ししているうちに、
自分がその気になってしまったという、よくある話かなと。
主人公の態度も悪くなかったし、2人の中の行動も良かったなと思う。
が、このシナリオを素直に喜べないのはやっぱり「このみ」の存在。
「このみ」にしてみれば親友に片思いの男性を持ってかれる結果なので
シャレにならない。
しかも、「このみ」にしてみれば主人公との関係が今のままずっと
続けばいいと思っていた節があるのが実にいたたまれない。

シナリオの終盤にこのみが言ったセリフになんだか泣けてきた(^^;
「それで本当にいいのか?このみちゃん!?」
幼馴染と言うステータスが逆にアダとなってしまったとても悲しいシナリオだった。

。。。。念のため書いておくと、チエちゃんの人となりも主人公との会話も好きなので(^^;



さて、もうひとつの悲しいシナリオ「ちゃる」に挑戦しようかな、と。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する