FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

PSNアカウントに居たエアフレンドの整理を行った

気がつけば結構増えているのがPSNフレンド。
主に相手からの申請に応える形が基本で、
よほど楽しくなっちゃわない限りこちらから申請する事はほとんどない。

特にバトルフィールドをやっていると、
訳のわからない外国籍のアカウントからの申請が増える。

もちろん、申請がくれば無条件にOKしているのではなく、
「フレンド申請される謂れがあるか?」を考慮している。
でも、それは単に「同じタイトルをプレイした事があるか?」だけ。

共通するタイトルがないのに申請してくるのは地雷臭がするので基本的に拒否。


そんなだから月日がたつとどういった経緯でフレンドになったのか
分からないメンバーで溢れてくる。
メッセージを交わす事もなく、オンラインで合流するわけでもなく、
ましてや合流しても一言もメッセージを交わす事もない微妙なフレンドだらけになり
「そもそもフレンドって何?」という疑問が芽生えたりする(^^;


いい加減そういうメンバーが溢れてきたので、
思い切って整理する事にした。

基準は以下の感じで。

・1年以上アクセスがなさそう
最終ログイン日付は分からないので、トロフィー獲得日付でチェック。
トロフィーリストすら増えないような人は既にゲーム自体に飽きている可能性もあるので、
とりあえずフレンドからは削除する事にした。

中には「みんGOL」のオンライン対戦時に知り合ったかなり古い
メンバーも含まれていたが、ゲームをやってないんじゃ仕方がない。

・アクティビティを公開していない(フレンドのみ公開ですらしていない)
アクティビティとはその人のプレイ活動履歴のようなもの。
誰がどんなタイトルを始めたか?とかなんのトロフィーをとったか?
などを開示する機能。

わたしの場合、基本的にチャットとかをやるフレンドはいないため、
フレンドである意義と言えば、表示されるアクティビティをみて新たなタイトル
に興味が出たりそこから参考にさせてもらう事が出来る点にある。
しかし、それすら拒否しているフレンドだと、もはやなんでフレンドで
ある必要があるの?的な感情になってしまう。

というわけで、こちらも基本的にはフレンド削除させてもらった。


・共通タイトルのプレイ実績がほとんどない
ガイジンのフレンドがこれにあたる。
共通のプレイ実績がほぼ無いという事はアクティビティ自体も興味が
ないタイトルだらけなので、あまり意味のあるフレンドとは言えない気がした。

それに、例えばバトルフィールドのプレイで申請されたフレンドであっても、
野良プレイで再度戦場で合流する事はほぼない。(^^;


とまあ、偉そうな事を書いているけど、上記3つの条件なぞは相当ユルイし、
それくらいやらせてよ、と思う次第。


余談だが、
ドラクエヒーローズ2のオンライン(時空の書)をあれだけやったのに
そのつてでは一回もフレンド申請を受けなかった(^^;

これ書きながら思い至ったのだが、「時空の書」は参加するキャラに着目していて、
いわゆる”中の人”はほとんど意識していなかったと思う。
そういう意味で、わたしのようなオンラインライトプレイヤー(?)にはお気楽で
良いシステムだったと感じている。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する