FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

タイムリープ(PS3)

ToHeart2をプレイしたことにより、
この手のゲームに対して全く抵抗感がなくなった(^^;
というよりも、選んででもやってみたいジャンルになったような気がする(^^;

もともと、マンガなどは少年誌的な暴力物語よりも、
少女漫画的なモノが好きなので、
ある意味普通の流れだったのかもしれない。。。


このタイトルについて、事前知識は全くない。
購入の決め手は、「面倒なフラグ管理が不要・そこそこ評判がいい」
なにより店頭に在庫がある。そして、在庫が一番少ないもの。

と言う決め方でとりあえず「タイムリープ」にした。
3D対応と言う事で、久しぶりにうちのヘッドマウントディスプレイの登場も期待できる。
IMG_8539.jpg
という事で、とりあえずメインヒロインと思われる「長瀬歩」シナリオをクリアした。

以下、箇条書き感想など。(ネタバレあり)





・あらすじ
その名のとおり、過去から一人の女の子が現在に飛ばされてきてしまう話。
飛ばされてくる女の子はメインヒロインである「長瀬歩」の4年前の彼女。


・「長瀬歩」=「高坂環(ToHeart2)」
性格付けや話し方、髪の色まで同じ。(サスガに顔や髪型は違う)
なんだかタマ姉みたいだな~なんて思えて仕方がなかったので、
wikiでCVを調べてみたら、タマ姉と同じ「伊藤静」さんだった。(^^;
まさかこんなところで、タマ姉の生まれ変わりに会えるとは♪
これだけで俄然テンションが上がったのは秘密だ(笑)
(でも開発会社はToHeart2とは全然関係の無い会社)


・物語が冗長過ぎる
Amazonレビューに「とにかく退屈だ」と言う感想が書かれていたが、納得(^^;

エピソードのほとんどが「ヤマなしオチなしイミなし」に感じてしまうのがかなりザンネン。
本当に「とりとめもない日常」を描写しているんだよね~(^^;
エピソードの8~9割は割愛可能なんじゃないだろうか?

休日の朝9時に開始して、午後2時頃にオープニングムービーが流れた時には、
その前置きの長さに戦慄した。
自分で買ったんじゃなきゃ、オープニングで辟易としてコントローラーを置いてしまうと思う(^^;

題材は面白いんだし、気を引くエピソードもあるのだから
そこを膨らませるような作りにして欲しかった。
これじゃ単に長いだけだし。


・過去のあゆむが好きになるんだったら今の“歩”も当然。。。
似たもの同士だからソリが合わないのか、過去と今の“歩”は仲たがいばかりしている。
でも過去の自分が好きだと言っているって事は、今の自分もそうだと思うものじゃないかな?
少なくともゲームプレイしている視点からみれば疑いようの無い点なので、
数々の伏線はあまり意味の無いものになってしまっている。


・決め手になるポラロイド写真に無理がありすぎる
最近のポラロイドカメラは人物撮影の背景の花火まで写るのか?
て言うかよく写ったな~と思う。
もしアレが写らなかったら?と物語のIFを思わずにはいられない。


・全てを忘れている“歩”
未来から過去へ戻ってくると、
未来で体験した記憶はかなり早い段階で忘却してしまうらしい。
未来の自分を見た“あゆむ”は自分もそうなる事を理解し、
写真にコメントを書いてベッドの下にいれたのだろうか。
次に自分の前に現れるであろう第二の“あゆむ”に託して。


細かいところはいろいろツッコミたくなる部分もあるが、
まあそこまで緻密に組み上げられたシナリオでも無いので、
単純に「長瀬歩」と「ながせあゆむ」とのやりとりを楽しむのが吉だと思われる。

終盤はそれなりにウルっと来たし(^^


と言うわけで、次は「あゆむ」ルートを読んでみようと思う(^^

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する