FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

このバージョンでの全家宝取得断念(信長の野望 創造 PS4)

プラチナ獲得に向け、残すトロフィーは2つ。

・(銀)全政策実施(すべての政策を実施した証)
・(銀)全家宝獲得(すべての家宝を獲得した証)

前回の話題にしていた、「全戦国武将獲得」については、
予想通り、「伊達家・蛎崎家」の双方でプレイ開始→セーブを繰り返すだけで獲得できた。

次は「全政策実施トロフィー」のため、鈴木家でプレイ開始。
シナリオはもう一度「群雄集結」で。
もちろん家宝については念入りにチェックしながらやることにする。

。。。初級での鈴木家、、、超簡単だった(^^;
本城の周りに鈴木家お抱えの忍者衆が5つくらいあるので、
それを懐柔してしまえばフルアーマー状態になる(^^;

懐柔ののち、初手で岸和田城の本願寺城を落としてしまえる。
もちろん大阪城に居る豊臣家とは本城を4つくらい頂戴するまでは土下座外交で仲良くしておく。

そのうちに豊臣家が別所辺りを攻めだすので、そうしたら
大阪城を総攻撃(--;

機内を制圧したらもうほぼ安泰。
西沿岸は巨大な兵力を持つため、
隣接する三好や別所辺りからは攻撃を受けない。
なので、その後ろの本城から東に攻め続ければ、いつものパターンにおちつく。

そのまま、北陸の朝倉と尾張の織田を滅ぼしたあたりで、上杉と徳川と同盟。
東の憂いを絶ったところで、西に侵攻開始。

そのまま九州地方に突入~♪。

。。。。家宝が全然でない(^^;
残す家宝はこれだけなんだけど、このクラスの家宝は何故か出てこない(^^;
信長の野望・創造_20160116172855
なんか家宝獲得のためだけにこのまま進めても虚しい気がしてきた(^^;

どうせやるのなら、パワーアップキットを入れてしまおうと思い立つ。
確かに取得が必要な家宝も増えてしまうのだが、
それでも、便利な機能とやらで新たな気持ちで取り組みたいと思う気持ちが勝った。

と言うわけで、パワーアップキット導入。
PSN+で貰った無印版にもパワーアップキットを無事適用する事ができた(^^

内容は、まだ解らないけどなかなかイイ感触。
最初に良いと感じたのは国境が表記できること(^^;
信長の野望・創造_20160116220953
1国1本城なのは解っていたが、どの支城がどの国なのかがイマイチ解らなかったので、
この表示は嬉しい。
まあ、そのうち邪魔になる気もするが、その際は非表示にも出来るのでとりあえずそのままにする。

そのほか気がついた点は以下のとおり。

・難易度が細かく設定できるようになった。
初級・中級・上級のほかに、超級なるものが(苦笑)
どんなマゾなんじゃ?と思わなくもないが、それを跳ね除ける気概があると言うことなので
とんでもないドSなんじゃないか?とも思わなくも無い(苦笑)
って、そんなことではなく、AIの性格とか兵力の回復速度などが任意に設定できるモードがあるようだ。
これはいいかもね。「初級」だけど、好戦的であるって設定もやってみたいことだったし(^^
ちなみに初級はこんなカンジのようだ。
信長の野望・創造_20160116231301
こうやってみると初級はかなりズルい設定だね(^^;
でも中級とかのレビューみているとかなり面倒臭そうなんだよね(^^;
初級でも充分雰囲気を楽しめているのでもうしばらくこのままいこうと思う(^^;


街道整備がやりやすくなった
これが一番やりたかった(^^;
無印版では1ヶ月に指示できる街道レベル上げ指示は1回だけだったため、
20日とかで作業可能なメンバーに依頼しても最低1ヶ月は必要だった。
つまり街道レベル1→4に上がるためには毎月指示して3ヶ月かかった。

それがPK版ではまとめて発注することが出来る。しかも複数の街道に対して、だ。
1レベル20日の作業なら3レベル分まとめて発注すれば2ヶ月(60日)で終わることが出来る。
かなり無駄を省くことが出来るかつ、毎月指示する手間も省けて嬉しい機能(^^;

ただし、これまでは城に接続された街道は3レベルまで上げればOKだったのが、
PKでは5まで上げなければならないらしいので要注意。
あと、発注時点で全工事費前払いらしいのでそれも要注意(苦笑)

全体的な要注意点は、やっぱりトロフィー獲得条件もパワーアップすることかな?(^^;
家宝についても30個ほど追加されたみたいだし(^^;

なので、やっぱり先人達の伝承のとおり、「無印でとれるトロフィーは出来るだけとっておけ」は真理だと思う。
特に「全特性」はかなり面倒っぽいし。。。。

これから、プラチナ目指す人は要注意。


まずは信長シリーズ初の「信長誕生」シナリオをプレイしてみる。
無印との違いは引き続きネタにしていこうと思っている。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する